SOGEN書芸塾ARC〜2018年 3月開催クラスのご案内~

 

 

みなさん、こんにちは。
早くも年度末となりました。

2017年度・SOGEN書芸塾も3月をもって終了。
 
4月からは、新生・SOGEN書芸塾ARCとして、新たに生まれ
変わってスタートいたします。どうぞご期待ください!!

 

 
さて、これまでアートクラスでは、毎月、様々な分野の表現者の

方々からスペシャルワークショップを行っていただき、

またとない貴重な体験と刺激を与えていただいてまいりましたが、
それもいよいよ今月が最後となります。

 

その大トリを務めていただくのが、画家・グラフィック

デザイナーの塩崎綾子さんです。

 

 

 

塩崎さんは、グラフィックデザイナーとして活躍されているとともに、

アーティストとして独自の表現世界を掘り下げ、求め続けておられる
方で、その絵画や写真による表現世界は、思わず引き込まれてしまう
ような奥深い魅力をたたえています。

 

 
塩崎 綾子展 『like abstraction』から
 

 

 

塩崎さんが展覧会に寄せたメッセージの中で、次のように述べておられます。
 
「抽象画」のような「具象画」という意味で「like abstraction」と
タイトルをつけました。

「できるだけ観念から離れ、けぶる空気、時間の流れを感じる

自然現象のような表現で、あらためて「物質」が秘める性質に

ついて考えるきっかけになる作品を制作したいと思っています。
自然現象のような表現に、人為的と映るものはほんの少しだけで

よいのでしょう。

 

これはまさに書芸の精神とピッタリ重なるもの。

本当に、今回のワークはまたと無い機会となります。
ご興味のある方は、ぜひご参加ください。
また終了後は塩崎さんを囲んでの懇親会となります。

こちらも、どうぞみなさん、お気軽にご参加ください。

 

 
お申込み http://www.sogen-arc.com/inquiry/index.php
 
 

 
以下、3月の教室のご案内となります。どうぞご参照の上、ご参加ください。

 

 

~2018.3月開催クラスのご案内~

 

 

フリークラス ☆書を通した癒やしと解放の自由アート空間 -人気上昇中!-

 

3月10日(土)   18:00-20:00 テーマ:自由
3月24日(土)   18:00-20:00 テーマ:自由 

 

内容:自由創作・SOGENによる個別指導・アートトーク・鑑賞批評会等

 

興味あるテーマ・課題に自由に取り組む中で、書芸塾主幹のSOGENから
個別指導も受けられる書のアトリエ。
参加者が書いた作品を貼り出しての鑑賞批評会もあり、
初心の方、作品を書的、芸術的に高め深めていきたい方に最適のクラス。
初心者からプロの書作家を志す方まで、幅広くご参加いただいております。

 

フリークラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/freeclass/index.html

 

フリークラス体験参加費:5,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)

フリークラス・フリー参加費(=会費を各回ごとにお支払いいただく場合):6,000円

 

 

レッスンクラス ☆書芸の基礎から発展までを、レクチャー、実習を通して履修

 

開催日:3月17日(土)13:00-15:00
テーマ:『書芸作品を生活空間に~インテリア書作品の創作~』
古典臨書:明清の大家・傅山の書

 

 

古典臨書を通して書の本道を学ぶともに、オリジナル書芸テキスト『そ~げんの楽々書芸入門』を
教本とし、書芸の多彩な表現技法を実習を通して身に付けていただきます。

 

レッスンクラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/lesson/index.html

 

レッスンクラス体験参加費:5,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)

レッスンクラス・フリー参加費(=会費を各回ごとにお支払いいただく場合):6,000円

 

 

 

アートクラス ☆特別講師によるアートワークを通した解放と交感の場

 

開催日:3月17日(土)15:15-17:15
テーマ

家・グラフィックデザイナー・塩崎綾子さんスペシャルワーク

『自然現象の本質を問う』

 

※通常の書芸用具とヘアードライヤーをご持参ください。

 

特別講師によるさまざまなアートワーク体験を通して、あそび心と芸術的感性を養う
アートクラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/art/index.html

 

アートクラス体験参加費:5,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)
アートクラス・フリー参加費(=会費を各回ごとにお支払いいただく場合):6,000円

 

 

会場は全クラスとも、加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホールとなります。
アクセス: http://sogen-arc.com/access/index.html

用具は全クラスとも、書芸用具一式をご持参ください。無いものは無料でお貸し出しいたします。
体験参加の方は手ぶらでおいでいただいてもけっこうです。

 

 

 

☆過去の各クラス風景
http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=138

 

 

◎各クラスとも体験参加可能。書道の経験を問わず、どなたでも
お気軽にご参加いただけます。
 

 
なお、4月からはクラスが一本化され、新生・SOGEN書芸塾ARCとして
新たな形でスタートいたします。
それに伴い、ただいま新サイトを構築中。
サイトが完成次第、新年度のご案内させていただきますので、
どうぞいま暫くお待ちください。

 

 

 

入塾、体験参加、フリー参加をご希望の方、またレギュラー会員の方で
3月の他のクラスへの参加も合わせて希望される方は、以下のお申込み
フォームよりお申し込みください。

 

お申し込みフォーム
http://sogen-arc.com/inquiry/index.php

 

 

それでは、みなさんのご参加をお待ちしております。

 

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 

 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 
 




 
 

2018.1月アートクラス風景:『版画で書♪!』/版画家・中田有華さんスペシャルワーク

 

 

書芸術を通した解放と交感の場、SOGEN書芸塾ARC【アートクラス】

 

 

~1月のアートクラス風景~

 

開催日時:2018年1月20日(土)15:15-17:15

テーマ:版画家・中田有華さんスペシャルワーク

      『版画で書♪!』

 

 

新年の皮切りに、版画家・中田有華さんより、

スペシャルワークを行っていただきました。

 

 

クロッキーした絵や筆線を重ねることで、

普段の書作とは異なる視点から見えてくる世界を

探りました。

 

これはもう説明してもかえってわかりのいくいので、

写真でワークの内容をご想像ください。

 

 

あ、ちなみに新年なので、みんなでSOGENがご恵送いただいた越後銘酒・

苗場山をいただきながら書いてます♪

あ〜〜、昼間から飲んだくれて書ける幸せ・・・💛

 

 

 

~本時の風景から~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中田さん、楽しく有意義なアートワークをありがとうございました!

 

 

~自由な芸術創造と交感の場~
アートクラスのご案内http://sogen-arc.com/art/index.html

 

-次回のアートクラス開催予定-

開催日:2月17日(土)15:15-17:15 

テーマ:ダンサー・上村なおかさんスペシャルワーク『カラダで話す カラダで聴く』

 

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

本書芸塾は、書道の経験を問わず、どなたでもお気軽にご参加いただけます。
入塾・体験参加のお申し込みhttp://www.sogen-arc.com/entry/index.html

 




 
 

アートは何でもありなのだ!~アートパフォーマー・広瀬真咲のパフォーマンスに想う~

 
 
両国のART TRACE Galleryで行われた、アートパフォーマで画家・ビジュアルアーティストの
広瀬真咲さんのアートパフォーマンスを見る。
つい最近、広瀬さんの水彩画による個展を拝見し、気に入った小品を一つ購入させていただいたのだが、
国内外でアートパフォーマンスも行っているとのことで、それはぜひ見てみたいと。

 
鏡、ビニール袋、傘といった日常品を使っての30分ほどのパフォーマンスだったが、
実に興味深く面白かった。
 
彼女のパフォーマンスは、素材から身体の動きから、すべてが自由なアート表現で、
こういったものを見せられると、書も含めた他のアートジャンルが、
いかに限定された中で成される仕事であるかを思い知らされるところがある。
もちろん、制約がある中でも無限の表現があるわけだが、まさに何でもありのアート表現を
見せられると、表現者としては解き放たれ切れていない自分と対峙させられるようで、
些か凹むところもあったりとW
ただ制約がある中で生まれてくるものもあるから、そう落ち込むこともないのだけれど。
 
それにしても、書道を超えて、芸術としての書を志すならば、やはりこの
何でもありのアート精神には学ぶべきところがあると。

もちろん、何でもありといっても只のデタラメではなく、その大元には表現者の
深い思索の中で編み出されたコンセプトがあるわけで、素材も厳選されたもの。
アートパフォーマンスは見方も自由だが、そこに秘められた真意を探る面白さもあるのだ。
 
言葉を超えて世界に通ずる広瀬真咲のアートパフォーマンス、機会があったら
ぜひその目で目撃いただきたい。

 

 
画像は広瀬さんのFACEBOOKページから拝借したもので、今回のパフォーマンスとは異なります。

 

 
広瀬さんが参加のグループ展『OPEN TIME』
9.12(火)まで、両国のART TRACE Galleryにて開催中
http://www.gallery.arttrace.org/201708-opentime.html
 

広瀬真咲 ON FACEBOOK

https://www.facebook.com/masaki.hirose.75?fref=ts
 
広瀬真咲Blog.
http://biologyofmasaki.blog.fc2.com/ 
 

 
書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://www.sogen-arc.com/(スクール)

 
 




 
 

2017.4月アートクラス:『重ねることに関する考察~コラージュにあそぶ~』/画家・造形家・堀江和真さんスペシャルワーク

 

 
書芸術を通した解放と交感の場、SOGEN書芸塾ARC【アートクラス】の模様。

 

2017年度のアートクラスがスタートしました!

本年度も引き続き、さまざまな分野の表現者の方々によるスペシャルワークが

目白押しとなります。どうぞお楽しみに♪!

 

 

~4月のアートクラス風景~

 

開催日時:2017年4月15日(土)15:15-17:15

テーマ:画家・造形家・堀江和真さんスペシャルワーク

    『重ねることに関する考察~コラージュにあそぶ~』

 

 

堀江さんが切り抜いたコラージュの素材がスゴい!

切り抜くこと自体がすでに楽しいんです♪と堀江さん。

 

 

用意された雑誌から、好きな写真や文字を切り抜き、画用紙にボンドで貼っていきます。

 

 

 

★参加者によるコラージュ作品より

 

ちょっとスゴくないですか、これ?!

講師の堀江さんも、「それぞれに個性的で楽しい」と。

 

 

 

 

 

 

 

こうしたアートワークは、一見、書とはまったく関係が無いように見えますが、

選び、切り取り、好きなところに重ねて貼っていくという感覚は、

書芸術にも大いに通じ、生かしていけるところがあると思います。

 

よい書芸作品を生み出していくためには、書にかぎらず、さまざまな表現世界に
触れることが大切であり、アートクラスはそういった意味で、稀有なアート体験の場となっています。

 

 
~自由な芸術創造と交感の場~
アートクラスのご案内http://sogen-arc.com/art/index.html

 

アートクラスに参加している方の多くが、レッスンクラスから参加されています。

レッスンクラスのご案内http://sogen-arc.com/lesson/index.html
 

 
-次回のアートクラス開催予定-

 
開催日:5月20日(土)15:15-17:15

テーマ:『空間を彩る音~パーカッショニスト・松本ちはやさんスペシャルワーク』

 

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

書芸塾は、書道の経験を問わず、いつでも、どなたでも、お気軽にご参加いただけます。

 
入塾・体験参加のお申し込みhttp://www.sogen-arc.com/entry/index.html

 

 




 
 

ウララ・パ~ラ~♪!

 

 

いま韓国では『ウララ・パ~ラ~♪!』という挨拶言葉が大流行!
・・・というのはウソで、これ、実はソウル展でお世話になった書芸家・呉旻俊さんの
5歳の次男Jくんが発明した造語です。
ソウル展の間、お母さんといっしょに何度も会場に来て、受付の手伝いをしてくれました。
受付でいっしょに絵を描いて遊んだのですが、ときに歌いながら、ときに踊りながら、

ときに机を太鼓のように叩いて鳴らしながら、楽しく描いていました。

 

これぞまさに全身芸術家だと!

 

自分がワクワク、ハッピーな気持ちで何かを表す。
それを見ている人もハッピーな気持ちになる。
そのハッピーな気持ちになった人を見て、自分ももっとハッピーになる。
まさにハッピーの連鎖循環♪!

 

ひとしきり絵を描き終わったあと、Jくんが『ウララ・パ~ラ~♪!』と言いながら、
お母さんとコブシをぶつけ合い、万歳しながら両手をヒラヒラと揺らしていたので、
それは何?と尋ねると、何か成功してハッピーな気持ちのときにこうするのだという・・・
そう、『ウララ・パ~ラ~♪!』はJくんオリジナルの言葉なのです。
ウララ・パ~ラ~♪!・・・たしかに言葉の響きだけでも、何だかとってもハッピーな感じが

しませんか? いやはや、天才だな。

 

で、思ったのです。
自分が今回のソウル展で表したかったのは、まさにこの『ウララ・パ~ラ~♪!』の世界なのだと。
自分にとって作品づくりは遊んでいるように見えて、実は産みの苦しみの連続なのですが、
自分もハッピー、それを見ている人もハッピー、そのハッピーな人を見る自分もまたもっと

ハッピーになるという、ハッピーの連鎖循環こそ、自分が書芸を通して味わい、また伝えていき

たい一番のことなのだということを、Jくんからあらためて教わった思いです。

 

で、なぜかJくんに好かれて「日本のおじいちゃん」と呼ばれ、うれしさ半分、ショック半分でしたが(笑)、

聞けばJくんは自分と同じ丑年生まれで4回りもちがう、ってことは50年近くちがうわけだから、

そりゃあ、おじいちゃんだわw

 

でも奥さんが「今日も日本のおじいちゃんに会いに行く?」と聞いたら、Jくんが、

「ママ、おじいちゃんって言っちゃダメだよ。センセイだよ。」と言ったという話を

奥さんから聞いて、やっぱおじいちゃんがいいと・笑

 

 

ちなみに呉さんの長男で小学1年生のSくんとも会ったのですが、日本語で1から10まで

数えて聞かせたら、なんと1回で覚えたのには驚きました。

兄ちゃんは頭脳明晰で弟は芸術家肌。

日本のおじいちゃんとして、孫の成長をたのしみにしつつw、呉さんファミリーの

末永い幸福を祈っています。

 

呉さん、展覧会の間は毎日遅くまで(朝早くまで?)付き合ってもらってありがとう!

忙しいと思うけど、これからはファミリーのためにもシンデレラ・ボーイ(12時前に帰宅W)

めざしてください``

 

それではみなさん、ごいっしょに、ウララ・パ~ラ~♪!

 

 

jn-1-555

jn-2-555

jn-3-555

jn-4-555

jn-5-555

jn-6-555

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 

 

 




 
 

「成長する絵画」展、根津・Gallery okarina Bにて、10.16まで

 

 

求めている世界がまさにここにある。
見逃せない。

 

「成長する絵画」展
https://www.facebook.com/seichousurukaiga/?pnref=story

 

保育園の「表現者たち」展
https://www.facebook.com/hyougenshatachi/

 

(紹介文より抜粋)
「成長する絵画」を目の当たりにすると、絵を描く上で作為は必ずしも必要ではなく、
身体的な感覚に任せて描くことでこそ感じられ、見えてくるものがあると思わせられます。
そのような描き方は、乳幼児の子どもたちにとっては、とても自然なものであって、
大人の私たちにとっても、日頃、気付かない感覚に向き合えるものだと感じます。

 

%e6%88%90%e9%95%b7%e3%81%99%e3%82%8b%e7%b5%b5%e7%94%bb%e5%b1%95dm

%e6%88%90%e9%95%b7%e3%81%99%e3%82%8b%e7%b5%b5%e7%94%bb%e5%b1%95dm1 %e6%88%90%e9%95%b7%e3%81%99%e3%82%8b%e7%b5%b5%e7%94%bb%e5%b1%95dm2 %e6%88%90%e9%95%b7%e3%81%99%e3%82%8b%e7%b5%b5%e7%94%bb%e5%b1%95dm3

 

 

 
チャリ飛ばして往復3時間かけて拝見してきました。
乙武さんがおられました。

本展は障ガイを持つ作家の方4名による展覧会ということで、実際に会場で作品を観て、
プリミティブなエネルギーを感じる一方、こうした作品をアート作品として世の中に出し、
広く見せていくことの難しさもまた感じました。
作品についても些か思うところがありましたが、このような展覧会を開き、
そこにチャレンジしていこうとする作家やご家族、スタッフのみなさんに、
エールを送らせてもらいたい気持ちに変わりはありません。
『成長する絵画』のさらなる成長を、今後ともたのしみにしています。
 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト

 

http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

版画家・中田有華さんアートワーク『メディウムを活かした和紙作品の創作』/2016 9.17/ SOGEN書芸塾ARC・アートクラス

 
 
書芸術を通した解放と交感の場、SOGEN書芸塾ARC・アートクラス、2016年9月開催クラスの模様です。

 

9月のアートクラスでは、版画家・中田有華さんにおいでいただき、
メディウムを活かした和紙作品の創作』をテーマとしたアートワークを
行っていただきました。

 

まず中田さんから、ご自身のアート作品を紹介しつつ作品制作に向かう態度について

レクチャーいただき、その後、メディウムを用いた作品制作デモンストレーションを

行っていただきました。
 
1-1

 

 

そしていよいよ創作開始♪

中田さんがみんなの中を回って、一人ひとりに声をかけてくれます。

 

34

 

 

メディウムや色を何度も重ねて書いていくことで、完成後の風合いが変わってくるところが面白い・・・

 

7 8

 

 

そして・・・ジャ~~ン♪!

味わいある和紙作品がたくさん生まれました!これで展覧会を開きたいくらいです!!

 

a-ek%e8%a1%a8 a-sk%e8%a1%a8 a-et%e8%a1%a8

 

fs%e8%a1%a8   oa%e8%a1%a8 nh-2%e8%a1%a8

 

nh-1%e8%a1%a8kn%e8%a1%a8 fi-1

mi-1%e8%a1%a8

hm%e8%a1%a8

sa%e8%a1%a8sh

 

書道では通常、重ねて書くといったことはしませんが、書芸作品においては

水墨画、水彩画、日本画、洋画のように墨や色を重ねて書いていくこともありです。

 

アートクラスでは、以前、画家・造形家のの堀江和真さんから『色を重ねる』というテーマで

ワークを行っていただいたことがありますが、今回のワークはそこからの繋がりで、

一筆性を重んじる書表現にあえて重ね書きという絵画的な手法を加えることで、

また味わい深い表現世界が生まれるということを体感する、貴重なワークとなりました。

中田さん、すばらしいアートワークをありがとうございました!

 

なお中田さんからは、来年度もアートクラスでスペシャルワークを行っていただく予定です。

どうぞおたのしみに♪!

 

 

SOGEN書芸塾ARC【アートクラス】は10月より後期がスタートします。

 

◎ただいま入会キャンペーン実施中!

 

10.15までにご入会いただくと、入会金が半額になります。

ご参加をお考えの方は、この機会にぜひご入会ください。

体験参加も受付中です。

 

SOGEN書芸塾ARC【アートクラス】http://sogen-arc.com/art/index.html

 
 
☆SOGEN書芸塾ARC は、初心の方からプロの書家の方まで、どなたでも楽しく幅広く
学んでいただける総合書芸アートスクールです。

年度途中、いつからでもご参加いただけます。体験参加も受付中!

どうぞお気軽にお申込み、ご参加ください。

 


SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com/

 

☆以下のページより、これまでのクラスの風景画像や塾生作品、動画をご覧いただけます。

開催済みレポートhttp://sogen-arc.com/report/

 

 

書芸家SOGEN公式ホームページ

 

http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)