『魂の書芸ワーク』



書芸 書道家 書家 アート書道 体験 書道教室 アート書道教室デザイン書道教室 書道塾


11月23日(祝)、故郷十日町市で、『魂の書芸ワーク』と題するワークショップを

開催しました。

主催いただいたのは十日町市在住のフィットネスインストラクター、滝沢美香子さん。
滝沢さんは、今夏、十日町市の星と森の詩美術館で開催した『平野壮弦書芸展

〜書芸家への軌跡』をご覧の上、実家で開いた書芸ワークショップも自ら体験、

さらにネージュスポーツクラブ 主催の『スポーツフェスタ』
書芸体験ワークをアシストしてくださったことから、書芸の持つ力を肌身で感じ、

ぜひより多くの人たちから書芸を体感してほしい」との熱い想いを持って、

このワークショップを企画、主催してくださいました。

しかも会場は滝沢さんのご自宅。貴重な休日にご協力くださったご家族の皆さんにも感謝です。



十日町市内はもとより、魚沼市(堀之内や広神)、さらには東京から日帰りで
参加くださった方もおられ、有難いかぎりでした。

内容は、マンツーマン、または2〜3人の少人数で、各1時間から1時間半の間、
用意した用具を自由に使っていただき、文字、言葉、絵、筆線アート等、書きたいものを
書いていただく中で、随時、壮弦が助言、デモンストレーションを行うといった形で、
最後は壮弦と一緒にコラボ制作をしていただきました。

書芸 書道家 書家 アート書道 体験 書道教室 アート書道教室デザイン書道教室 書道塾

「何を書いたらいいのか分からない」「自由ってむずかしい」と悩みつつも、

書芸を通してみなさんの内から生まれ出た世界の、なんとすばらしいことか。

それぞれが独自の輝きを放ち、まさにみなさんの奥底にある魂の有り様を

垣間見せていただいたような想いでした。


書芸 書道家 書家 アート書道 体験 書道教室 アート書道教室デザイン書道教室 書道塾


以下は参加くださった方からいただいた感想です。

言葉では言い尽くせない感動です。

貴重で、深くて、素敵な時間を本当にありがとうございました。

ジワジワきています。

本当に真剣に魂から深く自分に向き合う時間でした。

書の世界の奥深さに圧倒されています。

帰ってきてからの方がジワジワきています。

白と黒の世界だからこそだと今更ながら感じています。

壮弦先生と一緒に書いた作品、お宝です。

凄い体験させていただき、本当にありがとうございました。


書芸 書道家 書家 アート書道 体験 書道教室 アート書道教室デザイン書道教室 書道塾


ワークの後は、お茶飲みタイム♪ ってことで、滝沢さん手作りのお菓子をいただきながら
みなさんから一服していただいたのですが、それがまたよかったと。

自分と向き合う+他の人と想いを分かち合うことで、人はより一層、満足感、幸福感を
感じることができる
ように思うのですが、今回、滝沢さんはじめみなさんのお陰で、
それをとてもよい形で実現させてもらえたように思います。

心と身体が喜ぶことのさらに奥に、魂が喜ぶことがあって、そこに近づいていけたなら、
人はより幸福になっていくことが出来るのかもしれません。

そういった意味で、今回のワークはまさに『魂の書芸ワーク』であり、ぜひ今後とも、
より多くの人たちに体感してもらえたらと願っています。


滝沢さん、参加くださった皆さん、すばらしい時間を共有させていただき、ほんとうに
有難うございました! またぜひ書芸でいっしょにあそびましょう♪🤗





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com







 
 

故郷の山は、枯れゆく様もまたよし🍁



今日はあんましいいやんべだったもんで、籠ってるのももったいねすけ、
仙田から松代に抜ける山道をドライブ🚙
紅葉も、へ〜盛りを過ぎてたども、枯れゆく様もまたよしなおき🍁

この時期は毎年必ず、ほんにまぁ気持ちのいい秋晴れの日が何日かあらんだども、
それはこいからまた雪に埋もれるふるさとに、この間に囲いしたり休んだりしれという、
神様からの慰めなのかもなぁ。




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com





 
 

十日町市博物館で見て撮った、『岡本太郎が見て、撮った縄文』🌀^ ^



そして十日町市博物館で『岡本太郎が見て、撮った縄文』を見る。
てか、こっけないい博物館、いつの間に建ったん?
ポスターに新館オープン1周年ってあるから、1年前かぁ。

十日町市の総合体育館に行く時に、「なんか、すぐそばに、
ごーぎな建物があるども、あれは一体なんじゃらほい?」と
思ってたんだけど、博物館だったんだー😲

十日町は新潟県唯一の国宝である火焔型土器(愛称・雪炎/ ゆきほむら)
が出土してらんだども、そういえば博物館の建物のデザインも縄文っぽいな。
で、企画展の『岡本太郎が見て、撮った縄文』を面白く見て、常設展は
実はあまり期待してなくて、さっと見て帰ろうと思っていたら、
とんでもなかったて!常設展示があまりにも素晴らしくて、感動また感動・・・
見応えある上に様々な工夫が施されており、ごっつ楽しめる内容になってて・・・
これなら何度足を運んでも見飽きねやんじゃねかな。

どなたによるディレクションなんか知らんども、よくぞこっけな
素晴らしい博物館を地元に造ってくれたもんだと。
縄文土器もそうだけど、この美術館自体が地域の宝だと言っても
いやんじゃねーろっか。自分もまた暇見て何度でも見に行こうと思うし、
ぜひ十日町の観光名所の一つとして、全国、全世界から足を運んで
もらいたいもんだと思わんそ☺️

十日町市博物館: https://www.tokamachi-museum.jp



○企画展示:『岡本太郎が見て、撮った縄文』から



○常設展示から


個人的にSNS等に載せる分には、特定の作品以外はすべて撮影OKという太っ腹にも感動‼️
しかも、触ってもいい重要文化財まで置いてありました👍




平野壮弦による書芸体験ワークショップ関連ブログ
https://www.hiranosogen.com/blog/?cat=1169



SOGEN書芸塾ARC(平野壮弦が主宰する東京の書芸スクール)
http://www.sogen-arc.com

平野壮弦公式ホームページ
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)











 
 

感動驚愕‼️『式場庶謳子 木版画展ーいのちのうたー』於・星と森の詩美術館



で、見てきました。『式場庶謳子 木版画展ーいのちのうたー
写真で見てスゴいことは分かっていたけど、本物を見て感動驚愕。

式場庶謳子(しきば・しょおうこ)は五泉の人。
庶謳子って面白い名前だなあと思ったら、やはり雅号で、本名は昭子。
庶民のいのちを謳う子、ということらしい。

「子どもが師匠。ピカソにもバスキアにも負ける気はしないけど、
子どもには敵わない」と常々言っている自分が、参った!と思った
大人の作品に、久々に出会った。
紅葉の自然にして豊かな色味にも負けない、庶謳子が描く、人の心、
魂が織りなす彩りのなんと豊かで瑞々しいことよ。
カタチや色を描くのではなく、いのち、心、魂が、色やカタチとなって、
必然性をもって立ち現れてくるのだというその制作態度が、庶謳子の作品、
そして庶謳子自身を、これほどの次元にまで高め深めていったのでは
なかろうか。
世界のアート市場での庶謳子の評価は知らないが、俗世の価値付けとは
関係なく、庶謳子の芸術世界は間違いなく、ピカソにもバスキアにも劣らぬ、
日本、東洋の魂を根源とした高次の芸術的境地にあると言えよう。


『式場庶謳子 木版画展ーいのちのうたー』は、十日町市の星と森の詩美術館
にて11月29日(月)まで。必見です‼️






平野壮弦による書芸体験ワークショップ関連ブログ
https://www.hiranosogen.com/blog/?cat=1169



SOGEN書芸塾ARC(平野壮弦が主宰する東京の書芸スクール)
http://www.sogen-arc.com

平野壮弦公式ホームページ
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)







 
 

『安吾が愛した松之山地酒まつり』(於 旧村山家・大棟山美術博物館)へ

 



11月3日、文化の日は『安吾が愛した松之山地酒まつり』へ

地元の酒蔵が軒を並べ、試飲もさせてもらえるという大盤振る舞い。
車で行ったため、ザンネンながら酒は飲めなかったが、紅葉も美しく、
二胡の演奏や、安吾の長男の坂口綱男氏によるトーク等、
たのしませてもらってきた。

