⭐️8月のSOGEN書芸塾のご案内

 

 

みなさん、こんにちは。
記録的な猛暑、異常なまでの大型台風と天候の異変が続き、

きびしい今夏となっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

以下、8月の教室のご案内です。

どうぞご参照の上、ご参加ください。

※体験参加、当日の飛び入り参加も受け付けております。

 
8月の開催日は、8月18日(土)と8月26日(日 )、
開催時間は通常通り、 15:30-17:30、
会場は加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホールです。

アクセス:http://sogen-arc.com/access/index.html

 

8 月のテーマ:写真からのインスピレーションによる書芸作品の制作
(※各月ごとにテーマを設けていますが、何をやっていただいてもOKです。)

このテーマで取り組みたい方には、色々と面白い写真画像をご紹介、

提供します。写真を持参いただいてもけっこうです。

 

用具はいつも通り、書芸用具一式。 無いものは貸し出します。

 

⭐SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 
 

 
◎トピック〜SOGENによるデザイン書関連の仕事のご紹介〜

 

 

SOGEN揮毫『明石鯛』日本酒ブランドデザイン、2018国際飲料アワード大賞受賞!!
おめで鯛ございます‼️🐠🎊

http://www.hiranosogen.com/blog/?p=17091

 

 

SOGEN揮毫〜プリマハム御中元ギフト『匠の膳』『匠伝説』〜

好評発売中!!

2017年度ドイツ農業協会食品競技会・金賞受賞の逸品です。
http://www.hiranosogen.com/blog/?p=17150

 

 

SOGEN揮毫〜 丸亀製麺・季節限定新メニュー『牛山盛りうどん』 〜

好評販売中です。

夏こそがっつり、牛肉たっぷり♪
どうぞご賞味ください😋

 

丸亀製麺公式サイト【季節限定メニュー】
https://www.marugame-seimen.com/new_menu/

 

 

SOGEN揮毫、長岡花火Tシャツ&フォトブック、好評発売中🎇

長岡花火大会は終了しましたが、グッズは引き続き販売中です。

http://www.hiranosogen.com/blog/?p=17162
 

 

SOGEN揮毫・紙パック酒『界』、IWCゴールドメダル受賞

昨年の推奨酒認定に続き、今夏のゴールドメダル受賞は、
紙パック酒としては実に画期的なこととのことです。

http://www.hiranosogen.com/blog/?p=17211

 

 

それでは8月の教室でお会いしましょう!
どうぞみなさん、よいお盆を!

 

 

SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

書芸家SOGEN/平野壮弦関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/  (アート)
http://www.hiranosogen.com/  (デザイン)
http://www.hiranosogen.com/blog/ (ブログ)

 

 




 
 

世界を繋ぐ書芸 ON FACEBOOK

 

 
一体なにが起こったのか⁉😲
 
ここ半月ほど、FACEBOOKの個人ページに毎日、世界中から100人以上の
友達リクエストをいただき、いまも100人待ち。しかも大半が海外から・・・
アート作品、載せまくったせいだろうか?
 

平野壮弦 ON FACEBOOK
https://www.facebook.com/sogen.hirano
 
 

自分は受け身のSなもんでW、自分から友達申請をさせてもらったのは
最初の頃、しかもリアルな友達だけで、あとは受けるばかり。
で、こう見えてけっこう律儀なので、友達リクエストをもらうと、
その人のページを見せてもらい、国や内容を見て特に問題なければ
受けさせてもらっているんだけど、こう一杯になってくると、
さすがにちょっともうタイヘン・・・FACEBOOKから友達申請の
機能の使用が速すぎる、と何度もブロックがかかったほどで(汗)
しかもコメントやメッセージ、果ては電話までくれる人もいて、
うれしい悲鳴といったところです。
 
でも毎日、色んな国の様子や世界のアートの動向に触れることができて
オモシロイし、とてもいい刺激をもらってます。
こんな国、あったんかいなーとGoogleマップで調べたりと、
居ながらにして世界中を旅してるような気に・・・🚀

 
 
特に、自分が求める書芸の精神を宿したすぐれたアーティストが、
人種、国籍、思想信条の違いを超えて世界中にいることを知り、
今とてもハッピーな気分🧡
自分と近い感性を持ったアーティストは、アート市場でいえばライバル
ってことになるんだろうけど、自分にはそれがたまらなくうれしいのだ。
なんせ、自分の求める世界にまちがいは無いと信じつつも、書でも絵でもない、
なんなんだこれは?って長年理解されずにきたところがあるもんだから、
世界中にこんなにも作品を通して感じ合える人たちがいるのだと知って、
もうウキウキ・・・🌸‼🎵
 
作品も方向性も違うけど、そこはART SHODO TOKYOを立ち上げた
書家・現代美術家の山本尚志さんも、同じ想いなんじゃないかな。
だからいま、堰き止められていたダムが放出されるかのように、
そのエネルギーが溢れ出してきているわけで。
 

 
・・・ということで、いよいよ、書芸、書を源流としたアートが
世界に撃って出る時代到来の予感💥‼
人類がここにきて俄然オモシロくなってきたW
以前、世界中の人たちを10万人集めて書芸イベントをする夢を
見たことがあるけど、もしかしたら正夢か?!

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

SOGENアートワークス・50選

 

 
ART SHODO TOKYOのバックヤード作品も含む、SOGENアートワークスのご紹介。

 
 

 

 

 

 

以下のFACEBOOK、SOGENアートファンページで、

ART SHODO TOKYOのバックヤード作品も含む、

SOGENアートワークス50点を一挙公開中です。

 

https://www.facebook.com/pg/HiranoSogen/photos/?tab=album&album_id=1677928405595877
 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 




 
 

SOGEN,ART SHODO TOKYO出展作品から〜男と女シリーズ〜

 

 

SOGENのART SHODO TOKYO 出展予定作品から。

 
来週4.28-4.29を会期に、三鷹市芸術文化センターを会場に開催される
ART SHODO TOKYOに向けて、このところ、こどものラクガキみたいな
作品を書きまくったので、ちょっとえろ書芸家の本領を発揮して(?)
アダルトな作品も書いてみました。

 
題して「男と女シリーズ」
 

 

まあこっちのほうが、ある意味、アート書道かもしれません。
書道の技法がてんこ盛りの分・・・W
でもまあこれだって、書道、じゃないですねW

 
 


 

 

 
以下のSOGENアートファンサイトで、シリーズ中の他の作品をご覧いただけます。

 
https://www.facebook.com/pg/HiranoSogen/photos/?tab=album&album_id=1656054527783265

 

 

※なお、こちらのシリーズ作品は、4月末に東京で開催される
ART SHODO TOKYOのバックヤードのそのまたバックヤード
作品で、会場展示ならびにWEB販売はいたしませんが、
ご希望の方は、会場で実物をご覧いただいた上、
スペシャルプライスでご購入いただけます。
(注:銀行振込みにてお支払いいただいた後、
着払いにて郵送させていただく形となります。)
 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

新生・SOGEN書芸塾のスタートにあたって〜宝物を探し出し、磨いていくための場〜

 

 
SOGEN書芸塾ARCは、4月から全クラスを統合し、新たな形で

スタートいたします。
 
内容は、これまで開いてきたフリークラスに準ずるもので、

伝統書道からデザイン書道、アートまで、何をやっていただいて

もよい、ますます自由な書芸術のアトリエと化していく予定です。

 

で、これまでのような全体レクチャー的なことは基本、行わず、
もちろんお手本を見ながら稽古するといったことも、これまで通り
行いませんが、書道、芸術、デザイン等について語り合ったり、

参考となるものをご覧いただいたり、デモンストレーションや

アドバイスをさせていただくことを通して、個々に応じた
アシストを行ってまいります。

 

 

書芸のいのちは生(き)の線にあり、人マネではない、

自分自身の呼吸で、自分の線を描くことが大切。

 

しかし一方で、好きなように書いたものが芸術作品として

値打ちを持つかどうかはまた別で、なんでもありですが、

なんでもいいというわけではなく、そこに芸術としての

深浅の差が生じます。

 

芸術は未知の世界への挑戦ですから、その評価はもちろん

安易に下せるものではありませんが、古今東西の名家による

書はもとより、世界の芸術作品に触れ、また自らも

世界的書芸家として書芸作品を世に送り出しているSOGENが、

それぞれの人の中に眠るお宝を探し出し、磨いていくための

アシストをさせていただくことが、SOGEN書芸塾の本旨と

なります。
 
 

これは先日の教室でのこと。

筆線による抽象作品を制作している塾生が、こんな作品を

書いておりました。

 

 

このたどたどしい感じが独自の持ち味となっており、これはこれでよい
ところがあると。

ただ、芸術作品としてはまだ弱く、物足らなさがあることも否めません。

 

そこで、デモンストレーションをご覧いただいた上、少しアドバイスを
させていただいたところ、こんな作品が生まれました。

筆ではなく、小さな木のヘラで書いてます。

 

 

これはもう、あそびのある、実に豊かな作品であると。

書道の素人である一般の方が、こんなものを、ほんの少しの
アドバイスで速攻で生み出してくるあたりは、ご本人の
柔軟な精神と学ぶ意欲の賜物であろうと。
まさに、芸術はみんなのもの、なのであります。

 

 
指導者のクセや好みを押し付けることなく、いかにその人の

持ち味を引き出し、磨いていくための手助けをさせていただくか・・・

SOGEN書芸塾では、今後とも、そこを大切にしながら、

よりすばらしい交感の場としていけたらと願っています。
4月からの、また新たな人々と作品との出会いにワクワクです♪

 

新生・SOGEN書芸塾ARCを、どうぞよろしくお願いします。

 

 

新生・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC主幹・SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

 




 
 

『界』『雪椿』が「日本酒アワード」メイン部門で【最高金賞】を受賞!!

 

 

SOGEN揮毫の紙パック酒『』(埼玉県・小山本家酒造

ならびに『雪椿』(新潟県・雪椿酒造)が、このたび

ワイングラスで美味しい日本酒アワード」メイン部門で

最高金賞】を受賞されたとの吉報をいただきました。

 
 

『界』は発売から1年で約40,000ケース(1.8L換算)を売り上げ、

初年度の数量としては、歴代1位となるのではないかとのこと。

 

昨年夏には「IWC」という世界的な酒類コンテストの日本酒部門で

大会推奨酒のお墨付きを頂いていたそうですが、本年2月には
上記のアワードで【最高金賞】を受賞。
受賞率4.9%の難関で、且つ出品された他のお酒は選りすぐりの

高級酒ばかりの中での受賞とのことです。

 
 

現行の紙パック酒のパッケージは紅地を基調としたものがほとんど
ですが、その中にあって、白地に黒の文字書が映え、
予定調和の紅組に対抗する強い武器となった。

素晴らしいデザインでスタートが切れたことが何よりでした。

とのお言葉をいただきました。

 

売れ筋を後追いするばかりでなく、そこに挑んでいこうとする
チャレンジ精神が、今回の吉報に繋がったものと拝察、

良い酒造りはもちろんのこと、銘柄の書にこだわり、

デザインにこだわっていただいたことに、感謝と敬意を表します。

 

 

 

 

なお、『越乃 雪椿』においては、今月の「にいがた酒の陣」に向けて、

新幹線の車両広告を展開中とのことで、3月末までだそうですが、

ご乗車の際にはどうぞご覧ください。

(※E4系二階建て車両のみ出そうです。)

 
にいがた酒の陣:http://sakenojin.jp
 

 
 
思えば『越乃 景虎』同様、『越乃 雪椿』の書を揮毫させていただいたのは、

もう20年以上も昔のことで、想いを込めて書かせていただいた書を、

長年にわたりご愛用いただいていることに、深く感謝しております。

またそうしたお酒が、長年にわたり、多くの人々から愛され、

晴れの舞台に立つことは、我が事のように嬉しく有り難く思っております。

 
 
日本酒こそ、日本の心であり文化。

今回、吉報をいただいた小山本家酒造さん、雪椿酒造さんはもとより、

日本酒業界の益々のご発展を、陰ながら祈っております。

 

 

 
☆ワイングラスアワード・審査風景と受賞銘柄一覧

https://jp.sake-times.com/special/news/sake_wineglass_2018

 

 

 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/
 
 




 
 

SOGENのアート、デザイン書作品が、ハングル博物館の研究誌に

 

 

SOGENのアートならびにデザイン書作品が、韓国の国立ハングル博物館の研究誌に

掲載されましたので、一部ご紹介させていただきます。

 
この研究誌は、韓国、中国、日本の文字デザインならびに書に関する研究論考で、

韓国内の博物館をはじめとした全国の公共施設に保管されるとのことです。

 

僭越ながら、日本からは、サントリー響の書で著名な荻野丹雪氏、お馴染みの

書家・写真家の富永泰弘氏らを推薦させていただき、共に作品を掲載いただいております。

 

 

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デ ザインワークス・レク チャー・パフォーマンス)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK SOGENアートファンぺージ)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 
 




 
 

~人類の書を求めて~SOGENソウル展に寄せて

 

 

10.26-11.2、ソウルで開催予定のSOGEN個展、作品もようやく仕上げて一段落。
やっと終わったー!・・・って、本番はこれからですがw
装丁から作品集の作成まで、韓国の友人たちがすべてやってくれることになっており、有り難いかぎりです。

 

今回は企画サイドの意向で、手にしてもらいやすい小品を中心とした、約40点の非文字・
抽象作品による展覧となります。
展示については、テーマを絞るとか、インスタレーション的なものにするとか、
さまざまな方法が考えられるわけですが、今回は特にテーマも絞らず、
装丁した作品を壁面に飾るというシンプルな展示となります。

 

テーマは絞らず、と言いましたが、テーマ的なものがあるとしたら、それは「人類」ということに
なるだろうと思います。
ノーイメージのラクガキのような作品群ですが、あらためて見ると、どの作品にも人がおり、
ああ、自分は知らず知らずのうちに、人類を描いているのだと。

 

企画サイドから、「抽象作品なので、作品集用に解説文を付けてほしい」と言われ、
正直、それぞれの作品がなぜこのようになったのかは自分でも分かりませんので
解説のしようもないところですが、鑑賞のヒントとなるべく、コメントを付け加えました。

 

 

たとえば・・・ということで、出品作の中から1点だけ紹介させていただきます。
 

s-010-%e3%83%aa%e3%83%88%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9-the-lit-godzilla-345x295mm
 
作品NO.S-010
リトゴジラ/the lit-godzilla
345x295mm

 

『リトゴジラ』は原始鳥獣リトラとゴジラの合体により生まれた新怪獣。
体長155.5M 体重13万トン 飛行速度マッハ5.55
口から萌射悩光線を吐き、これにやられると萌え萌え悩殺状態におちいってしまうという恐怖の大怪獣。

 

 

実は今回の作品はすべてタイトルも後付けで、「なんか、こんな風に見えるかも」てな感じで、
後からテキトーに付けたものです。
従って、解説文もタイトルに合わせてテキトーですw

 

ふざけてんじゃねー!と思われる方もおられるでしょうが、いたって真剣に遊んでます。
以前、世界的コントラバシストの齋藤徹さんが、「いま死にゆく人の前で演奏が出来るか、
この演奏でよいか、いつも自分に問うている。」といったことを語っておられましたが、
以来、私も「いまこの瞬間に書いている書を、これが自分の魂心の書だと言って、
死にゆかんとしている人に見せることができるだろうか。」と自問しながら
書くようになりました。
いやもちろん、別に死にゆく人のために書いているわけではありませんが、そういう状況に
ある人に対して、これが嘘偽りない自分だと作品を通して言えるかどうか、ということです。

 

その1点において、今回展の作品は、中にはまだまだカッコつけているものもあるとは思いますが、
総じて、これが自分だと言えるものが出来たのではないかと。
 
偽らざる自分を表すこと、即ち、個を超えた人類を表すこと。
 
まったくもって道半ばで、まだまだ遊べない自分ではありますが、
その譲れない部分だけは死守しつつ、人類の書を求めて、
これからも進んでいきたいと思っています。
 
展覧はソウル・恩平文化芸術会館にて10.26から11.3まで(10.30休廊)
よかったら、どうぞあそびに来てください。

 
 
SOGEN

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)
 

 




 
 

☆SOGEN・ソウル個展のご案内 /10.26-11.2

 

 

みなさん、こんにちは、SOGENです。
残暑厳しき折ですが、お元気でお過ごしのことと存じます。

 

今秋、ソウルにてSOGEN個展を開催する運びとなりましたので、以下の通りご案内をさせていただきます。

 

●展覧会名:SOGEN・平野壮弦書芸展(仮題)

 

●開催日程:2016.10.26(水)~11.2(水)
※2016.10.29(土) 18:00よりレセプションパーティー

 

●会場:恩平文化芸術会館 (ソウル)

 

この展覧会の開催は、昨年8月に書芸塾のアートクラスでレクチャーをいただき、
西日暮里のひぐれギャラリーで共に『書芸交感展・葉月のっゆらぎ』でグループ展を開催した
韓国を代表する書芸家・呉旻俊(オ・ミンジュン)先生のご尽力によるものです。
ここ数年、個展を開いておりませんでしたが、先生の作品を是非韓国の人たちに
生で見せていただきたい、という呉さんの熱い想いを受けて、重い腰をあげることにした次第です。

 

世界のSOGENの最新作を一同に会して生で御覧いただける絶好のチャンス!
てか、おいでいただける方は、まあSOGENの作品を肴に、ソウルで美味い酒を呑みましょう♪

 

なおSOGEN書芸塾では、これまで韓国書芸交感ツアーやソウルでのグループ展といった
交流イベントを行ってきましたが、今回は個展がメインであることから、
合宿ツアーではなく、来たい人には個別に来て見てもらうことにしました。
そこでレセプションパーティーに出てもらったり、呉先生や生徒さん、仲間の人たちとの
交流イベントに参加してもらったり、また観光やショッピングも愉しんでもらえたらと思います。
もちろんSOGENの作品も見てもらい、また現地で何か手伝ってもらえたなら有難いかぎりです。

 

また今回のソウルツアーは「個別に」と言いましたが、行きたい人たちで相談して
一緒に来てもらっても、もちろんOKです。
呉さんはじめ韓国の人たちとの、また熱く愉しい時間になると思いますので、
都合のつく人はぜひ参加してださい。OB,関係各位,一般の方の参加も大歓迎です。

 

ということで、この秋、ソウル行きたい!という方は、どうぞご一報ください。
またおよその滞在日程がわかれば、合わせてお知らせください。

 
みなさんとソウルでお会いできるのをたのしみにしています。

 

 

SOGEN

平野壮弦
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式ホームページ
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デザインワークス・レクチャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com (スクール/SOGEN書芸塾ARC)

 

 




 
 

『桜、咲く!』 2013年度・SOGEN書芸塾ARC(東京・書道教室/お茶の水スクール・オブ・ビジネス)、4.20開校!

 

 

東京・お茶の水スクール・オブ・ビジネスで毎月第3土曜日に開催中の書道(書芸)教室
SOGEN書芸塾ARC」、いよいよ2013年度がスタートしました!

 
東京の桜はすでに散っていますが、SOGEN書芸塾ARCは、いま花盛り!
『桜、咲く!』
みなさんが咲かせた千変万化の「桜」、以下、FACEBOOK SOGEN書芸塾ARCサイトで、
どうぞご鑑賞ください。
https://www.facebook.com/arctokyo

 

 

SOGEN書芸塾ARCは、これから世界中で、より大きな実を結び、花を咲かせてまいります。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 
あなたも月に一度、筆を手に、心をあそばせてみませんか?
初心の方でもまったく問題ありません。
みなさんのご参加をお待ちしています。
 

 

SOGEN書芸塾ARC・ご案内と本年度カリキュラム

http://www.hiranosogen.jp/arc