書芸術による祭典『ART SHODO TOKYO』のご案内〜4.28-4.30 三鷹市芸術文化センターで開催!〜

 

 
書芸術による祭典『ART SHODO TOKYO』のご案内です。

 

会場:三鷹市芸術文化センター

会期:4月28日(土)〜4月30日(祝)

 

 
書をベースとした芸術作品を世界のアートに押し上げる

ための一大アートフェァー。おそらく世界の書芸術の

最先端をいく内容となるものと思います。

 

SOGEN書芸塾からも、SOGENはじめ6名の作家が

出展する予定です。
会期中は、ほとんどの作家が会場に詰める予定で、

SOGENも毎日、会場におりますので、ぜひみなさん、

見に来てくださいね🚀

 

 

 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

新生・SOGEN書芸塾のスタートにあたって〜宝物を探し出し、磨いていくための場〜

 

 
SOGEN書芸塾ARCは、4月から全クラスを統合し、新たな形で

スタートいたします。
 
内容は、これまで開いてきたフリークラスに準ずるもので、

伝統書道からデザイン書道、アートまで、何をやっていただいて

もよい、ますます自由な書芸術のアトリエと化していく予定です。

 

で、これまでのような全体レクチャー的なことは基本、行わず、
もちろんお手本を見ながら稽古するといったことも、これまで通り
行いませんが、書道、芸術、デザイン等について語り合ったり、

参考となるものをご覧いただいたり、デモンストレーションや

アドバイスをさせていただくことを通して、個々に応じた
アシストを行ってまいります。

 

 

書芸のいのちは生(き)の線にあり、人マネではない、

自分自身の呼吸で、自分の線を描くことが大切。

 

しかし一方で、好きなように書いたものが芸術作品として

値打ちを持つかどうかはまた別で、なんでもありですが、

なんでもいいというわけではなく、そこに芸術としての

深浅の差が生じます。

 

芸術は未知の世界への挑戦ですから、その評価はもちろん

安易に下せるものではありませんが、古今東西の名家による

書はもとより、世界の芸術作品に触れ、また自らも

世界的書芸家として書芸作品を世に送り出しているSOGENが、

それぞれの人の中に眠るお宝を探し出し、磨いていくための

アシストをさせていただくことが、SOGEN書芸塾の本旨と

なります。
 
 

これは先日の教室でのこと。

筆線による抽象作品を制作している塾生が、こんな作品を

書いておりました。

 

 

このたどたどしい感じが独自の持ち味となっており、これはこれでよい
ところがあると。

ただ、芸術作品としてはまだ弱く、物足らなさがあることも否めません。

 

そこで、デモンストレーションをご覧いただいた上、少しアドバイスを
させていただいたところ、こんな作品が生まれました。

筆ではなく、小さな木のヘラで書いてます。

 

 

これはもう、あそびのある、実に豊かな作品であると。

書道の素人である一般の方が、こんなものを、ほんの少しの
アドバイスで速攻で生み出してくるあたりは、ご本人の
柔軟な精神と学ぶ意欲の賜物であろうと。
まさに、芸術はみんなのもの、なのであります。

 

 
指導者のクセや好みを押し付けることなく、いかにその人の

持ち味を引き出し、磨いていくための手助けをさせていただくか・・・

SOGEN書芸塾では、今後とも、そこを大切にしながら、

よりすばらしい交感の場としていけたらと願っています。
4月からの、また新たな人々と作品との出会いにワクワクです♪

 

新生・SOGEN書芸塾ARCを、どうぞよろしくお願いします。

 

 

新生・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC主幹・SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

 




 
 

自由な書芸術によるアート創造空間『フリークラス』/2018.3.24風景

 

 

自由な書芸術によるアート創造空間『フリークラス』
3月24日(土)開催クラスの模様です。

 

 

■本時の風景から

 

藁筆や木の枝によアート書制作

 

 

天空を舞うかのような、縦横無尽な筆線のうごめき・・・

女体に見えたという人もいて、人それぞれ様々な

イメージを喚起するところが筆線アートの面白いところ。

 

