『仮名手本忠臣蔵』の仮名手本って何?〜いろは歌は誰がつくったのか〜



昨夜、なぜかふと『忠臣蔵』の「蔵」って何なんだ?と思い出したら眠れなく
なったので、調べてみたところ、大石内蔵助の「蔵」に掛けているという説と、
いろいろなものが詰まっている〝土蔵〟、つまり忠臣がいっぱいという意味の
二説あり、とのことだった。
大石内蔵助の「蔵」説のほうが自然な気がしますが、どうなんでしょうね。

そんなことが気になったのも、爆笑問題太田光が「忠臣蔵なんてのは、老い先短い
ジジイ一人の首を、47人もの武装した集団が夜中に押し入って取ってしまうんだから、
ヒドい話でね・・・」とか言ってたのをYouTubeで見かけたせいかもしれない。
武士道における忠義のあるべき姿を演じて人気の忠臣蔵だけど、
まあ、言われてみれな確かに・・・W

ところで、当時、歌舞伎浄瑠璃で演じられていたときの正式な演目は
仮名手本忠臣蔵』だったそうで。(それも「かなてほん」ではなく、
「かなでほん」と読むことも初めて知った。)



そこで、またまた疑問が。なんで「仮名手本」なの?
で、調べてみたところ、これが実に深オモシロく・・・


まず四十七士だから、いろは四十七文字にかけているのは分かるけれど、
実はそれだけではなかった。

まず、いろはうたを7文字ずつ行を変えて並べると、下段が「とかなくてしす」
(咎無くて死す)と読める。う〜〜〜む、たしかに・・・


だがしかし、いろは歌は忠臣蔵のために作られたわけではなく、平安時代には
すでにあったから、その咎なくして死んだのは、浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)
ではないことになる。
では誰なのか・・・・
そして、いろは歌をつくった人物とは、一体誰なのか?


その謎を解き明かしたいと思っていたところ、とてもユニークな論考を見つけた。
「仮名手本忠臣蔵とは何を意味するのか」
https://blog.goo.ne.jp/0…/e/020d8841f7668c1636e2bf81fe29ceb0


「私の独断と偏見にお付き合いいただき、有難うございました。」と結バレて
いるけれど、あながち妄想とも思えないオモシロさ。よかったらぜひご一読を``



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com