音と書に関する考察〜漢字的な音VS.アルファベット的な音〜



先に音楽が単音では成り立たず、様々な音の差異、一つの音から他の音へと移り変わる、

その変化の狭間にこそ、音楽の妙味があると述べた。


音程に差をつけぬ、棒読みに近いお経などは、あえて音楽の要素(人為的な音の操作)

を排し、発せられる言葉そのものの力に重きを置いたものと思われる。


たとえばスタインウェイの最高のピアノの鍵盤を一つだけ叩いて音を出したとすれば、

最高の音色には違いないだろうが、それだけでは音楽とはならない。

対して、鐘や太鼓などは、「ゴ〜〜〜ン」や「ド〜〜〜ン」といった音一発だけでも、

人の心に沁み込み動かすような、霊妙な音色を秘めていたりする。


これは一文字だけでも意味を成す、表意文字である「漢字」と、一字では意味を成さず、
複数の文字を組み合わせることで意味を持つ語句と成す「アフファベット」の
違いにも似ているようにも思われる。

つまり、一つの音にすべてを込めて伝えるような力を有する鐘や太鼓は漢字的であり、

ピアノやバイオリンやトランペットといった管弦楽器はアルファベット的である

とも言えるかもしれない。


そんな見方をした者は、人類史上、おそらく誰もいなかったと思うので、

この視点は我ながら、なかなか面白いんじゃないかと思っている。

先のブログで、「音も書も人も、単体ではなく、他と交わることで、らしさが際立ち、

響き合うことで、また新たな世界が開かれていくところがあるのかもしれない。」

と述べたが、それは他者との比較の中でしか個の魅力や存在意義鐘は見出せない

ということではなく、異質の存在同士の響き合いが個を際立たせ、より豊かな
世界を開いていくという可能性の話なのだ。


と同時に、何物にも比することなく、鐘や太鼓のように、自ら発する一発の音をもって、
未知なる世界の扉を開きゆく人や作品が存在することもまた、心に留めおきたいと思う。





書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)





 
 

音・書・人



拙著『故郷〜魂のふるさとへの回帰 書芸家壮弦ものがたり』の出版に際し、

映画監督、舞台演出家の梨本 諦嗚(なしもと・たお)さんから、

壮弦さんの書は音でできている」という帯文をいただいた。

それを見た友人から、「音でできてるんですか?そこんとこ、また飲みながら話したい」

と言われた。他の人からも「壮弦さんの書から、何か音が聞こえてくるように感じる」

と言われることがある。

その辺り、正直、自分でもよく分からないのだが、自分の書に限らず、書と音とは、
確かに深くシンクロするところがあると感じている。



で、今日、実家の雪掘りの後、風呂に入りながら、言われてみれば当たり前
なんだけれども、自分の人生史上、十指に入るくらいスゴいことに気付いた。

それは音楽が、音自体を楽しむ以上に、音と音との差異、落差、一つの音から

他の音へと移り変わる、その変化をこそ楽しみ味わう芸術なのだということ。

つまり音楽は、同じ音程、同質の音だけでは成り立たず、異なる音程、異質の音
が混在し、響き合うことで音楽と成り得る。
書芸もまさにそうで、異質の線が絡み合い、響き合うことで、新たな世界が生まれ
開かれていくところがあるのだ。


で、実は人間同士もそうなんじゃないかと。

音が一つでは特徴が不確かなところを、他の音と並ぶことで、その音の特性が

より際立ち、人の心に響くのと同じく、人もただ一人では特徴もハッキリせず

何者なのかよく分からないところを、他の人と交わることで、

いいも悪いもその人らしさが際立ってくるところがある。
「他人は自分の写し鏡」と言われるのも、そういうことなのだろう。


所以、音も書も人も、単体ではなく、他と交わることで、らしさが際立ち、

響き合うことで、また新たな世界が開かれていくところがあるのかもしれない。




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)








 
 

越後門出和紙の工房訪問



その昔、東京のデパートの特設販売コーナーで、1枚のアート和紙を見初め、手に入れた。
1枚8万円と高価であったが、和紙が連れて帰れと言うもので・・・しかし、未だに
その和紙には手をつけられず、東京の仕事場の押入れで白雪姫のように眠っている。

それは「門出和紙(かどいでわし)」といって、新潟県産の和紙であるということしか
分からなかったのだが、なんと柏崎市高柳町門出にある工房で作られている和紙であると、
最近になって人から教えてもらい、あたりをドライブをしていたら見かけたので

立ち寄ってみた。

ありがたいことに、写真も自由に撮っていいと言っていただき、興味津々で、あちこち
撮らせていただいたので、シェアーさせていただきます。



雲と蜘蛛

門出和紙 和紙 久保田 書 書家 書道家



工房の裏山で栽培されている、和紙の原料となる楮(こうぞ)

門出和紙 和紙 久保田 書 書家 書道家



乾かした楮

門出和紙 和紙 久保田 書 書家 書道家


楮を蒸す大釜

門出和紙 和紙 久保田 書 書家 書道家


蒸した楮

門出和紙 和紙 久保田 書 書家 書道家


豆腐のように並べられた四角い和紙は、日本酒『久保田』のラベル。

門出和紙 和紙 久保田 書 書家 書道家


和紙の風合いが、格のある筆書と相まって、上質な日本酒のイメージを一層高めている。

門出和紙 和紙 久保田 書 書家 書道家



1階が工房で、2階が和紙の展示販売スペース。
こんな素晴らしい和紙工房が、十日町市の実家から車で30分のところにあったとは・・・
だがその出会い(再会)も、今だからこそ、なのだろう。

門出和紙 和紙 久保田 書 書家 書道家
門出和紙 和紙 久保田 書 書家 書道家



味のある様々な和紙を一枚から購入できるほか、工房見学に和紙づくり体験もできる模様。

お近くにおいでの節は、どうぞお立ち寄りください``


越後門出和紙:https://www.kadoidewashi.com




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)






 
 

初、岡本太郎記念館🎨



10年来、行きたいと思いながら行けていなかった岡本太郎記念館へ。

ご存知の通り、岡本太郎記念館は、芸術家、岡本太郎が1996年、84歳で没するまで
43年間住んだ、南青山にある自宅兼アトリエを記念館としたもの。


岡本太郎の芸術は、徹底した人間讃歌、生命賛歌の芸術である。

このような世界的な芸術家が、忖度を重んじるような日本から生まれたことは驚きだ。

というか、岡本太郎は、もはや宇宙人。


自分が弾けて見せれば、よし、ならば自分も、と比較相対的に弾ける若者が
増えていくと思ったけれど、案外そうはならなかった、と生前、些かザンネンそうに
語っていた岡本太郎。

たしかに彼の超人的な活動に対して、案外、周りが変わらなかった、というか、
ますます人々が萎縮し、世の中が窮屈になっていったところもあるわけだが、

コロナ禍の平日にも関わらず、多くの若者たちが館を訪れている様を見ると、
岡本太郎の精神は、たしかに世代を超えて受け継がれているように思う。



人々が霊力と生命力とを取り戻し、新たな世界を創造していく源点とも言える

この時代にあって、岡本太郎の魂は、益々その輝きを増していくことになるだろう。



岡本太郎 岡本太郎記念館 現代美術 彫刻 絵画 書家 書道家
岡本太郎 岡本太郎記念館 現代美術 彫刻 絵画 書家 書道家
岡本太郎 岡本太郎記念館 現代美術 彫刻 絵画 書家 書道家
岡本太郎 岡本太郎記念館 現代美術 彫刻 絵画 書家 書道家
岡本太郎 岡本太郎記念館 現代美術 彫刻 絵画 書家 書道家
岡本太郎 岡本太郎記念館 現代美術 彫刻 絵画 書家 書道家




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)






 
 

本日の書芸塾、「書に魂を込めるとは」をテーマに




今日は毎月一回、新宿で開催している、SOGEN書芸塾ARCの日。
このコロナ禍にあって、なぜか体験希望者が増えている。
社交が減った分、自分と向き合い、人生を見つめ直す時間が増えた、
といったことも、その裏にはあるのかもしれない。

書芸塾は基本、何をやってもらってもよい自由なアート空間だが、
自分が何もしなでいるのも退屈なので(笑)、最近はときにテーマを設け、
トークやデモンストレーションも行っている。


今日は「書に魂を込めるとは」をテーマとし、ディスカッション後に
制作実習を行う予定。そもそも「魂」って何?ってとこから入るわけだが、
それはこれまでの書芸塾にも無かったこと。ビジュアルを超えた未知なる
次元を求める域にまで、自分と書芸塾が育ってきたからこそ可能なテーマ設定。
さて、何が出てくるか、今日もワクワクだ。

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com



書道教室,東京









 
 

滝と光



「こんなクソ暑い中で書いていたって、いい作品なんか出来るわけがない。
もっといい環境で書かなくちゃ。」と言って、友人がある山奥の神社を案内してくれた。


この猛暑の中でも、そこは避暑地のようにヒンヤリとして涼しかった。
古くから修験者が滝行を行ってきた霊場とのことで、滝の写真を撮ったところ、
カメラのせいなのかもしれないが、なにやら不思議な光が💫


明日はこの頂きにある神社の境内をお借りして書く。


神社 光 滝 滝行 書




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)







 
 

小嶋屋総本店(新潟県十日町市)




節黒城址までハイキングに行く途中、小嶋屋総本店さんを通過。


水車も元気に回って営業再開したようで、よかった!


「皇室献上」「へぎそば」「布乃利つなぎ」等、看板の書、けっこう書かせていただいてます。


小嶋屋 総本店 水車 そば 十日町 看板 書
小嶋屋 総本店 水車 そば 十日町 看板 書
小嶋屋 総本店 水車 そば 十日町 看板 書


小嶋屋総本店:http://www.kojimaya.co.jp





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com





 
 

越後銘酒『苗場山』御歳暮



新潟県津南町の苗場酒造さんから、越後銘酒『苗場山』の御歳暮をご恵送いただきました。

いつも有難うございます‼️


中央の大吟醸酒は、令和元年の全国新酒鑑評会、金賞受賞酒とのことで、大変おめでとうございます❗️㊗️

生貯蔵酒『kamosu mori』も気になります!

貴重なお酒、有り難く、ご賞味させていただきます。



苗場山,苗な酒造,日本酒,デザイン書,ロゴ書

『苗場山』ロゴ書:平野壮弦揮毫




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)


〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com


お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

黒、最強

色彩を使っていて思ったのは、
黒というのはすべての色を呑み込んだ、

最強の色であるということ。

黒はブラックホールのように、すべてを引き付け呑み込む

宇宙的なパワーを秘めている。


SOGEN Untitled 2010 490x400mm black ink on Japanese paper

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

斬り捨てる勇気

いまアートムービーを制作してます。
で、思ったのですが、これは書芸と同じく、コンマ1秒が勝負であり、

いかに削ってコアだけで見せていくかの世界なのだと。

勿体無くて捨て切れず、あれもこれもと詰め込むと、焦点がボケてしまい、

見た人が混乱するのは、書も絵も映像も、また文章も同じなのでしょう。

伝えたいことが山ほどある。すべてを分かってほしい。捨てるに忍びず・・・

そこをバッサリ斬り捨てるには勇気が要ります。が、斬り捨てたものはけっして

只のゴミではなく、表舞台に立つものを陰で支える立役者なのだと思います。

人もアートも、ゴミを出すことで純化していく
逆にいえば、ゴミ出さずして純化無し
そう思って、これからも無駄とも思える時を過ごしつつW、ゴミとも思える

作品をつくり続けてイキたいと思います。

~新規オープン~

ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)