筆線により、宇宙の様相を可視化する/2017.3.20 フリークラス風景

 

 

アートが生まれる自遊空間、SOGEN書芸塾ARC・フリークラス、3月20日(祝)開催の
教室風景です。(※1月28日に開催出来なかった分を振替えて開催)

 

 

○本時の模様

 

筆以外のさまざまな用具も生かしつつ、瞬間瞬間に生まれ出る作品世界と出会う・・・

 

 

 

☆本日の作品から

 

♥抽象アート

「なんだこれは?! 」

書道的ではない、あぞびある自由な筆線がイメージを紡いでいく・・・

 

 

♡抽象アート3点

計算では表し得ず、かといって、ただ筆を動かすだけでは現れ得ない世界。

自然な線のゆらぎが生み出すフォルムが、さまざまな宇宙の様相を可視化させていく。

 


 
フリークラスは書道の経験を問わず、どなたでもご参加いただける、自由な書のアトリエ。
自分が深めていきたいテーマ・分野に自主的に取り組んでいく中で、
SOGENが個別指導を行い、書作品、芸術作品としての価値を高めてまいります。
また本クラスは他クラスのレギュラー会員の補習の場ともなっています。

 
SOGEN書芸塾ARC・フリークラスhttp://sogen-arc.com/freeclass/index.html
 
次回のフリークラス開催予定日
3月25日(土)18:00-20:00
会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール

 

 
~書芸術を通した解放と交感の場~

SOGEN書芸塾ARC公式サイト:http://www.sogen-arc.com/
 
SOGEN書芸塾ARC ON FACEBOOK:https://www.facebook.com/arctokyo

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

 

 




 
 

感受性・鑑賞眼を養う/2017.2.25 フリークラス風景

 
 
感受性・鑑賞眼を養う、SOGEN書芸塾ARC・フリークラス

2月25日(土)開催の教室風景です。

 

フリークラスでは、個々に集中して作品をつくるだけでなく、ときに参加者みんなで、

この作品中のどの部分に惹かれるか、それはなぜか、といったことについて話し合います。

作品について感じたことを語り合うことで、感受性や鑑賞眼を養っていきます。

 

 

 

 

☆本日の作品から

 

◆抽象アート

線のみで、自身の心象風景、あるいは一つの宇宙を生み出す試み

 

 

 

☆抽象アート

ほどけた、あそびある線を表すことへの飽くなき挑戦の軌跡

 

 

 

フリークラスは書道の経験を問わず、どなたでもご参加いただける、自由な書のアトリエ。
自分が深めていきたいテーマ・分野に自主的に取り組んでいく中で、
SOGENが個別指導を行い、書作品、芸術作品としての価値を高めてまいります。
また本クラスは他クラスのレギュラーメンバーの補習の場ともなっています。

 

SOGEN書芸塾ARC・フリークラスhttp://sogen-arc.com/freeclass/index.html

 

 

《3月のフリークラス開催予定日》
 3月11日(土)18:00-20:00

 3月20日(月祝)15:30-17:30(※1.28未開催分の振替)

 3月25日(土)18:00-20:00
会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール
 
 
~書芸術を通した解放と交感の場~

SOGEN書芸塾ARC公式サイト:http://www.sogen-arc.com/

SOGEN書芸塾ARC ON FACEBOOK:https://www.facebook.com/arctokyo

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

 

 




 
 

みんなが芸術家♪!~2016.2.11 フリークラス風景~

 
 
SOGEN書芸塾ARC・フリークラスに、SOGENの中学校教師時代の教え子が参上♪!
 
「上手に書こうなんて思わずに、文字でも言葉でも線でも、何でも好きなように書けばいい。」
と伝えたところ、「う~~ん・・・」と唸ったまま、なかなか書けずにいたが、そりゃそうだ。
何を書いてもいいと言われても、やはり自分の思い入れのある語を書きたいわけで、
そこからすでに己との対峙は始まっているのだ。
 
そしてずいぶん悩んだ末に書いた言葉は「大雪・・・」
豪雪地帯に生まれ育だったゆえ、雪には特別な思いがあるのだろう。
筆を持つのは中学校の習字の時間以来らしいが、なかなか堂に入ったもんじゃないか!W

 


 

その後、一緒にコラボワークをしてあそぶ。
 
教え子曰く、「芸術的なセンスなんて無いと思っている自分でも、こうして手ほどきして
いざなってもらうと、意外と出来るもんですね♪!
」と。そう、その通り!
 
自分にはあそび心も芸術的センスも無い、などと思っている人は、自分でそう思い込んでいるだけ。
人生即芸術、芸術即人生の言葉通り、人間、生きているかぎり、どんな人の中にも、

必ずや芸術魂は宿っているのだ。人生をあそぼう♪!

 

 

 

フリークラスは趣味として書に親しみたい方から書作家を志す方まで幅広く

参加いただける自由な書のアトリエです。ぜひお気軽にご参加いただき、
ご自身の想い、いのち、魂を、書で表してみてください。

 
 
SOGEN書芸塾ARC・フリークラス:http://sogen-arc.com/freeclass/index.html

 

SOGEN書芸塾ARC ON FACEBOOK:https://www.facebook.com/arctokyo

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

書芸術作品の胎動の場/2016.12.11 フリークラス塾生作品より

 
 
フリークラスは趣味として書に親しみたい方から書作家を志す方まで幅広く

参加いただける自由な書のアトリエである。

しかしいま、そこは書による芸術的胎動の様相を呈し、個々の作品が回を重ねるごとに

深まりと高まりとをみせている。

 

たとえば以下の作品群は、すべて同じ人の手になるもの。

この人は「心」をひたすら書いていた。

どの書もデザイン性が非常に高く斬新でありながら、上手く見せてやろうといったイヤ味がなく、
実に自然で清々しい。

これは書き手が、書家としての力量を見せようとか、誰かに褒めてもらおうなどと思うこと無く、

ただひたすら何かに向けた想い、願い、祈りといったものを「心」の書字に託して

映し出そうと試みたことで生まれ出たものにほかならない。

書芸術の本道が、書を上手く書くテクニックではなく、人としての想い、いのち、

魂の次元にあることをよく示していると思う。

 


 

 

 

 

 

さて、お次は塾生がチェット・ベイカーのジャズミュージックを聴きながら制作した作品。

ちなみにフリークラスではBGMがわりに参加者のお気に入りの曲を順番に流しながら

書いてもらっている。ってことで、自分の仕事はBGMを流すことくらい?(笑)
 
うん、これもまた傑作。まさにジャズの世界とシンクロし、心を踊らせ、遊ばせながら

書いたことで生まれた作品だ。

この人は今回、十点以上作品をつくり、それぞれにいいところがあったが、これがベスト。

同じ時間に同じ場で、同じように書いたつもりでも、傑作と駄作が生まれる不思議。

そこが書のむずかしさであり、また醍醐味でもあるのだ。

 


 
 

はい、お次は「亀雲」シリーズより。

亀と書いて雲を表すことをテーマとした作品。

こちらはもっといい作品を書いていたが、写真を撮り損ねた。

 

 
 
これはインテリアによさそう。

いま流行りの韓国のカリグラフィー作品を彷彿させる雰囲気があり、

ウケるところがあるだろう。

 

 

 

最後に、何だかわけのわからない作品。

腸? ウ●コ? 地図?

見る人や気分によって色んな風に見えるところがオモシロイ。

 


 
 

フリークラスでは、作品を貼り出してみんなで鑑賞する、といったことも行っている。

そこでSOGENが書的、芸術的に突っ込んだ講評を加えることから、
(制作時はノータッチだが、いちおう仕事はしている・笑)

自由で気楽な書のアトリエである一方で、非常に芸術性の高い創造空間ともなっている。

自己の作品を芸術的に深め、高めていきたい人には、フリークラスをお薦めしたい。
 
 
 
SOGEN書芸塾ARC・フリークラス:http://sogen-arc.com/freeclass/index.html
 
SOGEN書芸塾ARC ON FACEBOOK:https://www.facebook.com/arctokyo
 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

自由な書のアトリエ 『フリークラス』/ 2016.6.12風景

 

 

フリークラスは、童心に帰って遊ぶもよし、書道の腕を磨くもよし、

アートとしての書表現の世界を探求するもよしの、自由なアートスペース。

どなたでもお気軽にご参加いただけます♪

 

 

芸術書、デザイン書、英文字書、古典臨書等、ご自身がが取り組みたい書分野に

自由に取り組みつつ、世界の書芸家SOGENから個別指導も受けられる書のアトリエ、
SOGEN書芸塾ARC『フリークラス』、6.12開催クラスの風景です。
 
 
今回はなんと、心理学者の女性の方が参加!
 
「SOGENさんのサイトを見つけ、その洗練された躍動感、美と動を見事に融合されている線に、
とてもイン スパイアされています。作品の展示方法、墨・用紙・額選定について
アドバイスいただければありがたいです。」
とのメッセージをいただき、まずはフリークラスでお話しましょうと、ご案内させていただたもの。
 
思うところあって、自然の中で書を書き展示するという活動を始めたばかりという彼女。
持参した写真やオリジナル作品をみて、驚きました。実に素晴らしい!と。
世界各地の自然の中で作品を書き、その場でインスタレーション的に飾るといった活動を
すでに始めているとのこと。
 
ただ書として立派な作品をつくるというばかりでなく、国内外のさまざまな場で一期一会の
作品制作に臨み、その場に飾って自然との融和を図るという試みは、書の表現技法に耽溺して
肝心要の生命力を作品を通して表すことを疎かにしがちな昨今の書道界の有様とは次元を異にする、
まさに芸術としての書を志向する制作態度であり、実に素晴らしいものであると。

 
今回のクラスでは、話だけで作品は書いていただきませんでしたが、
なにも書くばかりが学びではなく、さまざまな対話の中にも、
今後の作品づくりに繋がるものが潜んでいるのではないかと思います。

 
いやしかし、フリークラスは色んな人が来て、実にオモシロイ。
ぜひみなさんも、どうぞ気軽にあそびに来てください♪

 

 
~以下、フリークラス初参加の方の作品より~

 
アメリカ、オレゴンコートの断崖絶壁の上で書いた作品だそうです。

 

MT-2.888

 

 

こちらは同じく、オレゴンコートの海辺で書いたという作品。

 

MT-3.555
 
 
世界のさまざまな自然の中でのインスタレーション展示。

流木の間に紙を挟んで、墨をバケツでブチまけたりと・・・!

 
MT-1.888

 

 

みなさんもフリークラスで、ご自身の表現世界の幅を広げ深めつつ、癒やしと解放のひと時を
過ごされてみませんか。

 
 

フリークラスでの大書作品制作風景(動画)https://vimeo.com/151346660
 

 

-次回のフリークラス開催予告-

次回は6月25日(土)18:00-20:00
会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール

 
フリークラスのご案内http://sogen-arc.com/freeclass/index.html
フリークラスでは、大書制作や書道パフォーマンス体験等も出来ます!
※体験参加も受付中!
 
 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/
 
 




 
 

書芸交感展 『葉月のゆらぎ』(8月開催)参加者大募集!!!

 
여러분, 안녕하세요!

 
やあ、うれしいねー、この夏、日本で、韓国を代表する書芸家であり朋友の、
呉旻俊さんと仲間たちに会える♪!

 

8月の書芸塾のアートクラスで、呉さんに『ハングル書道アート』をテーマに

レクチャーとワークをやってもらうのだ。
で、せっかく呉さんに日本に来てもらうんだから、いっしょにグループ展をやろう、

って話になって、8月に、呉さんのカリグラフィー教室の生徒さんたちと、

SOGEN書芸塾ARC塾生メンバーによる書芸展を開くことにしたもの。

 
こちらがモタモタしていたら、先日、呉さんが電話をくれて、「先生、8月の日本での
展覧会のプランはどうなってますか? 韓国では色んな大きなイベントがやっと終わって、
みんな、次はSOGEN先生たちと日本で展覧会だ!早く次の課題をください!と
ハリキッテます。」だって。う~~む、韓国の人たちのバイタリティーといったら!
呉さん曰く、「みんな、SOGEN先生と一緒に展覧会をやれるのがスゴくうれしくて、
楽しみにしているんです。」だって・・・何ともうれしいじゃないか!笑
 
書道、書道教室、デザイン書道、ハングル書道呉旻俊(オ・ミンジュン)さんは、日本の大東文化大学に
留学中から、展覧会を手伝ってくれたり、書芸塾に顔を
出してくれていた大親友で、いまや韓国を代表する書芸家
となって、ソウルを拠点に活躍している。
歳は自分よりもずっと若いけれど、「先生の気持ちは、
ボクが一番よく分かってますから!」
と言いながら、
何につけ、心を尽くして動いてくれる、実にありがたい
友人なのだ。
 
自分を含め、書芸塾のメンバーは、呉さんはじめ
韓国の友人たちから、大きな恩愛をいただいてきた。
だから今度は少しなりとも、こちらが返させてもらう
番だと思っている。
 
‎오민준 선생님,여러분,사랑해요〜♡
日本で会えるのを楽しみに待ってます♪
 

呉旻俊さんの書に想う(SOGENブログ):http://www.hiranosogen.com/blog/?p=1297
 
 
以下は展覧会の募集要項です。
またとない交感の機会、ぜひ皆さん、フルってご参加ください。
 

書芸交感展 『葉月のゆらぎ』
~SOGEN書芸塾ARC、呉旻俊先生カリグラフィー教室グループ展~

募集要項

 
8月のSOGEN書芸塾ARCでの書芸家・呉旻俊(オ・ミンジュン)先生、訪日・特別講義を
記念し、呉旻俊先生、韓国を代表する書芸家の先生方、呉先生のカリグラフィー教室の
生徒さんたちとSOGEN書芸塾ARC塾生メンバーによるグループ展を開催いたします。
国や言葉を超えた交感と響生の機会となる本展に、ぜひ大勢の方からご参加いただきたく、
ご案内申し上げます。
 
●展覧会テーマ:『葉月のゆらぎ』
あらゆる命は固有のゆらぎを有しながら今ここにあります。命の波が交錯するとき、
そのゆらぎは互いにぶつかり合い、重なり合いながら、さらなる新たな命の波紋を
生み拡げていきます。
国を超え、言葉を超え、人間の生み出した文化文明の枠組をも超えて、人間、動植物、
宇宙自然の中にある、命のゆらぎ、うごめき、波、光、闇といったものを、筆線を
通して表し、感じ合い、重なり合う機会とし、その交感の波紋を、熱くもまた涼やかな
葉月の風に乗せて世界に運ぶべく、本展覧会のテーマを『葉月のゆらぎ』とします。
 
●出展者:SOGENならびにSOGEN書芸塾ARC塾生メンバー
     呉旻俊先生ならびに呉先生のカリグラフィー教室のみなさん
     韓国を代表する著名書芸家の先生方
(賛助出品)
 
●会場:HIGURE 17-15 cas
116-0013 東京都荒川区西日暮里3-17-15 tel 03-3823-6216 fax 03-3823-6217
http://higure1715cas.bufsiz.jp/access.html
 
●会期:8月20日(木)~8月23日(日) 11:00-19:00
 
〈併催イベント〉
☆呉旻俊先生 特別講義 『ハングル書道アート』:8月22日(土)15:15-17:15
 会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール
☆呉旻俊先生歓迎記念交流パーティー 日時:8月22日(土)19:00-21:00
 会場:HIGURE 17-15 cas(ギャラリーにて)
 
なお本展への参加資格は、SOGEN書芸塾ARC会員とさせていただいております。
ご興味をお持ちの方はぜひ入塾のうえ、ご参加ください。
初心の方、日の浅い方も大歓迎です。
 
 
※参加費、作品サイズ、点数等の詳細については、以下より募集要項をご確認ください。
http://www.sogen-arc.com/hazuki/index.html
 
書芸展ならびに書芸塾ARCへの参加申込み・お問い合せ

http://www.sogen-arc.com/reservation/index.php