 

 
 
何を書くのか、何が出てくるのか、

自分と向き合う瞬間・・・

 

 

BEFOFE
 

 

AFTER

(SOGENのデモンストレーションとアドバイス後に制作)

 

 

 
 
さまざまな用具を駆使した筆線の戯れから、

無限のイメージが湧き上がる・・・

 

 

 
 

 

さて、これをもちまして、2017年度のSOGEN書芸塾は
全クラスが終了。

4月からは全クラスを統合した新たな形で、新生・SOGEN
書芸塾ARCとしてリスタートいたします。

 
内容は、これまで開いてきた、このフリークラスに

近い形となり、何をやっていただいてもよい、

ますます自由な書芸術のアトリエと化していく予定です。

 

ご興味のある方は、以下のご案内ページ(PDF)を

ご参照の上、ご参加お申込みください。

 

 

新生・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC主幹・SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

 




 
 

2018.3月アートクラス風景:『自然現象の本質を問う』/画家・グラフィックデザイナー・塩崎綾子さんスペシャルワーク

 

 

書芸術を通した解放と交感の場、

SOGEN書芸塾ARC【アートクラス】

 

 

 
~3月のアートクラス風景~

 

開催日時:2018年3月17日(土)15:15-17:15

テーマ

画家・グラフィックデザイナー・塩崎綾子さんスペシャルワーク

 『自然現象の本質を問う』

 

 
最終回となるアートクラスの大トリを務めていただいたのは、
画家、グラフィックデザイナーとしてご活躍の塩崎綾子さんです。

 
塩崎さんの絵画や写真を元にしたアート作品をご紹介いただきつつ、
『自然現象の本質を問う』と題した講話をいただいたのち、
ジェッソを用いたアート作品の制作ワークを行いました。
 

 

 

ヌリヌリ・・・♪

 

 

ペタペタ・・・♪

 

 

またヌリヌリ、ペタペタ・・・♪

 

 

カワカワ・・・♪

 

 

 

わ〜〜ぉ!!!

 

 

 

どっひゃ〜〜ん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
う〜〜む・・・
生まれ出た作品たちが素晴らしくて、展覧会を開きたいくらい。
塩崎さんも感心しておられました。
 
作品を絵の具で盛り上げたり刻んだりと、書芸の世界では
何でもありなのだ! またジェッソであそびたい♪!
 
塩崎さん、刺激的な時をありがとうございました!

 
 
 
SOGEN書芸塾ARCは、4月の新年度より生まれ変わって、
新たな形でスタートいたします。

入塾、ご参加をお考えの方は、以下のPDFページを

ご参照の上、お申込みください。

 

新生・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 
書道の経験を問わず、どなたでも、いつからでもご参加いただけます。

体験参加も受付中です。
 

 
お申込み先:office@hiranosogen.com

 

 

 




 
 

2018.3月レッスンクラス風景/『書芸作品を生活空間に~インテリア書作品の制作~』をテーマに

 

 

伝統書道からデザイン書~アート作品まで、あらゆる書表現に

展開可能な書芸の心と技を実習を通して学ぶ、SOGEN書芸塾

ARC【レッスンクラス】の模様。

 

 

 

~2018. 3月レッスンクラス風景~

 

 

開催日:3月17日(土)13:00-15:00

テーマ:

『書芸作品を生活空間に~インテリア書作品の制作~

古典臨書:傅山の書

 

 

本地では『書芸作品を生活空間に~インテリア書作品の制作~』
をテーマに、公共スペースや生活空間を飾るインテリア書作品の
発想と表現技法について、レクチャー、デモンストレーション、
実戦的な政策実習を通して学びました。

 

 

 

 

《本時の内容》

 

1.SOGENが出演したクイーン・エリザベス号での

イベントの紹介報告

 

2.さんずいの表現技法のデモンストレーション&解説

 

3.制作実習-1&鑑賞会

お題:『海』(※クイーン・エリザベス号に飾る書芸アート作品)

 

4.塾生OBの展覧会の紹介

 

5.SOGENの書芸アート作品展示風景の紹介

 

6.制作実習-2&鑑賞会

お題:『桜』(※ホテルに飾る書芸アート作品)

 

7.臨書の心得に関する講話

 

 

 

 
〜本時の塾生作品から〜

 

○『海(※クイーン・エリザベス号に飾る書芸アート作品)

 

 

 

 

 

『桜(※ホテルに飾る書芸アート作品)

 

 

 

 

 

 

 
SOGEN書芸塾ARCは、4月の新年度より生まれ変わって、
新たな形でスタートいたします。

入塾、ご参加をお考えの方は、以下のPDFページを

ご参照の上、お申込みください。

 

新生・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf
 

書道の経験を問わず、どなたでも、いつからでもご参加いただけます。

体験参加も受付中です。
 
 
お申込み先:office@hiranosogen.com

 

 

 

1 (888x592) (234x156)

☆以下のページより、これまでのクラスの風景画像や
塾生作品、動画をご覧いただけます。
開催済みクラスレポートhttp://sogen-arc.com/report/

 

 

 




 
 

『五月女寛陶展』に刮目

 

 

五月女寛陶展』を南青山ギャラリーワッツにて拝見。

 

五月女さんは陶芸家でありながら、ここ数年、書芸塾で書に

勤しんできた作家さん。

今回はその書を生かした作品展とのことで、一体どんなものなのかと

楽しみに伺ったのだが、心底驚いた!!

 

キャンパスを陶芸の土とジェッソで塗り固めたところに

墨その他の素材で書き、モノによっては、またその上に

幾重にも様々な画材を重ね、試行錯誤の中で創り上げたという、

その作品からは、紙に書かれた書作品とはまったく異なる

質感を持って、重厚で奥深い世界が立ち現れていたのだった。

 
 
「これは書ではなく、抽象絵画じゃないか」と思う人もいるだろう。
が、これもまた書芸術に根ざした表現世界であり、欧米の抽象絵画とは

一線を画する、まさに書芸の粋を内包する傑作の一つと言えるだろう。
 
SOGEN書芸塾には、実はこんな作家がゴロゴロ、とは言わないまでも、
少なからずおり、4月のART SHODO TOKYOに参戦したのは、実はまだ一部。
彼らがもし書芸を本気で求め深め続けていったなら、書芸術の魅力と価値の
向上に大きく寄与するとともに、古今東西の書史はもとより、世界の美術史
までも塗りかえていくことになるだろう。
そうなったら面白いに違いない。
だから励まし、けしかける。
が、何を求めてどこまでやるかもまた、本人の自由なのだ。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

ところで案の定、五月女さんのこれらの作品は全て完売。

結局、その作品が書道なのか絵画なのかといった区分けは評論家の

仕事であって、一般の人たちが感じる作品の魅力や価値とは関係ない、

ということだろう。

 

 
 
なんだか陶芸のほうがオマケみたいになってしまったが(笑)、

陶芸作品ももちろん素晴らしく、特にこの恐竜の卵が割れて、

何かが生まれ出るかのような白陶のシリーズは、

これまで見せてもらった中でも傑作揃いなのではないかと。

 

五月女さん曰く、「書芸塾で書芸に触れたことで、また一つ、
世界が大きく開けたように思います
」と。

だとしたら、実に嬉しいことである。

 

五月女さんの今後のさらなる深化発展が楽しみでならない。

 

 

 

 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/
 
 




 
 

☆展覧会のご案内/『五月女寛陶展』 『楽書家・今泉岐葉 ジュエリーとのコラボ展』

 
 

ただいま開催中のSOGEN書芸塾・塾生・OBによる展覧会の

ご案内をさせていただきます。

 
 

◯『五月女寛陶展』

 

会期:3.5(月)~3月10日(土)

12:00-19:00(最終日17時まで)

 

会場:ギャラリーワッツ

東京都南青山5-4-44  ラポール南青山#101

 

五月女さんは、陶芸家でありながら、SOGEN書芸塾にて

書芸に親まれ、今回の展覧では墨による墨象風の装いを

ほどこした陶も出展されるとのこと。

 

五月女さんの陶は自然の中から生まれでたような、

不思議な魅力があり、手元に置いておきたくなるような

逸品ぞろいですが、果たして今回はどんな趣を見せて

くれるのか・・・

 

お時間のある方は、どうぞ南青山までお運びいただき、

ご高覧いただきますよう、ご案内申し上げます。

 

 

 
 

楽書家・今泉岐葉Xジュエリーデザイナー・濱田敏明コラボ展

 『幾千粒のことば』

 

会期:3月8日(木)~3月11日(日) 11:00-19:00

 

会場:Gallery imasa(ギャラリーイマサ)

   東京都日本橋本町1-2-8

 

今泉岐葉さんは、SOGEN書芸塾に学ばれたのち、現在、楽書家
として活躍中。
今回はジュエリーとのコラボレーションとのことで、書と宝石の
コラボ展はおそらく世界初ではないかと。
 
ジュエリーと書の絡みにより、一体どんな世界が生まれるのか・・・
ご興味のある方は、どうぞ日本橋ギャラリーイマサまでお運び
ください。
 
 

 

 
 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 
 




 
 

SOGEN書芸塾ARC〜2018年 3月開催クラスのご案内~

 

 

みなさん、こんにちは。
早くも年度末となりました。

2017年度・SOGEN書芸塾も3月をもって終了。
 
4月からは、新生・SOGEN書芸塾ARCとして、新たに生まれ
変わってスタートいたします。どうぞご期待ください!!

 

 
さて、これまでアートクラスでは、毎月、様々な分野の表現者の

方々からスペシャルワークショップを行っていただき、

またとない貴重な体験と刺激を与えていただいてまいりましたが、
それもいよいよ今月が最後となります。

 

その大トリを務めていただくのが、画家・グラフィック

デザイナーの塩崎綾子さんです。

 

 

 

塩崎さんは、グラフィックデザイナーとして活躍されているとともに、

アーティストとして独自の表現世界を掘り下げ、求め続けておられる
方で、その絵画や写真による表現世界は、思わず引き込まれてしまう
ような奥深い魅力をたたえています。

 

 
塩崎 綾子展 『like abstraction』から
 

 

 

塩崎さんが展覧会に寄せたメッセージの中で、次のように述べておられます。
 
「抽象画」のような「具象画」という意味で「like abstraction」と
タイトルをつけました。

「できるだけ観念から離れ、けぶる空気、時間の流れを感じる

自然現象のような表現で、あらためて「物質」が秘める性質に

ついて考えるきっかけになる作品を制作したいと思っています。
自然現象のような表現に、人為的と映るものはほんの少しだけで

よいのでしょう。

 

これはまさに書芸の精神とピッタリ重なるもの。

本当に、今回のワークはまたと無い機会となります。
ご興味のある方は、ぜひご参加ください。
また終了後は塩崎さんを囲んでの懇親会となります。

こちらも、どうぞみなさん、お気軽にご参加ください。

 

 
お申込み http://www.sogen-arc.com/inquiry/index.php
 
 

 
以下、3月の教室のご案内となります。どうぞご参照の上、ご参加ください。

 

 

~2018.3月開催クラスのご案内~

 

 

フリークラス ☆書を通した癒やしと解放の自由アート空間 -人気上昇中!-

 

3月10日(土)   18:00-20:00 テーマ:自由
3月24日(土)   18:00-20:00 テーマ:自由 

 

内容:自由創作・SOGENによる個別指導・アートトーク・鑑賞批評会等

 

興味あるテーマ・課題に自由に取り組む中で、書芸塾主幹のSOGENから
個別指導も受けられる書のアトリエ。
参加者が書いた作品を貼り出しての鑑賞批評会もあり、
初心の方、作品を書的、芸術的に高め深めていきたい方に最適のクラス。
初心者からプロの書作家を志す方まで、幅広くご参加いただいております。

 

フリークラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/freeclass/index.html

 

フリークラス体験参加費:5,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)

フリークラス・フリー参加費(=会費を各回ごとにお支払いいただく場合):6,000円

 

 

レッスンクラス ☆書芸の基礎から発展までを、レクチャー、実習を通して履修

 

開催日:3月17日(土)13:00-15:00
テーマ:『書芸作品を生活空間に~インテリア書作品の創作~』
古典臨書:明清の大家・傅山の書

 

 

古典臨書を通して書の本道を学ぶともに、オリジナル書芸テキスト『そ~げんの楽々書芸入門』を
教本とし、書芸の多彩な表現技法を実習を通して身に付けていただきます。

 

レッスンクラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/lesson/index.html

 

レッスンクラス体験参加費:5,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)

レッスンクラス・フリー参加費(=会費を各回ごとにお支払いいただく場合):6,000円

 

 

 

アートクラス ☆特別講師によるアートワークを通した解放と交感の場

 

開催日:3月17日(土)15:15-17:15
テーマ

家・グラフィックデザイナー・塩崎綾子さんスペシャルワーク

『自然現象の本質を問う』

 

※通常の書芸用具とヘアードライヤーをご持参ください。

 

特別講師によるさまざまなアートワーク体験を通して、あそび心と芸術的感性を養う
アートクラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/art/index.html

 

アートクラス体験参加費:5,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)
アートクラス・フリー参加費(=会費を各回ごとにお支払いいただく場合):6,000円

 

 

会場は全クラスとも、加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホールとなります。
アクセス: http://sogen-arc.com/access/index.html

用具は全クラスとも、書芸用具一式をご持参ください。無いものは無料でお貸し出しいたします。
体験参加の方は手ぶらでおいでいただいてもけっこうです。

 

 

 

☆過去の各クラス風景
http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=138

 

 

◎各クラスとも体験参加可能。書道の経験を問わず、どなたでも
お気軽にご参加いただけます。
 

 
なお、4月からはクラスが一本化され、新生・SOGEN書芸塾ARCとして
新たな形でスタートいたします。
それに伴い、ただいま新サイトを構築中。
サイトが完成次第、新年度のご案内させていただきますので、
どうぞいま暫くお待ちください。

 

 

 

入塾、体験参加、フリー参加をご希望の方、またレギュラー会員の方で
3月の他のクラスへの参加も合わせて希望される方は、以下のお申込み
フォームよりお申し込みください。

 

お申し込みフォーム
http://sogen-arc.com/inquiry/index.php

 

 

それでは、みなさんのご参加をお待ちしております。

 

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 

 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 
 




 
 

福岡で、韓国を代表する書芸家・呉旻俊(オ・ミンジュン)さんと共同レクチャー

 
 
今週、2.20より2.23の旅程で福岡に行ってまいりました。
なんと、初福岡、初九州です♪!
 
今回のフライトは、御縁をいただいた福岡在住の書家である
卞 (ピョン)順玉さんのご招待で、昨秋、ソウルで4人展を

共に開いた書友であり、韓国を代表する書芸家・呉旻俊

(オ・ミンジュン)さんと共に書芸のレクチャーを行うことが

目的でしたが、まあ半分はあそびです“

 

いや、レクチャーもマジメにやりましたよ!
呉さんのハングル書道や文字書を元にしたアート表現の

レクチャーも実に面白く為になりました。

 

 

 

呉旻俊さんによる記念作品の揮毫

 

 

 

呉旻俊さんのハングル書道作品(卞 順玉さん所蔵)

お皿への直書きです。

こんな書を、酔った勢いで興に乗って、お皿にサラッと
書いてしまうんだから、なんともスゴいもんです。

 

 

 

呉さんから、このたび出版された本をプレゼントいただきました。

書の歴史からデザインカリグラフィー、アートまでを網羅した、

書芸のバイブルともなるような素晴らしい教本です。

 

 

 

SOGENによるレクチャーは、呉さんが「先生がこんなに丁寧に

色んなことを教えるのを見たことないです。僕が東京の先生の
教室に通ってた時は、こんなに教えてもらわなったことは
一度も無かった。僕もこんな風に教えてほしかったですよ!」
と驚いたくらい(笑)、マジメにやらせてもらいましたW

いや、それも取り組む人たちの熱意がそうさせてくれたの

でしょう。

 

 

あとはもう、飲んだくれて、呉さん、ピョンさんと、

書芸術の未来について語り合う日々・・・

手料理も、連れて行っていただいたお店の料理も最高に

美味しかったです。

ピョンさんの心づくしのおもてなしのおかげで、また一生の

思い出となる最高の時を過ごさせていただくことができました。

ピョンさん、呉さん、そしてご参加くださった方に、
心から御礼を申し上げます。
정말로 감사합니다.!!!
 

 
 
書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デ ザインワークス・レク チャー・パフォーマンス)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK SOGENアートファンぺージ)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

2018.2月アートクラス風景:『カラダで話す、カラダで聴く』/ダンサー・上村なおかさんスペシャルワーク

 

 

書芸術を通した解放と交感の場、

SOGEN書芸塾ARC【アートクラス】

 

 

~2月のアートクラス風景~

 

開催日時:2018年2月17日(土)15:15-17:15

テーマ

ダンサー・上村なおかさんスペシャルワーク

 『カラダで話す、カラダで聴く』

 

 

なぜ書の教室でダンスなのか・・・と思われる方も

おられるでしょう。

が、ただひたすら書道の腕を磨いたからといって、

けっして素晴らしい芸術作品ができるわけではなく、

さまざまな分野の一流に触れることで、

自らの芸もまた深まっていくもの・・・

そんな思いで、アートクラスでは毎月、各界一流の

特別講師の方にお願いし、アートワークを行なって

いただいています。

 

ということで、今回の講師は上村なおかさん。

世界一流のダンサーです。

自然の気配、生命のリズム、人の心の微細な動きといった

ものをカラダ全体で感じ取り、表していくことにおいて、

これほどの達人をほかに知りません。

 

その上村さんから、昨年に続いて、今回はまた

一層ディープなアートワークを行なっていただきました。

 

ふだん気にも留めていないような自分のカラダの様々な

部分に触れ、カラダを感じ、カラダの声を聴く・・・

またペアワークでは、手のひらや足の裏同士で会話したり、

そのほかカラダの様々な部分で会話したりといった

コアなワークも行い、不思議な感覚を味わいました。

 

ダンスと書、まったく表現分野が違うわけですが、重なる

ところが多いことをあらためて認識させてもらったところ

もありました。

例えば上村さんが、「実際の自分のカラダ以外の範囲まで

カラダがあるような感覚になることがある。」と言われ

ましたが、筆線もまた同じだと。

実際に目に見える線の遥か先まで、筆線の放つ気が届く

のと相通ずるところがあると。

 

間近ででチラリと見せてくださった上村さんの動きには

微塵の無駄もなく、惚れ惚れするほどの美しさでした。

 

 

「自分のカラダという本を、一生をかけて読み解いていく」

という上村さんの言葉が深く心に残りました。

 

粗末にしがちな自分のカラダの声に、もっと日頃から

耳を傾けていきたい・・・そんな気持ちにさせて

もらえた貴重な体験でした。

 

上村さん、ありがとうございました!

 

 

 

~自由な芸術創造と交感の場~
アートクラスのご案内http://sogen-arc.com/art/index.html

 

-次回のアートクラス開催予定-

開催日:3月17日(土)15:15-17:15 

テーマ:グラフィックデザイナー・画家・塩崎綾子さん

スペシャルワーク『自然現象や概念の本質を問う』

 

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

本書芸塾は、書道の経験を問わず、どなたでもお気軽に

ご参加いただけます。

 

入塾・体験参加のお申し込み

http://www.sogen-arc.com/entry/index.html