鮮烈なる壁面アートコラボ/パク・シヒョン(唄)・呉旻俊(書)・平野壮弦(書)

 
SOGENソウル展の立役者、書芸家・呉旻俊(オ・ミンジュン)さんの仕事場にて。

個展のオープニング・パーティーで、見事な唄と踊りを披露してくださった、

韓国の歌姫、パク・シヒョンさんに、扇子への揮毫を所望され、一筆。

 

a-888x592
 

今回のソウルでの個展の成功は、ひとえに呉旻俊さんとご家族、韓国の仲間たちのおかげ。

個展の最終日、呉さんが自分の仕事場兼教室の白壁全面に何か書いて欲しいというので、

だったら一緒に書こうと♪
憧れの歌姫、パク・シヒョンさんに歌っていただきながら二人で白壁に戯れ書き。
ドッひゃーん!! 教室がまるでジャングルに・・・!W
生徒さんたちが来たらビックリ仰天してえまうんじゃないか?
呉さん、「朝起きたら知らないうちにこうなっていた」ってことにしょうと・笑

 

しかし、これ、マジヤバくね?
2000年後に古代人の壁画として発掘されるかもねw

 

1-888x592

3-888x592

6-500x888

 

呉旻俊さんは日本の大東文化大学・大学院に学び、帰国後は韓国の大學で教鞭をとる傍ら、

作家として精力的な活動を続けている韓国カリグラフィー界のホープ。

仕事場に図書館の書道コーナーの何倍もの蔵書が並んでいたのには驚いた。

書道を学問的にも技量的にも納め、達人の域にありながら、「百尺竿頭進一歩」

の言葉通り、書芸の真を極めようと、なおも一歩前へと歩み続けている。

自分が呉さんに教えたのは酒の飲み方くらいだが(笑)、なぜか恩師のように思ってくれて、

通訳をはじめ、さまざまな場面でいつも助けてもらっている。

今回、その呉さんと子どものような気持ちで一緒に大きな壁にラクガキできて、

ほんとうに楽しかったし、ここまで遊べるようになった呉さんの成長ぶりを見て、

心底うれしかった。
これからもっともっと、呉さんやみんなと、いのちの遊びをしてイキたい♪

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)