広告デザインを書道家に依頼する
山本山・『新茶』
  • 広告デザイン中の筆文字ロゴを書道家に依頼
  • 筆文字ロゴ書道家による書道パフォーマンス
  • デザイン書道と商品ロゴの講演
  • 筆文字ロゴのレクチャー案内
 

広告デザイン書道~商品ロゴの書制作について


~筆書によるインパクトある商品ロゴで、売上アップに貢献します~-


書道ロゴ 書道ロゴ
書道ロゴ


世の中にはさまざまな商品があります。食品、衣料品、インテリア、電化製品etc.・・・
それらの商品名を表す商品ロゴは、昔はレタリング・デザインされた文字が主流でしたが、現代では数多くのフォント(活字)が作られ、グラフィックデザインに活用されています。 フォントは、いちいち文字を始めから作る必要がない上に美しく読みやすいため、デザイン上、大変便利です。一方、種類が豊富にあるとはいえ限りがあり、また無機質的で冷たい印象を与えることもあることから、人の手になる温もりを感じさせる、より個性的な筆書によるロゴが求められるようになっています。 特に、和菓子、蕎麦、日本茶、日本酒といった、日本古来の伝統的な食品においては、和のテイストを感じさせる、筆書による商品ロゴが、いまも主流を占めています。

特に、和菓子、蕎麦、日本茶、日本酒といった、日本古来の伝統的な食品においては、和のテイストを感じさせる、筆書による商品ロゴが、いまも主流を占めています。
一方、洋の商品においても、筆書は大いに効果を発揮します。筆書をデザインに活かすことで、和洋融合による、斬新でクールな表現世界が表れます。

すぐれた筆書ロゴの使用は売り上げアップに繋がるとともに、会社の認知度を高め、イメージアップにも繋がります。 いかにその商品のイメージ・コンセプトを表現し、消費者に伝えるか、が商品ロゴの制作においては最も重要なポイントです。また、どのような消費者層に向けたものなのか、ターゲットも考慮しなくてはなりません。オーソドックスな書、洗練されたモダンな書、ポップな書、遊びのある書、豪快な書、優美な書、素人らしい書等、どのような書風書体がベストなのかは、ターゲットによっても変わるからです。 一般の書道家では、その求めに応ずるのは至難の業・・・そこは書の表現テクニックとデザイン感覚に長けたデザイン書道家の出番となります。

商品ロゴの正否は、商品の売り上げにも大きく影響します


良い筆書ロゴがほしい、だが予算が限られている、または納期まで時間が無い・・・ ご心配には及びません。SOGENにお任せください。ご予算に応じて、イメージ・コンセプトに基づく斬新でインパクトあるデザイン書を、インタイムでお届けします。どうぞお気軽にお声がけください。

長年にわたって愛される続けるロゴとは?


オリジナリティーとインパクトとを合わせ持つデザイン性の高い筆書には、人々の心に瞬間に働きかける力があります。と同時に、特に店舗・社名ロゴにおいては、長年眺めても見飽きない、書としての格が求められます。それは、各種施設、マンション等のロゴにおいても同様です。
書は誰にでも書けますが、高いデザイン性と品格とを兼ね備えた書となると、一朝一夕に出来るものではありません。書を知り、デザインを知ったうえで、イメージやコンセプトを最大限に表現できる技を持つ、SOGENの本領発揮の場がそこにあります。

書は芸術であるとともに文化です。人目を惹くこと、売り上げに貢献することはもちろんのこと、文化的にもすぐれた筆書を世に送り出していくことを使命と考え、お店の顔としていただくにふさわしい筆書ロゴの制作に、全霊をかけて臨みます。

店舗/社名ロゴについて


店舗や社名のロゴについてはこちらをごらんください。▶店舗ロゴ/社名ロゴについて

SOGENが手がける商品ロゴ


SOGENは、伝統書道、デザイン書道のいずれにも精通する、その筆技と感性とを駆使し、これまで数々の店舗・社名ロゴ・施設ロゴを手掛けてまいりました。その実績は、100年、1000年お使いいただいても揺るがない、味わいある、すぐれたデザイン書を提供させていただきたいという信念に支えられています。

書は芸術であるとともに文化です。広告デザイン書道においては、人目を惹くこと、売り上げに貢献することはもちろんですが、同時に、文化的にもすぐれた筆書を世に送り出していくことが使命であると考えます。

ロゴ制作について、まずはお気軽にご相談ください。

東京の書道家に商品ロゴを依頼する



広告を制作したけど何故かインパクトが足りない、、、

広告デザイン書家技術パフォーマンス書家ロゴ
デザイン技術パフォーマンス書家ロゴ

街で目にする広告にどこか力を感じない、、、と思ったことはありませんか?

広告をよく見ると、ほとんどの広告の文字に力が無いことに気づきます。 活字やPCのデザインソフトのフォントでは伝わらないイメージやコンセプト、繊細なニュアンスまでも伝えることができるのがSOGENの筆書による書道(書芸)広告デザインです。

さて、ここで右の2つの広告の例をご覧ください。
こちらはSOGENが東京で月に1度主宰している書芸塾ARCの広告です。

上の広告は「書芸」の文字にPCのフォントを使いました。一見すっきりとして見やすいようですが、迫力とインパクトに欠け、「書芸」という新しい書のジャンルのPR広告としては弱い内容となっています。

片や、下の広告はSOGENの筆書を使用した物ですが、書芸という新しいジャンルを切り開いていく主宰の意気込みの力強さや文字の迫力が伝わってくる広告となっています。 このように、同じ広告でもSOGENの筆書を用いることで広告を見る側の印象がガラリと変わります。

御社の制作する広告物に息吹を与えることがSOGENの筆書によるデザイン書道サービスです。

御社だけのオーダーメード筆書広告の制作が可能です。 動きのある筆書とデザインを組み合わせることで、斬新でインパクトあるデザインが生まれます。

広告デザイン書道の効能

書道ロゴを用いる場合の効能について

・活字と異なり、人の手になる温もりを感じさせます。
・活字では伝わらないイメージやコンセプト、繊細なニュアンスまでも伝えることができます。
・日本人のDNAに込められている筆書への望郷感を喚起し、親しみを感じさせます。
・海外においても、漢字や平仮名、禅といった日本文化がブームとなっていることから、海外向けの広告においても大きな効果が期待できます。(英文字も可能です)



無味乾燥な活字でなく、筆書を活かすことで、期待される効果は無限であるといえましょう。

広告デザイン書道の効果


さらに重要なのが、筆書であれば何でもよいわけではなく、広告としての効果が最大限に発揮される書でなければならない、ということです。

既存のアート作品をそのまま広告デザインに活用するといった場合も時にあるでしょうが、やはり、その都度その広告にふさわしいものを生み出していくことが求められます。

商品のイメージやコンセプト、ターゲットに応じて、書もそれに見合ったものでなければならない、というわけです。

それはある意味、役者の仕事にも似ているように思います。書を通してさまざまな役柄を演じていく。そしてそのためには、どんな配役が回ってきても応じることができるよう、普段からさまざまな引き出しを用意しておくことが求められます。

書芸家SOGENが御社の広告に適したオリジナルな書を制作致します。 まずはお気軽にお問い合わせください。

東京の日本一の広告デザイン書家。広告デザイン看板の制作

 

 

 

書道家SOGENのデザイン書道ブログ