書芸と映画〜北野武監督作品『あの夏、いちばん静かな海』〜



この映画をYouTubeでフルに見れるとは・・・

北野武監督作品『あの夏、いちばん静かな海』

北野監督の映画はどれも好きだけど、これが一番かも。

耳の大っきい子に弱いってのもあるかもだけどW


自分が人生で一番味わいたいのは、『感涙』。
この映画はそれを味あわせてくれる、希少な映画。




『あの夏、いちばん静かな海』というタイトルもいいな、と。
公開当時は聾唖のカップルの話だから、「静か」なのだろう、くらいに思ってたけど。
聾唖の二人にはいつだって静かな海なのだ。が、その中でも、あの夏の、

あの海こそが、いちばん静かな海だった・・・と、ノスタルジックに回想する

スタンスでタイトル付けしたのも、すごい感性であると。



実はアクション映画も恋愛映画も、ずべて書芸に繋がってる。
たとえば、この登場人物の今の動きや心境を書で表したらどうなるか、とか、

映画音楽を書で表したら、とか、タイトルを書で書いたらどうなるか、とか・・・

だから、いい書芸作品をつくりたいと思ったら、書ばかり書いてないで、心動かされる、

いい映画を見たほうがいいと思う。




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)


〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com


お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com