コロナを超えて



コロナ禍で逼迫した世相の中、若い時分から一方ならぬお世話になっている、
建築デザイン会社のO社長さんより、心温まるメッセージをいただいた。

Oさんが社長をされているデザイン事務所は、一流の店舗設計デザイン会社として有名。
私もこれまで、いくつかの店舗のロゴ書を揮毫させていただいている。


昔のことで記憶も定かではないのだが、Oさんが社長に就任された当時、

私がお名前の書をプレゼントさせていただいていたようで、その御礼に続き、

近況や想いが綴られていた。以下に一部、ご紹介させていただく。



「こちらは先生から私の社長就任時に揮毫頂いた氏名書です。縦横、こんなに
書いて頂きました。ずっと感謝してます。

コロナ禍でなかなか大変ですが、愚痴ばかり言うより、積極的にニューノーマルの

構築にトライしてます。現場業務が基本ですので、リモート、オンラインは高速

通信手段として不可欠ですが、非接触も限界ありますね。

関与されている先品紹介も新規ビジネスですね。

いいですね。白黒アート、間の空間アートいいですね。

最近、フランスの100歳アーティスト「ピエール・スラージュ」知りました。

私には素敵です。

先生も確実に進化されてますね。書芸家として世に感動与えるアーティストですね。

期待してます。お手伝い出来ること、依頼したい事ありましたら、ご連絡します。

益々のご活躍をお祈りします。」



Oさんは美術にも造詣が深く、数あまたの国内外の美術品をその目で見て、

蒐集もされている方。

そのOさんからの励ましの言葉に感謝感激、勇気百倍。



自分が過去に店舗のロゴ書を揮毫させていただいたお店も踏ん張っている。

こういう時期だからこそ元気を出して、新たな工夫や手立ても講じながら、
共に明るい未来を拓いていきたいと切に願う。



書家 書道家 有名 店舗ロゴ ロゴ書 依頼 燈里屋

SOGEN揮毫『燈里屋』


書家 書道家 有名 店舗ロゴ ロゴ書 依頼 港すし

SOGEN揮毫『港すし』


※画像はネットからお借り



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)





 
 

SOGEN揮毫、麺屋 『千雲』(台北市)グランドオープン‼️🍜㊗️

ロゴ書を揮毫させていただいた、台北市にあるラーメン店・麺屋『千雲』さんが、

先月グランドオープンされたとのお知らせをいただきました。
おめでとうございます❗️㊗️

表看板としていただいた店舗のロゴ書は、「老舗感が感じられる、本格の

勢いある書を」とのご要望を受けて、制作させていただいたものです。

担当デザイナーの方からは「ロゴの雰囲気が良いので、店構えもとてもステキです。

ロゴとしての記号性、勢いもあり、とてもかっこいいとわたしも思っていますし、

オーナーの方もよろこんでいました。イメージ通り、イメージ以上のものを

いただき、本当に嬉しく思っています。」との有難いお言葉をいただきました。

とても人気で、お客もどんどん増えているとのことで、うれしいかぎりです。
見るからに美味しそうなラーメン♪
お近くに行かれることがありましたら、ぜひお立ち寄りの上、ご賞味ください``


(※画像はネットからお借り)

麺屋 千雲(ちくも/CHIKUMO)
http://atm0710.pixnet.net/blog/post/119315206-

【拉麵圖鑑】麵屋千雲,賣到天快亮的雞白湯
営業時間:18時〜27時
住所:台北市中山區林森北路105之1號

SOGEN OFFICIAL WEB SITE
http://www.hiranosogen.com#

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

デザイン書道クラス STEP3:『店舗施設ロゴ』をテーマに/ 2016.5.14 風景

 
デザイン書道,デザイン書道教室,書道教室,東京,店舗ロゴ,看板ロゴ

 

プロのデザイン書道家への登竜門、『デザイン書道クラス』風景

 

全24ステップでデザイン書道の全カテゴリーを大系づけて学び、実戦的な実習を通して
プロのデザイン書道家を養成する『デザイン書道クラス』、5月14日(土)開催クラスの模様です。

 

 

ステップ3テーマ:『店舗施設ロゴ』

【重点学習項目】:文字のデフォルメとバランス

開催日:2016.514日(土)

 

STEP3では、お店や施設の表看板としてふさわしい『店舗施設ロゴ』をテーマに、多彩な実例を元に
レクチャー、実習を行いました。
実習では、SOGENが最近揮毫制作した店舗ロゴを題材とし、実践的な制作実習を行うとともに、
SOGEN揮毫制作のプレゼンテーション案を披露、デザイン書の仕事の実際についても
レクチャーを行いました。
また「デフォルメと文字バランス」を重点学習事項とし、多彩なロゴ書案をつくるための
筆技筆法を、デモンストレーションもまじえて伝授いたしました。

 

 

《本時の内容》
 

1.各種店舗看板の紹介解説

※画像による解説後、参考プリント配布

 

2.SOGEN店舗ロゴ例の紹介解説

※画像による解説後、参考プリント配布

 

3.花屋看板の紹介解説

※画像による解説

 

4.店舗ロゴ制作実習-1(個別指導・全体指導)

お題:「花華」(タテ・ヨコ・ナナメ自由)

 

5.店舗ロゴ制作実習-2(個別指導・全体指導)
お題:※シークレット
 

 

-次回のデザイン書道クラス予告-

 

次回は528日(土)

テーマ:パンフレットの書

重点学習項目:筆画の図象化・絵文字化

 

 

デザイン書道クラスのご案内http://sogen-arc.com/design/index.html

※年度途中からの参加可、体験参加も受付中!

 

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

SOGENがロゴを書いた店が流行るワケ

 

 

SOGENがロゴを書いた店は流行ると言われる。
言われてみれば確かにそうだ。
しかも末永く繁盛している。

 

 

その一つが長岡市の『日本料理・藤
今週、新潟に戻った折に、新潟県民の新聞『新潟日報』の全面に紹介されていた。

 

日本料理藤,店舗ロゴ,ロゴ書,デザイン書,依頼
自分がこの仕事を始めてまだ間もない頃、
割烹・魚藤さんより新店舗のロゴのご依頼を

いただき、揮毫させていただいたもの。

以来四半世紀近く経つのだが、いまも一層繁盛
しておられる様子を思いがけず拝見し、うれしかった。
 

このときはメニューの品書きまですべて

頼んでいただき、かなり苦労した覚えがあるが、

駆け出しの自分の書を大枚をはたいて

買ってくださった御恩は今も忘れない。

 

『日本料理・藤』http://www.uoto.co.jp/fuji.html
 

 

 

魚藤・新潟日報広告.1111

新店舗を出す場合、予算が無いから看板の文字は

何となくそれなりであれば何でもいい、といった

ことも時にあるとは思うが、店舗ロゴは店の顔であり、

店主の想いを伝える一番のメッセンジャーである

ことを思えば、そこを蔑ろにしてしまっては、

店自体の運気までも下げてしまうことになりかね

ないだろう。
逆に看板の書一つにもこだわって、そこに魂を込め

たなら、運気を上昇させ、招き猫以上に

商売繁盛に繋がることになる。

 

もちろん看板だけ立派でも中身が伴わなければ、

それこそ看板倒れということになってしまうわけだが、

志ある店主や経営者の方たちというのは一様に、

感性も豊かで自分なりのポリシーを持っているもの。
そういった人たちは看板の文字一つとっても、
そこに魂を込めたいと願うものなのだ。
魚藤のご主人、女将さんとも、そのような真摯に

仕事に打ち込む方であったと記憶している。

 

 

SOGENがロゴを書いた店が流行るというのは、そういった店主や経営者の方たちの
信念や想いに支えられて生まれ出るものだから、なのだろう。

 

依頼に基づく書制作においては、自分はその想いを受け、全霊を込めて書かせていただくのみ。
これからも良き出会いの中で、今に生き、後世にも遺る書を、少しでも多くのこしていきたいと
願っている。

 

 

SOGENへの書制作のご依頼はこちらより
(※書風・イメージのバリエーションもご覧いただけます。)

http://www.hiranosogen.com/

 

SOGENアートサイト

http://www.hiranosogen.jp/