大盛況‼️ 韓国カリグラフィー協会10周年記念展✨🎊

 

 

賛助出品させていただいている韓国カリグラフィー協会10周年記念展

大盛況の模様✨🎊

 

書友オ・ミンジュンさんから写真をご恵送いただきましたので、

ちょびっとなシェアーさせていただきます。

 
展覧会はソウルインサドン・韓国美術館にて明日18日まで。

 

 

 

 

SOGEN ART(賛助出品作品/個人蔵)

 
 

 
書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

韓国カリグラフィー協会10周年記念展、開催中‼️

 

 

韓国カリグラフィー協会10周年記念展、開催おめでとーございます‼️✨🎊

SOGENの賛助作品も飾っていただいてます・・・たぶんW

 
ここ10年でのハングル書道による韓国デザインカリグラフィーの躍進には
目覚ましいものがあり、この上は、各自がいかに卓越したデザイン感覚と
筆技にアート性を加え、独自の世界を拓いていくかにかかっているように
思われます。

 

 

 

 
 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

猫作家・キム・デヨンさんの猫づくしカレンダー

 

 

先の福岡での書芸ワークショップの折、書芸家・呉旻俊
(オ・ミンジュン)さんから、なんともチャーミングな
猫のカレンダーをいただきましたので、ご紹介させて
いただきます。

 

作者はキム・デヨンさんという韓国の猫の作家さんで、
写真も撮れば絵も描くという、多芸多才な方。
呉さんのカリグラフィー教室の生徒さんでもあり、
SOGENが昨秋、ソウルで行なった書芸ワークショップにも
参加してくださいました。
 
思えば、その時のワークショップには、デヨンさんはじめ
様々な分野の第一線のクリエーターの方々も参加されていた
わけで、あらためて感謝するとともに、韓国における
カリグラフィーに対する熱の高さもまた、あらためて
感じているところです。

 
 
以下、キム・デヨンさんの猫づくしワールドです♪^^
 
 

猫のいる風景写真によるハガキ集

 

 

 

2018 Lovefrom Cat Calendar

 

不思議の国のアリスの世界を彷彿させるかのような、

あたたかいタッチの色彩画。

 


 

 

猫楽軒カレンダー

ペンによる細密画。

一匹一匹の猫の表情がたまらなく味わ深い。

 

 
 

そして、極めつけがコレ!!

2018 World Map Cat Calendar

 

なんとこれ、猫イラストによる世界地図です!

世界各国それぞれのイメージを猫のイラストで表したという

優れモノ。猫の種類や姿カタチ、表情が、国ごとに多彩で

見飽きない味わいがあります。

しかし、よくこんなもん作るなあ!

 

 
 
どれも猫好きにはたまらない一品♪!

売ろうと思ったら、日本、いや世界中で売れるでしょう♪
もうこうなったら、猫で世界征服、なのだ!!W

 
 
デヨンさん、ユニークな味わい深いカレンダーを
ありがとうございました!!!
またソウルで会いましょう!^^

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デ ザインワークス・レク チャー・パフォーマンス)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK SOGENアートファンぺージ)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/
 
 




 
 

福岡で、韓国を代表する書芸家・呉旻俊(オ・ミンジュン)さんと共同レクチャー

 
 
今週、2.20より2.23の旅程で福岡に行ってまいりました。
なんと、初福岡、初九州です♪!
 
今回のフライトは、御縁をいただいた福岡在住の書家である
卞 (ピョン)順玉さんのご招待で、昨秋、ソウルで4人展を

共に開いた書友であり、韓国を代表する書芸家・呉旻俊

(オ・ミンジュン)さんと共に書芸のレクチャーを行うことが

目的でしたが、まあ半分はあそびです“

 

いや、レクチャーもマジメにやりましたよ!
呉さんのハングル書道や文字書を元にしたアート表現の

レクチャーも実に面白く為になりました。

 

 

 

呉旻俊さんによる記念作品の揮毫

 

 

 

呉旻俊さんのハングル書道作品(卞 順玉さん所蔵)

お皿への直書きです。

こんな書を、酔った勢いで興に乗って、お皿にサラッと
書いてしまうんだから、なんともスゴいもんです。

 

 

 

呉さんから、このたび出版された本をプレゼントいただきました。

書の歴史からデザインカリグラフィー、アートまでを網羅した、

書芸のバイブルともなるような素晴らしい教本です。

 

 

 

SOGENによるレクチャーは、呉さんが「先生がこんなに丁寧に

色んなことを教えるのを見たことないです。僕が東京の先生の
教室に通ってた時は、こんなに教えてもらわなったことは
一度も無かった。僕もこんな風に教えてほしかったですよ!」
と驚いたくらい(笑)、マジメにやらせてもらいましたW

いや、それも取り組む人たちの熱意がそうさせてくれたの

でしょう。

 

 

あとはもう、飲んだくれて、呉さん、ピョンさんと、

書芸術の未来について語り合う日々・・・

手料理も、連れて行っていただいたお店の料理も最高に

美味しかったです。

ピョンさんの心づくしのおもてなしのおかげで、また一生の

思い出となる最高の時を過ごさせていただくことができました。

ピョンさん、呉さん、そしてご参加くださった方に、
心から御礼を申し上げます。
정말로 감사합니다.!!!
 

 
 
書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デ ザインワークス・レク チャー・パフォーマンス)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK SOGENアートファンぺージ)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

SOGENのアート、デザイン書作品が、ハングル博物館の研究誌に

 

 

SOGENのアートならびにデザイン書作品が、韓国の国立ハングル博物館の研究誌に

掲載されましたので、一部ご紹介させていただきます。

 
この研究誌は、韓国、中国、日本の文字デザインならびに書に関する研究論考で、

韓国内の博物館をはじめとした全国の公共施設に保管されるとのことです。

 

僭越ながら、日本からは、サントリー響の書で著名な荻野丹雪氏、お馴染みの

書家・写真家の富永泰弘氏らを推薦させていただき、共に作品を掲載いただいております。

 

 

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デ ザインワークス・レク チャー・パフォーマンス)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK SOGENアートファンぺージ)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 
 




 
 

⭐️希望の星

 

 

一昨年、韓国の圓光大学で特別講義をさせてもらったときのこと。
講義の後で「先生と直にお話がしたくて、日本語を勉強してきました」と、

ある女学生が話しかけてきてくれました。
こちらが一言声をかけると、「先生の講義を聴いて、将来に希望が持てました」と、

ワナワナ震えるほどに感激してくれて・・・
 
その彼女が、今季で書道科を卒業するそうで、昨日、卒業制作作品を送ってきてくれました。
それこそ書道の王道をイクような実に見事な作品。
自分の講義が若者たちに、いかほどの刺激を与えることができたかはさておき、

若くしてここまで書の腕を鍛錬し、道を求めつづける彼らの人生に、幸多かれと祈ります。
 
ちなみに「私のことを覚えてないかと心配で」と、プロフィール写真も送ってくれました。

もちろん覚えてますよ。メガネとおサゲが萌え過ぎでヤバいです``
 
 

この記事を見た韓国のカリグラファーの友人が 「希望をくれる先生^^」と

言ってくれたのですが、あなた方こそ、希望の星です

 

 

圓光大学 書道科学生・卒業制作作品
 

 

 


 
 

 
書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://www.sogen-arc.com/(スクール)

 

 

FACEBOOK

SOGENアートファンページ

平野壮弦プライベートページ

SOGEN書芸塾ARC

 
 




 
 

ソウルでの4人展『Logos-偶然の秩序-』のご報告

 
 
みなさん。こんにちは。
遅くなりましたが、以下、ソウルでの4人展『Logos-偶然の秩序-』のご報告をさせていただきます。

 

昨秋は韓国の友人たちの尽力で、韓国で初の個展を開かせていただき、大変お世話になりましたが、
今回はまた、展覧会、セミナー、ワークショップ、懇親会と、イベント続きの熱い交流の日々となりました。

今回の展覧会は、日韓を代表する4名の作家による4人展ということで、韓国を代表する

カリグラファー、イ・サンヒョン、オ・ミンジュンの両氏と、日本からは、書家・現代美術家の

山本尚志さんとSOGENが招待参加し、実にすばらしい展覧となりました。

 

 

今回の訪韓で特に驚いたのが、韓国のカリグラフィー界の躍進ぶりです。
デザイン性がすこぶる高く、そこにアート性も加味されてきています。
わずか数年でここまで変わるとは・・・
ソウルでの展覧会の最中、請われてワークショップも行いましたが、参加者の中には

すでに作家として活躍している人も大勢おり・・・

 

この目覚ましい躍進をもたらしているのが、韓国カリグラフィー界のビック・スリーと言われる、

キム・ジョンゴン、ィ・サンヒョン、オ・ミンジュンの3氏をはじめとした、

韓国書芸世界のニューリーダーたちであり、その益を受けた若い作家たち。

そしてもちろん、その底流には、韓国の豊かな書芸文化を紡いできた多くの先人たちの足跡があります。

そんな彼らと、これからも交流の輪を広げ深めていきたいと切に願います。

 

今回の展覧会の開催にご尽力いただいた韓国のみなさん、日本から共に参加した山本尚志さん、

展覧会やセミナー、ワークショップにご参加いただいたみなさんに、心からお礼申し上げます。

チョンマル・カムサムニダ!!!

 

 

■4人展会場風景

 

 

 

山本尚志氏、イ・サンヒョン氏のコーナー

オ・ミンジュン氏のコーナー

SOGENのコーナー

 
 

 

 

■オープニング

4名の作家による作品制作デモンストレーションも披露。

作品は展覧会場の入り口に展示されました。

 

 

 

 

 

■コラボ制作

4人の作家がお酒のボトルに書いてデザイン。たのしかったです♪

ボトルは展覧会場の入り口に会期中展示されました。

 

 

 

 

 

■セミナー  〜4人の作家による発表と質疑応答〜

カリグラフィーを仕事にしていきたいという熱意ある参加者が多く、

突っ込んだ質疑応答がなされました。

年収はいくらですか?とかも・・・W

 

 

 

■ワークショップ

SOGENがデモンストレーションを行ったのち、自由創作をしていただきました。
5点、優秀作品を選んでほしいと言われ、みなさんの作品のクオリティーが高く、決めかねましたが、

特に素晴しいと思うものを選ばせていただき、デモンストレーションで書いた書をプレゼント。

また、プラス、参加者全員に、その場で名前を漢字で書いてプレゼントさせていただきました。

 

 

 

 

最後に、記念にみなさんから真っ白な服に一筆ずつ入れていただき、素晴しい

アート・ファッションが誕生! みなさんの愛がこめられた宝物、最高の記念の品となりました。

 

 

 

 

みなさん、ありがとうございました!
これからも、共に作品を通して語り合いましょう♪!

 

 

こちらで紹介しきれなかった画像や動画を以下のFACEBOOKページで紹介しています。

どうぞご覧ください。

 

平野壮弦個人ページ

SOGENアートファンページ

 

 

 

書芸家SOGEN・平野壮弦 公式ウェブサイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート作品)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン書、講演、アートパフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com/ (書芸術を通した解放と交感の場~SOGEN書芸塾ARC~)




 
 

ユンデザイングループ、日韓カリグラファー4名による招待展 Logos偶然の秩序のご案内

 

 

周りには、書は楽しいからやろうよ、なんて言ってるけど、本気で芸術作品を作ろうと思ったら、

とても楽しいなんてもんじゃない、生みの苦しみの連続なのだ。

 
しかも今年は色々あって作品づくりを怠けていたので、書道の神様にそっぽを向かれ・・・

が、1週間ぶっ続けで作品を書いてなんとか機嫌を直してもらい、来月ソウルで開かれる4人展に間に合わせた。
韓国トップの書芸家2人に加え、現代美術としての書芸術の世界を牽引する山本尚志さんと作品が初めて

対峙するわけで、ハンパなものは出せないのだが、いまはこれが限界。つまり、ベストは尽くした。

 
11月10日(金)より11月14日(火)まで、ソウル市内のユンデザイングループギャラリーにて開催。
会期中、色々なイベントも開かれるようです。
SOGENは会期中、ソウル滞在の予定ですので、よかったらぜひ遊びに来てください。

 
 

SOGEN Untitled-2017-005 /H650xW970
 

 

ユンデザイングループ、韓カリグラファー4名による招待展
Logos(λόγος) 偶然の秩序

 
招待作家 : 李尙炫 吳旻俊 平野壮弦 山本尙志

展示場所 : ユンデザイングループ ギャラリー 뚱(トゥン)
서울시 마포구 독막로 9길 13、윤디자인빌딩B2
 
展示期間 : 2017年11月10日(金)~11月14日(火)
オ-プニンク : 2017年11月11(土) 午後5時(予定)
セミナー : 2017年11月11(土) 午後2時~4時(予定)
作家の作品世界の発表(約20分)及び質疑応答
 
展示企画 : バンスチョン(アートディレクター)、チョンスリム(コンテンツディレクター)
 
主催/主管 : デザイン心画
서울시 마포구 월드컵북로 5길 29, 2층 02-3141-8894
 
後援 : (社)韓国カリグラフィーデザイン協会、カリグラフィーデザイングループ オウリム、

タイポグラフィーソウル、筆文字21、デザインジャングル、アートコリア放送、

李尙炫カリクラフィー研究所、 吳旻俊筆文字研究所

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デ ザインワークス・レク チャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com (スクール /SOGEN書芸塾ARC)

 

 




 
 

☆Passionate Night~韓国からの客人との熱~~い夜~ (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.7.10 投稿 167)

 

 

7.10(木)/新大久保

 
韓国から客人あり、新大久保界隈の韓国料理の店で一献。

客人は韓国の著名なカリグラファーであるイ・サンヒョンさんと、その生徒の皆さん、
そして昨年、日本の大東文化大学の大学院を卒業し、いまは韓国の大学で働いている
我が朋友、オ・ミンジュンさん。
オ・ミンジュンさんは、在日中に色々と仕事を手伝ってもらっていた人で、
再会できてメチャうれしかったよ。

 

2008.7.11-1
 
 
カリグラファーのイ・サンヒョンさんとは初めて御会いしたんだけど、
作品集を見せてもらったところ、実に多彩な活躍ぶりで感心させられた。
世界的に有名な車の雑誌などにも特集記事が組まれていて、こんど、
アジアの モーターショーでベンツに書くというパフォーマンスを披露する
ことになっているという。 スゴいもんだ。
そのサンヒョンさんが言ってくれたことには、 「8年前にSOGEN先生の
ことを知り、以来ずっと御会いしたいと思って いたのですが、今日、
その夢がかなって、うれしくてなりません。」 マジかよ? うれしいねぇ・・・

 

サンヒョンさんが連れてきたカリグラフィー・スクールの生徒の皆さんは、
その職種もWEBデザイナー、エディトリアルデザイナー、イベントプロデューサー、
フラワーアレンジャーと多彩。 書やアートについても色々と熱く語らうことができて、
ほんとに楽しい一夜を過ごさせて いただくことができた。

 

この場をセッティングしてくれたオ・ミンジュンさん、イ・サンヒョン先生と
生徒の 皆さん、そして同じく韓国から駆けつけてくれたフォントデザイナーの
イ・ホさんに、心から感謝・・・篤く御礼を言わせていただきます。
カムサハムニダ!

 

 

○車の雑誌に掲載されたイ・サンヒョンさんのパフォーマンス風景

 

2008.7.11-2

 
 

○イ・サンヒョンさんからいただいたお土産(韓国の高級酒)。
 奥さんから渡してきてほしいと頼まれたというプレゼントまでいただいた。
 奥さんは韓国で有名なデザイナーだそうで、プレゼントも手作りだって。
 うれしいねえ。  サンヒョンさん、ありがとうございました。

 

2008.7.11-3

 

 

 

 

書芸家SOGEN / 平野壮弦

 
WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/Hirano

 

 




 
 

ソウルからの手紙 (〜SOGEN blogバックナンバ〜 2008.2.13 投稿 122)

 
 
2008.2.13-1

左から、韓国を代表する書芸デザイナーの金さん、ソウルでのパフォーマンスのときに
モデルをしてくれた女性、SOGEN、通訳で学生のYさん

 
 
2008.2.13-2

サインをするSOGEN

 

 

 

今日、ソウルからうれしい手紙が届いた。
昨年のクリスマスイブに一夜をともに過ごしたソウルの愛人からだ(ウソ!)笑

 

以前ブログにも書いたが、昨年のクリスマスイブのこと、韓国の書芸デザイナーで
大学の講師も務めておられる金先生が、ソウルから若者数人を引き連れて
訪ねて来てくれたことがあった。そのときに通訳をしてくれた在日朝鮮人のYさんから、
今日、うれしいお手紙をいただいたのだ。

Yさんは現在、韓国の國光大学に留学中で、書芸科の3年生。

以下、手紙の内容を少し紹介させてもらいます。

 

 
先生、大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
あまりに遅すぎて、本当にお恥ずかしいでのですが・・・
韓国では旧正月を祝うということで、大目に見て下さい・笑
今日は旧正月です。
 
今日は久しぶりに先生のブログをのぞかせていただきました。
先生の作品からはどれも先生の魂が感じられるようで、ゾクゾク

するのは私だけでしょうか?
世界のSOGENですもの、世界中の人が私と同じ、もしくは似たような

感覚におちいっている事でしょう。フフフ・・・
(中略)
ああ・・・2月16日・17日の十日町の雪まつりでのパフォーマンス、

見てみたかったです。雪の壁面という新しい舞台でくりひろげられる

先生の世界・・・ぜひぜひ動画や写真をブログに載せて下さい!!!!
筆はもしや、伝家の宝刀?
広島は私の故郷なので、なんだかと~っても親近感が湧きます。
私の故郷の筆で、先生の故郷の雪に・・・キャ~一人で勝手に盛り

上がってます!!笑
 
先生にお会いした去年のクリスマスイブから、私の書に対する気持ちが

どんどん大きくなったような気がします。
SOGEN先生!! ご多忙とは思いますが、お体に気をつけて、
本年も先生の書で世界をブイブイ言わせて下さい。
私も私の書でイキます!!
またお会いできる日を楽しみに待っています。

 
2008.2.7 T.Y
 
 

Yさん、こちらこそ、ありがとう!
ぜひ、あなたの書でイってください。
 

 

 

 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN
 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen