書き染めワークショップin大和中学校

 

 

1月9日、新潟県南魚沼市立・大和中学校さんで、書き染めワークショップを

やらせていただきました。

 

1年生を対象とした書芸レクチャー、大書揮毫パフォーマンス、書き染めの3部だて。
今までで一番楽しくやれたような気がします。
生徒たちの書も、自由にのびのび書けていて、とてもよかったです。
大和中のみなさん、ありがとう!

これからも、ぜひ書芸に親しんでいってくださいね。

 

 
大和中 全員 2013.1.9.1111

 

 

☆SOGEN OFFICIAL WEB SITE(パフォーマンス動画あり
http://wwwhiranosogen.jp/

 

☆SOGEN書芸塾ARC紹介サイト(教室紹介動画あり)
http://www.hiranosogen.jp/arc/index.html

 
 




 
 

女子レスリング・北京五輪代表選手を激励! (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.7.10 投稿 172)

 
 
7.26(土)/ 赤羽
 

今日は会長が全日本女子レスリング連盟の副会長を務めておられる丸山工務所社長の
おはからいで、国立スポーツ科学センター女子レスリング北京オリンピック代表選手
を訪ね、激励。
さすがに北京五輪まであと13日とあって、緊迫感ある厳しいトレーニングの模様を拝見・・・
本来なら練習に集中するために部外者はシャットアウトというところ、
快く受け入れてくださったことに感謝。

 

応援の気持ちを込めて、オリンピック代表選手の浜口京子ちゃん、吉田沙保里ちゃん、
伊調千春ちゃん、伊調馨ちゃんに書額をプレゼントさせていただく。
みなさんに喜んでもらえてよかった。

 

オリンピック代表選手たちは、練習中は闘魂のかたまりといった感じだけど、
プライベートで接すると、みんな、ほんとに気持ちよくて、すがすがしい人たち。
最強のオーラは、周りを温かく包み込むオーラでもあるのだ。

春先にいっしょに田植えをした浜口選手が、帰り際、わざわざ見送りにきて
あらためて御礼を言ってくれた。あとはテレビで応援してるからね!とガッチリ握手。

丸山社長、今日はまた、素晴らしいものを見せていただき、ありがとうございました。
 

勝負は時の運・・・
北京では、とにかく自分の持てる力を最大限に発揮してきてほしいと願っている。
みんな、応援してるぜ!!!
 

 

 
 

書芸家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

祥洲・高潤生 二人展/墨集団『翔』精鋭展へ (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.7. 5投稿 164)

 

 

7.5(土)/浅草橋・マキイマサル・ファインアーツ

 

 

京都の雄・福田祥洲氏と・高潤生氏による二人展を浅草橋の
マキイマサルファインアーツで拝見。
祥洲氏の作品は雄渾にして、その書境ますます燃え上がる感あり、
高潤生氏は中国を代表する篆石の名手としての基盤をもとに、
「男女」をテーマトした現代感覚あふれる書作品を披露。

 

さらに今回は翔洲氏が幼少のころから手塩にかけて育てられた墨集団『翔』

精鋭メンバーである五十棲環川尾朋子HILOKIによる三人展も併催。
これまで翔の若手メンバーの作品は注目させてもらってきたが、今回は特に、

彼らの作品群にみる世界観の広がりと深み、そしてアート作品としての

クオリティーの高さに目を見晴らされるものがあった。

 

祥洲氏、高潤生氏、そして翔のメンバーの作品に触れて、あらためて思ったのが、
彼らの作品が、書道を超えた現代アートの世界にあるということ。
その昔、「書は現代アートになろうとした途端につまらなくなる。」と言った

人がいたが、彼らの作品を見せてもらうにつけ、書芸術もようやくここまで

辿り着いたかの感慨を持った。
 

伝統書道という枠組みを超えた、現代芸術としての力を持った作品が、
21世紀に入り、若手の中から産声を上げはじめているのがウレシイ。
自分もボチボチがんばろっと♪
 

 

 

書芸家SOGEN / 平野壮弦
 

 WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/Hirano

 

 




 
 

6月のSOGEN書芸塾/Tシャツ作品制作 (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.6.21 投稿 161)

 

 
今日はSOGEN書芸塾ARCの日

 
テーマはTシャツ制作

みんな、イイ感じ!

Tシャツは面白いね。またやろう!

 

 

■SOGEN書芸塾ARC(教室紹介動画あり)
http://www.hiranosogen.jp/arc

 

■FACEBOOK SOGEN書芸塾ARC(塾生の作品写真や活動の様子を紹介)

https://www.facebook.com/arctokyo

 

 

 

2008.6.21-12008.6.21-2

 

2008.6.21-32008.6.21-4

 

2008.6.21-52008.6.21-6

 

2008.6.21-72008.6.21-8

 

2008.6.21-92008.6.21-10

 

2008.6.21-112008.6.21-12

 
 




 
 

捨てて生きる (SOGEN blogバックナンバー/2008.3.2 投稿 135)

 
 

2008.3.2
 

  コンピューターは足し算で生きるが

 

  人間は引き算で生きる

 

  捨てて生きるのが人間

 

  捨てることで

 

  人間の直感は研ぎすまされていく

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

『優』/ SOGEN書芸塾・直伝クラス・塾生作品より (〜SOGEN blogバックナンバ〜 2008.2.25 投稿 131)

 

 

『優』/SOGEN書芸塾・直伝クラス・塾生作品より

 

絵と書のはざま・・・
書か絵か?なんてことはどうでもいいんだ。
書でもあれば絵でもある。
書はもともと象形文字から生まれたのだから、絵的な要素があって当たり前だ。
ただ西洋の絵画とちがうところは、空間を捉えて一瞬にして書き上げること。
瞬時に書かれた線の一本一本と空間の生き死にが、作品の成否を決める。
さあ、伝統的な文字造形を超えて、どこまで自由に遊び、どこまで自身の想いを
込めることができるか・・・

 
 
2008.2.25-1

2008.2.25-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
SOGEN書芸塾ARC(教室紹介動画あり)
http://www.hiranosogen.jp/arc

 

FACEBOOK SOGEN書芸塾ARC(塾生の作品写真や活動の様子を紹介)

https://www.facebook.com/arctokyo
 

 
 

 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

無我夢中 (〜SOGEN blogバックナンバ〜 2007.12.8 投稿 103)

 

 
 

ともに歩む仲間がいる

 

 

彼らのためにも、自分は先を踏み分けていかなければならないと思う

 

 

癒し系大人気の世の中だけど、ほんとの癒しってのは、イキきった

 
 
その先にあるものではないだろうか

 

 

逃げていれば安全だが、逃げていたって流れ弾に当たって死ぬこと

 
 
だってあるだろう

 
 

 

 

切り結ぶ 太刀の下こそ地獄なれ 一歩進めば あとは極楽

 

 

 
 

命がけでイったとき

 

 

無我夢中になれたとき

 

 

人の命は真に光り、輝くのだと思う

 

 

 
 
 
書芸家 平野壮弦/ SOGEN
 
WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

2月ARC・茂本ヒデキチ先生による特別講講! (〜SOGEN blogバックナンバ〜 2007.2.17 投稿 075)

 

 

2007.2.17 arc1

2007.2.17 arc2

2007.2.17 arc3

 

 

2.17(土) SOGEN書芸塾ARC開催

 

友人の世界的イラストレーター、茂本ヒデキチ先生 に特別講師としておいでいただく。
まずは初っぱなから、熱いパフォーマンスを披露してくれた。(写真上)
3枚同時進行で、ランダムに筆を入れ、最終的には写真のような作品が完成。

頭の中にすでに構図があると言っていたけど、さすがだね。

薄い墨で立体感を出すのが一つ、ポイントらしい。

 

その後、塾生たちに裸体の写真が配られ、裸体の墨絵イラストに挑戦!

すべて黒人の裸体のバリエーション。

ヒデキチさん曰く、黒人の裸体は美しいのでよくモデルにするそうだ。

女性の裸体写真も期待したんだけど、ザンネンながら、それは無し・・・(笑)

 

みんなスゴイぞ! 絵は苦手と言いながら、どうしてどうして・・
ありがたいことにヒデキチ先生、皆の中を回って、一人づつ
ワンポイント・アドバイスをしてくれた。(写真中)

そして、それぞれに味のある筆イラスト作品が完成!
全員の作品を順番に批評してくれた。(写真下)

 

っつーことで、毛筆でのお絵書き、たのしかったにゃ!

自分もちょこっと描いてみたものをヒデキチっつぁんに見て
もらったんだけど、「ハミ出してもいいんだよ。」と言われて、
なりほど!
書では自由に書いていても、具象的な絵になると、「こうしちゃ
イケないんじゃないか」といったような固定観念が、自分の中にも
まだあるんだと気づかされた。
そういった意味で、書の初心者の人たちの気持ちも、あらためて
分かった気がしたよ。

 

教室後のヒデキチ先生を囲んでの懇親会も盛り上がった。
ヒデキっつぁん、ありがとー! またよろしくお願いします。

 

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC

 

ただいまキャンペーン中につき、入会金無料!

体験参加も受け付け中です。

紹介ページhttp://www.hiranosogen.jp/arc/

 

 




 
 

2007・頌春 (書道家/書家 SOGEN blogバックナンバ〜 2006.1.1 投稿 062)

 
 
2007.1 ichimasa kamaboko

 
 
 

2007年、明けましておめでとうございます。
 

本年もよろしくお願い申し上げます。
 
 

ロゴ書を書かせていただいた新潟市の一正蒲鉾さんより、
蒲鉾を御恵送いただきましたので、ご紹介させていただきます。
お正月にふさわしく、「祝」「賀」「彩」のおめでたい文字の
そろい踏みとなっております。

 

 

 

 

 

書道家/書家 SOGEN / 平野壮弦
 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

『週刊モバイル・YOMU』 本日スタート~船井幸雄さん、宮崎あおいさんらとともに (書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 2006.12.9 投稿 058)

 

 

ケイタイサイト『週刊モバイル・YOMU』が本日スタートしました。

 

寄稿メンバー
 

船井幸雄宮崎あおい早乙女太一山崎ハコ
中博田中光常橘大五郎安保徹・SOGEN
 
期間は約1年、毎週ブログが更新される予定です。

 

SOGENのブログのタイトルは「俺は書で叫ぶ!」
どうぞおたのしみに!

 

 

 

書道家/書家 SOGEN / 平野壮弦

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen