BS-TBS 『釣り百景』タイトル揮毫

jpg (800x397)
img_03[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BS-TBS 『釣り百景』のタイトルを揮毫させていただきました。
ちょっと遊んで、文字の中にお魚ちゃんがいます。
 
ほかにオーソドックスな書、モダンなスタイルの書等、豪快な書等、いくつかの
バリエーションをプレゼンテーションさせて いただきましたが、最もポピュラーで
親しみやすい書を採用いただきました。
こうして見ると、もう少し書本来の味を加えて釣りの野趣や醍醐味といったものを
表したかった気もしますが、番組の主旨にも合った 親しみやすいロゴを採択いただ
いたと思いますので、ぜひ多くの方々に番組ともども親しんでいただけたらと
願っています。
 
以下、BS-TBS『釣り百景』公式サイトで、タイトル書のご紹介をしていただいて
いますので、どうぞご覧ください。
http://www.bs-tbs.co.jp/tsuri/sogen/index.html
 
 
毎週木曜 夜10時放送。
 
【番組紹介】 (BS-TBS『釣り百景』サイトより)

海あり!川あり!秘境あり!「釣り」「自然」「人」との出会いを求めて、
地球を巡る釣り紀行番組がはじまります!
釣りを通して紡ぐ人間ドラマをお届け。
釣り人は各界の著名人とその道を極めたアングラーたち。
コアな釣りファンも必見!

 
BS-TBS『釣り百景』公式サイトhttp://www.bs-tbs.co.jp/tsuri/index.html
 
SOGEN公式サイト/【テレビ番組・CMの書】
http://www.hiranosogen.com/tvtitle/index.html

 

 




 
 

『汚し屋壮弦 俺の書でイケ! 』 ふたたび

 

今日はSOGEN書芸塾への都内からの参加申込みに加え、なんと山口県からも。
拙著汚し屋壮弦 俺の書でイケ!を読んでとても興味を持ってくださったそうで。

 

本著は若気のいたりで些か気張って書いているところもありますが、
自分でいま読んでも面白い本です・笑
書の本というより、どちらかというと、アートを中心としたノンフィクションと
思っていただいたほうがよろしいかと。

 
こんな言いたい放題の本を出版してくださった 天来書院 さんの太っ腹にあらためて
感謝申し上げます。

 

 

amazon: 『汚し屋壮弦 俺の書でイケ! 』 /天来書院刊
著書

 

http://www.amazon.co.jp/%E6%B1%9A%E3%81%97%E5%B1%8B%E3%83%BB%E5%A3%AE%E5%BC%A6-%E4%BF%BA%E3%81%AE%E6%9B%B8%E3%81%A7%E3%82%A4%E3%82%B1-%E5%B9%B3%E9%87%8E-%E5%A3%AE%E5%BC%A6/dp/4887151810

 

書芸家SOGEN/平野壮弦

http://www.hiranosogen.jp/アート)

 

http://www.hiranosogen.com/
(デザイン・パフォーマンス・ワークショップ・
レクチャー)

http://www.hiranosogen.jp/arc/index.html
(スクール)




 
 

石見京子「一閑張り展」に想う

 
6 (800x600)SOGEN書芸塾ARC・スペシャルクラス塾生の石見京子
一閑張り
による個展を開いている。
一閑張りは先のブログでも紹介した通り、竹篭に和紙を貼り、
その上から柿渋を塗った工芸品で、今回の展覧では
書も生かしたバッグや花入れが勢ぞろいで出迎えてくれ、
楽しめるものとなっている。

 

「先生にダメ出しされた書作品をコラージュして作り
ました。」とは彼女の弁。
なるほど、全体としてはいま一歩の作品でも、こういう
生かし方があるわけだ。
失敗作も、ものによっては捨てずに取っておいた方がいい。
 
彼女は絵手紙作家でもあることから書画にあそび心があり、それが一閑張りにもよく
表れているように思う。
書のアレンジもほどよく心地いい。書家などにやらせると、書を見てほしいという思いが強すぎて、
とかく嫌味になりがちなところを、チラリと見せて惹きつけるあたりに、書芸による鍛錬が
生きている。

 
 
1 (600x800)

さて、ここからちょっと突っ込んだ話になる。
 
彼女の作品は、美術品として眺めているだけのものではなく、
実用品であるところがポイントで、そうした場合には、

芸術作品としての高尚さや奥深さよりも、親しみやすさが
大事になる。
たとえば、良寛や棟方志功による直筆の一閑張りなどがもし
あったとしたら、それを実用品として使う人はまずおらず、
お宝として大事にしまっておくことだろう。
 
何が言いたいかというと、いまの彼女の作品だから、気軽に
実用品として使えるところがあるのであって、もし美術品
としての値打ちがあまりに高くなってしまうと、実用からは
遠ざかっていくことになる、ということだ。
 
書のクオリティーを上げていくことで、書を用いた一閑張り
作品の美術性はさらに高まっていくことだろう。
だから、彼女がダメ出しされた書を作品に使ったことは、本人が意識したかどうかは別にして、
作品の美術性をほどよく抑え、親しみやすいものにすることに繋がっているようにも思われる。
もちろん、そうは言っても彼女の一閑張り作品の美術性は相当なもので、今後の展開が楽しみ
である。

 
書芸術としての奥深さをひたすら求めていく、という行き方がある一方で、あえてそういった
方向に突き詰めずに書を生かす、という趣向
もあるのだという、ちょっと面白いことに
気づかされたので、書き留めてみた。

 

 
以下のfacebookページで、本展の模様がご覧いただけます。
石見京子個展 「一閑張り展」 in 大崎ウエストギャラリー開催中!
 
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.811355855558259.1073741855.199917180035466&type=1

 
 
書芸アーティストへの登竜門~SOGEN書芸塾ARC~

http://www.hiranosogen.jp/arc/index.html




 
 

全新混種音樂表演「大演歌」預告介紹短片,於Youtube發聲!

   
   
585d8990-s聲響與影像的盛會《混種現場-On Site 2013》全新混種音樂表演「大演歌」預告介紹短片,於Youtube發聲!
   

我先前所設計的書藝作品於「大演歌」之預告短片中被採用。在短片中的最初於最後的部分可以看到透過CG處理過的「大演歌」題字。此外我也接受了採訪,片刻收錄在影片之中。
希望大家能一起參與「大演歌」表演的全新體驗!
   
   
『大演歌』予告動画 on you tube

   
   
海報
1379349_10202169277062023_201139671_n
玩書家 平野壮弦(SOGEN)

———————————–
SOGEN WEB SITE

http://www.hiranosogen.jp

FACABOOK
https://www.facebook.com/HiranoSogen
———————————–




 
 

☆「混種現場-2013-」(台湾台北華山大草原)出演、『大演歌』の予告動画、you tubeで公開中!

 
大演歌先に題字を書かせていただいた、台湾国際音楽イベント「混種現場-2013-」に出演する
『大演歌』
の予告動画がyou tubeにアップされました。

 

動画では最初と最後の部分で、CG処理された「大演歌」
の筆書ロゴをご覧いただけます。
またインタビューを受け、ひと言ですが登場しています。

 
   
   

『大演歌』予告動画 on you tube

 
古今東西の音楽的融合、伝統戯曲と現代音楽の結合といったコンセプトには共感するところ多く、
題字の依頼をいただいたことは光栄でした。イベントのご成功とご発展を、心よりお祈りします。

 

SOGEN公式ホームページ
イベント・ディスプレー用の書http://www.hiranosogen.com/event/index.html
 




 
 

『王羲之とコマーシャル書の連動』~平間夢響先生・特別講義~/2013. 9月 SOGEN書芸塾ARC・アートクラス

 
888毎月第3土曜日にお茶の水で開催中のSOGEN
書芸塾ARC、9月アートクラスでは、
デザイン書の大家・平間夢響先生に、
王羲之とコマーシャル書の連動』をテーマに
ご指導いただきました。

 

王羲之の書とコマーシャル書の関連性について
ご講義、デモンストレーションいただいたあと、
①王羲之の臨書
②王羲之による同角度筆法を使った書制作
③商品適性を考えたロゴ書制作
④自我自遊の書制作
といった順に実習を行いました。

 

夢響先生の手がけられたニューヨーク資生堂のポスターや、永谷園岩塚製菓等の商品ロゴ、
日本酒ロゴ等も間近で見せていただき、大変良い刺激と勉強になりました。

 

写真は滅多に見ることのできない、夢響先生の揮毫風景。
その他の講義風景はこちらでご覧ください。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.805592966134548.1073741854.199917180035466&type=1

 

 

風のように来て、風のように去って行かれた夢響先生、ご指導ありがとうございました。
帰り際に「もうネタが無いよ」なんて言っておられましたが、そんなことはありません。
まだまだ学ばせていただきたいし、何よりも夢響先生のお人柄が大好きなのです。
夢響先生、お身体お大事に、今後ともご指導よろしくおねがいします!

 

 

筆線のアート、書芸にあそぶ!