初めて館内をご案内いただいた、会場の旧村山家・大棟山美術博物館は、
建築、展示物ともに素晴らしく、山奥にありて悠久の歴史をつなぎ、
守り続けている人々のあることに、日本、新潟の文化の奥行きと
根強さを感じ、深い感動を覚えた。故郷にこのような歴史ある邸の
保護されてあることの有り難さ。
ぜひまた訪れて、建築、展示物ともじっくりと見せてもらいたいと思う。





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com










 
 

車椅子バスケ体験‼️🏀




今夜は思いもかけけず、ご縁をいただき、車椅子バスケを体験させてもらって
きました🏀
試合もやらせてもらって、もうサイコーにたのしかったです🎉
昨日まで病めてどーしょもねかったギックリ腰も、おかげですっかりよくなって、
気分も爽快‼️😊

障がいを持った人も健常者も、分け隔てなく、老若男女を問わずいっしょに
楽しめる車椅子バスケは、人々が様々なちがいを超えて繋がることで、
より幸せを感じられる共生社会を実現していくためにも、きっとこれから
大きな力となっていくことでしょう。(そこは書芸も同じです。)


車椅子バスケ 車椅子 バスケ 書芸 十日町 新潟


車椅子バスケ、とにかくめっちゃ楽しいですよ♪
しかも運動が得意とか苦手とかに関係なく、誰でも楽しむことができます。
興味のある方は、ぜひぜひ体験してみてください。
基本、毎月第2火曜日の18:30から20:00まで、十日町市総合体育館
開催されています。またそれとは別に、親子体験教室もあるそうです。

日程については以下をご参照ください。
自分も、今後とも参加できるときは、ぜひ参加させてもらいたいと思ってます。
ってことで、みなさん、今度はぜひ、車椅子バスケ教室でお会いしましょう‼️😊
(って、書芸教室じゃないんかい?!W)


車椅子バスケ 車椅子 バスケ 書芸 十日町 新潟






 
 

感謝御礼‼️〜『平野壮弦書芸展ー書芸家への軌跡ー』IN 星と森の詩美術館、閉幕〜



みなさん、こんにちは。早くも10月となりました。

8-9月と故郷十日町の星と森の美術館で開催させていただいた『平野壮弦書芸展
ー書芸家への軌跡
』に際しましては、地元はもとより、新潟県内、他県からも
多数のご来場をいただいた上、お祝いのお花やお品、お手持ち等、過分なるご厚情
をいただき、さらに自宅での書芸体験ワークや小学校での書芸体験イベントなども
行わせていただき、至福の日々を過ごさせていただきましたこと、重ねて心より
感謝御礼申し上げます。

本展は1ヶ月半という長丁場だったこともありますが、中には2度3度と足を運んで
くださった方々もおられ、結果、かような時節にもかかわらず、800名余りの
方々からご来訪いただきました。
ご来訪いただきながら不在にてお目にかかれなかった方々や、来客が重なり、
お声がけさせていただけなかった方々も少なからずおられ、ザンネンであり、
また大変失礼いたしましたが、また機会がありましたら、ぜひお会いして、お話も
させていただけたらと思っておりますので、懲りずによろしくお願いいたします。

この機に多数のご縁ある方々に一生分会わせていただいたような気分で、もういつ
ポックリいってもいいほどなのですが、いただいたご縁を大切にしながら、また
多くのみなさんから喜んでいただけるようなことをやっていけたらと思っており
ますので、今後ともご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

末筆ながら、皆様のご健勝とご多幸を、心より祈念申し上げます。


2021年 10月1日

SOGEN
平野壮弦


書家 書道家 書芸家 アート書道家 平野壮弦 書芸展 星と森の詩美術館



*・゜゚・*:.。..。.:*・”・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・”・*:.。. .。.

展覧会や体験ワークの模様を、こちらのSOGEN公式ブログのほか、
以下の平野壮弦FACEBOOKページやSOGENインスタグラムでも
ご紹介させていただいておりますので、よろしければご覧ください。


平野壮弦FACEBOOK: https://www.facebook.com/sogen.hirano/
SOGENインスタグラム: https://www.instagram.com/sogen1919/



書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com





 
 

お気に入りの書芸作品といっしょにパチリ‼️集〜第9弾&第10弾(最終編)



星と森の詩美術館での『平野壮弦書芸展ー書芸家への軌跡ー』、おかげさまで
盛会のうちに、無事終了いたしました。
たくさんの方々よりご来場いただき、有難うございました。

以下にお気に入りの書芸作品といっしょにパチリ‼️集〜第9弾&第10弾(最終編)
をお届けします。
ご協力いただいたみなさん、有難うございました!
なお、また後ほど、第1弾から第10弾までのパチリ‼️集の総集編をお送りします。


書芸 書道 アート書道 平野壮弦 星と森の詩美術館 十日町 新潟
書芸 書道 アート書道 平野壮弦 星と森の詩美術館 十日町 新潟




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com





 
 

星と森の詩美術館の遊歩道で、藤巻秀正先生の野外彫刻作品と出会う



今日は最高の散歩日和🌞
8月6日の書芸展のオープン以来、初めて歩いた、星と森の詩美術館の遊歩道🚶
そよ吹く風がたまらなく心地いい。
道々で出迎えてくれるのは、藤巻秀正先生の野外彫刻作品の数々。
同じ彫刻家の手になる作品とは思えぬほどの、豊かな詩情と表現力。
しかもタイトルが「おねだり」とか「チュー」とか、ユーモラスなのがまたいい。
題材は動物や虫が多いが、「森の音楽家」に至っては、もはや宇宙人。
不思議の国のアリス、ではないが、都会の喧騒を離れた静寂の中で、ちょっと
メルヘンの宇宙世界にあそぶひと時。



『平野壮弦書芸展ー書芸家への軌跡ー』星と森の詩美術館にて、
9月26日(日)まで。(9:30-17:00 入場16:30まで ※火曜休館) 
http://www.hoshi-uta-m.jp



以下のFACEBOOKページ、インスタグラムにて、書芸展や書芸体験ワーク
風景の画像をご覧いただけます。

平野壮弦FACEBOOKページhttps://www.facebook.com/sogen.hirano/
平野壮弦インスタグラムhttps://www.instagram.com/sogen1919/



書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com




 
 

十日町高校時代の恩師、金山有絋(ゆうこう)先生より、ご著書『良寛の俳句〜その面白さ』を謹呈いただく。



十日町高校時代に担任いただいた青龍寺ご住職、金山有絋(ゆうこう)先生が、
書芸展にご来場くださいました。
金山先生の担当教科は英語でしたが、さすがに早稲田大学出の文士で、俳句も
よくされ、俳句が趣味であった亡父も『葦の芽会」という地元の俳句仲間グループ
で大変お世話になった方。

せっかく先生から英語を習い、身を立てるところまでいきながら、それを棒に
ふったわけですが、「やあ、あんたは学校の教師辞めて、ほんとうによかった!」
と、今更ながら誉めていただきました(笑)


金山有絋 俳句 良寛 書 平野壮弦


そして先生のご著書を、なんと2冊も謹呈いただき、感謝感激。
1冊は『俳句ーその芸術性ー」と題された芸術論(2012年刊)。
もう1冊は、『良寛の俳句〜その面白さ』と題された、江戸時代の禅僧、良寛さん
の俳句に関する解説書(2018年刊)。

歌人、書家として有名な良寛さんが、漢詩や和歌と比べたら少ないものの、
実は生涯に100余点の俳句を詠んで遺していたとのこと。
中には
屋根引の金玉しぼむ秋の風
柿もぎの金玉寒し秋の風
といった句もあり・・・エラいお坊さまが、金玉、金玉って・・・😝
が、それもまた諧謔のあそび心なり、ということなのでしょう。


金山有絋 俳句 良寛 書 平野壮弦


書芸作品との2ショットは、「大愚良寛」を自称した良寛さまに因み、やはり
この作品と。

金山有絋 俳句 良寛 書 平野壮弦

書芸作品との2ショットは、「大愚良寛」を自称した良寛さまに因み、やはり
この作品と。
80歳を越えて、なおスラッとダンディーな金山先生。ご高覧有難うございました。
どうぞいつまでもお元気で!
あ、帰りは自漕ぎのチャリで、颯爽と帰って行かれました。若い!😳


『平野壮弦書芸展ー書芸家への軌跡ー』星と森の詩美術館にて、
9月26日(日)まで。(9:30-17:00 入場16:30まで ※火曜休館) 
http://www.hoshi-uta-m.jp



以下のFACEBOOKページ、インスタグラムにて、書芸展や書芸体験ワーク
風景の画像をご覧いただけます。

平野壮弦FACEBOOKページhttps://www.facebook.com/sogen.hirano/
平野壮弦インスタグラムhttps://www.instagram.com/sogen1919/


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com