SOGEN,ART SHODO TOKYO出展作品から〜男と女シリーズ〜

 

 

SOGENのART SHODO TOKYO 出展予定作品から。

 
来週4.28-4.29を会期に、三鷹市芸術文化センターを会場に開催される
ART SHODO TOKYOに向けて、このところ、こどものラクガキみたいな
作品を書きまくったので、ちょっとえろ書芸家の本領を発揮して(?)
アダルトな作品も書いてみました。

 
題して「男と女シリーズ」
 

 

まあこっちのほうが、ある意味、アート書道かもしれません。
書道の技法がてんこ盛りの分・・・W
でもまあこれだって、書道、じゃないですねW

 
 


 

 

 
以下のSOGENアートファンサイトで、シリーズ中の他の作品をご覧いただけます。

 
https://www.facebook.com/pg/HiranoSogen/photos/?tab=album&album_id=1656054527783265

 

 

※なお、こちらのシリーズ作品は、4月末に東京で開催される
ART SHODO TOKYOのバックヤードのそのまたバックヤード
作品で、会場展示ならびにWEB販売はいたしませんが、
ご希望の方は、会場で実物をご覧いただいた上、
スペシャルプライスでご購入いただけます。
(注:銀行振込みにてお支払いいただいた後、
着払いにて郵送させていただく形となります。)
 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

ART SHODO TOKYO 出展作品から

 

 
先にご案内させていただいた、今月末、三鷹市芸術文化センターで開催予定の、
書芸アート作品による一大アートフェァー・ART SHODO TOKYO
SOGENは、展示作品20点、バックヤード作品10点、計30点を出展の予定。
 

 
ネット決済によるスペシャルプライスでの販売も行われます。
ぜひ出展作家の生の作品たちに会いに来てください``

 

 
画像はSOGEN出展作品から。 なんなんでしょうね、コイツら・・・(笑)
 

 
 

 
宇宙パトロール/ Space Patrol
2018 H350xW700mm 画仙紙・墨・パステル
 
 
 

 

やあ!かわいこちゃん♪ あれまぁ!/ Hi,dear♪ Oh,dear!
2018 H148xW200 画仙紙・パステル
 
 
 

 

ぱくふ〜にゃん/ Paku-Funyan
2014 H700×W690mm 画仙紙・墨
 
 
 
 
出展アーティスト38名の全作品が掲載された、ART SHODO TOKYO カタログ
(PDFバージョン)¥ 1,000を、以下のページよりご購入いただけます。
 
http://zealhisao.thebase.in/items/10873218

 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

書芸術による祭典『ART SHODO TOKYO』のご案内〜4.28-4.30 三鷹市芸術文化センターで開催!〜

 

 
書芸術による祭典『ART SHODO TOKYO』のご案内です。

 

会場:三鷹市芸術文化センター

会期:4月28日(土)〜4月30日(祝)

 

 
書をベースとした芸術作品を世界のアートに押し上げる

ための一大アートフェァー。おそらく世界の書芸術の

最先端をいく内容となるものと思います。

 

SOGEN書芸塾からも、SOGENはじめ6名の作家が

出展する予定です。
会期中は、ほとんどの作家が会場に詰める予定で、

SOGENも毎日、会場におりますので、ぜひみなさん、

見に来てくださいね🚀

 

 

 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

新生・SOGEN書芸塾のスタートにあたって〜宝物を探し出し、磨いていくための場〜

 

 
SOGEN書芸塾ARCは、4月から全クラスを統合し、新たな形で

スタートいたします。
 
内容は、これまで開いてきたフリークラスに準ずるもので、

伝統書道からデザイン書道、アートまで、何をやっていただいて

もよい、ますます自由な書芸術のアトリエと化していく予定です。

 

で、これまでのような全体レクチャー的なことは基本、行わず、
もちろんお手本を見ながら稽古するといったことも、これまで通り
行いませんが、書道、芸術、デザイン等について語り合ったり、

参考となるものをご覧いただいたり、デモンストレーションや

アドバイスをさせていただくことを通して、個々に応じた
アシストを行ってまいります。

 

 

書芸のいのちは生(き)の線にあり、人マネではない、

自分自身の呼吸で、自分の線を描くことが大切。

 

しかし一方で、好きなように書いたものが芸術作品として

値打ちを持つかどうかはまた別で、なんでもありですが、

なんでもいいというわけではなく、そこに芸術としての

深浅の差が生じます。

 

芸術は未知の世界への挑戦ですから、その評価はもちろん

安易に下せるものではありませんが、古今東西の名家による

書はもとより、世界の芸術作品に触れ、また自らも

世界的書芸家として書芸作品を世に送り出しているSOGENが、

それぞれの人の中に眠るお宝を探し出し、磨いていくための

アシストをさせていただくことが、SOGEN書芸塾の本旨と

なります。
 
 

これは先日の教室でのこと。

筆線による抽象作品を制作している塾生が、こんな作品を

書いておりました。

 

 

このたどたどしい感じが独自の持ち味となっており、これはこれでよい
ところがあると。

ただ、芸術作品としてはまだ弱く、物足らなさがあることも否めません。

 

そこで、デモンストレーションをご覧いただいた上、少しアドバイスを
させていただいたところ、こんな作品が生まれました。

筆ではなく、小さな木のヘラで書いてます。

 

 

これはもう、あそびのある、実に豊かな作品であると。

書道の素人である一般の方が、こんなものを、ほんの少しの
アドバイスで速攻で生み出してくるあたりは、ご本人の
柔軟な精神と学ぶ意欲の賜物であろうと。
まさに、芸術はみんなのもの、なのであります。

 

 
指導者のクセや好みを押し付けることなく、いかにその人の

持ち味を引き出し、磨いていくための手助けをさせていただくか・・・

SOGEN書芸塾では、今後とも、そこを大切にしながら、

よりすばらしい交感の場としていけたらと願っています。
4月からの、また新たな人々と作品との出会いにワクワクです♪

 

新生・SOGEN書芸塾ARCを、どうぞよろしくお願いします。

 

 

新生・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC主幹・SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

 




 
 

自由な書芸術によるアート創造空間『フリークラス』/2018.3.24風景

 

 

自由な書芸術によるアート創造空間『フリークラス』
3月24日(土)開催クラスの模様です。

 

 

■本時の風景から

 

藁筆や木の枝によアート書制作

 

 

天空を舞うかのような、縦横無尽な筆線のうごめき・・・

女体に見えたという人もいて、人それぞれ様々な

イメージを喚起するところが筆線アートの面白いところ。

 

 

 
 
何を書くのか、何が出てくるのか、

自分と向き合う瞬間・・・

 

 

BEFOFE
 

 

AFTER

(SOGENのデモンストレーションとアドバイス後に制作)

 

 

 
 
さまざまな用具を駆使した筆線の戯れから、

無限のイメージが湧き上がる・・・

 

 

 
 

 

さて、これをもちまして、2017年度のSOGEN書芸塾は
全クラスが終了。

4月からは全クラスを統合した新たな形で、新生・SOGEN
書芸塾ARCとしてリスタートいたします。

 
内容は、これまで開いてきた、このフリークラスに

近い形となり、何をやっていただいてもよい、

ますます自由な書芸術のアトリエと化していく予定です。

 

ご興味のある方は、以下のご案内ページ(PDF)を

ご参照の上、ご参加お申込みください。

 

 

新生・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC主幹・SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

 




 
 

SOGEN書芸アートパフォーマンス ON クイーン・エリザベス

 

 

3月15日(木)花曇り

 
大阪港に入港したクイーン・エリザベスの船上イベントにおいて、
SOGENが、日本就航を記念した書芸アートパフォーマンス
を披露させていただきました。

 

なおこのイベントでは、SOGENが揮毫させていただいた、

クイーン・エリザベス号御用達の銘酒「明石鯛」

鏡開きが催され、乗客に樽酒も振る舞われて、大盛況でした。

 

 

海に浮かぶ超豪華ホテル、Ms.クイーン・エリザベスの威容

 

 

船内で一番豪華なホールでの、キャプテン、クルーも参列しての
一大イベント

 

 

 
SOGEN、書芸のこころを語る・・・
大勢の前で喋るのは苦手な上に、英語でのスピーチを請われ、
どうなることかと思いましたが、気合いで乗り切りましたW

 
え〜〜〜
 

 
あ〜〜〜
 

 
これって英語でなんて言うんでしたっけ?W
 

 
であるからして・・・
 

 
・・・ということなのであります!
 

 

 
さて、何とかご挨拶を終えて、いよいよ記念揮毫・・・
まずは明石鯛の鏡開きをお祝いして「鯛」の一字書を揮毫。

 
ちなみに後ろの壇上の右から2番目が船長さん。女性です!!

船長さんはじめクルーのみなさんが、起立して最敬礼で

見守ってくださいました。ありがとうございます!!

 

 

 
次に大紙に「海」のイメージ書を揮毫。

 

 
 
みなさん、興味深くも暖かく見守ってくださり、感謝です。

 

さて、実は本当のお楽しみはここから、なのですが、それはまた次稿にて!

 
 
 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

2018.3月アートクラス風景:『自然現象の本質を問う』/画家・グラフィックデザイナー・塩崎綾子さんスペシャルワーク

 

 

書芸術を通した解放と交感の場、

SOGEN書芸塾ARC【アートクラス】

 

 

 
~3月のアートクラス風景~

 

開催日時:2018年3月17日(土)15:15-17:15

テーマ

画家・グラフィックデザイナー・塩崎綾子さんスペシャルワーク

 『自然現象の本質を問う』

 

 
最終回となるアートクラスの大トリを務めていただいたのは、
画家、グラフィックデザイナーとしてご活躍の塩崎綾子さんです。

 
塩崎さんの絵画や写真を元にしたアート作品をご紹介いただきつつ、
『自然現象の本質を問う』と題した講話をいただいたのち、
ジェッソを用いたアート作品の制作ワークを行いました。
 

 

 

ヌリヌリ・・・♪

 

 

ペタペタ・・・♪

 

 

またヌリヌリ、ペタペタ・・・♪

 

 

カワカワ・・・♪

 

 

 

わ〜〜ぉ!!!

 

 

 

どっひゃ〜〜ん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
う〜〜む・・・
生まれ出た作品たちが素晴らしくて、展覧会を開きたいくらい。
塩崎さんも感心しておられました。
 
作品を絵の具で盛り上げたり刻んだりと、書芸の世界では
何でもありなのだ! またジェッソであそびたい♪!
 
塩崎さん、刺激的な時をありがとうございました!

 
 
 
SOGEN書芸塾ARCは、4月の新年度より生まれ変わって、
新たな形でスタートいたします。

入塾、ご参加をお考えの方は、以下のPDFページを

ご参照の上、お申込みください。

 

新生・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 
書道の経験を問わず、どなたでも、いつからでもご参加いただけます。

体験参加も受付中です。
 

 
お申込み先:office@hiranosogen.com

 

 

 




 
 

2018.3月レッスンクラス風景/『書芸作品を生活空間に~インテリア書作品の制作~』をテーマに

 

 

伝統書道からデザイン書~アート作品まで、あらゆる書表現に

展開可能な書芸の心と技を実習を通して学ぶ、SOGEN書芸塾

ARC【レッスンクラス】の模様。

 

 

 

~2018. 3月レッスンクラス風景~

 

 

開催日:3月17日(土)13:00-15:00

テーマ:

『書芸作品を生活空間に~インテリア書作品の制作~

古典臨書:傅山の書

 

 

本地では『書芸作品を生活空間に~インテリア書作品の制作~』
をテーマに、公共スペースや生活空間を飾るインテリア書作品の
発想と表現技法について、レクチャー、デモンストレーション、
実戦的な政策実習を通して学びました。

 

 

 

 

《本時の内容》

 

1.SOGENが出演したクイーン・エリザベス号での

イベントの紹介報告

 

2.さんずいの表現技法のデモンストレーション&解説

 

3.制作実習-1&鑑賞会

お題:『海』(※クイーン・エリザベス号に飾る書芸アート作品)

 

4.塾生OBの展覧会の紹介

 

5.SOGENの書芸アート作品展示風景の紹介

 

6.制作実習-2&鑑賞会

お題:『桜』(※ホテルに飾る書芸アート作品)

 

7.臨書の心得に関する講話

 

 

 

 
〜本時の塾生作品から〜

 

○『海(※クイーン・エリザベス号に飾る書芸アート作品)

 

 

 

 

 

『桜(※ホテルに飾る書芸アート作品)

 

 

 

 

 

 

 
SOGEN書芸塾ARCは、4月の新年度より生まれ変わって、
新たな形でスタートいたします。

入塾、ご参加をお考えの方は、以下のPDFページを

ご参照の上、お申込みください。

 

新生・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf
 

書道の経験を問わず、どなたでも、いつからでもご参加いただけます。

体験参加も受付中です。
 
 
お申込み先:office@hiranosogen.com

 

 

 

1 (888x592) (234x156)

☆以下のページより、これまでのクラスの風景画像や
塾生作品、動画をご覧いただけます。
開催済みクラスレポートhttp://sogen-arc.com/report/

 

 

 




 
 

アートが生まれる現場『フリークラス』/2018.3.10風景

 

 

自由な書のアート空間、アートが生まれる現場『フリークラス』
3月10日(土)開催クラスの模様です。

 
フリークラスでは、各自、興味関心のあるテーマ、題材に自由に
取り組んでいただく中で、主幹のSOGENが個々にアドバイスや
デモンストレーションを行い、アシストさせていただいております。
また折に触れ、書芸に関する全体レクチャーも行なっております。

 
 
 
■本時の風景から

 

フリークラスには、4月に開催される書道アートの一大フェアー・

ART SHODO TOKYOに選抜出品される方も少なからずおられ、

各自、展覧会を目指したアート作品の制作に勤しみました。

 
 

 

 
 
はい、何だかんだわかりませんね〜W

しかし、何だかわからないものの中にこそ、アートの未来はあるのです。

その秘密を知りたい方は、どうぞSOGEN書芸塾ARCへ!

そして4月28日から30日まで、三鷹市芸術文化センターで開催される

ART SHODO TOKYOへ、ぜひお運びください!
 
 
 

 

 

 

-次回のフリークラス予告-

3月24日(土)18:00-20:00 テーマ:自由

 

 

 

フリークラスは、とりあえず書をやってみたい、

筆で遊んでみたい、という初心の方から、

自身が最も興味ある書分野を深めていきたい

という書道経験者の方に至るまで、自由創作を

中心に、ご自分のペースで書に親しんでいただける、

自由な書のアトリエです。

 

国籍、年齢、職業、書道経験等を問わず、どなたでも
ご参加いただけます。

 

自由な創作活動を通した学びの中で、感性と技とを

最大限に磨いていけるよう、それぞれのレベルや

ニーズに合わせた批評、デモンストレーションを含む

個別指導等を通して適宜サポートしてまいります。

時間もフリー、いつ来て、いつお帰りいただいても

けっこうです。

またご要望に応じて、自宅で書かれた作品への

批評や実技指導も行います。

 

 

 

フリークラス関連ブログ
http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=141

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/

 

 




 
 

『五月女寛陶展』に刮目

 

 

五月女寛陶展』を南青山ギャラリーワッツにて拝見。

 

五月女さんは陶芸家でありながら、ここ数年、書芸塾で書に

勤しんできた作家さん。

今回はその書を生かした作品展とのことで、一体どんなものなのかと

楽しみに伺ったのだが、心底驚いた!!

 

キャンパスを陶芸の土とジェッソで塗り固めたところに

墨その他の素材で書き、モノによっては、またその上に

幾重にも様々な画材を重ね、試行錯誤の中で創り上げたという、

その作品からは、紙に書かれた書作品とはまったく異なる

質感を持って、重厚で奥深い世界が立ち現れていたのだった。

 
 
「これは書ではなく、抽象絵画じゃないか」と思う人もいるだろう。
が、これもまた書芸術に根ざした表現世界であり、欧米の抽象絵画とは

一線を画する、まさに書芸の粋を内包する傑作の一つと言えるだろう。
 
SOGEN書芸塾には、実はこんな作家がゴロゴロ、とは言わないまでも、
少なからずおり、4月のART SHODO TOKYOに参戦したのは、実はまだ一部。
彼らがもし書芸を本気で求め深め続けていったなら、書芸術の魅力と価値の
向上に大きく寄与するとともに、古今東西の書史はもとより、世界の美術史
までも塗りかえていくことになるだろう。
そうなったら面白いに違いない。
だから励まし、けしかける。
が、何を求めてどこまでやるかもまた、本人の自由なのだ。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

ところで案の定、五月女さんのこれらの作品は全て完売。

結局、その作品が書道なのか絵画なのかといった区分けは評論家の

仕事であって、一般の人たちが感じる作品の魅力や価値とは関係ない、

ということだろう。

 

 
 
なんだか陶芸のほうがオマケみたいになってしまったが(笑)、

陶芸作品ももちろん素晴らしく、特にこの恐竜の卵が割れて、

何かが生まれ出るかのような白陶のシリーズは、

これまで見せてもらった中でも傑作揃いなのではないかと。

 

五月女さん曰く、「書芸塾で書芸に触れたことで、また一つ、
世界が大きく開けたように思います
」と。

だとしたら、実に嬉しいことである。

 

五月女さんの今後のさらなる深化発展が楽しみでならない。

 

 

 

 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/