感涙して死ね♪!

 

 

みなさん、お盆はいかがお過ごしでしたか?

 

 

自分はこのお盆に交通事故を3つ目撃。
一つは死亡事故。
画像を載せて様子を書いたりすれば人目をひくのでしょうが、
それはちと不謹慎なので、ご冥福を祈りつつ置いといて、
この死者と向き合う期間でもあるお盆に感じたことを一つ。
 
若くして他界した友人や知人、いま現在、過酷な闘病生活を送っている
身内や友人がいます。
そういった人たちには、元気を取り戻してほしいと強く祈り願うわけですが、
その苦しみや哀しみは決して無駄なものではなく、縁ある人たちに、
命の尊さ、健康で生きていることの有難さを身をもって教えてくれている
ように思うのです。

 
そして遅かれ早かれ、人は皆、いずれは自分もその役割を担った果てに
宇宙に帰るわけで、そう考えると、生まれて死ぬということに関しては、
まさに万人が平等であると。

 

で、これは自分の願いなのですが、最期は感涙しながら死にたいもんだと。
というのも、歓喜を上回る『感涙』こそが、人間にとって最高に人間らしい、
至福の精神状態である
と思うからです。
まあ、実際はそんなこともなく、なんとなく死んじまうのかもしれませんがねW
しかし、感涙までいかずとも、ああ、生まれてよかった、自分の人生、
しんどいことも一杯あったけど、けっこうオモシロかったなぁ、有難や〜、有難や〜、
出来るならまたこの星に生まれたい!てな心持ちで地球にオサラバしたいもんだと。

 
そして、でき得るなら死ぬ間際だけでなく、生きているうちに感涙したい!
で、そのためには動くこと・・・頭と心を働かせ、カラダを動かすこと、なのでしょうね。
何もせずに動かなかったら、ツラい思いもしない代わりに感涙も有り得ないわけで。

 
で、いつどこで何に感涙するかは人それぞれ違うとは思いますが、
やはりそういった魂レベルでの高揚感は、自分一人だけでなく、
他者との関わりの中で生じてくるものなのだろうと。

そして、そんなチャンスを与えてくれる最も可能性があるものが、
自分にとっての『書芸』なのだと。

 
もちろん、書芸をはじめとした芸術芸道にかぎらず、ビジネスでも
スポーツでも恋愛でも、あるいは日常生活のふとしたことの中にも、
自分自身の関わり様一つで感涙に至る道があるわけです。
 
ってことで、ナマケモノの自分に贈る言葉・・・

 
感涙して死ね♪!

 

 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf