SOGEN,ART SHODO TOKYO出展作品から〜男と女シリーズ〜

 

 

SOGENのART SHODO TOKYO 出展予定作品から。

 
来週4.28-4.29を会期に、三鷹市芸術文化センターを会場に開催される
ART SHODO TOKYOに向けて、このところ、こどものラクガキみたいな
作品を書きまくったので、ちょっとえろ書芸家の本領を発揮して(?)
アダルトな作品も書いてみました。

 
題して「男と女シリーズ」
 

 

まあこっちのほうが、ある意味、アート書道かもしれません。
書道の技法がてんこ盛りの分・・・W
でもまあこれだって、書道、じゃないですねW

 
 


 

 

 
以下のSOGENアートファンサイトで、シリーズ中の他の作品をご覧いただけます。

 
https://www.facebook.com/pg/HiranoSogen/photos/?tab=album&album_id=1656054527783265

 

 

※なお、こちらのシリーズ作品は、4月末に東京で開催される
ART SHODO TOKYOのバックヤードのそのまたバックヤード
作品で、会場展示ならびにWEB販売はいたしませんが、
ご希望の方は、会場で実物をご覧いただいた上、
スペシャルプライスでご購入いただけます。
(注:銀行振込みにてお支払いいただいた後、
着払いにて郵送させていただく形となります。)
 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

新生・SOGEN書芸塾のスタートにあたって〜宝物を探し出し、磨いていくための場〜

 

 
SOGEN書芸塾ARCは、4月から全クラスを統合し、新たな形で

スタートいたします。
 
内容は、これまで開いてきたフリークラスに準ずるもので、

伝統書道からデザイン書道、アートまで、何をやっていただいて

もよい、ますます自由な書芸術のアトリエと化していく予定です。

 

で、これまでのような全体レクチャー的なことは基本、行わず、
もちろんお手本を見ながら稽古するといったことも、これまで通り
行いませんが、書道、芸術、デザイン等について語り合ったり、

参考となるものをご覧いただいたり、デモンストレーションや

アドバイスをさせていただくことを通して、個々に応じた
アシストを行ってまいります。

 

 

書芸のいのちは生(き)の線にあり、人マネではない、

自分自身の呼吸で、自分の線を描くことが大切。

 

しかし一方で、好きなように書いたものが芸術作品として

値打ちを持つかどうかはまた別で、なんでもありですが、

なんでもいいというわけではなく、そこに芸術としての

深浅の差が生じます。

 

芸術は未知の世界への挑戦ですから、その評価はもちろん

安易に下せるものではありませんが、古今東西の名家による

書はもとより、世界の芸術作品に触れ、また自らも

世界的書芸家として書芸作品を世に送り出しているSOGENが、

それぞれの人の中に眠るお宝を探し出し、磨いていくための

アシストをさせていただくことが、SOGEN書芸塾の本旨と

なります。
 
 

これは先日の教室でのこと。

筆線による抽象作品を制作している塾生が、こんな作品を

書いておりました。

 

 

このたどたどしい感じが独自の持ち味となっており、これはこれでよい
ところがあると。

ただ、芸術作品としてはまだ弱く、物足らなさがあることも否めません。

 

そこで、デモンストレーションをご覧いただいた上、少しアドバイスを
させていただいたところ、こんな作品が生まれました。

筆ではなく、小さな木のヘラで書いてます。

 

 

これはもう、あそびのある、実に豊かな作品であると。

書道の素人である一般の方が、こんなものを、ほんの少しの
アドバイスで速攻で生み出してくるあたりは、ご本人の
柔軟な精神と学ぶ意欲の賜物であろうと。
まさに、芸術はみんなのもの、なのであります。

 

 
指導者のクセや好みを押し付けることなく、いかにその人の

持ち味を引き出し、磨いていくための手助けをさせていただくか・・・

SOGEN書芸塾では、今後とも、そこを大切にしながら、

よりすばらしい交感の場としていけたらと願っています。
4月からの、また新たな人々と作品との出会いにワクワクです♪

 

新生・SOGEN書芸塾ARCを、どうぞよろしくお願いします。

 

 

新生・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC主幹・SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

 




 
 

『界』『雪椿』が「日本酒アワード」メイン部門で【最高金賞】を受賞!!

 

 

SOGEN揮毫の紙パック酒『』(埼玉県・小山本家酒造

ならびに『雪椿』(新潟県・雪椿酒造)が、このたび

ワイングラスで美味しい日本酒アワード」メイン部門で

最高金賞】を受賞されたとの吉報をいただきました。

 
 

『界』は発売から1年で約40,000ケース(1.8L換算)を売り上げ、

初年度の数量としては、歴代1位となるのではないかとのこと。

 

昨年夏には「IWC」という世界的な酒類コンテストの日本酒部門で

大会推奨酒のお墨付きを頂いていたそうですが、本年2月には
上記のアワードで【最高金賞】を受賞。
受賞率4.9%の難関で、且つ出品された他のお酒は選りすぐりの

高級酒ばかりの中での受賞とのことです。

 
 

現行の紙パック酒のパッケージは紅地を基調としたものがほとんど
ですが、その中にあって、白地に黒の文字書が映え、
予定調和の紅組に対抗する強い武器となった。

素晴らしいデザインでスタートが切れたことが何よりでした。

とのお言葉をいただきました。

 

売れ筋を後追いするばかりでなく、そこに挑んでいこうとする
チャレンジ精神が、今回の吉報に繋がったものと拝察、

良い酒造りはもちろんのこと、銘柄の書にこだわり、

デザインにこだわっていただいたことに、感謝と敬意を表します。

 

 

 

 

なお、『越乃 雪椿』においては、今月の「にいがた酒の陣」に向けて、

新幹線の車両広告を展開中とのことで、3月末までだそうですが、

ご乗車の際にはどうぞご覧ください。

(※E4系二階建て車両のみ出そうです。)

 
にいがた酒の陣:http://sakenojin.jp
 

 
 
思えば『越乃 景虎』同様、『越乃 雪椿』の書を揮毫させていただいたのは、

もう20年以上も昔のことで、想いを込めて書かせていただいた書を、

長年にわたりご愛用いただいていることに、深く感謝しております。

またそうしたお酒が、長年にわたり、多くの人々から愛され、

晴れの舞台に立つことは、我が事のように嬉しく有り難く思っております。

 
 
日本酒こそ、日本の心であり文化。

今回、吉報をいただいた小山本家酒造さん、雪椿酒造さんはもとより、

日本酒業界の益々のご発展を、陰ながら祈っております。

 

 

 
☆ワイングラスアワード・審査風景と受賞銘柄一覧

https://jp.sake-times.com/special/news/sake_wineglass_2018

 

 

 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/
 
 




 
 

SOGENのアート、デザイン書作品が、ハングル博物館の研究誌に

 

 

SOGENのアートならびにデザイン書作品が、韓国の国立ハングル博物館の研究誌に

掲載されましたので、一部ご紹介させていただきます。

 
この研究誌は、韓国、中国、日本の文字デザインならびに書に関する研究論考で、

韓国内の博物館をはじめとした全国の公共施設に保管されるとのことです。

 

僭越ながら、日本からは、サントリー響の書で著名な荻野丹雪氏、お馴染みの

書家・写真家の富永泰弘氏らを推薦させていただき、共に作品を掲載いただいております。

 

 

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デ ザインワークス・レク チャー・パフォーマンス)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK SOGENアートファンぺージ)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 
 




 
 

~人類の書を求めて~SOGENソウル展に寄せて

 

 

10.26-11.2、ソウルで開催予定のSOGEN個展、作品もようやく仕上げて一段落。
やっと終わったー!・・・って、本番はこれからですがw
装丁から作品集の作成まで、韓国の友人たちがすべてやってくれることになっており、有り難いかぎりです。

 

今回は企画サイドの意向で、手にしてもらいやすい小品を中心とした、約40点の非文字・
抽象作品による展覧となります。
展示については、テーマを絞るとか、インスタレーション的なものにするとか、
さまざまな方法が考えられるわけですが、今回は特にテーマも絞らず、
装丁した作品を壁面に飾るというシンプルな展示となります。

 

テーマは絞らず、と言いましたが、テーマ的なものがあるとしたら、それは「人類」ということに
なるだろうと思います。
ノーイメージのラクガキのような作品群ですが、あらためて見ると、どの作品にも人がおり、
ああ、自分は知らず知らずのうちに、人類を描いているのだと。

 

企画サイドから、「抽象作品なので、作品集用に解説文を付けてほしい」と言われ、
正直、それぞれの作品がなぜこのようになったのかは自分でも分かりませんので
解説のしようもないところですが、鑑賞のヒントとなるべく、コメントを付け加えました。

 

 

たとえば・・・ということで、出品作の中から1点だけ紹介させていただきます。
 

s-010-%e3%83%aa%e3%83%88%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9-the-lit-godzilla-345x295mm
 
作品NO.S-010
リトゴジラ/the lit-godzilla
345x295mm

 

『リトゴジラ』は原始鳥獣リトラとゴジラの合体により生まれた新怪獣。
体長155.5M 体重13万トン 飛行速度マッハ5.55
口から萌射悩光線を吐き、これにやられると萌え萌え悩殺状態におちいってしまうという恐怖の大怪獣。

 

 

実は今回の作品はすべてタイトルも後付けで、「なんか、こんな風に見えるかも」てな感じで、
後からテキトーに付けたものです。
従って、解説文もタイトルに合わせてテキトーですw

 

ふざけてんじゃねー!と思われる方もおられるでしょうが、いたって真剣に遊んでます。
以前、世界的コントラバシストの齋藤徹さんが、「いま死にゆく人の前で演奏が出来るか、
この演奏でよいか、いつも自分に問うている。」といったことを語っておられましたが、
以来、私も「いまこの瞬間に書いている書を、これが自分の魂心の書だと言って、
死にゆかんとしている人に見せることができるだろうか。」と自問しながら
書くようになりました。
いやもちろん、別に死にゆく人のために書いているわけではありませんが、そういう状況に
ある人に対して、これが嘘偽りない自分だと作品を通して言えるかどうか、ということです。

 

その1点において、今回展の作品は、中にはまだまだカッコつけているものもあるとは思いますが、
総じて、これが自分だと言えるものが出来たのではないかと。
 
偽らざる自分を表すこと、即ち、個を超えた人類を表すこと。
 
まったくもって道半ばで、まだまだ遊べない自分ではありますが、
その譲れない部分だけは死守しつつ、人類の書を求めて、
これからも進んでいきたいと思っています。
 
展覧はソウル・恩平文化芸術会館にて10.26から11.3まで(10.30休廊)
よかったら、どうぞあそびに来てください。

 
 
SOGEN

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)
 

 




 
 

☆SOGEN・ソウル個展のご案内 /10.26-11.2

 

 

みなさん、こんにちは、SOGENです。
残暑厳しき折ですが、お元気でお過ごしのことと存じます。

 

今秋、ソウルにてSOGEN個展を開催する運びとなりましたので、以下の通りご案内をさせていただきます。

 

●展覧会名:SOGEN・平野壮弦書芸展(仮題)

 

●開催日程:2016.10.26(水)~11.2(水)
※2016.10.29(土) 18:00よりレセプションパーティー

 

●会場:恩平文化芸術会館 (ソウル)

 

この展覧会の開催は、昨年8月に書芸塾のアートクラスでレクチャーをいただき、
西日暮里のひぐれギャラリーで共に『書芸交感展・葉月のっゆらぎ』でグループ展を開催した
韓国を代表する書芸家・呉旻俊(オ・ミンジュン)先生のご尽力によるものです。
ここ数年、個展を開いておりませんでしたが、先生の作品を是非韓国の人たちに
生で見せていただきたい、という呉さんの熱い想いを受けて、重い腰をあげることにした次第です。

 

世界のSOGENの最新作を一同に会して生で御覧いただける絶好のチャンス!
てか、おいでいただける方は、まあSOGENの作品を肴に、ソウルで美味い酒を呑みましょう♪

 

なおSOGEN書芸塾では、これまで韓国書芸交感ツアーやソウルでのグループ展といった
交流イベントを行ってきましたが、今回は個展がメインであることから、
合宿ツアーではなく、来たい人には個別に来て見てもらうことにしました。
そこでレセプションパーティーに出てもらったり、呉先生や生徒さん、仲間の人たちとの
交流イベントに参加してもらったり、また観光やショッピングも愉しんでもらえたらと思います。
もちろんSOGENの作品も見てもらい、また現地で何か手伝ってもらえたなら有難いかぎりです。

 

また今回のソウルツアーは「個別に」と言いましたが、行きたい人たちで相談して
一緒に来てもらっても、もちろんOKです。
呉さんはじめ韓国の人たちとの、また熱く愉しい時間になると思いますので、
都合のつく人はぜひ参加してださい。OB,関係各位,一般の方の参加も大歓迎です。

 

ということで、この秋、ソウル行きたい!という方は、どうぞご一報ください。
またおよその滞在日程がわかれば、合わせてお知らせください。

 
みなさんとソウルでお会いできるのをたのしみにしています。

 

 

SOGEN

平野壮弦
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式ホームページ
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デザインワークス・レクチャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com (スクール/SOGEN書芸塾ARC)

 

 




 
 

『桜、咲く!』 2013年度・SOGEN書芸塾ARC(東京・書道教室/お茶の水スクール・オブ・ビジネス)、4.20開校!

 

 

東京・お茶の水スクール・オブ・ビジネスで毎月第3土曜日に開催中の書道(書芸)教室
SOGEN書芸塾ARC」、いよいよ2013年度がスタートしました!

 
東京の桜はすでに散っていますが、SOGEN書芸塾ARCは、いま花盛り!
『桜、咲く!』
みなさんが咲かせた千変万化の「桜」、以下、FACEBOOK SOGEN書芸塾ARCサイトで、
どうぞご鑑賞ください。
https://www.facebook.com/arctokyo

 

 

SOGEN書芸塾ARCは、これから世界中で、より大きな実を結び、花を咲かせてまいります。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 
あなたも月に一度、筆を手に、心をあそばせてみませんか?
初心の方でもまったく問題ありません。
みなさんのご参加をお待ちしています。
 

 

SOGEN書芸塾ARC・ご案内と本年度カリキュラム

http://www.hiranosogen.jp/arc
 

 




 
 

講演・レクチャーのご案内

 

 
kouen1-1

 

 SOGENによる国内外における書道講演・レクチャーのご案内です。
芸術、人生等について、SOGENが熱く語ります。
以下に紹介ムービーをアップしましたので、どうぞご覧ください。

 

 

講演・書芸パフォーマンス・書芸ワークショップ等のご依頼・お問い合わせは、

www.hiranosogen.com まで、お気軽にどうぞ。

 

SOGEN gives lectures on calligraphy art, life, and so on in Japan and overseas.
Please access to the next web page and see the movie.Thank you.
http://www.hiranosogen.com/kouen/index.html

 
 

 

書芸家平野壮弦/ SOGEN

 
WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

ポケモン・マッキ~・松井冬子 (〜SOGEN blogバックナンバ〜 2008.8.6 投稿 177)

 

 

今日はオレの唯一の夏休みデー・・・
いやぁ、実家でぐ~すか寝てました。

 

そして夜は長岡で映画観賞・・・
ぜったいに一人では見ない映画を観ました・・・「ポケモン」!
ポケモンの映画なのにポケモンあまり活躍せず、しぶい脇役を演じる。
ポケモンはいまや新幹線や飛行機の絵柄にもなてるんだから、スゲ~よな。
マンガのキャラクターの地位もここまで来たか、ってかんじ。
ポケモンのストーリーの中では、どんなに大爆発しても誰も死なない。
ポケモンが十万ボルトを出しても、人畜無害。
最後には悪役も助けてハッピーエンド・・・
ありえない話なわけだけど、なにやら殺伐とした世相の昨今だから、
せめて映画の中では・・・っつーとこがあるんだろうな。
ちなみに、オレの夢は「ロケットに書!」
とりあえずポケモンは抜かないとな!笑

 

話は変わるけど、CanCamの専属モデルに長岡出身の女の子がいる。
マッキ~こと、西山茉希ちゃん。
母校がウチのおかんといっしょ。
ポスト海老ちゃんと目されている人気モデル。
身長がオレと大して変わらないのに、体重が約半分ってのには驚いた・笑
彼女にSOGENファッションショーのモデルをやってほしいんだけどな。
マッキ~、どうっすかね?
可愛い洋服もいいけど、ここはひとつ、SOGENファッションでキメてもらいたいんだけど!

 

あと、日本画家の松井冬子さんに、ぜひSOGENオリジナル着物を着てほしいのだ。
彼女には間違いなく、よく似合うと思う。
っつーことで、松井冬子さん、ラブ! よろぴくおねがいします!

 

 

 

 

書芸家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 

 




 
 

二千年蓮 (〜SOGEN blogバックナンバ〜 2008.8.5 投稿 176)

 
 
2008.8.5-2     2008.8.5-1

 
 
8.5(火)
 
 
今日は十日町の宝泉寺さんで開かれた「お盆大施食会」に参加させていただいてきました。
宝泉寺は実家の菩提寺にあたる、曹洞宗の由緒あるお寺さんです。
今年は亡父の三回忌にあたるため、その法要をかねて参加させていただきました。
 
宝泉寺さんの本堂の前の大池では、「二千年蓮」という、他では見ることのできない、
希少な蓮を見ることができます。
二千年の歴史をもつ蓮、ということですが、国内の他の地域の二千年蓮は
ほとんどが枯れてしまい、今その美しい姿を見ることができるのは、
宝泉寺さんだけのようです。

 

この蓮について、ご住職から面白いお話を伺いました。
数年前、宝泉寺の二千年蓮も枯れかけて、絶滅寸前までいったのだそうですが、
イチかバチかで、土をすべて掘り起こして、蓮の根をズタズタにした・・・
すると、次の年、数本の蓮が生き返り、またその翌年には多くの蓮の花が
実を結んだのだそうです。
傷めつけたら甦った、というわけで、生命の不思議というものを感じました。
人間も、もしかしたら、楽な環境に長く浸かりすぎると腐ってしまう・・・
何か試練を与えられることで、生命力が甦る、なんてことも
あるのかもしれないと思いました。

 
先日、ご住職から「」の書作品をご依頼いただき、持参されたた二枚の紙に
二つの「蓮」の書作品を書かせていただきました。
今回伺ったところ、2点とも立派に額装して本堂に飾ってくださっていたので、
有り難く思いました。
 
宝泉寺さんのますますのご発展と、二千年蓮がこれからも末永く、
その美しい姿で人々の心に平安を与え続けてくれるようお祈りします。

 

 

 

 

書芸家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen