久々に星と森の詩美術館へ。藤巻秀正先生の野外彫刻にもこんにちは``



久々に星と森の詩美術館へ。
藤巻秀正先生の子どもたち(野外彫刻)にもこんにちは。

野外彫刻のいいところは、彫刻の背景というか、彫刻を包む自然が
四季折々に変わり、また一日の内でも、陽の当たり方一つで見え方が
刻々と変わっていく、そういった変化も含めて楽しめること。

彫刻の配置も、あらためて見ると、よくよく考えられていることが分かる。
たとえば1枚目の『大空-To The Sky-』と題された作品の合間からは、
遠く八海山を眺望できるようになっている。
3枚目の『チュー』と題された作品の合間からは、美術館が垣間見える。
5枚目の写真にも注目。写真だと分かりづらいが、この視点から5つの
彫刻が一度に視界に入ってくるようになっている。

野外彫刻も含め、自然と一体となっている星と森の詩美術館は、
足を運ぶ度に、新たな発見と感動を与えてくれる。




平野壮弦による書芸体験ワークショップ関連ブログ
https://www.hiranosogen.com/blog/?cat=1169



SOGEN書芸塾ARC(平野壮弦が主宰する東京の書芸スクール)
http://www.sogen-arc.com

平野壮弦公式ホームページ
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)






 
 

星と森の詩美術館の遊歩道で、藤巻秀正先生の野外彫刻作品と出会う



今日は最高の散歩日和🌞
8月6日の書芸展のオープン以来、初めて歩いた、星と森の詩美術館の遊歩道🚶
そよ吹く風がたまらなく心地いい。
道々で出迎えてくれるのは、藤巻秀正先生の野外彫刻作品の数々。
同じ彫刻家の手になる作品とは思えぬほどの、豊かな詩情と表現力。
しかもタイトルが「おねだり」とか「チュー」とか、ユーモラスなのがまたいい。
題材は動物や虫が多いが、「森の音楽家」に至っては、もはや宇宙人。
不思議の国のアリス、ではないが、都会の喧騒を離れた静寂の中で、ちょっと
メルヘンの宇宙世界にあそぶひと時。



『平野壮弦書芸展ー書芸家への軌跡ー』星と森の詩美術館にて、
9月26日(日)まで。(9:30-17:00 入場16:30まで ※火曜休館) 
http://www.hoshi-uta-m.jp



以下のFACEBOOKページ、インスタグラムにて、書芸展や書芸体験ワーク
風景の画像をご覧いただけます。

平野壮弦FACEBOOKページhttps://www.facebook.com/sogen.hirano/
平野壮弦インスタグラムhttps://www.instagram.com/sogen1919/



書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com