人と宇宙自然、人と人とを結ぶ書芸



先にご案の通り、星と森の詩美術館での平野壮弦書芸展のため、9月26日の
会期終了までは東京には戻らず、8月、9月のSOGEN書芸塾ARCもお休み
させていただき、新潟に滞在することにいたしました。

会期中、少しはゆっくりできるのかと思っていましたが、とんでもない。
書作品制作、講演、ワークショップ、メディア出演のご依頼等、
かような時節にもかかわらず、さまざまなお声がけをいただき、
タレント並みに忙しくさせていただいており、有難いかぎりです。
またさらに、新潟市内の美術館での企画展の打診までいただいており、
今、書芸を通して、様々なことが繋がり、広がりを見せているのを感じます。


そうした中で思うのは、自分が書芸を通して描きたいと思っている究極の筆線は、
実は、人と宇宙自然、人と人とを結ぶ、目に見えない線
なのではないか、
ということです。
SOGEN書芸塾ARCやART ROOM SHOWLの究極の目的もまた、そこにあると。



まあこれからも右往左往するとは思いますが、あいみょん の『どうせ死ぬなら
の精神で、「誰かを愛した証を胸に貼って、よく出来ましたと手を添えて」、
最期の瞬間を迎えられるよう、これからの人生の旅路を歩んでいきたいと思います♪


どうせ死ぬなら あいみょん  書芸 書道 アート書道 平野壮弦 星と森の詩美術館


星と森の詩美術館 http://www.hoshi-uta-m.jp
9:30-17:00(入場は16:30まで)※火曜日休館



書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com