現代書としての広告デザイン書道、考

先般、ご紹介させていただいた「」のロゴ書ですが、実はデザイン性の高い、

カッコいい書もお書きしたのですが、最終的にこちらをお選びいただいたものです。

で、四半世紀前に『越乃景虎』を揮毫させていただいたときも、

カッコいいスタイリッシュな書も合わせて書かせていただいたのですが、

ドッシリとした隷書体の書をお選びいただき、その時は「もっとカッコ

いい書もあるのに」と意外に思ったものでしたが、現在も代表銘柄として

お使いいただき、御繁盛されているところを見ると、大正解であったと。

越乃景虎 日本酒 広告デザイン書道 筆文字 書道家 パッケージデザイン

私に書をご依頼くださるクライアントさんは、みなさん真剣そのものです。

書としての良し悪しや格ももちろんですが、商品が売れることが最重要課題であり、

そういった視点から実に真剣に書を見て選んでくだり、その最終形が商品という

形となって世に出ていくことになる。つまり、その書の成否は、作家のみならず、

そこに関わる多くの人々の熱意と感性、鑑識眼とにかかってくるわけです。

そして、そのような厳しい審査をくぐりり抜けて世に出たデザイン書、ロゴ書は、

社会性を有した書であるとともに、時代の最先端をゆく現代書でもある、とも

いえるように思います。

何ものにも束縛されない自由なアートと、社会性を有するデザイン書、その双方に

難しさと面白さがあり、これからも、その二世界の融合や離反を試みつつ、

より深い書道アート、デザイン書道の世界を、探り求めてイキたいと思います。

書芸家 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2018最高金賞受賞酒『界』、絶好調‼️

小山本家酒造さんの『』(SOGEN揮毫)、夏バテ知らずで絶好調とのこと。
有難うございます!

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2018最高金賞受賞酒

なにか、こうして並べると親子のよう・・・(笑)

アーティストの友人が、「この書もSOGENさんだったとは、ほんとびっくり。

この字すごい好きなんですよ^_^」と。やあ、うれしいなぁ。

いや、デザイン書にかけてもSOGENは世界一、ですんでね(たぶんW)

最高の商品には最高の書を!ってことで、デザイン書のご依頼は、ぜひSOGENへ!``

書芸家 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

SOGEN揮毫・紙パック酒『界』、IWCゴールドメダル受賞⭐️‼️

 

 

SOGENが銘柄の書を揮毫させていただき、埼玉の小山本家酒造さんより

昨年発売された紙パック酒『界』が、夏バテ知らずの絶好調で、
今夏はIWCゴールドメダルを受賞推奨酒→金賞へのランクアップは

パック酒では画期的なこと、との吉報をいただきました。

 

強い想いとご決意を持って書のご依頼をいただき、

銘柄の書を揮毫させていただいたお酒が絶好調で、

たくさんの人たちに愛飲いただいているのは実に嬉しいこと。

心よりお慶び申し上げますます‼️🎊

 

 
◯関連記事

「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)」でゴールドメダルを受賞!!

http://www.koyamahonke.co.jp/topics.html#t180612-iwc

 

小山本家酒造・公式サイト

http://www.koyamahonke.co.jp/index.html

 

 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

『界』『雪椿』が「日本酒アワード」メイン部門で【最高金賞】を受賞!!

 

 

SOGEN揮毫の紙パック酒『』(埼玉県・小山本家酒造

ならびに『雪椿』(新潟県・雪椿酒造)が、このたび

ワイングラスで美味しい日本酒アワード」メイン部門で

最高金賞】を受賞されたとの吉報をいただきました。

 
 

『界』は発売から1年で約40,000ケース(1.8L換算)を売り上げ、

初年度の数量としては、歴代1位となるのではないかとのこと。

 

昨年夏には「IWC」という世界的な酒類コンテストの日本酒部門で

大会推奨酒のお墨付きを頂いていたそうですが、本年2月には
上記のアワードで【最高金賞】を受賞。
受賞率4.9%の難関で、且つ出品された他のお酒は選りすぐりの

高級酒ばかりの中での受賞とのことです。

 
 

現行の紙パック酒のパッケージは紅地を基調としたものがほとんど
ですが、その中にあって、白地に黒の文字書が映え、
予定調和の紅組に対抗する強い武器となった。

素晴らしいデザインでスタートが切れたことが何よりでした。

とのお言葉をいただきました。

 

売れ筋を後追いするばかりでなく、そこに挑んでいこうとする
チャレンジ精神が、今回の吉報に繋がったものと拝察、

良い酒造りはもちろんのこと、銘柄の書にこだわり、

デザインにこだわっていただいたことに、感謝と敬意を表します。

 

 

 

 

なお、『越乃 雪椿』においては、今月の「にいがた酒の陣」に向けて、

新幹線の車両広告を展開中とのことで、3月末までだそうですが、

ご乗車の際にはどうぞご覧ください。

(※E4系二階建て車両のみ出そうです。)

 
にいがた酒の陣:http://sakenojin.jp
 

 
 
思えば『越乃 景虎』同様、『越乃 雪椿』の書を揮毫させていただいたのは、

もう20年以上も昔のことで、想いを込めて書かせていただいた書を、

長年にわたりご愛用いただいていることに、深く感謝しております。

またそうしたお酒が、長年にわたり、多くの人々から愛され、

晴れの舞台に立つことは、我が事のように嬉しく有り難く思っております。

 
 
日本酒こそ、日本の心であり文化。

今回、吉報をいただいた小山本家酒造さん、雪椿酒造さんはもとより、

日本酒業界の益々のご発展を、陰ながら祈っております。

 

 

 
☆ワイングラスアワード・審査風景と受賞銘柄一覧

https://jp.sake-times.com/special/news/sake_wineglass_2018

 

 

 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/
 
 




 
 

SOGEN揮毫の革新的パック酒『界』、小山本家酒造さんより本日新発売!!

 
 

SOGENが商品名を揮毫制作させていただいた革新的パック酒『』が、創業文化5年という
歴史を持つ、世界鷹小山家グループ・小山本家酒造さんより、本日新発売されました。
発売日に合わせてお酒をご恵送いただきましたので、ご紹介させていただきます。
 
『界』は温故知新の精神で、明治時代に愛されたアルコール度数17度を実現、
濃厚なコクと旨みがありながら、しかも飲み飽きしない新たなブランド酒です。
別格の真打ち登場!」のふれこみに違わず、これまでのパック酒の界(さかい)を超え、
味わいの新世界を実現したとのことです。

 
ぜひ多くの方々にご賞味いただき、晩酌や催事の友として、末永くご愛顧いただけましたら幸いです。

 

 

小山本家酒造 公式ホームページ:http://www.koyamahonke.co.jp/
 
 

●小山本家酒造さんからいただいたメッセージより
 
「界」いよいよ3月10日新発売です。
お陰をもちまして素晴らしい形となりましたこと、心より感謝いたします。
沢山の「界」の書を見させていただき、どれも良い書で目移りしました。
が、商品になってみると「これしか考えられない」と思いました。
棚に置いたらとても目立つ商品で、どっしりとした味のある書で、
まちがいなくお客様の目に焼き付くことと思います。
発売日が楽しみです。
業界には「別格の真打 新登場」という触れ込みで案内を掛けており、
お陰様で受注状況も過去最高の様です。
先生の書の存在も大きいと思います。改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました。
 

 

~ロゴ書制作の舞台裏~
 

ロゴ書『界』の制作に先立ち他社の現行商品とも飲み比べましたが、
「濃厚で旨みがあるうえに飲みやすい」という点では贔屓目でなく、
たしかに抜きん出ていおり、革新的なパック酒であると感じました。
そこで書の制作にあたっては、そうしたお酒の特徴やイメージを伝えるべく、
どっしりとした存在感を持ちつつも親しみやすく、100年、200年と
お使いいただいても色褪せぬ、普遍性を備えたロゴ書となるよう、
心を込めて揮毫させていただきました。

 
最後になりましたが、書をすばらしい形で生かしてくださった小山本家酒造さんに
篤く御礼申し上げるとともに、今後益々のご発展をお祈り申し上げます。

 
 
書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://www.sogen-arc.com/(スクール)