ウララ・パ~ラ~♪!

 

 

いま韓国では『ウララ・パ~ラ~♪!』という挨拶言葉が大流行!
・・・というのはウソで、これ、実はソウル展でお世話になった書芸家・呉旻俊さんの
5歳の次男Jくんが発明した造語です。
ソウル展の間、お母さんといっしょに何度も会場に来て、受付の手伝いをしてくれました。
受付でいっしょに絵を描いて遊んだのですが、ときに歌いながら、ときに踊りながら、

ときに机を太鼓のように叩いて鳴らしながら、楽しく描いていました。

 

これぞまさに全身芸術家だと!

 

自分がワクワク、ハッピーな気持ちで何かを表す。
それを見ている人もハッピーな気持ちになる。
そのハッピーな気持ちになった人を見て、自分ももっとハッピーになる。
まさにハッピーの連鎖循環♪!

 

ひとしきり絵を描き終わったあと、Jくんが『ウララ・パ~ラ~♪!』と言いながら、
お母さんとコブシをぶつけ合い、万歳しながら両手をヒラヒラと揺らしていたので、
それは何?と尋ねると、何か成功してハッピーな気持ちのときにこうするのだという・・・
そう、『ウララ・パ~ラ~♪!』はJくんオリジナルの言葉なのです。
ウララ・パ~ラ~♪!・・・たしかに言葉の響きだけでも、何だかとってもハッピーな感じが

しませんか? いやはや、天才だな。

 

で、思ったのです。
自分が今回のソウル展で表したかったのは、まさにこの『ウララ・パ~ラ~♪!』の世界なのだと。
自分にとって作品づくりは遊んでいるように見えて、実は産みの苦しみの連続なのですが、
自分もハッピー、それを見ている人もハッピー、そのハッピーな人を見る自分もまたもっと

ハッピーになるという、ハッピーの連鎖循環こそ、自分が書芸を通して味わい、また伝えていき

たい一番のことなのだということを、Jくんからあらためて教わった思いです。

 

で、なぜかJくんに好かれて「日本のおじいちゃん」と呼ばれ、うれしさ半分、ショック半分でしたが(笑)、

聞けばJくんは自分と同じ丑年生まれで4回りもちがう、ってことは50年近くちがうわけだから、

そりゃあ、おじいちゃんだわw

 

でも奥さんが「今日も日本のおじいちゃんに会いに行く?」と聞いたら、Jくんが、

「ママ、おじいちゃんって言っちゃダメだよ。センセイだよ。」と言ったという話を

奥さんから聞いて、やっぱおじいちゃんがいいと・笑

 

 

ちなみに呉さんの長男で小学1年生のSくんとも会ったのですが、日本語で1から10まで

数えて聞かせたら、なんと1回で覚えたのには驚きました。

兄ちゃんは頭脳明晰で弟は芸術家肌。

日本のおじいちゃんとして、孫の成長をたのしみにしつつw、呉さんファミリーの

末永い幸福を祈っています。

 

呉さん、展覧会の間は毎日遅くまで(朝早くまで?)付き合ってもらってありがとう!

忙しいと思うけど、これからはファミリーのためにもシンデレラ・ボーイ(12時前に帰宅W)

めざしてください``

 

それではみなさん、ごいっしょに、ウララ・パ~ラ~♪!

 

 

jn-1-555

jn-2-555

jn-3-555

jn-4-555

jn-5-555

jn-6-555

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 

 

 




 
 

芸術的才能とは?

 
 
自分は特別な才能を持った人だけでなく、みんなが芸術家であると思っている。
どんな人生であっても、人生そのものが芸術であり、もし何かを表したならば、
その人にしか生み出せない何かしらを生み出す力を誰もが秘めているからだ。
それが金銭的な価値を生むかどうかはまた別の話。
 
ただそうは言っても芸術的なパワーのちがいというものはあるだろう。
芸術家の友人に、けっこう世の中や人のことを気にしながら、まったくそこから
ズレている人がいる。本人は自分が極めてまっとうな人間だと思っているのに、
はたから見たら、え?!それはないだろう、と思わせるようなタイプW
美術史的にみれば、たとえば、ゴッホ。バスキヤやキース・ヘリングもそうだろう。
そういうタイプには強い芸術力を持った人が多い。
 
また世の中に上手く順応し、ストレスをさほど感じない人よりも、
世の中と自分との間のズレを感じて生きづらく思ってる人のほうが
芸術家には向いているように思う。
 
だから、もし自分が世の中や周りとズレているんじゃないか、と思い悩んでいる
ような人がいたら、そういう人ほど芸術をやるといい。
そのズレこそが、一番の芸術的才能なのだから。

 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:映画『タケオ』〜ダウン症のドラマーの少年の物語〜

タケオ ダウン症 ドラマー 書家 書道家

ポレポレ東中野で上映中の映画『タケオ』を観る。
ダウン症のドラマーの青年の物語
芸術さえ分業化している今の時代にあって、
彼は「全身芸術家」だ。
叩いて、弾いて、歌って、踊って、描いて・・・

多くの人たちが自由に表現することをためらう。
それは、人から変に思われたくないから。
人が認めなかったら無意味だから。

芸術は、特別な才能を持った人たちだけのもの?
否、タケオが、そんな思いを蹴飛ばしてくれる。
生命の歓喜〜いのちのリズム~『タケオ』を感じろ!!!

映画『タケオ』紹介サイト
http://www.takeo-cinema.jp/preview.html

タケオ公式ホームページ
http://takeomusic.web.fc2.com/

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸アーティスト、デザイン書作家への登竜門〜

SOGEN書芸塾ARC

2019年度の教室のご案内

 

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com