うれしい2つの再会(韓国日記~その7) (書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 2007.2.3 投稿 069)

 
 
2007.2.6-2seoul
2002日韓ワールドカップ公式ポスターを共同制作した韓国のアーティスト、
ビョン・チュー・スック氏とともに

 
 
韓中日2007書芸ワークショップ』の会場でうれしい再会あり。
 

2002日韓ワールドカップ公式ポスターの制作にともに関わり、コラボレートした韓国の
デザイナー・ビョン・チュー・スック氏が ぜひ会いたいといって訪ねてきてくれたのだ。
ビョンさんとは2001年に日韓ワールドカップ公式ポスターの仕事をいっしょにやって
以来だから、6年ぶりの再会になる。
彼はカンヌ映画祭の審査員を歴任したりと、国際的にも活躍しているアーティストで、
韓国国民大学・視覚デザイン科の教授でもある。
その後しばらくは英語でメールをやりとりしていたが、どうも英語で手紙を書くのは
億劫なので、いつしか互いに音信も途絶えていた。
そのときは一緒に仕事をさせてもらったけど、それっきりの縁なのか・・・と思っていた
ところ、韓国で講演発表をすることを聞き付け、わざわざ会いに来てくれたのだ。

 
ビョン氏はワークショップ後の打ち上げにも来てくれて、懐旧をあたためることができた。
そして帰りはどうしても自分が送ると言って、ホテルまで車で送ってくれた・・・
ビョンさん、ありがとう! 再会できてホントうれしかったです!

 

それから昨年、金さんが 韓国の若者数人を連れて訪ねてきてくれたときのこと、
パスポートを電車の釣り棚に忘れてしまったということで、一緒に飲むことが
できなかった若者がニコニコしながらやって来て、こう言ってくれた。
「先生、覚えてますか? あのときパスポートを無くしたイーです。
いまはソウルでデザインの仕事をしてます。
あのときは先生とご一緒させていただけずに、とてもザンネンでした。
パスポートを無くしたときに、日本人の人たちが一生懸命さがしてくれて、
ほんとうにありがたいと思いました。だから日本人の人たちは親切で、
とてもいい人たちなんだと思ってます。」
 

彼は続けてこう言ってくれた。
「韓国に来たときにはぜひ連絡してください。ボクがいろいろとご案内しますから・・・
それからボクがまた日本に行くことがあったら必ず連絡しますから、会ってください。」

彼はまた、会場風景やパフォーマンスの写真撮影を買って出てくれた上、帰国の日には
空港まで車で送ってくれたのだった。
 
 

(まだまだつづくよ・・・)

 
 

SOGENへの講演・レクチャーのご依頼・ご案内

http://www.hiranosogen.com/kouen/index.html

 

■SOGENへの書道(書芸)パフォーマンス のご依頼・ご案内

http://www.hiranosogen.com/performance/index.html
 
 
 

 

書道家/書家 SOGEN / 平野壮弦

 
WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen