『書の未来展』(於 伊藤忠青山アートスクエア)を観る

 

 
-要は、書の世界をもっと豊かに、みんなにオモシロくしていこうぜ、ってこと-

 
伊藤忠青山アートスクエアで開催中の『書の未来展』(主催:Yumiko Chiba Associates)を拝見。
本展は書が現代美術の世界に斬り込んだ画期的な展覧会であり、SOGEN書芸塾でも特別講師を
お願いしている書家・現代美術家の山本尚志さんをはじめとした気鋭の作家8名が出展。
というか、この展覧会は、ほとんど山本尚志さんがプロデュースしたようなものだろう。
これは見逃せない。ということで、行ってきました。
(ちなみに伊藤忠さんは一昨年、伊藤の川奈ホテルで開催されたパーティーにお招きいただき、
書のパフォーマンスを披露、その節、書かせていただいた社訓や作品を、社長室や重役室に飾って
いただいています。)
 

自分などは、日本の書壇に生きる人たちからは現代芸術としての書作品は生まれ得ないと悟り、

そういった意味では距離を置かせてもらってますが、山本さんは、書を現代美術にしたい、
書家や書道家からも現代美術家が現れてほしいという熱い思いをもって、
書道界の住人たちとも積極的に交わり、働きかけ続けています。

山本さんと自分とではスタンスも作品も異なりますが、書にかける思いは同じであり、
同士のように思っていることから、本展の開催を心からうれしく思っているところです。

 

書が現代アートとして立つには、絵画や彫刻をはじめとした他のアート表現に負けない強さと
オリジナリティーが必要。そしてその強さとは、表面的な表現テクニックではなく、
表現の源にある思想であり世界観、そしてそれを打ち出す霊力にあるといえるでしょう。

 
その点、まだまだ序の口といった作品も見受けられたものの、さすがにオモシロく、
現代芸術としての書の胎動が感じられる、見ごたえのある内容でした。
って、エラそうに言ってるけど、なんでおまえ入っていないんだ、って?
いや、SOGENは別格ですから(笑)
 

本展は1月25日(水)まで、北青山の伊藤忠青山アートスクエアで開催中。

興味のある方は、どうぞご自身の目と心で、現代書芸術の未来を展望されてください。

 
『書の未来展』

 
主催:Yumiko Chiba Associates
共催:伊藤忠商事株式会社
会期:2017年1月17日(火)~1月25日(水)
開催時間:11:00~19:00 会期中無休
会場:伊藤忠青山アートスクエア(東京都港区北青山2丁目3-1シーアイプラザB1F)
入場料:無料

詳細案内⇒http://www.itochu-artsquare.jp/exhibition/2016/shonomirai.html

 

 

~関連展のご案内~

 

アサノエイコ・山本尚志 二人展
Eiko Asano / Hisashi Yamamoto - Exhibition of Two Artists
“poison and small huts”

 
会場:YUMIKO CHIBA ASSOCIATES
2017年1月12日(木) – 1月25日 (水)
OPEN|12:00 – 19:00CLOSE|日・月・祝日
詳細案内⇒http://www.ycassociates.co.jp/viewing-room/

 

 

SOGENアートファンサイト ON FACEBOOK
https://www.facebook.com/HiranoSogen

 
書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/(デザインワークス・レクチャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com(スクール/SOGEN書芸塾ARC)

 

 




 
 

2016.12月レッスンクラス風景/書家・現代美術家・山本尚志先生特別講義『古典に学ぶ』

 
 
~2016.12月レッスンクラス風景~

 

あらゆる書表現に展開可能な書芸の心と技を、実習を通して学ぶ、SOGEN書芸塾ARC
【レッスンクラス】、以下、12月のレッスンクラス風景と内容です。
 
 

12月のレッスンクラスでは、書家・現代美術家・山本尚志さんより、

古典に学ぶ』~顔真卿の行書から盗む書空間について~と題した

特別講義実習を行っていただきました。

 

まず山本さんより、顔真卿の『争坐位稿』をもとに古典臨書に臨むにあたっての

心構えや方法論等に関する講話をいただき、臨書のデモンストレーションを見せていただいた後、

各自、臨書に取り組みました。

 

臨書は現代の書道界においては、競書や大展覧会への出品を想定して大きく書くことが主流ですが、

本気で古典から学びたいのであれば、臨書は原寸大で行うべしという山本さんの臨書観は達見であり、

その考えにのっとって、本時の臨書実習も原寸大で行い、実に得るところの多い講義実習となりました。

 

 
ますは山本さんによる臨書のデモンストレーションから。

デモンストレーションというよりも、平素、山本さんが臨書を行い、そこから書の

エキースを吸収していくありのままの姿を見せてくださいました。

 

 

 

さあ、いよいよ臨書です!

原寸大の臨書は容易ではありませんが、みんな、山本さんの教えを胸に、

ガンガン真剣に、顔真卿の書境に迫ります。

 

 

一人ひとり、丁寧な個別指導もしていただきました。

 

 

現代美術家でありながら、臨書へのこだわりはハンパない山本さん。

臨書にあたっては、腕を養うこと以上に、見る目を養うことが大切。

だから本来、臨書は人に見せるためのものではなく、自分と古典との対話の中で、

しかも原寸大で謙虚に学ぶもの、という書道の本道を伝えていただきました。

 

 

 

さいごはみんなの臨書作品を並べての鑑賞&批評会

 

 

「これもいいねー、うん、これも中々のもんですよ!」と、きびしい中にもやさしく

指導してくださる山本さん。

さいごに山本さんから、「みなさん、顔真卿の臨書は初めてということでしたので、

もっとヒドイと思ってたんですが(笑)、いやいや、予想を大きく裏切って、

みなさんすばらしいですよ!」とお誉めの言葉をいただきました。

 

 

 

しかしこんなに一つの書を集中して書いたのは、みんな初めてかもしれません。

臨書学習は真剣にやろうとしたら、かくもきびしいものではありますが、

古人の編み出した書法世界に身を委ねる至福もまた同時に味わうことができます。

そのあたりは、束縛と解放ということで、ちょっとS&Mの世界に似たところも、
もしかしてだけど、あるかもしれませんW

 

山本先生、実に有意義な講義実習をいただき、ありがとうございました!

 

 

 

書作において最も大切なことは、字を上手く奇麗に書くこと以上に、
自身の想い、いのちを書に込めて表すことです。

 

SOGEN書芸塾では、想いやいのちを大切にしながら、
古典書道、デザイン書、アートに至るまで、あらゆる書表現に
展開可能な『書芸』の心と技とを学んでまいります。

用具用材も筆墨紙にかぎらず、表現したいものに応じて自由にお使いいただけます。

 

1 (888x592) (234x156)

クラスは現在、『レッスンクラス』『アートクラス』
『デザイン書道クラス』『フリークラス』
があり、
どのクラスも書道の経験を問わず、年度途中からでも
ご参加いただけます。

 

 

 

SOGEN書芸塾ARChttp://www.sogen-arc.com/
 
☆以下のページより、これまでのクラスの風景画像や塾生作品、動画をご覧いただけます。

開催済みレポートhttp://sogen-arc.com/report/

 

 

SOGEN書芸塾主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen(FACEBOOK)

 

 




 
 

書芸術作品の胎動の場/2016.12.11 フリークラス塾生作品より

 
 
フリークラスは趣味として書に親しみたい方から書作家を志す方まで幅広く

参加いただける自由な書のアトリエである。

しかしいま、そこは書による芸術的胎動の様相を呈し、個々の作品が回を重ねるごとに

深まりと高まりとをみせている。

 

たとえば以下の作品群は、すべて同じ人の手になるもの。

この人は「心」をひたすら書いていた。

どの書もデザイン性が非常に高く斬新でありながら、上手く見せてやろうといったイヤ味がなく、
実に自然で清々しい。

これは書き手が、書家としての力量を見せようとか、誰かに褒めてもらおうなどと思うこと無く、

ただひたすら何かに向けた想い、願い、祈りといったものを「心」の書字に託して

映し出そうと試みたことで生まれ出たものにほかならない。

書芸術の本道が、書を上手く書くテクニックではなく、人としての想い、いのち、

魂の次元にあることをよく示していると思う。

 


 

 

 

 

 

さて、お次は塾生がチェット・ベイカーのジャズミュージックを聴きながら制作した作品。

ちなみにフリークラスではBGMがわりに参加者のお気に入りの曲を順番に流しながら

書いてもらっている。ってことで、自分の仕事はBGMを流すことくらい?(笑)
 
うん、これもまた傑作。まさにジャズの世界とシンクロし、心を踊らせ、遊ばせながら

書いたことで生まれた作品だ。

この人は今回、十点以上作品をつくり、それぞれにいいところがあったが、これがベスト。

同じ時間に同じ場で、同じように書いたつもりでも、傑作と駄作が生まれる不思議。

そこが書のむずかしさであり、また醍醐味でもあるのだ。

 


 
 

はい、お次は「亀雲」シリーズより。

亀と書いて雲を表すことをテーマとした作品。

こちらはもっといい作品を書いていたが、写真を撮り損ねた。

 

 
 
これはインテリアによさそう。

いま流行りの韓国のカリグラフィー作品を彷彿させる雰囲気があり、

ウケるところがあるだろう。

 

 

 

最後に、何だかわけのわからない作品。

腸? ウ●コ? 地図?

見る人や気分によって色んな風に見えるところがオモシロイ。

 


 
 

フリークラスでは、作品を貼り出してみんなで鑑賞する、といったことも行っている。

そこでSOGENが書的、芸術的に突っ込んだ講評を加えることから、
(制作時はノータッチだが、いちおう仕事はしている・笑)

自由で気楽な書のアトリエである一方で、非常に芸術性の高い創造空間ともなっている。

自己の作品を芸術的に深め、高めていきたい人には、フリークラスをお薦めしたい。
 
 
 
SOGEN書芸塾ARC・フリークラス:http://sogen-arc.com/freeclass/index.html
 
SOGEN書芸塾ARC ON FACEBOOK:https://www.facebook.com/arctokyo
 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

マイペースで自由に取り組む書のアトリエ、『フリークラス』/ 2016.10.22風景

 

 

マイペースで自由に取り組める、癒やしと解放の書空間、フリークラス
10.22開催クラスの模様です。

フリークラスは、初心の方から書道歴何十年年という方まで幅広くご参加いただき、
ご自身の興味関心のあるテーマに自由に取り組んでいただいています。

 

 

本日の傑作選!!

 

『亀・雲・宇宙』

アメリカン・インデアンには亀の甲羅を大地に見立てるという考え方があるそうです。

本作はその大地を表す亀という文字を空に浮かぶ雲のイメージで表現することで、

天地融合の世界、即ち宇宙を表すという、実に壮大なテーマの作品です。

 

sm-%e4%ba%80%e9%9b%b2

 

『無題』(イメージ作品)

見えるか見えないかのような繊細な線と濃淡のコントラストが効いて、

得も言われぬたおやかな世界が感じられます。

 

ty-%e7%84%a1%e9%a1%8c-1

 

『葉』

多彩にして自然な線の響演による文字書作品。

見ていると、さまざまな葉のイメージが浮かんできます。

 

ka-%e8%91%89

 

『無題』

岡本太郎の書画のようにも見え、歌舞伎の面を描いた筆線のようにも見えるユニークな作品

 

ty-%e7%84%a1%e9%a1%8c-2

 

『髑』

髑髏(ドクロ)の髑です。

まるで棟方志功の版画文字のよう・・・

 

ty-%e9%ab%91

 

『髑髏』

おそらく髑髏という漢字を書ける人はほとんどいないのではないでしょうか。

しかも筆書で髑髏と書いた人は、歴史上でも希少だと思いますw

ということで、この文字を筆書で書いただけで希少な人の仲間入りができるというオモシロさ。

そしていかにもこの書、髑髏なかんじが出ていませんか?w

 

ty-%e9%ab%91%e9%ab%8f

 

 

3-1 -フリークラスの特徴-

フリークラスはご自身が興味あるテーマ・課題に自由に取り組めるうえ、

主幹のSOGENからマンツーマンで個別指導も受けられることから、

初心の方からプロの書作家の方に至るまで、書を真剣に学び深めていきたい方、

マイペースで書に親しんでいきたいという方にとって、最適のクラスと

なっております。

 
またフリークラスでは、ご要望に応じて、大書制作や書道パフォーマンス体験等
も出来ます。

※フリークラスは他クラス補習のための受け皿にもなっており、
ご都合により他クラスを休まれた場合は、フリークラスに振替参加いただけます。

 

 
SOGEN書芸塾ARC【フリークラス】は10月より後期がスタートしています。

体験参加も受付中!

 

フリークラスのご案内http://sogen-arc.com/freeclass/index.html

 
 
-11月のフリークラス開催予告-

 

11月13日(日)18:00-20:00

11月26日(土)18:00-20:00

会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール

用具:自由

 
SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 
☆FACEBOOKにみなさんの作品を掲載しています。

ぜひご覧の上、いいね!&フォロー、どうぞよろしくおねがいします!

FACEBOOKページ:https://www.facebook.com/arctokyo

 

 

SOGEN書芸塾主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen(FACEBOOK)

 

 




 
 

SOGENソウル展・ポスター出来ました。

 

 

来週よりソウルの恩平文化芸術会館で開催予定のSOGEN書芸展のポスターが出来上がりました。

 
ソウルの写真家やデザイナーの友人たちが、本展出品作から選んでポスターにしてくれたもので、
3点つくっていただいた中から選びました。すばらしいポスターをつくっていただき感謝です。

なお作品集も、いまつくっていただいているところです。

2016-sogen-exhibition-in-seoul-%e9%ab%98%e8%a7%a3%e5%83%8f%e5%ba%a6%ef%bc%81%e4%bd%8e%e8%a7%a3%e5%83%8f%e5%ba%a6
平野壮弦 書芸展~ソウル・ドローイングズ2016 IN ソウル~
SOGEN Calligraphy Art Exhibition -Soul Drawings 2016 In Seoul-

 

開催日程:2016.10.26(水)~11.2(水) 10:00-19:00

※10.30(日)休館
☆10.26(水) 18:30よりオープニングパーティー

 

会場:恩平文化芸術会館 (ソウル)

 

 

この展覧会を企画してくれた韓国を代表する書芸家の友人・呉旻俊さんが、

韓国語で紹介してくださいましたので、そちらも転載させていただきます。

ありがとうございます。

 

일본캘리그라피 거장
히라노소겐 개인전을 합니다.

 

일본 유학할 때 알게 되어 10여년 넘게 교류하고 있는 작가입니다.
한국에서도 많은 활동을 하셨는데 개인전은 처음입니다^^
2002년 한일월드컵 포스터 및 엠블럼을 제작한 작가로 유명하죠^^

 

많은 관심과 홍보 부탁드립니다.

 

2016.10.26(수)~11.2(수)
은평문화예술회관 갤러리
오픈식 10.26. 수요일 오후 6시 30분
평일 10시~19시, 토요일 10시~18시
일요일휴관

 

주최/주관 오민준글씨문화연구실
후원 은평구, (사)한국캘리그라피디자인협회, 캘리그라피디자인그룹 어울림, 타이포그래피서울

 

 

今回は10日間のソウル滞在ということで、ちょっとハードな旅になりそうですが、

楽しんできたいと思います♪

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

☆書芸塾 10.15(土)アートクラス・書家・山本尚志さん特別講義のご案内

 

 

おはようございます。SOGENです。

 

先にご案内の通り、今週土曜日、書芸塾アートクラスにて、書家・山本尚志さんに
特別講義&ワークを行っていただきます。

 

先に『成長する絵画展』という障ガイを持つ作家の方4名による展覧会のご案内をさせていただきましたが、
実際に会場で作品を観て、プリミティブなエネルギーを感じる一方、こうした作品をアート作品として
世の中に出し、広く見せていくことの難しさもまた感じました。

 

アートとは何なのか・・・

 

それは人それぞれ、感じ方にも考え方にも違いがあるわけですが、今回の山本さんの講義では、
書を日本・アジアの伝統芸能から世界の現代美術に押し上げていくには一体何が必要なのか、
そのあたりの突っこんだお話を伺える貴重な機会になるものと思います。
 

山本さんは書家を名乗っておられますが、書の世界に出自を持つ日本を代表する現代美術家であり、
芸術としての書を見る目を持った日本トップの論客でもあります。(現代美術関係誌にも執筆寄稿)
現代美術としての書に興味をお持ちの方、伝統を超えた芸術としての書世界を求めている方には
必見必聴の講座となります。このまたとないチャンスをどうぞお見逃しなく!

 

 

hisashi-yamamoto-mizuumi1

みずうみ/ Hisashi Yamamoto/ 2016
©Hisashi Yamamoto, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

 

 

10月15日(土) 15:15-17:15
 
加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール
http://sogen-arc.com/access/index.html

 

テーマ:書家・山本尚志さんスペシャルワーク『現代、未来の書を探る-書家が現代美術作家に
    なるということ-』

 

《主な内容》
・現代アートとしての作品の作り方
・現代アートと従来の前衛書との違いとは?
・そもそも書は現代アートになり得るか?
・美術コレクター、ギャラリストとの出会い
・現代美術作家としてのデビュー当時(昨年の初個展。ウナックトウキョウ)のこと
・2回目の企画個展(今年。ユミコチバアソシエイツ)で感じたこと
・作品を売るとは、どんなことなのか?プライマリーマーケットとセカンダリーマーケット
・私の今後の展開と、訪れるであろう、「現代アートを志向する書家の時代」の幕開けについて

 

どなたでもご参加いただけます。

 

参加費:6,000円/体験参加費(初参加の方)5,000円 (参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)

 

用具はいつも通り、書道用具一式をご用意ください。体験の方は手ぶらでもけっこうです。

 

終了後は山本先生を囲んでの懇親会となります。
お時間のある方は、そちらもぜひご遠慮無くご参加ください。初めての方も大歓迎です!

 

お申込み先は以下のお申込みフォームよりお願いします。
お申込みフォーム:http://www.sogen-arc.com/inquiry/index.php
 

 

SOGEN

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)