十日町高校時代の恩師、金山有絋(ゆうこう)先生より、ご著書『良寛の俳句〜その面白さ』を謹呈いただく。



十日町高校時代に担任いただいた青龍寺ご住職、金山有絋(ゆうこう)先生が、
書芸展にご来場くださいました。
金山先生の担当教科は英語でしたが、さすがに早稲田大学出の文士で、俳句も
よくされ、俳句が趣味であった亡父も『葦の芽会」という地元の俳句仲間グループ
で大変お世話になった方。

せっかく先生から英語を習い、身を立てるところまでいきながら、それを棒に
ふったわけですが、「やあ、あんたは学校の教師辞めて、ほんとうによかった!」
と、今更ながら誉めていただきました(笑)


金山有絋 俳句 良寛 書 平野壮弦


そして先生のご著書を、なんと2冊も謹呈いただき、感謝感激。
1冊は『俳句ーその芸術性ー」と題された芸術論(2012年刊)。
もう1冊は、『良寛の俳句〜その面白さ』と題された、江戸時代の禅僧、良寛さん
の俳句に関する解説書(2018年刊)。

歌人、書家として有名な良寛さんが、漢詩や和歌と比べたら少ないものの、
実は生涯に100余点の俳句を詠んで遺していたとのこと。
中には
屋根引の金玉しぼむ秋の風
柿もぎの金玉寒し秋の風
といった句もあり・・・エラいお坊さまが、金玉、金玉って・・・😝
が、それもまた諧謔のあそび心なり、ということなのでしょう。


金山有絋 俳句 良寛 書 平野壮弦


書芸作品との2ショットは、「大愚良寛」を自称した良寛さまに因み、やはり
この作品と。

金山有絋 俳句 良寛 書 平野壮弦

書芸作品との2ショットは、「大愚良寛」を自称した良寛さまに因み、やはり
この作品と。
80歳を越えて、なおスラッとダンディーな金山先生。ご高覧有難うございました。
どうぞいつまでもお元気で!
あ、帰りは自漕ぎのチャリで、颯爽と帰って行かれました。若い!😳


『平野壮弦書芸展ー書芸家への軌跡ー』星と森の詩美術館にて、
9月26日(日)まで。(9:30-17:00 入場16:30まで ※火曜休館) 
http://www.hoshi-uta-m.jp



以下のFACEBOOKページ、インスタグラムにて、書芸展や書芸体験ワーク
風景の画像をご覧いただけます。

平野壮弦FACEBOOKページhttps://www.facebook.com/sogen.hirano/
平野壮弦インスタグラムhttps://www.instagram.com/sogen1919/


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com