『越乃景虎』のぼり




練馬界隈をツーリング中、保谷駅近くのリッカーショップ前で、四半世紀前に
書かせていただいた『越乃景虎』ののぼりに遭遇。

若き日に書いた書が、今なお存在感を示して働き続けているのがうれしい♪!



景虎 日本酒 新潟 書 書家 書道家




SOGENへのロゴ書、デザイン書作品、ならびにご依頼は、こちらより。
http://www.hiranosogen.com/


ART ROOM SHOWL(SOGENが代表を務める、書芸アート専門ギャラリー)
http://artroomshowl.com


SOGEN書芸塾ARC(SOGENが主宰する書芸アートスクール) 
http://sogen-arc.com/ 






 
 

魚の棚(うおんたな)🐟



一仕事終わってプチ明石観光〜「魚の棚(うおんたな)」巡り。

うおんたなは、明石駅そばの商店街で、1619年の明石城築城開始に伴う城下町の
線引きにより始まったとのこと。魚商人が大きな板を軒先にずらりと並べ、
鮮度を保つために並べた魚に水を流していた様子から、「魚の棚」と名付けられた
のだそうです。

キトキトの魚が信じられない値段で売られていて、タマげました‼️🐟
あと、友人から、明石に行ったら、ぜひ「明石焼き」を食べてきてください
と言われ、なにそれ?と思ったら、タコが入った玉子焼きで🐙
明石で「玉子焼き」と言ったら「明石焼き」のことなんだそうで。
で、これを食べずには帰れないと思い、食べてみたら、これがまた激ウマで‼️


明石、最高にオモシロかったです♪!
またぜひ、今度は車で行って、明石海峡大橋を渡って淡路島から徳島に上陸し、

四国も周ってきたいです😄




明石焼 書家 書道家
明石焼 書家 書道家



かに道楽に負けてません‼️🐙

魚の棚 明石焼 書家 書道家



新鮮な魚が、信じられない値段で・・・

魚の棚 明石焼 書家 書道家



味わいある手書き看板の設置作業現場に遭遇

魚の棚 ぎょうざ 餃子 明石焼 書家 書道家



この看板屋のお父さんが、たったいまペンキで書き終えたところだそうで、
フォルムの面白さはもとより、生き生きとして味わいある筆のタッチに感心感動。

魚の棚 ぎょうざ 餃子 明石焼 書家 書道家



「子午線のまち」明石。
これは「日本標準時の基準となる東経135度子午線上のまち」という意味なのだそうです。

明石 子午線 SEIKO

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)






 
 

現代書としての広告デザイン書道、考

先般、ご紹介させていただいた「」のロゴ書ですが、実はデザイン性の高い、

カッコいい書もお書きしたのですが、最終的にこちらをお選びいただいたものです。

で、四半世紀前に『越乃景虎』を揮毫させていただいたときも、

カッコいいスタイリッシュな書も合わせて書かせていただいたのですが、

ドッシリとした隷書体の書をお選びいただき、その時は「もっとカッコ

いい書もあるのに」と意外に思ったものでしたが、現在も代表銘柄として

お使いいただき、御繁盛されているところを見ると、大正解であったと。

越乃景虎 日本酒 広告デザイン書道 筆文字 書道家 パッケージデザイン

私に書をご依頼くださるクライアントさんは、みなさん真剣そのものです。

書としての良し悪しや格ももちろんですが、商品が売れることが最重要課題であり、

そういった視点から実に真剣に書を見て選んでくだり、その最終形が商品という

形となって世に出ていくことになる。つまり、その書の成否は、作家のみならず、

そこに関わる多くの人々の熱意と感性、鑑識眼とにかかってくるわけです。

そして、そのような厳しい審査をくぐりり抜けて世に出たデザイン書、ロゴ書は、

社会性を有した書であるとともに、時代の最先端をゆく現代書でもある、とも

いえるように思います。

何ものにも束縛されない自由なアートと、社会性を有するデザイン書、その双方に

難しさと面白さがあり、これからも、その二世界の融合や離反を試みつつ、

より深い書道アート、デザイン書道の世界を、探り求めてイキたいと思います。

書芸家 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2018最高金賞受賞酒『界』、絶好調‼️

小山本家酒造さんの『』(SOGEN揮毫)、夏バテ知らずで絶好調とのこと。
有難うございます!

