男と女、エネルギーと命〜中性化が生み出す世界〜




ぶつかり合わなければエネルギーは生まれない


交わらなければ命は生まれない


ぶつかり合い交わり合うことで、エネルギーは生まれ、命は生まれる




争いのない穏やかな調和世界は、人々に平穏をもたらす一方で、
もしかしたらそれは死(天国)に近い世界なのかもしれない



男と女


戦争


スポーツ



人は争いを好まぬ一方で、何事もない平穏も好まないというワガママな存在
何一つ事件が起きないドラマや映画が流行らないように


人間本来の性的傾向として
男は精子が子宮をめざして泳ぎゆくのにも似て、危険を冒してでも山頂を目指す
女は子宮が精子を待ち受けるかのように、美味しいものを食べながら、山はいいね
と眺めつつ、お宝が届くのを待っている


が、現代では
男が女化し、女が男化し、双方とも少しずつ中性化しているような気がするのだが、どうか?
世相もあるが、男が意図的に去勢されている、といったところもあるだろう
今は総じて、女のほうが勇敢だ


性の消失
異質なもの、真反対のもの同士が惹かれ合い、ぶつかり合い、交じり合うからこそ、
エネルギーが生まれ、命が生まれる
肉体精神両面での性の中性化により、ぶつかり合いがなくなり、エネルギーと
生命力とが次第に弱まっていく



人類存亡の危機?
もし人類全体が中性化し、性欲さえも失ったなら、繁殖は止まり、少数による
争いのない穏やかな世界〜地上の天国が訪れることになるのかもしれない
が、そこにドラマは無く、沸き立つようなエネルギーも生まれず、今の我々から
したら、案外、ツマラナイ世界になっていそうな気がしないでもない


人類はどこに向かっているのか?



ともあれ自分には、もうヘタに絡んでジャレ合っているヒマはない
絡むなら、濃く、エロく絡みたい




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://sogen-arc.com/(スクール)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

 




 
 

現実という夢舞台を生きる

 

 
 
人生は現実という一睡の夢

 

生あるかぎり終わらぬ摩訶不思議な夢舞台
 
その主役はほかならぬ自分自身
 
他人の思い通りに動くは操り人形のしごと
 
たとえどんな人生でも、自分の夢を生きてこそ、舞台は輝く
 
 
 
この世界には善人ヅラしながら人の夢を食いつぶす者たちが少なからずいる
 
そして今、なぜか人をもっとも慈しみ育むべきはずの
 
政治、医療、教育といった現場ほど、権威権力や金の力で人々の夢をぶち壊し、
 
食いモノにしようとする思惑が渦巻いていることの不思議
 
悪魔はいつだって笑顔で近づいてくるのだ
 
あなたのためと言いながら、あなたの夢を食い滅ぼす亡者どもに騙されてはならない
 
 
 
神ならぬ人が人を殺すことは、その夢をつぶす人類最悪の所行
 
いまも世界のどこかで夢奪われ、無残にも散りゆく幼な子の命
 
そのすべてが、大人たちが自ら信ずる正義とやらのもと、いがみ合い、
 
武器を手に殺し合いを続けている結果なのだ
 
 
 
平和を守るために戦う?
 
その時点ですでに平和はぶち壊され、とめどもない殺戮の螺旋へと堕ちていく
 
笑いが止まらないのは人の夢を喰らい肥え太る亡者どもだけ
 
 
 
氏素性はちがえども、人がみなそれぞれ自身の夢舞台をはれる世の中に一歩でも近づけていくこと
 
人類に進化の可能性が残されているとするならば、そこなのだろう