感情、心、魂

書芸』とは何か?

『書芸』とは、生(き)の線を通して、宇宙、生命のリズム、感情、心、魂の 有り様を

象形化するアートである。

と、そう言いつつも、感情、心、魂とは一体どういうものなのか、何か違うのか、

いま一つよく分からずにきたところがあるように思う。

で、このところ少し見えてきたものがあるので、そのあたりを書き留めておきたい。

「気が変わる」「心変わりする」という言葉があるように、感情や心は常に変化する

ものである。

対して、「魂を入れ替えて・・・」という言葉はあっても、「魂が変わる」とは言わない。

つまり、魂は変わるものではなく、「三つ子の魂、百まで」の言葉の通り、普遍的なものなのだ。

そう考えると、『書芸』には、書芸アートとデザイン書の両分野があり、

書芸アートは普遍的な魂を映し出すものであり、デザイン書は情感やイメージを表し、

人々の心に働きかけるものである、ということになるだろう。

一つ作品を例に取ろう。

私は国宝となっている長谷川等伯の『松林図屏風』を書芸アートの極みと見ている。

デザイン的なビジュアルではなく、まさに素の魂を写し出した芸術作品である

という点において。

等伯が表したかったのは、松林そのもの、ではなく、松林の姿を借りた自身の魂であり、

その魂を通して垣間見た心象風景だったのだと思う。

長谷川等伯『松林図屏風』

このような素っ裸の魂を表す書芸アートに対して、デザイン書(ロゴ書やインテリア

として飾られる書)においては、化粧もすれば着飾りもする。

つまりビジュアルで見せることを通して、人の心を掴み動かす働きと役割を持つのが

デザイン書である、ということだ。

とすると、現代の日本の書壇に見られる書の大半は、どっちつかずの中途半端で、

どうもツマラナイ、と言っては叱られるだろうか。

いや、書道は貴重な伝統文化であり、芸道であるから、これを求め極めていくことは

素晴らしいことなのだが、今の書壇では、ちょっとテクニックを身に付けると、

もう書道展での賞取り合戦に参加させられて、日々の地道な研鑽が疎かにされて

いるように思われてならないのだが、どうだろう。まあ、そうしないと書壇が

商売として成り立たなくなるから仕方ない、といったところもあるだろうが。

やっべ! 書壇のことはもうどーでもいいと思いながらも、またつついちゃったよW

いや、自分を育ててくれた親のようなもんなんでね。

しかし、書道の延長ではアートにはならない、というのが自分の考え。

書道とアートは次元が違う。どちらが上とかしたとかではなく。

むしろ、書壇にどっぷり浸かった人ほど、それが足枷となって、なかなかアートには

イケないところがある。いや、自分がそうだったもんで。

アートにいきたかったら、まずは習い覚えた書法、書道のテクニックにこだわらず、

素の魂を表す方向に舵を着ること。見せるのはテクニックではないということ。

もう一つ、以前のブログで、アートとデザインは近いようで対極にあると書いたが、

アートにデザイン性を取り込む、あるいは逆にデザインにアート性を取り込むことで

新たな世界が生まれる可能性があると見ている。

たとえばロゴ書一つにも、ビジュアルとしてのインパクトのみならず、そこに魂を

込めることで、普遍的な芸術性をも内包した、デザインとアートの融合による

新たな世界を創り出していく、といったように。

あるいはアートにデザイン性を加えることで、ビジュアルとしてのインパクトを

持たせ、より人々に伝わりやすく印象深いものにする、といったように。

感情、心、魂の違いを考えるところから、いささか話がそれたが、今後とも、

そんなことも心に留めながら、書芸アート作品、デザイン書作品の制作に臨んで

いきたい。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

人間

いましがた山手線に乗ったら、目の前の優先座席に、めっちゃ人相の悪い

チンピラ風のオッサンが。
人生を遠い昔にどこかに捨ててきてしまったかのような、虚ろな冷たい目・・・
そこへ足の悪いお爺さんがヨボヨボと近づいてきた。
その途端、そのオッサン、こわばった顔をニコッリとほころばせ、お爺さんに

席を譲ろうと立ちかけた。
お爺さんが「いいよ、いいよ」と断ったので、オッサンの笑顔は一瞬にして

またゴルゴ13顔に。

思ったよ。
人と人の間と書いて「人間」とはよくいうけれど、ほんとうに人は人を人間に

するのだと。
弱いヤツ、劣ったヤツは生きていても意味がない、などというトンデモ思考で

起こるクレージーな事件が後を立たないけれど、みんなが強くなってみ? 

このオッサンが、こんな人間らしい慈愛にあふれた笑顔を見せることはないんじゃないか?

人間は面倒くさい生き物。ほかの動物や植物のほうが、生命体としてよほど

清々しく生きている、なんて思うこともよくあるけれど、やっぱり人は人を求め、

人と交わることで人間になるのかもしれない・・・

なんてことに気付かせてくれた、人生捨てた感満々のオッサン・・・

今日はどうもありがとう!

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

2019.5月SOGEN書芸塾ARC風景

みなさん、こんにちは。

以下、5月のSOGEN書芸塾ARCのご報告です。

開催日時:5月18日(土)14:30–17:30

会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール

テーマ:落款印・自署サイン制作

『落款印・自署サイン制作』をテーマにレクチャー後、

各自、雅印や書芸アート作品の制作にいそしみました。

来月は『擬音による文字書アート、音からのインスピレーションによる

書芸ア ート作品制作』をテーマに 、6月15日(土)に開催します。

SOGEN書芸塾ARCへのご入会、ご参加をご希望の方は、以下のご案内ページを

ご参照の上、お申し込みください。

年度途中、いつからでも参加可。体験参加もお受けしております。

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

お申し込み先:office@hiranosogen.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

ピグモン

新潟のアトリエに遊びに来た友だちが、山積みされている昔の自分の作品を見て、

「コレが一番、オマエらしいじゃん」と。

ピグモンサザエさん。

いや、しかし、これパロディーだしW
作品として売るのなら、円谷プロさん、サザエさんのプロダクションさんの

許可が要るだろうし。

あ、でもピグモンの唄は自作ですぜ。
曲と振りも付いてます。
機会があったら披露させていただきますW


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

SOGEN書芸塾ARC、2019年度がスタート❗️

SOGEN書芸塾ARC、2019年度がスタートしました❗️

SOGEN書芸塾ARCは、お手本を見て習う一般の書道教室とは異なり、

各自、取り組みたいテーマ、課題に自由に取り組んでいただくアート空間です。

古典書道、デザイン書道、アート書道等、多分野にわたり、

筆墨による表現を基本としながらも、用具用材も自由。

主幹の平野壮弦がレクチャー、デモンストレーション、講評を通して、

個々の持ち味を引き出し、深化発展させていくためのサポートを

行ってまいります。

2019年度の教室は、毎月第三土曜日の14時30分より17時30分まで、

加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホールでの開催となります。

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

ただいま新規会員募集中‼️ 書道初心の方もまったく問題なく、

年度途中、いつからでもご参加いただけます。体験参加も受付中です。

参加申し込み、お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com

以下は4月の教室の模様です。

開催日:4月20日(土)

テーマ:一字書アート作品制作

《内容》

・自由制作

・一字書アートに関するレクチャー

・様々な筆による用筆法のデモンストレーション

・持参作品の講評

遠処からも体験参加、フリー参加いただき、おかげさまで満員御礼‼️

熱気に満ちた教室となりました。

次回の開催日は5月18日(土)です。どうぞふるってご参加ください。

以下のFACEBOOKページにて、書芸塾の新情報や塾生作品を多数ご覧いただけ

ますので、よろしければ、どうぞフォローください。

https://www.facebook.com/arctokyo/

新年度もSOGEN書芸塾ARCをよろしくお願いいたします😊

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

三国志

いま歴史ドラマ『三国志』にはまっています。
超長編大型ドラマで全95話、これをYoutubeで3本くらい見ている間に墨が

磨りあがるので、ちょうどよく。

舞台から役者、日本語の吹き替えに至るまで、実に意を尽くした作りで、

この時代、さもかくあったであろうと。
劉備曹操の戦いを描いたドラマで、これまでの物語やアニメでは曹操が悪役で

描かれるのが常でしたが、このドラマでは曹操の奸雄振りもさることながら、

その人となりをも見事に描写しており、実に奥深く。まあフセインみたいなもんで、

実は国民みんなのことを考えて、すごくいいこともしていたという・・・
悪人さえも適材適所で生かして使うあたりも。

「ワシはこの世の俗なる道徳観念を遠に捨てたのだ。」
「人を恨んだところで何もならん。恨むくらいなら利用することを考えよ。」


そんなセリフの端々にも曹操の奸雄としての懐の広さが見て取れ、そこでの

人間関係の綾なす世界が現代の社会にも通じるようなドラマ仕立てとなっています。
まあ戦記ものなので女性に好まれるものではないかもしれませんが、

ほんとオモシロイので、よかったら見てください。

で、曹操と劉備に、軍旗とかにロゴ書を使ってもらおうと思って書いてみましたW

「曹」の書は、もっと悪辣に書いたほうが合うのでしょうが、「いや、そんな

悪辣ぶりは出さなくていいから」と曹操から言われそうな気がしたので、

これくらいにおさめておきましたW
いかがでしょうか? 曹操さん、劉備さん?😁

三国志 Three Kingdoms 第1話 曹操、刀を献ず【日本語吹替版】
https://www.youtube.com/watch?v=Z7KaVl5yV-c

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

SOGEN一文字書アート 55選〜其の二〜

SOGEN一文字書アート・第二弾。

漢字の持つ構造性(筆画の重力関係)を礎とし、文字魂(文字の持つイメージ)

と共振しつつ、天地の間にあそぶ。

MORE▶️ https://www.facebook.com/HiranoSogen/

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

忙中観桜

このところアトリエに籠り、花見がわりに?いきものがかりのSAKURAなど

聴きながら作品を書きまくっておりますが、今日は春の陽気に惹かれ、

花見がてら神田川沿いを散策してまいりました。

満開かと思いきや、まだ蕾も残っており、九分咲きといったところでしょうか。

かたや、すでに散っている花もあり、同じ樹に咲く桜も、すべて一斉に咲く

わけではなく、日をずらして開花するものと知りました。


不思議なのが、川沿いの桜がみな、なぜ、かくも見事に川面に向かって

枝垂れているのかということ。

これはこの種の桜の特性なのか、それともまさか桜が、

「お!下が空いてるじゃん。上は混んでるから、下に向かって

枝を伸ばしていこうか」とか思ってのこと、ではないですよね?W

それにしても、桜も含め、悩むことなく命のままに枝葉を伸ばし花咲かせる

植物の有り様は、悩み多き人間としては羨ましいかぎり。

書作に臨んでも、かくありたいと願います。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

2019.3月 SOGEN書芸塾ARC風景

2019.3月の教室風景より。

趣味として書芸に親しむ域にとどまらず、

書芸アートの真価を求める情熱が、銘々の中で、より一層の高まりを

みせ始めています。

4月からは新年度がスタート。

毎月1回、第3土曜日14:30より17:30まで、加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール

での開催となります。

ただいま新規会員募集中‼️

伝統書道の枠を超え、書を今に生かす、書芸アート、デザイン書の世界に興味を

お持ちの方は、どうぞ奮ってご参加ください。

SOGEN書芸塾ARC: http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

⭐️3月のSOGEN書芸塾ARCのご案内

みなさん、こんにちは。SOGENです。

早くも3月。窓辺を飛び交う野鳥の声も日増しに強くなり、春の訪れを感じさ

せてくれる今日この頃・・・

♬もうすぐ春ですね。ちょっと気取って見ませんか♬(キャンディーズ、古〜W)

以下、3月の教室のご案内です。


開催日時

3月16日(土)14:30-17:30(3H)

3月17日(日)15:30-17:30(2H)

テーマ:『漢字と英文字の融合による書芸作品の制作』     

※テーマに関わらず、何に取り組んでいただいてもけっこうです。

会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール(加瀬ビル10F)

内容・自主制作・トーク・講評・デモンストレーション・持参作品の講評・プチ鑑賞会



最近、ブログにアート作品やデザイン書例を乗せてますので、よかったら見てください。

http://www.hiranosogen.com/blog/

4月から新年度がスタートします。

先にお伝えした通り、新年度は毎月1回、第3土曜日14:30-17:30の開催と

なりますので、ご了承ください。
SOGEN書芸塾ARC:http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf


それでは3月の教室で!

SOGEN

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)