SOGEN書芸塾ARCのご案内 (入会金無料キャンペーン中! 体験参加2000円より)

http://www.hiranosogen.jp/arc/index.html

 




 
 

「イメージ・コンセプトをとらえる~ロゴ書制作~」/9月ARC・レッスンクラス

 
 
888毎月第3土曜に、お茶の水スクール・オブ・ビジネスで
開催中のSOGEN書芸塾ARC。
 
9月のレッスンクラスでは、「イメージ・コンセプトを
とらえる~ロゴ書制作
」 をテーマに講義実習しました。

 

「酒」「凛」の文字を、5つのタイプに書き分ける実習後、「夢」「泉」の文字を、 武道家、女形、文人、漫画家、
子供等の役になったつもりで書きました。

 
 

ロゴ書の制作においては、役者の演技にも似て、さまざまな役柄を 書で演ずることが
求められます。さて、名演となったや否や・・・皆さんの演技をどうぞご覧ください。

 
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.805548022805709.1073741851.199917180035466&type=1
 
 
書芸レッスンを受けて、あなたも書の名優に!

 

SOGEN書芸塾ARCのご案内(入会金無料キャンペーン中! 体験参加2000円より)
http://www.hiranosogen.jp/arc/index.html




 
 

デザイン書道の大家・平間夢響先生、明日、SOGEN書芸塾に登場!

 
 
mukyo1-1[1]明日、9月21日(土)のSOGEN書芸塾ARCは、
アートクラスに 平間夢響 (ひらま・むきょう)先生
が登場します!

 
夢響先生は、日本パッケージ協会理事
日本デザイン書道作家協会長の要職を務められた
著名なデザイナーであり、デザイン書道家。

 
ニューヨーク資生堂の世界展開ポスターや
ゲームソフト「ブシドーブレイド」の書をはじめ、

永谷園、「ばかうけ」など数々のヒット商品の
デザインを手がけられてこられたほか、「禅カリグラファー」としてニューヨーク、

パリ等、海外での個展も多数開いておられます。

 
今回のテーマは「王羲之とコマーシャル書の連動」とのこと。
夢響先生が数十年に渡り研究してこられたコマーシャル・カリグラフィーの真髄に触れる、
貴重な機会となります。

 

 
2013年度・SOGEN書芸塾ARC・特別講師のご紹介 http://www.sogen-arc.com/teacher/index.html
 




 
 

書芸塾に入るきっかけ

 

 

SOGEN書芸塾に入るきっかけは何でもいいのです。

 

ちょっとした息抜きに、でもいいし、字がうまくなりたいから、でもいい。
飲み会が楽しいとか、気になる人がいるからとかでもいい。
先生がカッコいいからでも!(ナイナイ!笑) 

 
もちろん、書の作品展を開けるようになりたいとか、デザイン書のプロになりたいとか、
書芸アーティストになりたいといった、より具体的な目標を持つ人たちにとっては、
一層大きな力となること請け合いです。

 
きっかけは何でもいい。
ただ、やるからにはぜひ続けていただきたいと思うのです。
続けていくうちに、また違ったものが見えてくるところがあるからです。

 
SOGEN書芸塾では、技を必要とする人には技を、感性を磨きたい人には
感性のブラッシュアップを、求めるものに応じてお伝えします。

一方、技の切れやセンスの良さといったものは、芸術表現においては、まだ表層的なものです。
書芸塾の一番の存在意義は、技やセンスの次元を超えて、芸術としての書を求め表していく中で、
心を解き放ち、いのちの波を伝え繋げていくことにあるのです。

 
SOGEN書芸塾ARC・『参加者の声』
http://www.sogen-arc.com/student/index.html




 
 

石見京子個展 「一閑張り展」 in 大崎ウエストギャラリーのご案内

 
 
121[1]SOGEN書芸塾ARC・スペシャルクラスの塾生で、
大崎ウエストギャラリーで一閃張りの講座の
講師を勤めている石見京子(いわみ・きょうこ)
さんが、同ギャラリー主催による個展・
一閑張り展を開きます。

 

一閑張りは竹篭に和紙を貼り、その上から柿渋を
塗った工芸品で、きっと楽しい展覧会になると
思いますので、ぜひお運びください。
http://www.space-gallery.net/information/121.htm

 

会期:2013年9月26日(木)~10月1日(火) 10:30-17:30

 

会場:大崎ウエストギャラリー(第2会場)
   品川区大崎3-6-7 パークハイツ大崎3F  
   TEL.03-3490-4177
アクセス⇒http://www.space-gallery.net/access/index.htm

 
 

なお余談ですが、大崎ウエストギャラリーはSOGENがその昔、来年のNHK大河ドラマ
「軍師官兵衛」の題字を書かれた京都の書友・福田祥洲さんや、「アウトレイジ・
ビヨンド」はじめ数々の映画のスチール写真を手掛けている写真家(当時は書家)の
中野愛子さんらとグループ展を開いたことのある懐かしい場所で、久々に足を運んで
みたいと思ってます。

 
 
SOGEN書芸塾ARC・「スペシャルクラス」のご案内
http://www.sogen-arc.com/special/index.html