⭐️6月のSOGEN書芸塾のご案内

 

 

みなさん、こんにちは。
真夏のように暑くなったと思ったら、梅雨入りしたせいか、
急に冷え込んだりする今日この頃・・・
寒暖の差が激しいので、どうぞ身体に気をつけて過ごしてください。

 
 
以下、6月の教室のご案内です。

 

6月の開催日は、6月16日(土)と6月24日(日 )、
開催時間は通常通り、 15:30-17:30、
会場は加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホールです。
アクセス:http://sogen-arc.com/access/index.html

 

6 月のテーマ:擬音による文字書作品・音によるイメージ書芸作品の制作
(※各月ごとにテーマを設けますが、何をやっていただいてもOKです。)

 

用具はいつも通り、書芸用具一式。 無いものは貸し出します。

 

⭐SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 
 
 

◎トピック

 

SOGEN揮毫の 丸亀製麺・期間限定新メニュー『タル鶏天ぶっかけ』
が6月から発売され、TVCMもオンエアー中です。
https://www.marugame-seimen.com/cm/
まさにキャッチにたがわぬ「なんタルおいしさ」!😋
7月9日まで。よかったらぜひ食べてみてください。

 

なお丸亀製麺に関しては、カンヌ映画祭で最高賞を受賞した
『万引き家族』にも出演している松岡茉優さんを起用した
ポスターのキャッチもSOGENが書かせていただいており、
今後も引き続き、新メニュー、タレントポスターの書を
担当させていただく予定です。

 

小千谷市にある、ノーベル文学賞の候補に何度も名が上がった
小千谷出身の文化人、西脇順三郎氏ゆかりの旧家・西脇邸が
観光スポットとして公開されることになり、その看板となる
西脇邸』 の書をSOGENが書かせていただくことになりました。🏯
http://www.hiranosogen.com/blog/?p=16968
 

オープンは7月中旬の予定です。
新潟に行くことがあったら、ぜひお立ち寄りください。

 

日本一の大花火として有名な長岡花火Tシャツに
SOGENの書が起用され、 この夏、販売される予定です。🌋

 

 

そのほか、海外からも書の依頼をいただくなど、ただいまSOGEN、
絶好調でやらせていただいてます。
「書芸を世界に!」「筆線で世界を繋ぐ」 は、ただのお題目ではなく、
いままさに色々なことが繋がり、動き出してイク予感。
書芸は、 世界中の人たちと、人種、言葉、文化、宗教の違いを超えて
感応し合うことができる、まさに 世界最先端の芸術なのです。

 

 

書芸は自ら道を拓いていく芸道ですので、迷うことも少なからす
あるでしょうが、そこはぜひ自信を持って、今後とも未知なる世界への
チャレンジを続けていっていただけたらと思います。
SOGENオフィスでも、そのための企画を練って、今後動いていく
予定ですので、自分の作品世界を世界に向けて発信したいという
意欲のある方は、 そのつもりで研鑽を積んでいかれてください。

 

 

また秋には 第二回ART SHODO TOKYO も開催されます。
エントリー希望者には、SOGENが、合格〜展示に向けた
アシストをしてまいります。

 

 

それではまた、6月の教室でお会いしましょう!

 

 

SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf
 
 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/  (アート)
http://www.hiranosogen.com/  (デザイン)
http://www.hiranosogen.com/blog/ (ブログ)

 

 




 
 

小千谷豪商の館 西脇邸

 

 
ノーベル文学賞にもノミネートされた、詩人で英文学者の

西脇順三郎さんゆかりの、小千谷豪商の館・西脇邸にご招待、

ご案内いただきました。

 

 
一流の大工による日本の木造建築は三代もつと言われますが、

三代どころか300年近く時を経ても、大地震にも耐え、

揺るがなかった西脇邸と、その美しい庭園は、日本文化の粋

と言えるでしょう。

 

 

 

 

このお屋敷が、このたび家主さんのご事情により、広大な土地ごと

売りに出され、コンビニやパチンコ屋が名乗りを挙げたそうですが、

元禄時代から続く郷土の文化遺産を失ってはならないとの想いから、

地元の小千谷産業さんが受け継がれ、観光スポットとして蘇らせるべく、

ただいま色々と構想を練っておられるとのことです。

 

このたびオープンに先立ちご招待いただいたのは、この西脇邸の

看板となる書を頼んでいただいたからで、かつては皇室も宿泊され、

一般人は出入りが許されなかったという由緒ある屋敷の看板となる

書を揮毫させていただくのは、光栄の至りです。

 

それにしても、どこを撮っても絵になる見事なつくり。
新潟には豪農の館が何軒かあり、それぞれに見事ですが、

西脇邸は豪商の館として江戸や京都にも通じていた関係からか、

品よく味わい深い建築デザインとなっています。

 

宮様が泊まられたという奥座敷と玉座も拝見し、実に贅沢な

時を過ごさせていただいて、感謝感激。

 

小千谷豪商の館 西脇邸は、7月中旬にオープンの予定です。
看板の書も含め、果たしてどうなりますか・・・
どうぞみなさん、おたのしみに♪!``

 
 
以下のFACEBOOKページで、西脇邸の画像を多数ご覧いただけます。

小千谷豪商の館 西脇邸
https://www.facebook.com/pg/HiranoSogen/photos/?tab=album&album_id=1684048608317190

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf