感情、心、魂

書芸』とは何か?

『書芸』とは、生(き)の線を通して、宇宙、生命のリズム、感情、心、魂の 有り様を

象形化するアートである。

と、そう言いつつも、感情、心、魂とは一体どういうものなのか、何か違うのか、

いま一つよく分からずにきたところがあるように思う。

で、このところ少し見えてきたものがあるので、そのあたりを書き留めておきたい。

「気が変わる」「心変わりする」という言葉があるように、感情や心は常に変化する

ものである。

対して、「魂を入れ替えて・・・」という言葉はあっても、「魂が変わる」とは言わない。

つまり、魂は変わるものではなく、「三つ子の魂、百まで」の言葉の通り、普遍的なものなのだ。

そう考えると、『書芸』には、書芸アートとデザイン書の両分野があり、

書芸アートは普遍的な魂を映し出すものであり、デザイン書は情感やイメージを表し、

人々の心に働きかけるものである、ということになるだろう。

一つ作品を例に取ろう。

私は国宝となっている長谷川等伯の『松林図屏風』を書芸アートの極みと見ている。

デザイン的なビジュアルではなく、まさに素の魂を写し出した芸術作品である

という点において。

等伯が表したかったのは、松林そのもの、ではなく、松林の姿を借りた自身の魂であり、

その魂を通して垣間見た心象風景だったのだと思う。

長谷川等伯『松林図屏風』

このような素っ裸の魂を表す書芸アートに対して、デザイン書(ロゴ書やインテリア

として飾られる書)においては、化粧もすれば着飾りもする。

つまりビジュアルで見せることを通して、人の心を掴み動かす働きと役割を持つのが

デザイン書である、ということだ。

とすると、現代の日本の書壇に見られる書の大半は、どっちつかずの中途半端で、

どうもツマラナイ、と言っては叱られるだろうか。

いや、書道は貴重な伝統文化であり、芸道であるから、これを求め極めていくことは

素晴らしいことなのだが、今の書壇では、ちょっとテクニックを身に付けると、

もう書道展での賞取り合戦に参加させられて、日々の地道な研鑽が疎かにされて

いるように思われてならないのだが、どうだろう。まあ、そうしないと書壇が

商売として成り立たなくなるから仕方ない、といったところもあるだろうが。

やっべ! 書壇のことはもうどーでもいいと思いながらも、またつついちゃったよW

いや、自分を育ててくれた親のようなもんなんでね。

しかし、書道の延長ではアートにはならない、というのが自分の考え。

書道とアートは次元が違う。どちらが上とかしたとかではなく。

むしろ、書壇にどっぷり浸かった人ほど、それが足枷となって、なかなかアートには

イケないところがある。いや、自分がそうだったもんで。

アートにいきたかったら、まずは習い覚えた書法、書道のテクニックにこだわらず、

素の魂を表す方向に舵を着ること。見せるのはテクニックではないということ。

もう一つ、以前のブログで、アートとデザインは近いようで対極にあると書いたが、

アートにデザイン性を取り込む、あるいは逆にデザインにアート性を取り込むことで

新たな世界が生まれる可能性があると見ている。

たとえばロゴ書一つにも、ビジュアルとしてのインパクトのみならず、そこに魂を

込めることで、普遍的な芸術性をも内包した、デザインとアートの融合による

新たな世界を創り出していく、といったように。

あるいはアートにデザイン性を加えることで、ビジュアルとしてのインパクトを

持たせ、より人々に伝わりやすく印象深いものにする、といったように。

感情、心、魂の違いを考えるところから、いささか話がそれたが、今後とも、

そんなことも心に留めながら、書芸アート作品、デザイン書作品の制作に臨んで

いきたい。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

11月のSOGEN書芸塾ARC風景〜世界のアート 仮想オークション〜

 

 

11月のSOGEN書芸塾では、ちょっと面白い趣向を・・・
題して「世界のアート 仮想オークション」❗️

 

歴代のアートオークションで最高値の付いた

1位から10位までの古今東西のアート作品を紹介し、

自分ならどの作品が欲しいか、買うなら幾らで買うかを

塾生たちに考えてもらった上で、仮想のオークション

大会を行いました。

 

持ち金は1,000億円!

その人がどの作品に幾ら出すかを見ていると、

好みやお金のかけ方も違ってて、実におもしろかったです。

中には1点買いで、気に入った絵を1000億円で落札した人もW

こんなことをやってると、100億円とかいっても

なんだか安く思えてくるようで・・・🤣

最後は全員それぞれ気に入った作品を落札し、
めでたしめでたし♪W

 

ということで、芸術作品の真価はお金に換算できる

ものではないけれど、世界のアートマーケットの実態を、

あそびながら体感してもらいました。

 

ちなみに私は、日本なら長谷川等伯、海外ならバスキアが
ライバルと思っていますがW、

書芸塾の塾生たちにも、こうした世界の芸術家や作品を

ライバルだと思ってほしいと。

つまり、実際に自分の作品に、将来、いくらの価値付けが

なされるかは別にして、内容において、古今東西の名作に
負けないような作品世界を求めていこうぜ‼️
ということです。

 

仮想アートオークション、オモシロかったなー

ホンモノのオークションは、1000億たまったらってことでW

 

 

以下は今月の書芸塾の模様です。

色んな芽が、どんどこ吹き出してます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

⭐️SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 

◯お申し込み・お問い合わせ→office@hiranosogen.com

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 




 
 

書芸とは

 

 

書芸とは、伝統書道の枠組みに納まらぬ、より自由で創造的な
書芸術による表現世界を求める、
21世紀の新たな
アートジャンルである。

 

『書芸とは』:http://sogen-arc.com/about/index.html

 

 

先のブログで、『書芸』というものの本質が、樹木が天に向かって
自然に枝葉を伸ばしていくが如く、人智や意図を超えたところで
宇宙自然の摂理を感じながら線を描き出していくところにあること
を述べましたが、もう一つ、書芸の重要な本質について触れておき
たいと思います。

 

書芸の本質は、生きた線にある。
人が生み出す生(き)の線は、その人の感情、心、魂、いのちの
表れであり、この宇宙で唯一無二の線。書芸はその線に着目し、
根源とした芸術です。
 
 

実はこの世界に「線」というものは実在しません。
たとえば山の稜線は、実際に線があるわけではなく、山と空を隔て
る部分を線として人間が感知するだけのこと。見る方向が変われば
稜線も変わります。

 

人間が何かを描く際には、漫画のように線描によって描き表すわけ
ですが、同様に線自体があるわけではなく、物と物との境目を線と
して人間が感じ取ったう上で、カタチとして描くことになります。

 

そのようにして描き出された漫画の線も、また絵画や書の線も、
実は線ではなく、インク、絵の具、墨等と紙を隔てるものの
カタチが、線として認識されるわけです。
つまり、線とは概念であり、実在しないのです。

 

その実在しない、概念としての線を描き出す芸術が
『書芸』であり、その線によって描き出されるカタチは、
物の形を精緻に写し出したものではなく、人の心を通して
表された、物体から生命体に至るまでの宇宙万物の象形
なのです。

 
 
たとえば、安土桃山時代時代の絵師・長谷川等伯
国宝松林図屏風』なども、そういった意味では、
まさに『書芸』です。
この松林図は、松林を精緻に描写したものではなく、等伯自身の
心象風景であり、その世界観が個を超えて、宇宙自然の摂理に迫る
ものであるからこそ、普遍的な芸術性を有するまでのものになって
いると言えましょう。
そして『書芸』を通して求める境地もまた、まさにそこにあるの
です。
 

長谷川等伯画『国宝松林図屏風』部分(Wikipediaより)

 
 
いささか難しい言い回しになりましたが、砕いて言うと、
書道を大相撲に例えるなら、書芸はジャンルを超えた総合
格闘技
ということです。
書芸と書道はどう違うのか?という質問をよく受けますが、書芸と
書道はまったく別物というわけではなく、書芸は書道を内包します。
 
書芸には、アート書道、デザイン書道、古典書道、実用書道と
いった書道のあらゆるジャンルが含まれ、また題材も、漢字、
かな、言葉書き、絵文字、英文字、彩書、抽象アート等、自由。
用具用材も筆墨にかぎらず自由です。
 
要はこれまで述べたような書芸術の精神と本質を内包した表現で
あれば、すべてが『書芸』ということになります。
そして、『書芸』における究極の境地が、時代や文化の違いを
越えて生き続ける、芸術としての表現世界である、ということ
なのです。
 
 

ということで、書道に興味をお持ちの方は、伝統文化としての
書道の伝承や実用にとどまらず、ぜひ『書芸』を通して自身と
向き合い、新たな芸術的価値を創造していく中で、国や文化の
違いを越えた交感の輪を広げていっていただけたらと願っています。

 
 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デ ザインワークス・レク チャー・パフォーマンス)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK SOGENアートファンぺージ)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:長谷川等伯を観る

日本橋三越で開催中の『没後400年・長谷川等伯』を見る。
技を超えた魂の芸域・・・古今東西を通じ、第一等の芸術家なり。
http://www.tohaku400th.jp/index.html

長谷川等伯 松林図屏風 絵師 書家 書道家

長谷川等伯 絵師 書家 書道家

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf

 

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com