命名『雪』



先にご紹介させていただいた、中学生時代の美術の恩師であり、彫刻家の
藤巻秀正先生の手になるレリーフ、『雪わらべ』。

このたび、ウチの子になりましたので、名前を付けました。

』です。よろしくおねがいします。



雪の精のイメージ作品なので「雪」とは、いささか分かり易すぎですが、

実はこの名前には、自分が子どのもときの懐かしい思い出が込められています。



小学生のとき、クラスに雪男と雪女がいました。

雪男」くんと「雪子」ちゃんです。

今から思うと、同じクラスに雪男と雪子って、雪国の学校にしても

珍しいわけですが・・・


雪男くんのほうは、「ゆきおとこ」と書いて「ゆきお」と読みましたが、

今ならちょっとカラカワレそうな名前、てか、当時もウルトラマンで、

雪男の怪獣ウ〜とかやってたけど・・・誰も名前でからかう子はいなかった。

でも内心みんな、あいつ、雪オトコだぜ、スッゲー!とは思っていたんじゃないかとW


その雪男くんは、意外に雪に強くはなく(笑)、冬場はいつもは鼻水を垂らしてて、

バカボンみたいな感じだったんだけど、ウチが天理教で、そのせいかどうか
知らないけど、天地真理の大ファンで(天地真理の名前は「天地の真理」と書く、
実はスゴい名前だったんだと、いま気付いた)、言うことがいつも大人っぽくて
弁が立ったから、きっと見かけによらず?Wとても賢かったんだと思う。
その後、雪男くんは、小学5年生になるときに転校し、以来会っていない。


「雪子」ちゃんのほうは、その名に違わぬ色白の美人で、喋っているところを

滅多に見れないほど大人しく・・・しかも足が速くて、短距離走で
県下トップレベルの速さで、「カモシカの足」と呼ばれていた。
みんな大好きだけど、ちょっと近寄りがたいような、クラスのマドンナ的存在だったと。


で、この『雪わらべ』ですが、この子は男の子のようにも女の子のようにも見え・・・

というか、妖精なのだから、男も女もないのだろうと。

ということで、雪男くんと雪子ちゃんの思い出も含めた子供時代への追憶と、

望郷の念を込めて、この子を「雪」と名付けたのでした。


藤巻秀正 彫刻家 新潟 書家 書芸家




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://sogen-arc.com/(スクール)



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com



 

 




 
 

書道家/書芸家SOGENによる講演、書道パフォーマンス

ネットを見ていたら、以前、新潟県の大和中学校にお招きいただいた時の講演

書道パフォーマンスの動画に遭遇。

Youtubeにアップしたままだったが、意外にも多くの方々からご覧いただいて

いるようで。

おお、なかなかオモシれ〜じゃねーか♫! しかも坊主だしW

書き初めで「彼氏募集」と書いてた先生がいたけど、彼氏できたかな?``

若き日に中学校教師の職を辞し、二度と学校の敷居はまたぐまいと思った自分だが、

その後も学校関係からお声がけいただき、講演や書道パフォーマンス、

アートワークショップなどやらせていただき、ありがたいかぎり。

人生、芸術ともに未だ模索中で、エラそうに語れることは何一つ無いけれど、

未来ある若者たちの心に何か一つでも残ることがあればと願いつつ、

お声けいただいたなら何処へなりとも、老骨に鞭打ってW、行かせていただき

たいと思っている。

SOGENへの講演、レクチャー、ワークショップのご依頼

http://www.hiranosogen.com/kouen/index.html

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

『令和』スタート

令和』の幕開けにあたり、みなさんの益々のご多幸をお祈り申し上げます。

思えば日本の古称『大和』は大きな和と書き、聖徳太子が「和をもって尊しと為す」

と宣ったいにしえより、人々の和を重んじてまいりましたが、新元号『令和』にも

和の文字が使われております。
今後とも書芸術を通して、人と人、人と宇宙自然と和する精神を求めてまいりたいと

存じます。

5月1日付の新潟日報の表紙より

図らずも新潟日報の朝刊で、その昔、書かせていただいた「新潟せんべい王国

のロゴ書を目にしました。なかなかヘタクソでよし!W

長年に渡りご愛用いただき、感謝いたします。

今後とも、アート、デザインの両分野において、魂のこもった書を世に送り出して

ゆけるよう努めてまいりまいと存じますので、変わらぬご支援ご鞭撻のほど、

宜しくお願い申し上げます。

令和元年 5月1日

SOGEN 平野壮弦

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

雪中訪寺

地元のお寺に、大恩ある住職を訪ねる。
樹齢数百年の老杉、摩天楼のように凍てそびえ立つ。
本堂の積雪、凄し。
旧交をあたため、雪道に即席の足跡を残し去る。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

刻字作品展『刻一刻』

その昔、大変お世話になった恩人からのご案内で、ギャラリーみつけ

開催された刻字作品展刻一刻』を拝見。

15名、総作品数43点による本展は、書も彫りも、木の選択から装丁の仕方まで、

実に個性的で、それぞれの作品が、一作一面貌で生き生きと輝いており、

稀に見るたのしい展覧会でした。
ここまでくると、伝統的な刻字を超えたアートの域。

兼ねてよりご高名を伺っていた、代表の書家であり刻字家の丹羽芝水先生が、

「自分の言うことなんか聞きゃしない、みんな好き勝手にやって・・・」と

ボヤいて?おられましたが(笑)、そういった師の懐の深さが、このように

豊かで実り多き作品の創造へと繋がっているのだろうと拝察。

それにしても、新潟の書人は力がある。
故郷である雪国新潟の文化度の高さをあらためて感じさせられた展覧会

ともなりました。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf





 
 

雪に書く♪

今日は十日町の実家の雪除けついでに、雪に書いて遊びました♪☃️

目が合った通りすがりの女の子が、ニッコリ微笑んでくれた。
あまりに可愛らしかったので、後ろ姿を見送ったら、信号機のある横断歩道を

手をあげて渡って帰っていった。素直ないい年頃``

雪の中に書芸の世界を見る。
負けてらんないなぁと思う。





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

新潟銘酒『苗場山』の新商品で年始の宴🍶

今年の年始は、こちらで過ごさせていただきました。

SOGEN揮毫、新潟銘酒『苗場山』

(全国新酒鑑評会・金賞受賞酒)

「1」というラベルのお酒は新たな挑戦により生まれた新商品、

一段絞り、精米歩合60%の純米酒と純米吟醸酒とのことで、

スパークリングワインと日本酒を掛け合わせたような

ほどよい酸味とシュワシュワ感がたまらない逸品となっています。

酒粕もいただきました!(商品ロゴ書:SOGEN)

さらに、杜氏さんが仕事で使う手作りの藁箒まで、筆にしてくださいと、

またまたいただいてしまいました!

最高にうれしいです♪

うれしいなぁ♪!😊

『苗場山』の蔵元の苗場酒造さんでは、社長さん、従業員のみなさん

一丸となって、伝統を受け継ぎつつも新たな酒造りにチャレンジされており、

さまざまな品種のお酒がたのしめます。

ぜひご自宅用、ご贈答用にお求めください``

苗場酒造株式会社:http://www.naebasan.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

吉田沙保里さん現役引退、おつかれさまでした‼️

女子レスリングでオリンピック3連覇を成し遂げ、国民栄誉賞をも受賞された

吉田沙保里さんが現役引退を決めました。

沙保里さんとは今から10年前にご縁をいただき、地元新潟県十日町市で

一緒に田植えをさせてもらった時のことが懐かしく思い出されます。

テレビでは大きく見えますが、ほんとに小柄で、よくあのように凄まじい

パワーが出るものだと・・・

十日町市での女子レスリング五輪メダリストのみなさんとの田植えの模様

写真左より、伊調千春さん、吉田沙保里さん、壮弦、伊調馨さん、浜口京子さん

私の書芸展の会場にも、浜口京子さんや伊調姉妹と連れ立って来てくれて、

みんなで一筆書いていってくれたこともありました。

このとき、みんな、何のためらいも無く書き出したのには感心。

おそらく普段、ファンからサインを請われて沢山書いているため、

書くことに慣れているのではないかと。

書に名前や日付まで入れるあたりを見ても、おそらくサインを書くような

感覚なのかもしれません。

で、書にも表れているように、浜口京子さんがほんとに素直でマジメなのに

対し、吉田沙保里さんは遊び心いっぱい❣️といった感じで・・・

(画像中央が沙保里さんの作ですが、本人曰く「イカ星人」だそうですW)

一緒に田植えをした時も、沙保里さんが泥に足を取られて転びそうになり、

「せ、先生、ちょっと腰を貸してください!」と叫んで私の腰につかまって

きたりと、ほんとうにオチャメで``

一方、京子さんのほうは、一緒に写真を撮ってほしいと言われて、

彼女のスマホで2ショット写真を撮ってもらったのですが、

「写真をブログに載せてもいいでしょうか?」とわざわざ断ってくれたりして、

自分のほうがよほど有名人なのに、なんと礼をわきまえた人なのだろうと。

いまの女子レスリング界の隆盛はもとより、このところ女子の格闘家が増えて

活躍しているのも、吉田沙保里さんはじめ女子レスリングのメダリストたちの

功績が大きいのではないかと思います。

沙保里さん、長きに渡る現役生活、ほんとうにおつかれさまでした。

第二の人生の門出にあたり、陰ながらますますのご多幸をお祈りいたします。

2019.1.9

壮弦 拝

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

SOGEN揮毫:『小千谷豪商の館 西脇邸』看板ロゴのご紹介

 

 
-SOGEN揮毫:『小千谷豪商の館 西脇邸』看板ロゴのご紹介-

 

 

以前ご紹介させていただいた小千谷豪商の館 西脇邸、

今夏オープンの予定でしたが、消防法等の関係で、

正式なオープンが来年に延期となり、来年6月か

来秋のオープンを目指しているとのことです。

 

で、制作させていただいた看板ロゴのご紹介は、看板が掛かり、

正式にオープンしてからと思っておりましたが、すでに先に

ご案内させていただいたように池には錦鯉も放たれ、

庭園解放も始まり、チラシやホームページでもロゴ書を

使い始めていただいておりますので、前宣伝も兼ねて、

このタイミングでご紹介させていただきます。

 

 

 

西脇邸は、新潟県小千谷市にある江戸時代から続く豪商の館で、

ノーベル文学賞候補にも再三ノミネートされた文豪、

西脇順三郎さんゆかりのお屋敷であり、映画「峠 最後のサムライ

の舞台ともなっています。
文化財保護のためリニューアルを施した上で、2019年より

観光スポットとしてオープン予定!

(庭園は、期間限定で、すでに一般公開が始まっております。)

 

 

なお、採用いただいたロゴ書は草書体の連綿によるもので、

邸の美しい景観、和の伝統文化、歴史の繋がり、信濃川の

悠久の流れ、はためく小千谷ちぢみのイメージ等を加味して

揮毫制作させていただきました。
読みやすさよりも、文化をお取りいただいたことに感謝です!

 
 
西脇邸の正式なオープンは来年の予定ですが、
すでに庭園解放も始まっており、
屋敷では様々なイベント事も催される模様です。
最高のくつろぎのスポット、ぜひお運びください``

 

小千谷豪商の館 西脇邸:http://www.ojiya.com/nishiwaki/info/

 

 

 

 

(画像は小千谷豪商の館 西脇邸 FACEBOOKページより拝借)

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

『小千谷豪商の館 西脇邸』 紅葉ライトアップ庭園解放開のご案内🚨

 

 

表看板となるロゴ書を揮毫制作させていただいた

小千谷豪商の館 西脇邸』にて、この連休の3日間、

紅葉がライトアップされ、庭園が解放されます🌳

 

SOGEN揮毫の越後銘酒『苗場山』の無料試飲、販売も

行われるとのこと。
昨日は雨模様でしたが、今日は打って変わって良い日和と

なっているとのことで、紅葉も最高の見ごろとなっております🍁

 

庭園開放は明日まで。
お近くの方は、ぜひ出かけください‼️😊

 
 
-小千谷豪商の館 西脇邸 紅葉ライトアップ庭園解放開のご案内-

 
開放日時:11.23(祝)~11.25(日)10:00~19:00
★苗場山の無料試飲・販売も行います🍶
 

 
小千谷豪商の館 西脇邸:http://www.ojiya.com/nishiwaki/info/

 

 

 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf