ダンスは書芸に通ず〜笠井瑞丈、上村なおかダンス公演に想う〜

 

 

SOGEN書芸塾でもスペシャルワークを何度か行っていただいた

ことのある世界的ダンサー上村(うえむら)なおかさんと

笠井瑞丈(みつたけ)さん夫婦によるダンス公演を観る。

 
この二人のダンスは今まで何度か観せてもらい、そのたびに

鮮烈なカタルシスを憶えてきたが、今回は夫婦が夫婦を演じる

という趣向での3名の振付師による実にユーモラスな舞台で楽しめた。

 

 

 

 
ダンスは書芸に通ずる。
 
上村さんのダンスが好きなのは、こんなに身体が動きます

といった風に身体能力を見せ付ける部類のダンスではなく、

彼女が手足を少し動かしただけで場の空気が変容するほど、

深い精神性と魂とに根ざした自然にして必然の動きが

見て取れるからだ。

もちろんそれも、どんな動きも出来るように鍛錬した上での

ことであり、書の達人が線一本書いただけで場の空気が

変わるのと同じ道理だろう。

 
 
金沢出身の上村さんは、5歳でバレエを始めたが、

みんながすぐに上手くなるのに、自分はちっとも出来なくて、

それで長続きした、といったことを書芸塾で語ってくれた。

 

器用な人はすぐに出来てしまうから飽きも早い。

不器用な人のほうが、しぶとくやり続けることで

大成していくところがあるのだろう。

かく言う自分も不器用で字が下手クソだからこそ、
飽くことなく書を続けてきたところがあるように思う。

 

イチローが「若い頃の自分に、こうやればもっと要領よく

出来るのに、と教えてやりたい気もするけど、自分で

迷いながら試行錯誤してきたことが全て糧になって

今の自分があるんで、やっぱり教えないほうがいいと思う」

といったことを語っていたけど、それもまた同じだなと。

 

 
人から教えてもらったノウハウよりも、自分で気付き、

身に付けていったもののほうが、遥かに自分の血肉と

なっていくのは、なんの世界でも同じなのだと思う。

 

 

 

 

話が飛んだけど、笠井瑞丈、上村なおかのダンスは、

日本の、いや世界の宝であり、無形文化財。

観ることが文化財の保護と発展にも繋がる。
ということで、今回の公演は終わったけど、

今後ともぜひ、彼らの活躍にご注目いただきたい。

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

宇宙観を表す✨-SOGEN書芸塾ARC-

 

 
きのうの書芸塾、つかれた、オモシロかった、サイコーだった‼️
満員御礼、と言っても、一人当たり広く使ってもらっているので、

すぐに満員になるんですけどね。

 

書道の専門家でない人たちの中から、ドンドン面白いものが湧き出してくる。
書家が常識に囚われて容易に越えられない壁を、彼らはやすやすと越えてイク。
書道の知識や技はもちろん大きな力になるが、それは底力であって、

表すべきは宇宙観なのだ。

 

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 
 
書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 
 




 
 

Siriに、しりとりしようと誘ってみたら・・・😁

 

 

Siriに「しりとりをしよう」と誘ってみたら、
「じゃあ私からイキますよ。OS10! あ、しまった!」
もう一度誘ったら、「慣れていないんで、ちょっと練習させてください。
しりとり、りんご、ごはん・・・あれ?」だって。
Siri、しりとり苦手なのか?W

 
それでもしつこく誘ったら、

Siriからしりをとったら何も残らないじゃないですか」だって。
Siri、なにげに賢い・・・?W🤪
 

 

ちなみに世界をオマタにかけているアーティストの小俣智子さん、
いま韓国みたいだけど、「アート書道東京は平野壮弦さんだったんだ!
というFBコメが載ってたので、何かと思ったら、どうもSiriに
アート書道東京について尋ねると、トップにSOGENのWEBページが来るようで。
SOGEN書芸塾ARCのページね。
それもまた、どーなのよ?W
ものしりなのか、ものをしらないのか、謎の深まるSiriちゃんなのでした😆

 
 
ART SHODO TOKYO(アート書道東京)
https://artshodotokyo.amebaownd.com
 
 

 
書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

☆展覧会のご案内/『五月女寛陶展』 『楽書家・今泉岐葉 ジュエリーとのコラボ展』

 
 

ただいま開催中のSOGEN書芸塾・塾生・OBによる展覧会の

ご案内をさせていただきます。

 
 

◯『五月女寛陶展』

 

会期:3.5(月)~3月10日(土)

12:00-19:00(最終日17時まで)

 

会場:ギャラリーワッツ

東京都南青山5-4-44  ラポール南青山#101

 

五月女さんは、陶芸家でありながら、SOGEN書芸塾にて

書芸に親まれ、今回の展覧では墨による墨象風の装いを

ほどこした陶も出展されるとのこと。

 

五月女さんの陶は自然の中から生まれでたような、

不思議な魅力があり、手元に置いておきたくなるような

逸品ぞろいですが、果たして今回はどんな趣を見せて

くれるのか・・・

 

お時間のある方は、どうぞ南青山までお運びいただき、

ご高覧いただきますよう、ご案内申し上げます。

 

 

 
 

楽書家・今泉岐葉Xジュエリーデザイナー・濱田敏明コラボ展

 『幾千粒のことば』

 

会期:3月8日(木)~3月11日(日) 11:00-19:00

 

会場:Gallery imasa(ギャラリーイマサ)

   東京都日本橋本町1-2-8

 

今泉岐葉さんは、SOGEN書芸塾に学ばれたのち、現在、楽書家
として活躍中。
今回はジュエリーとのコラボレーションとのことで、書と宝石の
コラボ展はおそらく世界初ではないかと。
 
ジュエリーと書の絡みにより、一体どんな世界が生まれるのか・・・
ご興味のある方は、どうぞ日本橋ギャラリーイマサまでお運び
ください。
 
 

 

 
 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 
 




 
 

☆とっとちゃんとワークショップ in SOGEN書芸塾・作品紹介 (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.8.2 投稿 174)

 

 

先月、SOGEN書芸塾にシンガーソングライター・とっとちゃんとをお招きし、
ナマ歌を歌っていただきながら、そこから感じるイメージを、参加者がそれぞれ
思い思いに書表現してもらうというワークショップを開きました。
そのとき、みんなで書いた作品をご紹介します。

 

う~ん・・・オモシロイね~!
みなそれぞれに発想がユニークで、同じ歌を聴きながら、こんなにも色々な
イメージが生まれてくるものかと感心!

 

 

2008.8.2-2 2008.8.2-12008.8.2-3 2008.8.2-4 2008.8.2-5 2008.8.2-6

 

 
☆2013年度・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://www.hiranosogen.com/blog/?p=2783

 

 

 

以下のサイトで書芸塾の概要をご覧いただけますので、どうぞご参照ください。
■SOGEN書芸塾ARC(教室紹介動画あり)
http://www.hiranosogen.jp/arc

 

■FACEBOOK SOGEN書芸塾ARC(塾生の作品写真や活動の様子を紹介)

https://www.facebook.com/arctokyo

 

 

 

 




 
 

あそびま書芸塾in十日町 (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.7.27 投稿 173)

 

 

今日は十日町でのSOGENあそびま書芸塾の日でした。
雨でしかも蒸し暑い中、多くのご参加をいただき、ありがとうございました。
おかげさまでたのしかったっす!
10月まで残りあと3回となりますが、よろしくお願いします。

 

 

2008.7.27-12008.7.27-2

 作品を手に、みんなでパチリ!                   アートしてます!

 

 

 
☆2013年度・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://www.hiranosogen.com/blog/?p=2783

 

 

 

以下のサイトで書芸塾の概要をご覧いただけますので、どうぞご参照ください。

 
■SOGEN書芸塾ARC(教室紹介動画あり)
http://www.hiranosogen.jp/arc
 
■FACEBOOK SOGEN書芸塾ARC(塾生の作品写真や活動の様子を紹介)

https://www.facebook.com/arctokyo

 

 




 
 

6月のSOGEN書芸塾/Tシャツ作品制作 (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.6.21 投稿 161)

 

 
今日はSOGEN書芸塾ARCの日

 
テーマはTシャツ制作

みんな、イイ感じ!

Tシャツは面白いね。またやろう!

 

 

■SOGEN書芸塾ARC(教室紹介動画あり)
http://www.hiranosogen.jp/arc

 

■FACEBOOK SOGEN書芸塾ARC(塾生の作品写真や活動の様子を紹介)

https://www.facebook.com/arctokyo

 

 

 

2008.6.21-12008.6.21-2

 

2008.6.21-32008.6.21-4

 

2008.6.21-52008.6.21-6

 

2008.6.21-72008.6.21-8

 

2008.6.21-92008.6.21-10

 

2008.6.21-112008.6.21-12

 
 




 
 

島のお寺にイク!(韓国日記~その11) (書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 2007.2.4 投稿 073)

 
 
島のお寺のふもとにある門
 
2007.2.4 island4

 
 

山頂付近の岩肌に彫り込まれた石仏     途中で見かけた石塔
 

2007.2.4 island5     2007.2.4 island6

 

 

砂浜で遊んだあと、舟でもう一つの小島へと向かう。
目指すはその島の山頂にあるお寺。
 

金さんは自然大好きとみえて、昨日までと打って変わり、疲れも見せず生き生きとしている。

お寺まで辿り着くのに、石段を400段以上も登らなくてはならない。
下で待っていてもいいですよ・・・と言われたが、ここまで来て登らないわけにはいかない。
masamiもほんとは下で待っていたそうだったけど、自分が登ると言ったもんだから、
付き合わないわけにはいかないと思ったのだろう。ゴメン、masami。
5人で山頂の寺を目指して歩き始めたのだが、最初の30段くらいで息切れ・・・
だってこの階段、めちゃくちゃ急なんだもん!
だが弱音を吐いているわけにはイカのちんたま!
軽快なフットワークで登っていく金さん、李さんの後を追い、なんとか山頂まで辿り着いた。
日本の某若手書道家が「毎朝15キロ走っている。」と言っているのを聞き、
芸術は体力勝負じゃねーよ!って思ったが、これしきのことでヘタるようじゃあ、
やっぱり体を鍛え直さなくちゃなぁ・笑

 

山頂には岩壁に彫られた巨大な石仏が鎮座していて、ここは禅宗の聖地の一つとなっているらしい・・・
しかし、よくもまぁこんな険しい岩肌に巨大な彫刻を施したもんだと感心!

 

(つづく・・・)

 

 

 

書道家/書家 SOGEN / 平野壮弦

 
WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen