書壇に生きる人たちへ

 

 

書家・現代美術家山本尚志さんが、書道をやっている人たちに向けて
熱いメッセージを発信し続けている。
いまこそ立ち上がれ!書壇の殻を破って、共にアーティストを目指そう!と。
そこから氏の書芸術へのパッションと深い愛がヒシヒシと伝わってくるようだ。

 

~山本尚志さんによる書壇へのメッセージ~
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1137664063033292&set=a.411116772354695.1073741826.100003691278454&type=3&theater

 

書壇のことは、はっきり言って、もうどーでもいいんだけど(笑)、「書道」は自分にとって
育ての親みたいなもんだから、こんなことを書かれたら突っ込みたくなるじゃないかW
・・・ってことで、2時起きしてこのブログを書いてますw
このあたりのことは、ぶっちゃけ、もう10年も前に本に書いてるんだけどね。

 
『汚し屋・壮弦 俺の書でイケ! 』(2006 天来書院刊)
https://www.amazon.co.jp/%E6%B1%9A%E3%81%97%E5%B1%8B%E3%83%BB%E5%A3%AE%E5%BC%A6-%E4%BF%BA%E3%81%AE%E6%9B%B8%E3%81%A7%E3%82%A4%E3%82%B1-%E5%B9%B3%E9%87%8E-%E5%A3%AE%E5%BC%A6/dp/4887151810 
 
 
まあ山本さんの言う通りで、自分に言わせれば、競書や展覧会を中心に動いている日本の書壇は
書道愛好者の集いであり、ある種の社交界みたいなもの。
何十年もかけて筆をこね回すイヤったらしいテクニックを身に付けて、互いに先生と褒め称え合って、
いい気分になっているジジババの集まりW

 

いや、自分も書壇で育ててもらった恩義はあるし、もちろんいいところもあるとは思うけど、
芸術としての書を志すのなら一生居るようなところじゃないってこと。
こんなことを言うと、ピラミッド構造のもと、上がりで成り立っている書壇の営業妨害になるかもだけどw
まあそのピラミッドも、人口の減少とともに崩れていくのは目に見えているわけで、
山本さんが年金制度と同じ、みたいなことを言ってたけど、ま、そういうこと。
いや、実態を分かった上で、一つの社交の場として所属していたいのなら、それはそれでいいと思う。
家が1~2軒建つくらい金がかかるだろうけどW

 

勘違いしてもらったら困るけど、これは日本の書壇の在り方について語っているのであって、
「書道」という世界全体の話ではない。
書道の古典は書を学ぶ上で宝の山だから、競書や書道展といったものに左右されることなく、
伝統的な書の王道を生涯をかけて極めていく中で、歴史に遺るような名書を表す人たちが
現れて来てほしいと思っている。
まあそれもザンネンながら、書壇で賞取り合戦に興じているようでは土台無理な話なんだけどね。

 

そういえば、以前、大きな公募展で大賞を受賞した有名な若手の書家がSOGEN書芸塾の門を
叩いたことが。
「殻を破りたいと思い、書の教室を方ぼう探したのですが、書壇で名が知られてしまってて、
あなたのような大先生に教えることは何もないと、どこも断られてしまい、ようやく
ここに辿り着きました」と。
で、教室に来るたびに、自由に書けと言われても書けない、出来ないとボヤいていたが、
結局、数回で来なくなった。
人間、いくつになっても、本気で変わりたいと思うなら変わることが出来る。
が、こういう人はむずかしい。地位も名誉もある中で、その礎となっている書の技を、
どうしても手放すことが出来ないのだ。
手放すことで手に入れられるものがあるのにね。
だから書道歴何十年、なんていう人のほうが、芸術としての書を求めていく上では
逆にむずかしいところがあるわけだ。

 

かく言う自分も、若い頃、自分の抽象アートを買ってくれた目利きの人から、
「あなたはすべて捨てることが出来たら大化けすると思う」と言われ、
そんなこと出来るわけねーじゃん!と思ったものだ。
だって、せっかく書道を長年やって得たものを手放してしまったら、
もったいないどころか、何も残らないじゃないかと。

 

でもね、手放すといっても、それは今までやってきたことのすべてを無にする
ってことではないんだよね。
手放したつもりでも、積み上げてきたものは細胞レベルまで染み込んでいるから、
根っこのところでちゃんと力になっているところがあるわけで。

 

だから、いま書道をやっている人が芸術書やデザイン書の世界に向かったなら、
書道の経験はきっと生かされていくと思う。
ただそれには、習い覚えた筆技や他人が編み出した書法を超えて、
自分自身の呼吸をもって、自分自身の線を表していくこと。
見せるのは筆を操る技ではなく、イノチであり世界観であるということ。

 

 
さて、ここまで書いたら、これで終わるわけにはいかなくなっちまったじゃねーかW
ってことで、次回は(いつになるかわからないけどw)、書芸術の未来について触れてみたい。

 

 

 

SOGEN書芸塾主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com/(スクール)