アートを通した出会いの場『フリークラス』/2017.12.9風景

 

 

自由な書のアトリエ『フリークラス』、12月9日(土)開催クラスの模様です。

 

 
フリークラスはとても刺激的で楽しいアート創造空間♩!
 
各自が真剣にアート制作に取り組む中で、場にほどよいリラックス感と緊張感とが漂い、

その場だからこそ生まれる作品との出会いがあります。

その生まれたての作品を通して互いに感じたことを率直に語り合う中で、

鑑賞眼が深まり、芸術感覚が切磋琢磨されていきます。
 

 

 

■本時の風景と作品から

 

命の躍動を、自在な筆線の流れで表す。

 

 

 

 

カタチ、線質、間の妙を、作為を超えて、いかに自然に書き表すか。

 

 

 

 

 
-次回のフリークラス予告-
 
12月16日(土)15:30-17:30 テーマ:自由
※23日(土)に予定していた分を、日程を変更して行います。
 

 

フリークラスは、とりあえず書をやってみたい、筆で遊んでみたい、

という初心の方から、自身が最も興味ある書分野を深めていきたい

という書道経験者の方に至るまで、自由創作を中心に、ご自分の

ペースで書に親しんでいただける、自由な書のアトリエです。

 

大人にかぎらず、幼児から小中高生まで大歓迎!

 

自由な創作活動を通した学びの中で、感性と技とを最大限に磨いて

いけるよう、それぞれのレベルやニーズに合わせた批評、デモンストレーションを含む

個別指導等を通して適宜サポートしてまいります。

時間もフリー、いつ来て、いつお帰りいただいてもけっこうです。またご要望に応じて、

自宅で書かれた作品への批評や実技指導も行います。

 

 

カテゴリーとしては、「アート書道」「デザイン書道」「インテリアアート書道」
「現代書道」
「古典書道」「実用書道」といった書分野が挙げられます。
また題材としては、漢字、かな、言葉書き、絵文字、英文字、彩書等が挙げられ、
毎回、ご自身で自由に題材を設定して取り組んでいただきます。

 

書道パフォーマンスを体験したい、大きな紙に大筆で自由に書いて
みたい、英文字や外国語の書がうまく書けるようになりたい、といった
コアーなご要望にもお応えします。

本クラスでは、一つのカテゴリーに集中してレベルアップを図っていく

ことも出来ますし、取り組むカテゴリーや課題を臨機応変に変えつつ、

幅広く学んでいただくことも可能。

それぞれの個性やニーズに見合った学びと成長の

アシストをいたします。

 

また、レッスンクラス、アートクラス、デザイン書道クラスといった、

他クラスの研鑽・補習の場ともなっていることから、他のクラスと

セットで受講いただくと、さらなる進展が期待できます。

 

2017年度・フリークラスのご案内
http://sogen-arc.com/freeclass/index.html

 

フリークラス関連ブログ
http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=141
 

 
SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/

 

 




 
 

ソウルでの4人展『Logos-偶然の秩序-』のご報告

 

みなさん。こんにちは。
遅くなりましたが、以下、ソウルでの4人展『Logos-偶然の秩序-』のご報告をさせていただきます。

 

昨秋は韓国の友人たちの尽力で、韓国で初の個展を開かせていただき、大変お世話になりましたが、
今回はまた、展覧会、セミナー、ワークショップ、懇親会と、イベント続きの熱い交流の日々となりました。

今回の展覧会は、日韓を代表する4名の作家による4人展ということで、韓国を代表する

カリグラファー、イ・サンヒョン、オ・ミンジュンの両氏と、日本からは、書家・現代美術家の

山本尚志さんとSOGENが招待参加し、実にすばらしい展覧となりました。

 

 

今回の訪韓で特に驚いたのが、韓国のカリグラフィー界の躍進ぶりです。
デザイン性がすこぶる高く、そこにアート性も加味されてきています。
わずか数年でここまで変わるとは・・・
ソウルでの展覧会の最中、請われてワークショップも行いましたが、参加者の中には

すでに作家として活躍している人も大勢おり・・・

 

この目覚ましい躍進をもたらしているのが、韓国カリグラフィー界のビック・スリーと言われる、

キム・ジョンゴン、ィ・サンヒョン、オ・ミンジュンの3氏をはじめとした、

韓国書芸世界のニューリーダーたちであり、その益を受けた若い作家たち。

そしてもちろん、その底流には、韓国の豊かな書芸文化を紡いできた多くの先人たちの足跡があります。

そんな彼らと、これからも交流の輪を広げ深めていきたいと切に願います。

 

今回の展覧会の開催にご尽力いただいた韓国のみなさん、日本から共に参加した山本尚志さん、

展覧会やセミナー、ワークショップにご参加いただいたみなさんに、心からお礼申し上げます。

チョンマル・カムサムニダ!!!

 

 

 

■4人展会場風景

 

 

山本尚志氏、イ・サンヒョン氏のコーナー

 

オ・ミンジュン氏のコーナー

 

SOGENのコーナー

 

 

 

 

■オープニング

4名の作家による作品制作デモンストレーションも披露。

作品は展覧会場の入り口に展示されました。

 

 

 

 

 

■コラボ制作

4人の作家がお酒のボトルに書いてデザイン。たのしかったです♪

ボトルは展覧会場の入り口に会期中展示されました。

 

 

 

 

 

 

■セミナー  〜4人の作家による発表と質疑応答〜

カリグラフィーを仕事にしていきたいという熱意ある参加者が多く、

突っ込んだ質疑応答がなされました。

年収はいくらですか?とかも・・・W

 

 

 

 

 

■ワークショップ

SOGENがデモンストレーションを行ったのち、自由創作をしていただきました。
5点、優秀作品を選んでほしいと言われ、みなさんの作品のクオリティーが高く、決めかねましたが、

特に素晴しいと思うものを選ばせていただき、デモンストレーションで書いた書をプレゼント。

また、プラス、参加者全員に、その場で名前を漢字で書いてプレゼントさせていただきました。

 

 

 

 

 

最後に、記念にみなさんから真っ白な服に一筆ずつ入れていただき、素晴しい

アート・ファッションが誕生! みなさんの愛がこめられた宝物、最高の記念の品となりました。

 

 

みなさん、ありがとうございました!
これからも、共に作品を通して語り合いましょう♪!

 

 

 

こちらで紹介しきれなかった画像や動画を以下のFACEBOOKページで紹介しています。

どうぞご覧ください。

 

平野壮弦個人ページ

SOGENアートファンページ

 

 

 

書芸家SOGEN・平野壮弦 公式ウェブサイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート作品)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン書、講演、アートパフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com/ (書芸術を通した解放と交感の場~SOGEN書芸塾ARC~)

 




 
 

書家・現代美術家・山本尚志さん特別講義実習 IN SOGEN書芸塾

 

 

10月のSOGEN書芸塾は、現代アートとしての世界の書芸術の最先端をいく、

書家・現代美術家山本尚志さんにご登場いただきました。
レッスンクラスでは、蘇軾の臨書を通して臨書の極意を伝えていただき、
アートクラスでは、現代美術としての書の今と未来について熱く語っていただき、
またとない貴重な機会となりました。

 

山本さんはSNSでも貴重な情報を日々情熱的に発信しておられますが、

ここでしか聞けないエピソードなども色々と披露してくださり、

やはり生に勝るものはないと。

 

以下に模様を紹介しておりますので、どうぞご覧ください。

 

 

○レッスンクラスの模様

 

面白くて、つい引き込まれる、山本さんの講義トーク

 

 

山本さんによる蘇軾の臨書

臨書のあるべき姿、本物と見紛うばかりの精緻な臨書のスゴみを目の当たりに。

 

 

 

臨書は集中するほどオモシロクナっていく・・・

 

 

 

●アートクラスの模様

 

 
目の前で、最新作「コントローラー」を2点、書いてくださいました。
それにしても、山本さんの眼光の鋭いことといったら・・・!

 

 

山本さんより特製ボンド墨のプレゼントまでいただき、その墨を使ってアート制作。

ライバルはバスキア♪!

 

 

山本さん、貴重なお話と講義実習をありがとうございました!

今後ともよろしくお願いします。

 

 

-次回のアートクラス開催予定-

 

開催日:11月18日(土)15:15-17:15

テーマ:アーティスト・佐々木久枝さんスペシャルワーク

『書と花による融合世界』

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

本書芸塾は、書道の経験を問わず、どなたでもお気軽にご参加いただけます。
入塾・体験参加のお申し込みhttp://www.sogen-arc.com/entry/index.html

 




 
 

SOGEN書芸塾ARC~2017年 10月開催クラスのご案内~

 

 

みなさん、こんにちは。

秋晴れの候、お元気でお過ごしのことと存じます。

以下、10月の教室のご案内となりますので、どうぞご参照の上、ご参加ください。

 

 

10月はレッスンクラス、アートクラスとも、書家・現代美術家の山本尚志さんによる特別講義実習
となります!

レッスンクラスでは「ぶっ飛んだ古典から学ぶ~蘇軾の書で、臨書を超えた臨書を~
をテーマに、臨書の極意を伝授いただきます。
またアートクラスでは、『アーティストになるということ~書はいかにして現代アートになったのか~
をテーマに特別講義&ワークを行っていただく予定です。

 
書道を世界の現代美術に押し上げるべく、書芸術の最先端を走る続ける山本尚志さんの講義実習を
ダブルで受講できる、またとないチャンスです! どうぞみなさん、奮ってご参加ください。
 

 

山本尚志個展『バッジとタオルと段ボール』風景

 

 

~2017.10月開催クラスのご案内~

 

デザイン書道クラス  ☆プロのデザイン書作家育成の場

 
STEP1:商品ロゴ-Ⅰ/重点学習技法:デザイン書の心得・筆線ベクトル
10月14
日(土)15:30-17:30
 

STEP2:商品ロゴ-Ⅱ/重点学習技法:イメージに則したフォルム、筆線の表現技法
10月28
日(土)15:30-17:30

 

プロのデザイン書作家への登竜門。
デザイン書の全領域を網羅したレクチャーと実践的な制作実習を通して、
デザイン書道、インテリアアート書道のスペシャリストを養成。

 

デザイン書道クラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/design/index.html

 

デザイン書道クラス体験参加費:8,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)

デザイン書道クラス・フリー参加費(=会費を各回ごとにお支払いいただく場合):10,000円

 
※デザイン書道クラスは9月で第一期が修了し、10月より第二期がスタートします。
 ただいま新規受講生を募集中!

 

 

 

フリークラス ☆書を通した癒やしと解放の自由アート空間 -人気上昇中!-

 

10月14日(土) 18:00-20:00  テーマ:自由/大書制作・書道パフォーマンス体験
10月28日(土)18:00-20:00 テーマ:自由

 

内容:自由創作・SOGENによる個別指導・鑑賞批評会

 

興味あるテーマ・課題に自由に取り組む中で、書芸塾主幹のSOGENから
個別指導も受けられる書のアトリエ。
参加者が書いた作品を貼り出しての鑑賞批評会もあり、
初心の方、作品を書的、芸術的に高め深めていきたい方に最適のクラス。
初心者からプロの書作家を志す方まで、幅広くご参加いただいております。

 

フリークラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/freeclass/index.html

 

フリークラス体験参加費:5,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)

フリークラス・フリー参加費(=会費を各回ごとにお支払いいただく場合):6,000円

 

 

 

レッスンクラス ☆書芸の基礎から発展までを、レクチャー、実習を通して履修

 

開催日:10月21日(土)13:00-15:00
テーマ:書家・現代美術家・山本尚志さん特別講義実習
ぶっ飛んだ古典から学ぶ~蘇軾の書で、臨書を超えた臨書を~

 

古典臨書を通して書の本道を学ぶともに、オリジナル書芸テキスト『そ~げんの楽々書芸入門』を
教本とし、書芸の多彩な表現技法を実習を通して身に付けていただきます。
※10月は山本尚志先生による特別授業となります。

 

レッスンクラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/lesson/index.html

 

レッスンクラス体験参加費:5,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)

レッスンクラス・フリー参加費(=会費を各回ごとにお支払いいただく場合):6,000円

 

 

 

アートクラス ☆特別講師によるアートワークを通した解放と交感の場

 

開催日:10月21日(土)15:15-17:15
テーマ:書家・現代美術家・山本尚志さんスペシャルワーク
『アーティストになるということ~書はいかにして現代アートになったのか~』

 

 
特別講師によるさまざまなアートワーク体験を通して、あそび心と芸術的感性を養う
アートクラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/art/index.html

 

アートクラス体験参加費:5,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)
アートクラス・フリー参加費(=会費を各回ごとにお支払いいただく場合):6,000円

 
※レッスンクラス、アートクラスの2クラスに続けてご参加いただく場合は1割引きとなります。

 
 
会場は全クラスとも、加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホールとなります。
アクセス: http://sogen-arc.com/access/index.html

 

用具は全クラスとも、書芸用具一式をご持参ください。無いものは無料でお貸し出しいたします。
体験参加の方は手ぶらでおいでいただいてもけっこうです。

 

 

■2017 ARC全クラス開催日程・会費一覧
http://www.sogen-arc.com/fee/index.html

 

☆過去の各クラス風景
http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=138

 

◎各クラスとも体験参加可能。書道の経験を問わず、どなたでもご参加いただけます。
また全クラスとも、年度途中、いつからでもご参加いただけます。

 

入塾、体験参加、フリー参加をご希望の方、レギュラー会員の方で 他のクラスへの参加も
希望される方は、以下のお申込みフォームよりお申し込みください。

 

お申し込みはこちらより
http://sogen-arc.com/inquiry/index.php

 

 

それでは、みなさんのご参加をお待ちしております。

 

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

2017.8月アートクラス風景:『汚しアート~書はエロスなり~書芸の真髄に迫る』/書芸家 SOGENスペシャルワーク

 

 

書芸術を通した解放と交感の場、SOGEN書芸塾ARC【アートクラス】
以下、8月開催クラスの模様です。

 
 
~8月のアートクラス風景~

 

開催日時:2017年8月19日(土)15:15-17:15

テーマ:書芸家 SOGENスペシャルワーク『汚しアート~書芸の真髄に迫る~』

 

8月のアートクラスは久々にSOGENが登場。
『汚しアート~書はエロスなり~書芸の真髄に迫る』と題したスペシャルワークを行いました。
これまでSOGENは国内外の中高大学、各種セミナー等で講義講演を行ってまいりましたが、
本時では『汚し屋 壮弦』の本領を発揮、これまで明かさなかった書芸の真髄についてより深く触れる
とともに、アートワークを通してSOGENのモットー「書はエロスなり」の真意を感得いただきました。

 

 
-本時の風景から-
 
○生命体と筆線による融合世界の表出
 
「エロスこそ生命の根源であり、命あるものは常に変化し続け、その自然な変化の瞬間こそが
もっともエロティックである。命ある筆線もまたしかり。ゆえん、書はエロスなり。」

 
この書芸家としてのSOGENの挟持、書芸の真髄を体感いただくべく、大布をかぶり、人間も自分も
超えた一つの生命体となったところを、命ある筆線をもって汚すというアートワークを行いました。
また、光と影による陰陽の変化も合わせて感得。
本当は自然の中で行うことで、生命体としての人と自然とを、命ある筆線で繋ぐというワークを
行いたいところでしたが、今回は室内での開催としました。

 
エロいとは、自然であり、生きているということ。
エロくない書は書ではない。
書は全体もエロく、どの部分をとってもエロくあるべし。
-SOGEN-

 
「これまでさまざまなアートワークを体験してきましたが、今回はまた今までにない深い世界に
触れることができてよかったです」とは参加した塾生の言。
このワークの真意は体感いただかないと伝わらないところもあると思いますが、
以下に会場風景を紹介させていただきますので、どうぞご照覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐれた書芸作品を生み出していくためには、書にかぎらず、さまざまな表現世界に
触れることが大切・・・アートクラスはそういった意味で、稀有なアート体験の
場となっています。

 

~自由な芸術創造と交感の場~
アートクラスのご案内http://sogen-arc.com/art/index.html

 

 

-次回のアートクラス開催予定-
開催日:9月16日(土)15:15-17:15

テーマ:エナジー・コーディネーター・村上洋司さんスペシャルワーク

『耳をすます、草花の声、わたしの声』

 

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

書芸塾は、書道の経験を問わず、どなたでもお気軽にご参加いただけます。
入塾・体験参加のお申し込みhttp://www.sogen-arc.com/entry/index.html

 

 




 
 

2017.4月アートクラス:『重ねることに関する考察~コラージュにあそぶ~』/画家・造形家・堀江和真さんスペシャルワーク

 

 
書芸術を通した解放と交感の場、SOGEN書芸塾ARC【アートクラス】の模様。

 

2017年度のアートクラスがスタートしました!

本年度も引き続き、さまざまな分野の表現者の方々によるスペシャルワークが

目白押しとなります。どうぞお楽しみに♪!

 

 

~4月のアートクラス風景~

 

開催日時:2017年4月15日(土)15:15-17:15

テーマ:画家・造形家・堀江和真さんスペシャルワーク

    『重ねることに関する考察~コラージュにあそぶ~』

 

 

堀江さんが切り抜いたコラージュの素材がスゴい!

切り抜くこと自体がすでに楽しいんです♪と堀江さん。

 

 

用意された雑誌から、好きな写真や文字を切り抜き、画用紙にボンドで貼っていきます。

 

 

 

★参加者によるコラージュ作品より

 

ちょっとスゴくないですか、これ?!

講師の堀江さんも、「それぞれに個性的で楽しい」と。

 

 

 

 

 

 

 

こうしたアートワークは、一見、書とはまったく関係が無いように見えますが、

選び、切り取り、好きなところに重ねて貼っていくという感覚は、

書芸術にも大いに通じ、生かしていけるところがあると思います。

 

よい書芸作品を生み出していくためには、書にかぎらず、さまざまな表現世界に
触れることが大切であり、アートクラスはそういった意味で、稀有なアート体験の場となっています。

 

 
~自由な芸術創造と交感の場~
アートクラスのご案内http://sogen-arc.com/art/index.html

 

アートクラスに参加している方の多くが、レッスンクラスから参加されています。

レッスンクラスのご案内http://sogen-arc.com/lesson/index.html
 

 
-次回のアートクラス開催予定-

 
開催日:5月20日(土)15:15-17:15

テーマ:『空間を彩る音~パーカッショニスト・松本ちはやさんスペシャルワーク』

 

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

書芸塾は、書道の経験を問わず、いつでも、どなたでも、お気軽にご参加いただけます。

 
入塾・体験参加のお申し込みhttp://www.sogen-arc.com/entry/index.html

 

 




 
 

☆2017年度・アートクラスのご案内/SOGEN書芸塾ARC

 

 

アートクラス /2017年度・SOGEN書芸塾ARC

~大人も真剣にあそびましょう♪!~
 
2017年度のアートクラスが4月15日(土)よりスタートします。
 

 
アートクラスは、書芸(=書による芸術表現)をベースとした遊びの場であり、
人種、民族、宗教、性別、世代等の違いを超えた芸術交感の場です。

 
現在、アートクラスには、さまざまな職種の人たちまで集い、研鑽と交流を重ねております。
筆線は書き手の命の表れであり、世界に二つとないもの。
その生(き)の線 により表された世界を通して、言葉では伝え得ぬ世界を表し、感じ合う場、
それがアートクラスです。
 
本クラスでは、書はもとより、墨絵、絵画、立体造形、音楽、インテリアデザインと いった諸分野の
スペシャリストによる多彩なワークショップを体感する中で、 文字作品、抽象作品、立体作品等を
自由創作するとともに、作品の相互鑑賞を通して参加者同 士の交感を図ります。 また自身の心を
解き放っていく中で、自己承認力を高めつつ、芸術的感性と表現力とに磨きをかけてまいります。
 
ここでは書画の上手下手は関係ありません。ただ、いま、この瞬間にある素の自分を童心に帰って
表すだけ。もし何も出て来ないなら、それはそれでいいのです。
自分には芸術的才能なんて無いと思っている方にこそ参加していただきたいのが、本書芸塾の
アートクラスです。
芸術はみんなのもの! よかったらぜひ一緒に、非日常のアート空間にあそびましょう♪!

 


 

■2017年度・レッスンクラス/アートクラス 年間カリキュラム
 
2017 lesson class art class curriculum(PDF)
(※クリックすると別ページに飛びますので、再クリックの上、PDFでご覧ください。
  なお、アートクラス講師の担当月とテーマについては、現在調整中です。)
 
 
■アートクラス開催日時:毎月第3土曜日 15:15~17:15
 
《2017年度・前期》
4.15 (第3土曜日) 15:15-17:15
5.20 (第3土曜日) 15:15-17:15
6.17 (第3土曜日) 15:15-17:15
7.15 (第3土曜日) 15:15-17:15
8.19 (第3土曜日) 15:15-17:15
9.16 (第3土曜日) 15:15-17:15
 
《2017年度・後期》
10.21 (第3土曜日) 15:15-17:15
11.18 (第3土曜日) 15:15-17:15
12.16 (第3土曜日) 15:15-17:15
1.20 (第3土曜日) 15:15-17:15
2.17 (第3土曜日) 15:15-17:15
3.17 (第3土曜日) 15:15-17:15
 
※体験参加可
※会期の途中、いつからでもご参加いただけます。
※会場、日程、テーマ等、変更となる場合があります。
※毎月、異なるテーマで、さまざまな表現分野の特別講師が担当します。
 
■会場:加瀬の貸会議室・新宿中井駅前ホール
東京都新宿区上落合2-11-11 加瀬ビル155 10階
(都営大江戸線中井駅より徒歩1分、東西線落合駅より徒歩5分、JR総武線東中野駅より徒歩10 分)
会場へのアクセス⇒http://sogen-arc.com/access/index.html
 
■アートクラス・総合プロデユーサー:SOGEN /平野壮弦
10代で書道師範、20代で『書壇院展』(東京都美術館)最高賞を受賞、毎日書道展はじめ
各種書道展に入選入賞。FIFAの依頼により、2002日韓ワールドカップ公式ポスターならびに
公式エンブレム毛筆バージョンを制作。
その筆技と感性を高く評価され、大手クライアントをはじめとした各種企業のロゴ書を多数揮毫。
CNNテレビ、ブラジルテレビGLOVE、韓国国営放送KBS等に、アジアを代表する書芸家として出演。
『2005ソウル書芸ビエンナーレ』『2006台北国際現代書芸展』『書芸精神2010アトランタ』等に
招待参加。 ニューヨーク個展開催。『SOGENソウルドローイングズINソウル2016』開催。
書芸の魅力を世界に伝え、人々の想いを筆線を通して繋ぐべく、講演、ワークショップ、
書道パフォーマンス等、幅広い活動を展開。SOGEN書芸塾ARC主宰。
SOGENプロフィール詳細⇒http://sogen-arc.com/profile/index.html
 
■2017年度・アートクラス講師陣
 
上村なおか(ダンサー)
大原とき緖(映画監督)
塩崎綾子(画家・WEBデザイナー)
茂本ヒデキチ(墨絵イラストレーター)
高橋竜哉(篆刻家)
富永泰弘(書家・写真家)
中田有華(版画家)
堀江和真(画家・造形家)
松本ちはや(パーカッショニスト)
村上洋司(エナジーコーディネーター)
山本尚志(書家・現代美術家)
平野壮弦(書芸家)
 
■用具
筆(大小)・画仙紙・文鎮・下敷き・墨・硯または墨を入れる容器・絵皿2枚・
筆洗・新聞紙・絵の具(顔彩・水彩・パステル・色鉛筆等)、その他、テーマによる。
※体験参加の方は、手ぶらでもご参加いただけます。

 

■用具
筆(大小)・刷毛(大小)・画仙紙・文鎮・下敷き・墨・硯または墨を入れる容器・絵皿・ 筆洗・
新聞紙・顔彩・その他自由
※体験参加の方は、手ぶらでもご参加いただけます。
 
 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
 
■2017 ARC全クラス開催日程・会費一覧
 
2017 ARC全クラス開催日程・会費一覧・最新!(PDF)
(※クリックすると別ページに飛びますので、再クリックの上、PDFでご覧ください。)

 
 
■会員登録について
 
SOGEN書芸塾ARCは、レギュラー会員、フリー会員、ノマド会員で構成され、参加を希望
される方は、いずれかで会員登録いただきます。
 
※会員登録につきましては、以下より、ARC全クラス・会員登録概要(PDF)をご参照ください。
ARC全クラス・会員登録概要(PDF)
(※クリックすると別ページに飛びますので、再クリックの上、PDFでご覧ください。)
 
 
《会員登録に関する詳細》
 

●レギュラー会員

継続参加を希望されるクラスの所定の会費を前納いただいた方。
レギュラー会員の方は、会費が割引きになります。
一つのクラスに絞って継続的に参加したい方向きです。
 
-レギュラー会員特典-
 
◎アートクラス、フリークラス、デザイン書道クラスのレギュラー会員の作品中から、
特にすぐれた書芸作品を選りすぐり、販売・レンタル等のプロモーションしてまいります。
 
◎デザイン書道クラス(6ヶ月1クール)を修了し、引き続きいずれかのクラスの
レギュラー会員またはノマド会員として継続参加される方には、SOGENオフィス所属・
デザイン書作家としてご登録いただき、デザイン書制作の仕事をしていただく道が
開かれています。
 
・各クラスとも、レギュラー会員の会費は6ヶ月分を前納いただきますが、
各回毎に参加のフリー会員会費より、1回毎の参加費が割安となります。
 
・他クラスへのフリー参加費が割引となります。
 
・レッスンクラスまたはアートクラスのレギュラー会員の方は、事情により欠席された回の分を、
同年度内に開催されるフリークラスに振替えてご参加いただけます。
 
・フリークラスのレギュラー会員の方は、事情により欠席された月の分を、同年度内に開催される
レッスンクラス、アートクラス、フリークラスのいずれかに振替えてご参加いただけます。
 
・デザイン書道クラスにレギュラー会員登録された方は、事情により欠席された回の分を、
同年度内に開催されるレッスンクラス、アートクラス、フリークラスのいずれかに振り替えて
ご参加いただけます。
 
※ご注意!
「レギュラー会員」は、一つのクラスに通年で通っていただくことが原則であり、振替えは
事情により欠席した場合のみとなります。レッスンクラス、アートクラス、フリークラスの
レギュラー会員としてご登録を検討されている方で、振替が多くなることが予想される方は、
レギュラー会員ではなく、以下に記載の「ノマド会員」としてご登録ください。

 

 
●ノマド会員
デザイン書道クラスをのぞく、レッスンクラス、アートクラス、フリークラスから、
毎月1クラスを自由に選択し、ご参加いただけます。参加クラスを一つに絞らず、
色々なクラスに参加したいという方向きです。
なお、ノマド会員の方で、どのクラスにも1回も参加できない月があった場合は、
その分を同年度内のレッスンクラス、アートクラス、フリークラスのいずれかに
振替えてご参加いただけます。
 
-ノマド会員特典-
 
◎ノマド会員の作品中から、特にすぐれた書芸作品を選りすぐり、販売・レンタル等の
 プロモーションを行ってまいります。
 
・ノマド会員の会費は6ヶ月分を前納いただきますが、各回毎に参加のフリー会員会費より、
 1回毎の参加費が割安となります。
 
・全クラスへのフリー参加費が割引となります。
 

 
●フリー会員
参加費を参加回ごとに支払われる方。どのクラスにも、各回ごとに、その都度お申込みいただき、
自由にご参加いただけます。定期参加がむずかしい方向きです。
注)その都度自由にご参加いただける分、会費はレギュラー会員、ノマド会員より割高となります。
また、フリー会員の方の作品販売プロモーションは行いません。
 
 
★SOGEN書芸塾ARC・会員特典
 

・会員作品の販売プロモーションを行ったり、書制作を依頼する場合があります。
 (※会員登録状況、参加形態による。)
・ARC主催による展覧会・イベント・合宿等に、 ご希望に応じてご参加いただけます。
・SOGEN より適宜、講評、アドバイス等を、ご要望に応じて受けることができます。
・会員が個展やイベントを開催するにあたり、応援やサポートを受けることができます。
・書芸展への出品料や合宿ツアーへの参加費が、会員優待料金となります。

 
 
■入会金ならびに会費について
 
SOGEN書芸塾ARC入会金:10,000円 (※学生半額、高校生以下無料)
新規に入塾される方は、入会金をお支払いいただきます。
入会金は永続的に有効です。
ただし、年度内に1度も参加されなかった方については自動退会となり、再入会される際には
新たに入会金がかかります。

 

 
★アートクラス会費
 
レギュラー会員会費:半期分(=6ヵ月6回分)前納:30,000円
フリー参加費:1回につき6,000円
体験参加費:5,000円

 
※テーマに応じて、別途で若干の材料費を徴収させていただく場合があります。
 
※会費は3月と9月に半期分を前納いただきます。年度途中でご入会いただき、レギュラー会員
として継続参加を希望される場合は、半期分会費のうち、参加月分の会費を前納いただきます。
 
※前納いただいた入会金・会費につきましては、事情のいかんを問わず、ご返金はいたしかね
ますので、あらかじめご了承ください。

 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
■各種割引サービス
 
額割
中学生、高校生、大学生、専門学校生は、入会金半額のうえ、レギュラー会員会費、
ノマド会員会費、フリー参加費、体験参加費とも、20%割引となります。
 
こども割

小学生以下の子どもさんは、入会金無料のうえ、レギュラー会員会費、ノマド会員会費、
フリー参加費、体験参加費とも、半額となります。
 
家族割
ご家族でレギュラー会員としてご登録いただくと、入会金半額のうえ、レギュラー会員会費が
お一人に付き、5%割引となります。(※ご家族が中学生以下の場合は親子割が優先されます。)
 

親子割
親子(※中学生以下)でご参加いただきますと、子ども分は入会金無料のうえ、
子ども分のレギュラー会員会費、ノマド会員会費、フリー参加費、体験参加費とも半額となります。
 
 
■セット受講の薦め

2つ以上のクラスをセットで受講いただくことで、書芸の真髄をより深く学んでいただくことが
可能となることから、セット受講をおすすめしております。 セットでお申し込みいただくと
参加費が割引となるため、料金的にもお得です。
例えば、「レッスンクラスで書芸の基礎基本を学び、アートクラスでの自由創作を通して芸術を
体感する」といった流れで、両クラスに続けて参加されている方が多数おられます。

 

 

■アートクラスの内容・活動風景
 
-アートクラスの最新情報(※次回の開催クラスのご案内)・これまでのクラスの模様)-
アートクラスの最新情報を以下のブログページに掲載しておりますので、どうぞご参照ください。
http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=139
 
-全クラスの活動情報-
※全クラスの活動情報を以下のブログページでご覧いただけます。
http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=138
 
 

■入塾・体験参加のお申し込み
現在、本書芸塾にはさまざまな職種の人たちが集い、研鑽と交流を重ねております。
いずれのクラスも、初心の方から経験者の方まで、どなたもお気軽にご参加いただけます。
本書芸塾への入塾、体験参加のお申し込み、お問い合せ等につきましては、
以下のフォームよりお受けしております。みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。
 
入塾・体験参加お申込みフォームhttp://www.sogen-arc.com/inquiry/index.php

 
 




 
 

『書の未来展』(於 伊藤忠青山アートスクエア)を観る

 

 
-要は、書の世界をもっと豊かに、みんなにオモシロくしていこうぜ、ってこと-

 
伊藤忠青山アートスクエアで開催中の『書の未来展』(主催:Yumiko Chiba Associates)を拝見。
本展は書が現代美術の世界に斬り込んだ画期的な展覧会であり、SOGEN書芸塾でも特別講師を
お願いしている書家・現代美術家の山本尚志さんをはじめとした気鋭の作家8名が出展。
というか、この展覧会は、ほとんど山本尚志さんがプロデュースしたようなものだろう。
これは見逃せない。ということで、行ってきました。
(ちなみに伊藤忠さんは一昨年、伊藤の川奈ホテルで開催されたパーティーにお招きいただき、
書のパフォーマンスを披露、その節、書かせていただいた社訓や作品を、社長室や重役室に飾って
いただいています。)
 

自分などは、日本の書壇に生きる人たちからは現代芸術としての書作品は生まれ得ないと悟り、

そういった意味では距離を置かせてもらってますが、山本さんは、書を現代美術にしたい、
書家や書道家からも現代美術家が現れてほしいという熱い思いをもって、
書道界の住人たちとも積極的に交わり、働きかけ続けています。

山本さんと自分とではスタンスも作品も異なりますが、書にかける思いは同じであり、
同士のように思っていることから、本展の開催を心からうれしく思っているところです。

 

書が現代アートとして立つには、絵画や彫刻をはじめとした他のアート表現に負けない強さと
オリジナリティーが必要。そしてその強さとは、表面的な表現テクニックではなく、
表現の源にある思想であり世界観、そしてそれを打ち出す霊力にあるといえるでしょう。

 
その点、まだまだ序の口といった作品も見受けられたものの、さすがにオモシロく、
現代芸術としての書の胎動が感じられる、見ごたえのある内容でした。
って、エラそうに言ってるけど、なんでおまえ入っていないんだ、って?
いや、SOGENは別格ですから(笑)
 

本展は1月25日(水)まで、北青山の伊藤忠青山アートスクエアで開催中。

興味のある方は、どうぞご自身の目と心で、現代書芸術の未来を展望されてください。

 
『書の未来展』

 
主催:Yumiko Chiba Associates
共催:伊藤忠商事株式会社
会期:2017年1月17日(火)~1月25日(水)
開催時間:11:00~19:00 会期中無休
会場:伊藤忠青山アートスクエア(東京都港区北青山2丁目3-1シーアイプラザB1F)
入場料:無料

詳細案内⇒http://www.itochu-artsquare.jp/exhibition/2016/shonomirai.html

 

 

~関連展のご案内~

 

アサノエイコ・山本尚志 二人展
Eiko Asano / Hisashi Yamamoto - Exhibition of Two Artists
“poison and small huts”

 
会場:YUMIKO CHIBA ASSOCIATES
2017年1月12日(木) – 1月25日 (水)
OPEN|12:00 – 19:00CLOSE|日・月・祝日
詳細案内⇒http://www.ycassociates.co.jp/viewing-room/

 

 

SOGENアートファンサイト ON FACEBOOK
https://www.facebook.com/HiranoSogen

 
書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/(デザインワークス・レクチャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com(スクール/SOGEN書芸塾ARC)

 

 




 
 

2016.12月レッスンクラス風景/書家・現代美術家・山本尚志先生特別講義『古典に学ぶ』

 
 
~2016.12月レッスンクラス風景~

 

あらゆる書表現に展開可能な書芸の心と技を、実習を通して学ぶ、SOGEN書芸塾ARC
【レッスンクラス】、以下、12月のレッスンクラス風景と内容です。
 
 

12月のレッスンクラスでは、書家・現代美術家・山本尚志さんより、

古典に学ぶ』~顔真卿の行書から盗む書空間について~と題した

特別講義実習を行っていただきました。

 

まず山本さんより、顔真卿の『争坐位稿』をもとに古典臨書に臨むにあたっての

心構えや方法論等に関する講話をいただき、臨書のデモンストレーションを見せていただいた後、

各自、臨書に取り組みました。

 

臨書は現代の書道界においては、競書や大展覧会への出品を想定して大きく書くことが主流ですが、

本気で古典から学びたいのであれば、臨書は原寸大で行うべしという山本さんの臨書観は達見であり、

その考えにのっとって、本時の臨書実習も原寸大で行い、実に得るところの多い講義実習となりました。

 

 
ますは山本さんによる臨書のデモンストレーションから。

デモンストレーションというよりも、平素、山本さんが臨書を行い、そこから書の

エキースを吸収していくありのままの姿を見せてくださいました。

 

 

 

さあ、いよいよ臨書です!

原寸大の臨書は容易ではありませんが、みんな、山本さんの教えを胸に、

ガンガン真剣に、顔真卿の書境に迫ります。

 

 

一人ひとり、丁寧な個別指導もしていただきました。

 

 

現代美術家でありながら、臨書へのこだわりはハンパない山本さん。

臨書にあたっては、腕を養うこと以上に、見る目を養うことが大切。

だから本来、臨書は人に見せるためのものではなく、自分と古典との対話の中で、

しかも原寸大で謙虚に学ぶもの、という書道の本道を伝えていただきました。

 

 

 

さいごはみんなの臨書作品を並べての鑑賞&批評会

 

 

「これもいいねー、うん、これも中々のもんですよ!」と、きびしい中にもやさしく

指導してくださる山本さん。

さいごに山本さんから、「みなさん、顔真卿の臨書は初めてということでしたので、

もっとヒドイと思ってたんですが(笑)、いやいや、予想を大きく裏切って、

みなさんすばらしいですよ!」とお誉めの言葉をいただきました。

 

 

 

しかしこんなに一つの書を集中して書いたのは、みんな初めてかもしれません。

臨書学習は真剣にやろうとしたら、かくもきびしいものではありますが、

古人の編み出した書法世界に身を委ねる至福もまた同時に味わうことができます。

そのあたりは、束縛と解放ということで、ちょっとS&Mの世界に似たところも、
もしかしてだけど、あるかもしれませんW

 

山本先生、実に有意義な講義実習をいただき、ありがとうございました!

 

 

 

書作において最も大切なことは、字を上手く奇麗に書くこと以上に、
自身の想い、いのちを書に込めて表すことです。

 

SOGEN書芸塾では、想いやいのちを大切にしながら、
古典書道、デザイン書、アートに至るまで、あらゆる書表現に
展開可能な『書芸』の心と技とを学んでまいります。

用具用材も筆墨紙にかぎらず、表現したいものに応じて自由にお使いいただけます。

 

1 (888x592) (234x156)

クラスは現在、『レッスンクラス』『アートクラス』
『デザイン書道クラス』『フリークラス』
があり、
どのクラスも書道の経験を問わず、年度途中からでも
ご参加いただけます。

 

 

 

SOGEN書芸塾ARChttp://www.sogen-arc.com/
 
☆以下のページより、これまでのクラスの風景画像や塾生作品、動画をご覧いただけます。

開催済みレポートhttp://sogen-arc.com/report/

 

 

SOGEN書芸塾主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen(FACEBOOK)

 

 




 
 

書芸術作品の胎動の場/2016.12.11 フリークラス塾生作品より

 
 
フリークラスは趣味として書に親しみたい方から書作家を志す方まで幅広く

参加いただける自由な書のアトリエである。

しかしいま、そこは書による芸術的胎動の様相を呈し、個々の作品が回を重ねるごとに

深まりと高まりとをみせている。

 

たとえば以下の作品群は、すべて同じ人の手になるもの。

この人は「心」をひたすら書いていた。

どの書もデザイン性が非常に高く斬新でありながら、上手く見せてやろうといったイヤ味がなく、
実に自然で清々しい。

これは書き手が、書家としての力量を見せようとか、誰かに褒めてもらおうなどと思うこと無く、

ただひたすら何かに向けた想い、願い、祈りといったものを「心」の書字に託して

映し出そうと試みたことで生まれ出たものにほかならない。

書芸術の本道が、書を上手く書くテクニックではなく、人としての想い、いのち、

魂の次元にあることをよく示していると思う。

 


 

 

 

 

 

さて、お次は塾生がチェット・ベイカーのジャズミュージックを聴きながら制作した作品。

ちなみにフリークラスではBGMがわりに参加者のお気に入りの曲を順番に流しながら

書いてもらっている。ってことで、自分の仕事はBGMを流すことくらい?(笑)
 
うん、これもまた傑作。まさにジャズの世界とシンクロし、心を踊らせ、遊ばせながら

書いたことで生まれた作品だ。

この人は今回、十点以上作品をつくり、それぞれにいいところがあったが、これがベスト。

同じ時間に同じ場で、同じように書いたつもりでも、傑作と駄作が生まれる不思議。

そこが書のむずかしさであり、また醍醐味でもあるのだ。

 


 
 

はい、お次は「亀雲」シリーズより。

亀と書いて雲を表すことをテーマとした作品。

こちらはもっといい作品を書いていたが、写真を撮り損ねた。

 

 
 
これはインテリアによさそう。

いま流行りの韓国のカリグラフィー作品を彷彿させる雰囲気があり、

ウケるところがあるだろう。

 

 

 

最後に、何だかわけのわからない作品。

腸? ウ●コ? 地図?

見る人や気分によって色んな風に見えるところがオモシロイ。

 


 
 

フリークラスでは、作品を貼り出してみんなで鑑賞する、といったことも行っている。

そこでSOGENが書的、芸術的に突っ込んだ講評を加えることから、
(制作時はノータッチだが、いちおう仕事はしている・笑)

自由で気楽な書のアトリエである一方で、非常に芸術性の高い創造空間ともなっている。

自己の作品を芸術的に深め、高めていきたい人には、フリークラスをお薦めしたい。
 
 
 
SOGEN書芸塾ARC・フリークラス:http://sogen-arc.com/freeclass/index.html
 
SOGEN書芸塾ARC ON FACEBOOK:https://www.facebook.com/arctokyo
 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)