ソウルでの4人展『Logos-偶然の秩序-』のご報告

 

みなさん。こんにちは。
遅くなりましたが、以下、ソウルでの4人展『Logos-偶然の秩序-』のご報告をさせていただきます。

 

昨秋は韓国の友人たちの尽力で、韓国で初の個展を開かせていただき、大変お世話になりましたが、
今回はまた、展覧会、セミナー、ワークショップ、懇親会と、イベント続きの熱い交流の日々となりました。

今回の展覧会は、日韓を代表する4名の作家による4人展ということで、韓国を代表する

カリグラファー、イ・サンヒョン、オ・ミンジュンの両氏と、日本からは、書家・現代美術家の

山本尚志さんとSOGENが招待参加し、実にすばらしい展覧となりました。

 

 

今回の訪韓で特に驚いたのが、韓国のカリグラフィー界の躍進ぶりです。
デザイン性がすこぶる高く、そこにアート性も加味されてきています。
わずか数年でここまで変わるとは・・・
ソウルでの展覧会の最中、請われてワークショップも行いましたが、参加者の中には

すでに作家として活躍している人も大勢おり・・・

 

この目覚ましい躍進をもたらしているのが、韓国カリグラフィー界のビック・スリーと言われる、

キム・ジョンゴン、ィ・サンヒョン、オ・ミンジュンの3氏をはじめとした、

韓国書芸世界のニューリーダーたちであり、その益を受けた若い作家たち。

そしてもちろん、その底流には、韓国の豊かな書芸文化を紡いできた多くの先人たちの足跡があります。

そんな彼らと、これからも交流の輪を広げ深めていきたいと切に願います。

 

今回の展覧会の開催にご尽力いただいた韓国のみなさん、日本から共に参加した山本尚志さん、

展覧会やセミナー、ワークショップにご参加いただいたみなさんに、心からお礼申し上げます。

チョンマル・カムサムニダ!!!

 

 

 

■4人展会場風景

 

 

山本尚志氏、イ・サンヒョン氏のコーナー

 

オ・ミンジュン氏のコーナー

 

SOGENのコーナー

 

 

 

 

■オープニング

4名の作家による作品制作デモンストレーションも披露。

作品は展覧会場の入り口に展示されました。

 

 

 

 

 

■コラボ制作

4人の作家がお酒のボトルに書いてデザイン。たのしかったです♪

ボトルは展覧会場の入り口に会期中展示されました。

 

 

 

 

 

 

■セミナー  〜4人の作家による発表と質疑応答〜

カリグラフィーを仕事にしていきたいという熱意ある参加者が多く、

突っ込んだ質疑応答がなされました。

年収はいくらですか?とかも・・・W

 

 

 

 

 

■ワークショップ

SOGENがデモンストレーションを行ったのち、自由創作をしていただきました。
5点、優秀作品を選んでほしいと言われ、みなさんの作品のクオリティーが高く、決めかねましたが、

特に素晴しいと思うものを選ばせていただき、デモンストレーションで書いた書をプレゼント。

また、プラス、参加者全員に、その場で名前を漢字で書いてプレゼントさせていただきました。

 

 

 

 

 

最後に、記念にみなさんから真っ白な服に一筆ずつ入れていただき、素晴しい

アート・ファッションが誕生! みなさんの愛がこめられた宝物、最高の記念の品となりました。

 

 

みなさん、ありがとうございました!
これからも、共に作品を通して語り合いましょう♪!

 

 

 

こちらで紹介しきれなかった画像や動画を以下のFACEBOOKページで紹介しています。

どうぞご覧ください。

 

平野壮弦個人ページ

SOGENアートファンページ

 

 

 

書芸家SOGEN・平野壮弦 公式ウェブサイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート作品)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン書、講演、アートパフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com/ (書芸術を通した解放と交感の場~SOGEN書芸塾ARC~)

 




 
 

『書の未来展』(於 伊藤忠青山アートスクエア)を観る

 

 
-要は、書の世界をもっと豊かに、みんなにオモシロくしていこうぜ、ってこと-

 
伊藤忠青山アートスクエアで開催中の『書の未来展』(主催:Yumiko Chiba Associates)を拝見。
本展は書が現代美術の世界に斬り込んだ画期的な展覧会であり、SOGEN書芸塾でも特別講師を
お願いしている書家・現代美術家の山本尚志さんをはじめとした気鋭の作家8名が出展。
というか、この展覧会は、ほとんど山本尚志さんがプロデュースしたようなものだろう。
これは見逃せない。ということで、行ってきました。
(ちなみに伊藤忠さんは一昨年、伊藤の川奈ホテルで開催されたパーティーにお招きいただき、
書のパフォーマンスを披露、その節、書かせていただいた社訓や作品を、社長室や重役室に飾って
いただいています。)
 

自分などは、日本の書壇に生きる人たちからは現代芸術としての書作品は生まれ得ないと悟り、

そういった意味では距離を置かせてもらってますが、山本さんは、書を現代美術にしたい、
書家や書道家からも現代美術家が現れてほしいという熱い思いをもって、
書道界の住人たちとも積極的に交わり、働きかけ続けています。

山本さんと自分とではスタンスも作品も異なりますが、書にかける思いは同じであり、
同士のように思っていることから、本展の開催を心からうれしく思っているところです。

 

書が現代アートとして立つには、絵画や彫刻をはじめとした他のアート表現に負けない強さと
オリジナリティーが必要。そしてその強さとは、表面的な表現テクニックではなく、
表現の源にある思想であり世界観、そしてそれを打ち出す霊力にあるといえるでしょう。

 
その点、まだまだ序の口といった作品も見受けられたものの、さすがにオモシロく、
現代芸術としての書の胎動が感じられる、見ごたえのある内容でした。
って、エラそうに言ってるけど、なんでおまえ入っていないんだ、って?
いや、SOGENは別格ですから(笑)
 

本展は1月25日(水)まで、北青山の伊藤忠青山アートスクエアで開催中。

興味のある方は、どうぞご自身の目と心で、現代書芸術の未来を展望されてください。

 
『書の未来展』

 
主催:Yumiko Chiba Associates
共催:伊藤忠商事株式会社
会期:2017年1月17日(火)~1月25日(水)
開催時間:11:00~19:00 会期中無休
会場:伊藤忠青山アートスクエア(東京都港区北青山2丁目3-1シーアイプラザB1F)
入場料:無料

詳細案内⇒http://www.itochu-artsquare.jp/exhibition/2016/shonomirai.html

 

 

~関連展のご案内~

 

アサノエイコ・山本尚志 二人展
Eiko Asano / Hisashi Yamamoto - Exhibition of Two Artists
“poison and small huts”

 
会場:YUMIKO CHIBA ASSOCIATES
2017年1月12日(木) – 1月25日 (水)
OPEN|12:00 – 19:00CLOSE|日・月・祝日
詳細案内⇒http://www.ycassociates.co.jp/viewing-room/

 

 

SOGENアートファンサイト ON FACEBOOK
https://www.facebook.com/HiranoSogen

 
書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/(デザインワークス・レクチャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com(スクール/SOGEN書芸塾ARC)

 

 




 
 

平野壮弦 書芸展~ソウル・ドローイングズ2016 IN ソウル~のご報告

 

 

ソウル、恩平文化芸術会館で10.26より11.2の会期で開催された『平野壮弦 書芸展~ソウル・

ドローイングズ2016 IN ソウル』、おかげさまで盛況のうちに閉幕いたしました。
本展の成功はひとえに、韓国を代表する書芸家・呉旻俊(オ・ミンジュン)先生とご家族、
関係各位、韓国の仲間たち、ご多忙の中ご来訪くださった方々のおかげです。
中には日本からも日帰りで見に来てくださった方もおられ、大感謝です。
厚く御礼申し上げます。

 

今回は10日間のソウル滞在となりましたが、インスピレーション受けまくりの濃厚な日々で、
書きたいことは山のようにありますが、紙面もかぎられていることから、
写真とともに概要をざっとご紹介させていただきます。

 

 

緑に囲まれたソウル市郊外の恩平文化芸術会館

 

1888x592   1-2

 

2-888x592 3-888x195

 

 

オープニングパーティーでは、韓国の伝統音楽家の方々の生演奏をバックに、

韓国の歌姫・パク・シヒョンさんが見事な唄と踊りを披露してくださいました。

SOGENも乱入し、踊りまくり・・・(画像はございませんw)

 

%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%bb%e3%82%b7%e3%83%92%e3%83%a7%e3%83%b3-2016-10-26

 

5-888x592

 

個展会場が鬼ごっこの場に・笑

作品たちも、子どもたちに遊んでもらって、きっと喜んでます♪

 

6-3-888x592  6-1-888x592

 

6-2-888x5927-888x592

 

 

本展の出品作品から抜粋してFACEBOOKページで紹介しております。

タイトルや解説も合わせて、どうぞご鑑賞ください。

https://www.facebook.com/HiranoSogen/photos/?tab=album&album_id=1148250775230312

 

 

思えば韓国とのご縁は2002年の日韓FIFAワールドカップ公式ポスターならびに公式エンブレム

毛筆バージョンを手掛けさせていただいたことに始まります。

以来、韓国の若い書芸家の方々が、ぜひSOGENに会いたいと東京まで尋ねて来てくれるようになりました。

それを機に『韓中日2007書芸デザインワークショップ INソウル』や『2010仁川国際デザインフェア』

をはじめとした各種国際イベントにもお招きいただき、特別展示・アートパフォーマンス・講演等を

行わせていただき、交感の輪を拡げています。

 

韓国の仲間たちは「この時の出会いは、この時しかないから」と言って、

いつも忙しい中、集い歓迎してくれます。

お金や物も、交流するうえでは必要な媒体なのでしょうが、

それ以上の真心をもって、彼らはいつも付き合ってくれます。

そんな仲間たちを生涯で、しかも異国の地に持てたことは喜びに耐えません。

本展は、そんな交感の輪を広め深めていくことが自身の喜びであり、

また一つの使命なのだということをあらためて強く感じる機会となりました。

 

みなさん、ほんとうにありがとうございました! またお会いしましょう!

정말로 감사합니다~! 사랑해요~♡

 

 
2016.11.7

 
SOGEN

 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

SOGEN個展のご案内:平野壮弦 書芸展~ソウル・ドローイングズ2016 IN ソウル~

 

 

ちょっとは自分の展覧展の宣伝もしとかんと!

ということで、以下、SOGEN個展のご案内です。
 
 

s-010-%e3%83%aa%e3%83%88%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9-the-lit-godzilla-345x295mm平野壮弦 書芸展~ソウル・ドローイングズ2016 IN ソウル~
SOGEN Calligraphy Art Exhibition -Soul Drawings 2016 In Seoul-

 

開催日程:2016.10.26(水)~11.2(水) 10:00-19:00

     ※10.30(日)休館
☆10.26(水) 18:30よりオープニングパーティー
 
会場:恩平文化芸術会館 (ソウル)

 

 

 

日本からご来訪の方々には、展覧会をご覧いただくほか、呉旻俊先生や生徒、

友人のみなさんと一緒に食事をしたり、書をいっしょに書 いたりといった

交流会にもご参加いただく予定です。
そのほか、観光、ショッピング等、自由です。

 

つきましては、会期中、ソウ ルまでおいでいただける方は、SOGENまで滞在日程を

お知らせください。
すでに数名の方から、イクよんと言っていただいていることから、ソウルで歓迎の準備もして
くれるようです ので、準備の関係上、10.20までをメドにご一報ねがいます。
もちろん、会期中ご都合に合わせて、いつおいでいただいてもけっこうです 。
SOGENは10日間ソウル滞在となりますので、けっこーあそばせてもらえるんじゃないかと。

 

格安ツアーもあるようです。
https://www.ab-road.net/a…/korea/seoul/tour/search/AC910189/

 

海外にいくと、いつも3日くらいでバテてしまうもんで、これから体力つけんと!

酒の肴(作品)には、なんだかわからない珍味を取り揃えてお待ちおしております♪

 

 

SOGEN
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

『支離滅裂』~祥洲と墨集団翔Sho書作展~

 
 
for平野壮弦さん

京都の雄、福田祥洲氏と、「祥洲と墨集団翔Sho書作展」(マキイマサルファインアーツ)にて
 
 
祥洲氏が本格の書の底力を見せていることは言うに及ばす、若手メンバーが
実にいい仕事をしていた。
これも師・祥洲氏の懐の広さと、それに応える若手の響き合いの賜物なのだろう。

 

書展のテーマ『支離滅裂』にちなんで、シリめくりつつ?美脚を披露した

祥洲さんのセクシー写真は、もうこれ以上変なファンが増えたらこまる

とのことで、ザンネンながらお蔵入りになったとのことw
まあ、大河ドラマの軍師官兵衛の題字を書いた巨匠が、さすがにね・・・w

 

祥洲さんからは昔、書芸塾で『墨』をテーマに特別講義をいただき、

参加者は2時間、ひたすら墨を擦って、作品は書かずに終わるという、

実にディープなワークを行っていただいたことがある。
書いているところはチラとも見せてはいただけなかったが、本来、

師から芸道を学ぶとは、それくらいのことなのだ。

 

書芸塾では過去に、サントリー『』、大河ドラマ『新選組!』の書等で著名な

荻野丹雪先生にも2度ほど特別講義をいただいたことがあり、思えばこれまで、

いかに講師陣に恵まれてきたことかと。

みなさんから、SOGENの頼みなら仕方なかんべぇと、損得抜きでご協力いただいて

きたおかげで、これまで何とかやってこられたようなもの。

 

書芸塾では有名無名にかかわらず、SOGENが御縁をいただき、人・表現ともに、

何かしら深く感じ入るところのある方にかぎってお願いしている。
4月からはじまる新年度の特別講師陣は、これが書の教室か?!とビックリされるような、

実に多彩な顔ぶれとなる予定。
どうぞご期待いただきたい。

 

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

☆Passionate Night~韓国からの客人との熱~~い夜~ (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.7.10 投稿 167)

 

 

7.10(木)/新大久保

 
韓国から客人あり、新大久保界隈の韓国料理の店で一献。

客人は韓国の著名なカリグラファーであるイ・サンヒョンさんと、その生徒の皆さん、
そして昨年、日本の大東文化大学の大学院を卒業し、いまは韓国の大学で働いている
我が朋友、オ・ミンジュンさん。
オ・ミンジュンさんは、在日中に色々と仕事を手伝ってもらっていた人で、
再会できてメチャうれしかったよ。

 

2008.7.11-1
 
 
カリグラファーのイ・サンヒョンさんとは初めて御会いしたんだけど、
作品集を見せてもらったところ、実に多彩な活躍ぶりで感心させられた。
世界的に有名な車の雑誌などにも特集記事が組まれていて、こんど、
アジアの モーターショーでベンツに書くというパフォーマンスを披露する
ことになっているという。 スゴいもんだ。
そのサンヒョンさんが言ってくれたことには、 「8年前にSOGEN先生の
ことを知り、以来ずっと御会いしたいと思って いたのですが、今日、
その夢がかなって、うれしくてなりません。」 マジかよ? うれしいねぇ・・・

 

サンヒョンさんが連れてきたカリグラフィー・スクールの生徒の皆さんは、
その職種もWEBデザイナー、エディトリアルデザイナー、イベントプロデューサー、
フラワーアレンジャーと多彩。 書やアートについても色々と熱く語らうことができて、
ほんとに楽しい一夜を過ごさせて いただくことができた。

 

この場をセッティングしてくれたオ・ミンジュンさん、イ・サンヒョン先生と
生徒の 皆さん、そして同じく韓国から駆けつけてくれたフォントデザイナーの
イ・ホさんに、心から感謝・・・篤く御礼を言わせていただきます。
カムサハムニダ!

 

 

○車の雑誌に掲載されたイ・サンヒョンさんのパフォーマンス風景

 

2008.7.11-2

 
 

○イ・サンヒョンさんからいただいたお土産(韓国の高級酒)。
 奥さんから渡してきてほしいと頼まれたというプレゼントまでいただいた。
 奥さんは韓国で有名なデザイナーだそうで、プレゼントも手作りだって。
 うれしいねえ。  サンヒョンさん、ありがとうございました。

 

2008.7.11-3

 

 

 

 

書芸家SOGEN / 平野壮弦

 
WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/Hirano