筆線のこころ

 

 
 
文字を書いた。
 
さながら丸太ん棒を黙々と組み上げてログハウスを造るかのように。
 
 
一本一本の丸太が丈夫でなくては、出来上がった建物も弱くなるのは文字も同じ。
 
そして求められるのは、ピサの斜塔のように、どんなにゆがんで見えたとしても倒れぬ構造性。

 
 
時に丸太のように野放図に、時に柳のようにしなやかに・・・
 
筆線のこころは宇宙自然の中にあり、人を通してあらわになる。

 
 
「壊」
 
筆線,こころ,書,書道,文字,漢字
 
「誓」
 
筆線,こころ,書,書道,文字,漢字
 

 

 

書道家/書芸家SOGEN・平野壮弦 公式ウェブサイト
 
http://www.hiranosogen.jp/ (アート作品)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン書、講演、アートパフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com/ (書を通した解放と交感の場~SOGEN書芸塾ARC~)

 

 




 
 

広告デザイン書道(書芸)のススメ

 

【広告デザイン書道(書芸)】のページをアップいたしました。
広告デザイン書道(書芸)の効能について書いております。ぜひご覧ください。

http://www.hiranosogen.com/koukoku-design/index.html

 

書道家

SOGEN書「玲瓏」/安治川部屋(現・伊勢ヶ濱部屋)パンフレット

 

 

書芸家SOGEN/ 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:ロゴ書、デザイン書の仕事に想う〜あそぶことで世界は深まる〜


お店の看板や商品、ポスターやテレビの題字等に使われる筆文字
ロゴ書と言います。デザインカリグラフィーと呼ぶこともあります。


幼くして書に触れ、30歳で書芸の道を志し、以来20余年。
大手の企業さんから小さなお店屋さんのロゴまで、おかげさまで、これまで

さまざまなロゴ書を揮毫させていただいてまいりました。


越後の銘酒 『越乃 景虎』のロゴを書かせていただいたのは30歳そこそこのとき。
社長さん自ら、当時長岡市のアトリエまで訪ねてくださり、書のご依頼をいた

だいたことが、懐かしく思い出されます。
以来、 『越乃 景虎』は、もちろんお酒の素晴らしさあってのことですが、
人気がうなぎのぼりとなり、今も変わらず大切に書を使っていただいており、
有難いかぎりです。

景虎 日本酒 書道 ラベル デザイン 書道家 書家


※画像は楽天市場・酒のいしかわさんよりお借り
http://item.rakuten.co.jp/sakeishikawa/4994521140016/


手前味噌ですが、ロゴ書の仕事に関していえば、ここ数年で腕と感覚が
研ぎ澄まされ、格段に進歩しているように感じています。
これは、アート作品の制作において技から離れ、前よりも遊ぶことが
できるようになってきたことが関係しているように思われます。

面白いことに、技や意図と距離を置くことで、これまで自分が培ってきた
テクニックやセンスが、より自然に生かされはじめているように思うのです。

遊ぶ、なんてことは、まるで仕事や勉強の真逆にあって、よくないことの
ように思われがちですが、逆に遊ぶことで世界は広がり、より深まりを

みせていくところがあるのかもしれません。


とはいえ、まだまだ道のりは遥か遠く・・・これからもっともっと遊んで、
より多くの良書を世に送り出していけるよう、精進してイキたいと思いますので、

今後ともどうぞよろしくお願いします。



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

 

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸アーティスト、デザイン書作家への登竜門〜

SOGEN書芸塾ARC

2019年度の教室のご案内



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com