⭐️6月のSOGEN書芸塾のご案内

 

 

みなさん、こんにちは。
真夏のように暑くなったと思ったら、梅雨入りしたせいか、
急に冷え込んだりする今日この頃・・・
寒暖の差が激しいので、どうぞ身体に気をつけて過ごしてください。

 
 
以下、6月の教室のご案内です。

 

6月の開催日は、6月16日(土)と6月24日(日 )、
開催時間は通常通り、 15:30-17:30、
会場は加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホールです。
アクセス:http://sogen-arc.com/access/index.html

 

6 月のテーマ:擬音による文字書作品・音によるイメージ書芸作品の制作
(※各月ごとにテーマを設けますが、何をやっていただいてもOKです。)

 

用具はいつも通り、書芸用具一式。 無いものは貸し出します。

 

⭐SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 
 
 

◎トピック

 

SOGEN揮毫の 丸亀製麺・期間限定新メニュー『タル鶏天ぶっかけ』
が6月から発売され、TVCMもオンエアー中です。
https://www.marugame-seimen.com/cm/
まさにキャッチにたがわぬ「なんタルおいしさ」!😋
7月9日まで。よかったらぜひ食べてみてください。

 

なお丸亀製麺に関しては、カンヌ映画祭で最高賞を受賞した
『万引き家族』にも出演している松岡茉優さんを起用した
ポスターのキャッチもSOGENが書かせていただいており、
今後も引き続き、新メニュー、タレントポスターの書を
担当させていただく予定です。

 

小千谷市にある、ノーベル文学賞の候補に何度も名が上がった
小千谷出身の文化人、西脇順三郎氏ゆかりの旧家・西脇邸が
観光スポットとして公開されることになり、その看板となる
西脇邸』 の書をSOGENが書かせていただくことになりました。🏯
http://www.hiranosogen.com/blog/?p=16968
 

オープンは7月中旬の予定です。
新潟に行くことがあったら、ぜひお立ち寄りください。

 

日本一の大花火として有名な長岡花火Tシャツに
SOGENの書が起用され、 この夏、販売される予定です。🌋

 

 

そのほか、海外からも書の依頼をいただくなど、ただいまSOGEN、
絶好調でやらせていただいてます。
「書芸を世界に!」「筆線で世界を繋ぐ」 は、ただのお題目ではなく、
いままさに色々なことが繋がり、動き出してイク予感。
書芸は、 世界中の人たちと、人種、言葉、文化、宗教の違いを超えて
感応し合うことができる、まさに 世界最先端の芸術なのです。

 

 

書芸は自ら道を拓いていく芸道ですので、迷うことも少なからす
あるでしょうが、そこはぜひ自信を持って、今後とも未知なる世界への
チャレンジを続けていっていただけたらと思います。
SOGENオフィスでも、そのための企画を練って、今後動いていく
予定ですので、自分の作品世界を世界に向けて発信したいという
意欲のある方は、 そのつもりで研鑽を積んでいかれてください。

 

 

また秋には 第二回ART SHODO TOKYO も開催されます。
エントリー希望者には、SOGENが、合格〜展示に向けた
アシストをしてまいります。

 

 

それではまた、6月の教室でお会いしましょう!

 

 

SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf
 
 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/  (アート)
http://www.hiranosogen.com/  (デザイン)
http://www.hiranosogen.com/blog/ (ブログ)

 

 




 
 

心、魂、宇宙・・・

 
 
自分の心、魂と向き合い、宇宙との対話の中で

生まれ出てくるものと出会う-SOGEN書芸塾ARC-

 

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

 




 
 

2018.5.19(土)の教室風景〜篆刻家・加藤竜哉さんの手ほどきで、アート印制作に挑戦!〜

 
 
5月19日(土)のSOGEN書芸塾では、先に開催された世界初の
書道アートフェァー、ART SHODO TOKYOでもひときわ
異彩を放っていた、篆刻家の加藤竜哉さんから、篆刻の手ほどき
をしていただき、アート印の制作に挑戦!
面白いアート印が出来ました!

 
古典臨書や自由創作に勤しむ人も。
何をやるのも自由な書芸塾。
今回もまた、ゆったりとした、実にいい時間となりました。
加藤さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

古典臨書に勤しむ。

 

 
 
筆線アートにあそぶ

 

 

 

新生・SOGEN書芸塾ARC
毎月第3土曜日と第4日曜日の15:30-17:30、新宿にて開催中!!
書道の経験を問わず、どなたでもご参加いただけます。

 

ご案内の詳細➡︎http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 
 
書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

 




 
 

新生・SOGEN書芸塾のスタートにあたって〜宝物を探し出し、磨いていくための場〜

 

 
SOGEN書芸塾ARCは、4月から全クラスを統合し、新たな形で

スタートいたします。
 
内容は、これまで開いてきたフリークラスに準ずるもので、

伝統書道からデザイン書道、アートまで、何をやっていただいて

もよい、ますます自由な書芸術のアトリエと化していく予定です。

 

で、これまでのような全体レクチャー的なことは基本、行わず、
もちろんお手本を見ながら稽古するといったことも、これまで通り
行いませんが、書道、芸術、デザイン等について語り合ったり、

参考となるものをご覧いただいたり、デモンストレーションや

アドバイスをさせていただくことを通して、個々に応じた
アシストを行ってまいります。

 

 

書芸のいのちは生(き)の線にあり、人マネではない、

自分自身の呼吸で、自分の線を描くことが大切。

 

しかし一方で、好きなように書いたものが芸術作品として

値打ちを持つかどうかはまた別で、なんでもありですが、

なんでもいいというわけではなく、そこに芸術としての

深浅の差が生じます。

 

芸術は未知の世界への挑戦ですから、その評価はもちろん

安易に下せるものではありませんが、古今東西の名家による

書はもとより、世界の芸術作品に触れ、また自らも

世界的書芸家として書芸作品を世に送り出しているSOGENが、

それぞれの人の中に眠るお宝を探し出し、磨いていくための

アシストをさせていただくことが、SOGEN書芸塾の本旨と

なります。
 
 

これは先日の教室でのこと。

筆線による抽象作品を制作している塾生が、こんな作品を

書いておりました。

 

 

このたどたどしい感じが独自の持ち味となっており、これはこれでよい
ところがあると。

ただ、芸術作品としてはまだ弱く、物足らなさがあることも否めません。

 

そこで、デモンストレーションをご覧いただいた上、少しアドバイスを
させていただいたところ、こんな作品が生まれました。

筆ではなく、小さな木のヘラで書いてます。

 

 

これはもう、あそびのある、実に豊かな作品であると。

書道の素人である一般の方が、こんなものを、ほんの少しの
アドバイスで速攻で生み出してくるあたりは、ご本人の
柔軟な精神と学ぶ意欲の賜物であろうと。
まさに、芸術はみんなのもの、なのであります。

 

 
指導者のクセや好みを押し付けることなく、いかにその人の

持ち味を引き出し、磨いていくための手助けをさせていただくか・・・

SOGEN書芸塾では、今後とも、そこを大切にしながら、

よりすばらしい交感の場としていけたらと願っています。
4月からの、また新たな人々と作品との出会いにワクワクです♪

 

新生・SOGEN書芸塾ARCを、どうぞよろしくお願いします。

 

 

新生・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC主幹・SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

 




 
 

自由な書芸術によるアート創造空間『フリークラス』/2018.3.24風景

 

 

自由な書芸術によるアート創造空間『フリークラス』
3月24日(土)開催クラスの模様です。

 

 

■本時の風景から

 

藁筆や木の枝によアート書制作

 

 

天空を舞うかのような、縦横無尽な筆線のうごめき・・・

女体に見えたという人もいて、人それぞれ様々な

イメージを喚起するところが筆線アートの面白いところ。

 

 

 
 
何を書くのか、何が出てくるのか、

自分と向き合う瞬間・・・

 

 

BEFOFE
 

 

AFTER

(SOGENのデモンストレーションとアドバイス後に制作)

 

 

 
 
さまざまな用具を駆使した筆線の戯れから、

無限のイメージが湧き上がる・・・

 

 

 
 

 

さて、これをもちまして、2017年度のSOGEN書芸塾は
全クラスが終了。

4月からは全クラスを統合した新たな形で、新生・SOGEN
書芸塾ARCとしてリスタートいたします。

 
内容は、これまで開いてきた、このフリークラスに

近い形となり、何をやっていただいてもよい、

ますます自由な書芸術のアトリエと化していく予定です。

 

ご興味のある方は、以下のご案内ページ(PDF)を

ご参照の上、ご参加お申込みください。

 

 

新生・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC主幹・SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

 




 
 

2018.3月レッスンクラス風景/『書芸作品を生活空間に~インテリア書作品の制作~』をテーマに

 

 

伝統書道からデザイン書~アート作品まで、あらゆる書表現に

展開可能な書芸の心と技を実習を通して学ぶ、SOGEN書芸塾

ARC【レッスンクラス】の模様。

 

 

 

~2018. 3月レッスンクラス風景~

 

 

開催日:3月17日(土)13:00-15:00

テーマ:

『書芸作品を生活空間に~インテリア書作品の制作~

古典臨書:傅山の書

 

 

本地では『書芸作品を生活空間に~インテリア書作品の制作~』
をテーマに、公共スペースや生活空間を飾るインテリア書作品の
発想と表現技法について、レクチャー、デモンストレーション、
実戦的な政策実習を通して学びました。

 

 

 

 

《本時の内容》

 

1.SOGENが出演したクイーン・エリザベス号での

イベントの紹介報告

 

2.さんずいの表現技法のデモンストレーション&解説

 

3.制作実習-1&鑑賞会

お題:『海』(※クイーン・エリザベス号に飾る書芸アート作品)

 

4.塾生OBの展覧会の紹介

 

5.SOGENの書芸アート作品展示風景の紹介

 

6.制作実習-2&鑑賞会

お題:『桜』(※ホテルに飾る書芸アート作品)

 

7.臨書の心得に関する講話

 

 

 

 
〜本時の塾生作品から〜

 

○『海(※クイーン・エリザベス号に飾る書芸アート作品)

 

 

 

 

 

『桜(※ホテルに飾る書芸アート作品)

 

 

 

 

 

 

 
SOGEN書芸塾ARCは、4月の新年度より生まれ変わって、
新たな形でスタートいたします。

入塾、ご参加をお考えの方は、以下のPDFページを

ご参照の上、お申込みください。

 

新生・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf
 

書道の経験を問わず、どなたでも、いつからでもご参加いただけます。

体験参加も受付中です。
 
 
お申込み先:office@hiranosogen.com

 

 

 

1 (888x592) (234x156)

☆以下のページより、これまでのクラスの風景画像や
塾生作品、動画をご覧いただけます。
開催済みクラスレポートhttp://sogen-arc.com/report/

 

 

 




 
 

2018.2月レッスンクラス風景/『イメージ・コンセプトをとらえる~ロゴ書の発想と技法~』をテーマに

 

 

伝統書道からデザイン書~アート作品まで、あらゆる書表現に

展開可能な書芸の心と技を実習を通して学ぶ、SOGEN書芸塾

ARC【レッスンクラス】の模様。

 

レッスンクラスでは、古典臨書を通して伝統的な書法・筆法を

会得しつつ、書芸の基礎から自由創作までを、書芸のバイブル

『そ~げんの楽々書芸入門』をテキストとし、レクチャー、

デモンストレーション、実習を通して幅広く学んでいただいて

おります。

 

 

~2018. 2月レッスンクラス風景~

 

開催日:2018年2月17日(土)13:00-15:00

テーマ

『イメージ・コンセプトをとらえる~ロゴ書の発想と技法~』

 

本地では『イメージ・コンセプトをとらえる~ロゴ書の発想と

技法~』をテーマに、ロゴ書の特性や仕事の実際について

レクチャーを行い、イメージによる書き分けのデモンスト

レーションをご覧いただいたのち、実戦的な制作実習を

行いました。

 

 

《本時の内容》

 

1.SOGENによるロゴ書の紹介解説

2.SOGENによるロゴ書バリエーションの制作実演

3.制作実習-1 お題:『酒』

4.ロゴ書の仕事の実際に関する講話

5.制作実習-2    お題:日本酒ロゴ

 

 

 

レッスンクラスのご案内:
http://sogen-arc.com/lesson/index.html

 

 

-次回のレッスンクラス開催予定-

開催日:3月17日(土)13:00-15:00

テーマ:『書芸作品を生活空間に~インテリア書作品の制作~

古典臨書:傅山の書

 

 

~書芸術を通した解放と交感の場~

SOGEN書芸塾ARChttp://www.sogen-arc.com/

 

書道の経験を問わず、どなたでも、いつからでもご参加いただけます。

体験参加も受付中です。

 

1 (888x592) (234x156)

 

 

 

 

 

 

 

 

 
☆以下のページより、これまでのクラスの風景画像や
塾生作品、動画をご覧いただけます。
開催済みクラスレポートhttp://sogen-arc.com/report/

 

SOGEN書芸塾ARCへの参加お申込み:http://www.sogen-arc.com/inquiry/index.php

 

 




 
 

樹木のこころ

 

 

今日はご依頼いただいた書芸作品の装丁のため新宿へ。

仕上がるまで時間があったので、久々に新宿御苑を散策する。

新宿御苑はSOGEN書芸塾ARCの野外アートワークを何度か

行ったこともある懐かしい場所。

すでに寒桜が満開で、来園者の目をたのしませていた。

60種1100本の桜があるというから、花見のシーズンには、

また大いに賑わうことだろう。

 

新宿御苑には多様な樹木があって見飽きない。

自分は兵隊のように行儀よく並べられた欧米の庭園よりも

日本庭園のほうが好きだ。

もちろん日本庭園も庭師が設計したものに違いないが、

日本庭園のほうが自然の在りように近い形で造られている

ところがいい。

物事を幾何学的にきっちり揃えるよりも、むしろ歪みや弛み

の中に美を見出す和文化の粋は、造園や建築はもとより、

書芸術をはじめとした芸術の中にも脈々と生きているのだ。

 

 

樹木を眺めながら、ふと思い出したことがある。

芥川賞作家で僧侶の玄侑宗久さんと、新幹線の中でご一緒

させていただいたときのこと。

宗久さんが「植物というのは、いわゆる五感が人間や

他の動物のように分化されておらず、統合されている

ことを思うと、生命体の在り方としては、その点では

植物のほうが上なのではないか。」

といったことを言われた。

その時は、オモシロイことを言うもんだ、くらいに思った

が、いま思い直すと、本当にそうなんじゃないかと。

 

樹木は、こっちに枝葉を伸ばしてみようか、こんどはこっち

にいってみようか、といった具合に、人間のように一々

考えながら生きているわけではなく、ただただ御天道様に

向かって自然に伸びていくばかりで、生命体として充足して

いる。ケンカもしなければ悪口も言わない(笑)。

 

 

 

 

もちろん、人間には人間の特性があり、樹木のようになる必要も

ないわけだが、自分はいつも、この樹木の在りよう、樹木の

こころもちというものに学びたいと願っている。

宇宙は巨大なものから微細なものに至るまで、すべてが樹形図を
基本として成り立っている、
という説もある。
川の枝分かれ、血管や神経細胞の枝分かれ、そして樹木の

枝分かれ等々・・・

 

自分にとって、書芸作品の制作は、その自然な在りよう、

宇宙自然の理法に、書芸をもって少しなりとも迫るための営み

(あがき)であるとも言えるだろう。

だったら樹木をよくよく眺めていればいいじゃないか、と思う

人もいるだろうが、眺めているだけでは得られないものがある

から書くのだ。

 

つまり、なぜ自分が筆を持って書くのかといえば、宇宙の理法

を全霊で感じたいからであり、人間である自分を通して現れ

出た未知の世界を、自分自身が覗き見たいからであり、また

それをもって他の人々と交感したいからなのだ。

 

そう思って、これまでの自分の書芸作品を見直すと、なんとも

線の枝分かれが多いじゃないか(笑)

一本の線をド〜〜ンと書いて終わり、も潔くてよいが、つい

枝分かれしたくなるのは、おそらく、だから、なのだと思う。

 

 

この学びとあそびには果てがない。

地球にいるうちに、果たしてどこまで迫れるか・・・

SOGENのアートは、その挑戦(あがき)の爪痕なのです。

 

 

SOGEN書『桜樹木図』/2012

 

 
 
書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デ ザインワークス・レク チャー・パフォーマンス)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK SOGENアートファンぺージ)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

自由な書のアトリエ『フリークラス』/2018.2.10風景

 

 

自由な書のアート空間『フリークラス』、2月10日(土)開催クラスの模様です。

 

 

■本時の風景

 

変わった筆で遊ぶ人、Tシャツを書く人、それぞれ・・・♪

 

 

 

 

-3月のフリークラス予告-

3月10日(土)18:00-20:00 テーマ:自由

3月24日(土)18:00-20:00 テーマ:自由

 

 

フリークラスは、とりあえず書をやってみたい、筆で遊んでみたい、

という初心の方から、自身が最も興味ある書分野を深めていきたい

という書道経験者の方に至るまで、自由創作を中心に、ご自分の

ペースで書に親しんでいただける、自由な書のアトリエです。

 

大人にかぎらず、幼児から小中高生まで大歓迎!

 

自由な創作活動を通した学びの中で、感性と技とを最大限に磨いて

いけるよう、それぞれのレベルやニーズに合わせた批評、デモンストレーションを含む

個別指導等を通して適宜サポートしてまいります。

時間もフリー、いつ来て、いつお帰りいただいてもけっこうです。またご要望に応じて、

自宅で書かれた作品への批評や実技指導も行います。

 

 

カテゴリーとしては、「アート書道」「デザイン書道」「インテリアアート書道」
「現代書道」
「古典書道」「実用書道」といった書分野が挙げられます。
また題材としては、漢字、かな、言葉書き、絵文字、英文字、彩書等が挙げられ、
毎回、ご自身で自由に題材を設定して取り組んでいただきます。

 

書道パフォーマンスを体験したい、大きな紙に大筆で自由に書いて
みたい、英文字や外国語の書がうまく書けるようになりたい、といった
コアーなご要望にもお応えします。

本クラスでは、一つのカテゴリーに集中してレベルアップを図っていく

ことも出来ますし、取り組むカテゴリーや課題を臨機応変に変えつつ、

幅広く学んでいただくことも可能。

それぞれの個性やニーズに見合った学びと成長の

アシストをいたします。

 

また、レッスンクラス、アートクラス、デザイン書道クラスといった、

他クラスの研鑽・補習の場ともなっていることから、他のクラスと

セットで受講いただくと、さらなる進展が期待できます。
 
2017年度・フリークラスのご案内
http://sogen-arc.com/freeclass/index.html

 

フリークラス関連ブログ
http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=141

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/

 

 




 
 

デザイン書道クラス STEP12:『総まとめ-日本酒ロゴ&Tシャツデザイン- 』をテーマに/2018.2.10風景

 

 

~プロのデザイン書道家への登竜門、『デザイン書道クラス』風景~

 

6ヶ月、全12ステップでデザイン書道の全カテゴリーを大系づけて学び、実戦的な実習を通して
プロのデザイン書道家を養成する『デザイン書道クラス』、 2月10日(土)開催クラスの模様です。
(今回の内容はシークレットのため、画像はありません。)

 

 

STEP12:『総まとめ-日本酒ロゴ&Tシャツデザイン- 』

重点学習技法:仕事の流れ(受注から納品まで)

開催日時:2018.2月10日(土)15:30-17:30

 

 

デザイン書道クラス、最終回となる本時では、総まとめとして、日本酒ロゴの制作実習と

Tシャツデザインに関するレクチャーを通して、デザイン書の仕事の実際、

受注から納品までの流れを学んでいただきました。

 

 

なお、デザイン書道クラスは本時をもって終了となり、今後デザイン書を学びたい方は、

4月よりスタートする新クラスで個別に学んでいただく形となります。

新年度のクラスと内容につきましては、また追って本ブログでご案内いたしますので、

チェックいただくようお願いします。

 

 

お申込み・お問い合わせ http://sogen-arc.com/inquiry/index.php

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

☆FACEBOOKで塾生作品を紹介しておりますので、どうぞご覧ください。

FACEBOOKページ:https://www.facebook.com/arctokyo

 
 
 
SOGEN書芸塾ARC主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デ ザインワークス・レク チャー・パフォーマンス)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK SOGENアートファンぺージ)