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2018最高金賞受賞酒

なにか、こうして並べると親子のよう・・・(笑)

アーティストの友人が、「この書もSOGENさんだったとは、ほんとびっくり。

この字すごい好きなんですよ^_^」と。やあ、うれしいなぁ。

いや、デザイン書にかけてもSOGENは世界一、ですんでね(たぶんW)

最高の商品には最高の書を!ってことで、デザイン書のご依頼は、ぜひSOGENへ!``

書芸家 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

人をぶっちゃ ダメなんだよ。

いましがた山手線に乗ったら、インパクトある書き文字の車内広告が・・・


人をぶっちゃ ダメなんだよ。

ははは・・・理屈言うより分かりやすくていいW


しかしこの書き文字、よくよく見ると、起筆から終筆に至るまで、実に味があり・・・
子どもが書いた文字をデザイン化したのか、はたまた大人が子供のように書いたのか。

いずれにしても、グッジョブ👍

書道 書道家 書き文字 筆文字 デザイン書 電車広告

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

SOGEN揮毫、麺屋 『千雲』(台北市)グランドオープン‼️🍜㊗️

ロゴ書を揮毫させていただいた、台北市にあるラーメン店・麺屋『千雲』さんが、

先月グランドオープンされたとのお知らせをいただきました。
おめでとうございます❗️㊗️

表看板としていただいた店舗のロゴ書は、「老舗感が感じられる、本格の

勢いある書を」とのご要望を受けて、制作させていただいたものです。

担当デザイナーの方からは「ロゴの雰囲気が良いので、店構えもとてもステキです。

ロゴとしての記号性、勢いもあり、とてもかっこいいとわたしも思っていますし、

オーナーの方もよろこんでいました。イメージ通り、イメージ以上のものを

いただき、本当に嬉しく思っています。」との有難いお言葉をいただきました。

とても人気で、お客もどんどん増えているとのことで、うれしいかぎりです。
見るからに美味しそうなラーメン♪
お近くに行かれることがありましたら、ぜひお立ち寄りの上、ご賞味ください``


(※画像はネットからお借り)

麺屋 千雲(ちくも/CHIKUMO)
http://atm0710.pixnet.net/blog/post/119315206-

【拉麵圖鑑】麵屋千雲,賣到天快亮的雞白湯
営業時間:18時〜27時
住所:台北市中山區林森北路105之1號

SOGEN OFFICIAL WEB SITE
http://www.hiranosogen.com#

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

〜ビジュアルを超える〜SOGENのデザイン書

SOGENデザイン書例『

先に『夢』のデザイン書例をご紹介しましたが、今度は『』。

オーソドックスなスタイルを中心に揮毫しています。

どちらかというと、デザインがセンスと技とによって成されるビジュアル

(パッと見の雰囲気)優先の仕事であるにに対し、アートは魂の仕事、

ともいえるかもしれません。

そこで、デザインに魂を込める、アートにビジュアル的な効果を加える、

といった方向で、デザインとアートを融合させていく中に、

新たな世界が生み出されていく可能性もまたあるような気がします。


SOGENでは、デザイン書、ロゴ書、インテリアアート書作品のオーダーメイド

制作を承っております。

クライアント様の想いを受けて、オーソドックスなスタイルの書から、

イメージ・コンセプトに最も合致した、よりデザイン性、アート性の高い書も

合わせて制作させていただき、ご好評いただいております。
ビジュアルとして映えるのみならず、文化的、芸術的にもすぐれた、

魂のこもった書をお届けしたい・・・それがSOGENの願いです。

SOGEN公式ホームページ

(デザイン書・書芸アートの実績と受注制作のご案内)

http://www.hiranosogen.com/

SOGENへのデザイン書・ロゴ書のオーダーは、こちらよりお願いいたします。

http://www.hiranosogen.com/form/index.php

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

『夢』

抽象〜ときどき文字書W

こちらは『』の文字によるデザイン書例です。
このあたりはまだ基本で、ここからクライアントさんの想いやイメージ・

コンセプトを受けて発展させていくことになります。
広告デザインに書が使われる場合は、書としての良し悪し以上に、

広告としての効果が求められるとにもなります。

デザインとアートの違いについて聞かれることがあるのですが、重なるところは

あるものの、一言でいえば、デザインは相手の喜ぶものをプレゼントする仕事

で、アートは他者の趣味趣向に合わせるのではなく、自分自身が最も喜ぶものを

生み出す仕事といえるでしょう。
もちろん、それが合致したならベストですが。

先般、どこぞの大学教授が「書はデザイン書などという形で残るくらいなら、

いっそ滅んだほうがいい」みたいなことを語っているのを耳にしましたが、

勝手なことをぬかしてるなあとW
私はデザイン書もまた、高め広げていく価値ある、現代のすばらしい書文化

であると考えます。まあそれも中身が伴ってのことではありますが。

自由な書芸術の世界にあそぶとともに、想いやイメージを人々に伝える、

文化の香りを感じさせるような、すぐれたデザイン書を世の中に送り出して

イキたいし、そういう書と出会いたい・・・それが私の願いです。

SOGENデザイン書『夢』



SOGENでは、デザイン書、ロゴ書のオーダーメイド制作を承っております。
クライアント様の思いを受け、オーソドックスな書からデザイン性・

アート性の高い書まで、広告デザインの分野において最大限の効力を発揮する、

イメージ・コンセプトにマッチした第一線の書をお届けし、国内外から

ご好評をいただいております。

SOGEN公式ホームページ(デザイン書のご紹介・オーダー)

http://www.hiranosogen.com/ 

SOGENへのデザイン書・ロゴ書のオーダーは、こちらよりお願いいたします。

http://www.hiranosogen.com/form/index.php

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

書の妙味

 

 

ロゴ書の仕事をしながら、あらためて気づかされたことがある。
完璧に作りこんだつもりの書が、まったく生きていない。
自分が書いたものをお手本のようにして完璧を期そうとしても、

枝葉末節にこだわってしまい、肝心の根っこや幹が生きていない

ものになってしまう、などということが往々にしてあるのだ。

 
お習字でお手本を下に敷いて、それをなぞったところで、

まったく生命力の無い、似て非なるものになるのと同じ道理。

あまりに完成度にこだわって書き込み、作り込んでいると、

逆に目が塞がれてしまうところがあるのかもしれない。
 
これだけ長年やってきても、書にはわからないところがあって、
ほんとうに不思議で奥が深いものだとあらためて感じている。

 

 

フォントのように、幾何学的に完璧に設計された世界ではなく、
歪みながら均衡を保つのが書の妙味。

 
それって人生と似てるかも。
破綻だらけでも困るが、まったく破綻のない人生、
完璧なバランスの上に成り立つ人生なんてツマラナイ。
歪みながらもバランスを保つのが人間的であり、
また宇宙自然の摂理に即したイキ方なのだろう。

 

 

 

平野壮弦書・『字』/2009/H1300xW1000mm/画仙紙・墨

志賀高原ロマン美術館企画展『書Xデザイン 挑戦の系譜』出展作品

 

 

 
書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

SOGEN揮毫制作・丸亀製麺、夏の新メニュー 「牛山盛りうどん」販売開始!!

 

 

SOGENが揮毫制作させていただいた丸亀製麺さんの夏の新メニュー🍜
夏こそがっつり、牛肉たっぷり。牛山盛りうどん

の販売がスタートしております。

 

新たなテレビCMもオンエアー中📺

こちらは8月27日までの季節限定メニュー。

またまたスゴイボリューム感で激ウマの模様。

ぜひご賞味ください。
 
 

 

 

 

SOGEN書芸デザインワークス:http://www.hiranosogen.com

SOGEN書芸塾ARC:http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf