新潟日報さんの中越版で、壮弦の著書出版のご紹介いただきました。



十日町新聞元旦号、妻有新聞1月9日発行の新年号に続き、新潟県民の新聞、

新潟日報さんの本日発行の中越版で、壮弦の著書出版のご紹介をいただきました。
想いを汲んでいただいた上、簡潔にご紹介をいただき、有難うございます‼️



サイン本をご所望くださった新潟の方が、「今朝、本の到着と同時に、なんと
タイムリーに、新聞で出版の記事を見た」と、写メを送ってくださいましたので、

以下にご紹介させていただきます。


新潟日報 書芸家 書家 書道家 出版 壮弦 SOGEN 故郷 十日町



本書は壮弦の故郷新潟への感謝と希望の本であるとともに、書芸の真髄にも触れており、
子供からご年配の方々まで、全国、どなたにも面白く読んでいただける内容と
なっておりますので、ご興味のある方は、ぜひお買い求めの上、ご笑読ください。


『故郷〜魂のふるさとへの回帰 書芸家 壮弦ものがたり』好評発売中


-ご購入方法-
文具館タキザワ(新潟県内6店舗)でご購入いただくか、以下の文具館タキザワ
オンラインショップにてお取り寄せください。


文具館タキザワオンラインショップ
https://bungukan-takizawa.com/2020/12/19/書芸家壮弦ものがたり/



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)






 
 

妻有新聞さんで拙著『故郷〜魂の故郷への回帰 書芸家壮弦ものがたり』をご紹介いただきました。




地元、十日町新聞さんが元旦号でご紹介くださったのに続き、妻有新聞さんが
1月9日発行の新聞で、壮弦の著書『故郷〜魂の故郷への回帰 書芸家壮弦ものがたり
の出版を記事にしてご紹介くださいました。

しかも私の書芸への想いを汲んでいただいた記事内容に感謝! 有難うございます‼️




親類縁者はもとより、友人、書友の方々から拙著をご所望いただいており、感謝です。



『故郷〜魂のふるさとへの回帰 書芸家 壮弦ものがたり』好評発売中‼️


-ご購入方法-
文具館タキザワ(新潟県内6店舗)でご購入いただくか、以下の文具館タキザワ
オンラインショップにてお取り寄せください。


文具館タキザワオンラインショップ
https://bungukan-takizawa.com/2020/12/19/書芸家壮弦ものがたり/





書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)




 
 

別れの碑



書家 書道家 石碑


小学4年生になる時、大親友だった藤木肇(ふじき・はじめ)くんが転校した。

そのとき、肇くんから、なぜか記念に石をもらったようで、それが今なお実家に

飾られている。しかも、まったく記憶に無いのだが、「別れの碑」とか自分で
書いてるし(笑)


が、今あらためて眺めてみると、よく小3で「碑」なんて漢字を知ってたと思うし、

今よりよほどしっかり文字を書いているのに我ながら感心W


ちなみに当時、肇くんのお父さんは、勤めの傍、習字の先生をされており、

遊びに行くと、習字用の木箱のような小さな机がたくさん並べられていたのが

懐かしく思い出される。

最近FACEBOOKで再会した、同級生のMちゃんが、当時、その肇くんの家の

隣りに住んでいて、お正月には毎年、肇くんの家で、賽の神よろしく、

書き染めの紙を燃やして、お芋を焼いてたってコメントをくれた。


別れ際に石をくれる小学生も珍しいと思うのだが、おかげで、そんな子ども時代の

記念碑が、いまだに我が家にあるのが、懐かしくもまたうれしい。




SOGENの新刊『故郷〜魂のふるさとへの回帰 書芸家壮弦ものがたり』には、

壮弦のヤンチャな子ども時代の思い出話も満載 ٩( ‘ω’ )و //

書籍のご購入は、文具館タキザワ(新潟県内6店舗)または以下の
オンラインショップよりおねがいします。

https://bungukan-takizawa.com/2020/12/19/書芸家壮弦ものがたり/




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)







 
 

十日町新聞さんの2021年元旦号で、壮弦の本の出版情報をご紹介いただきました。



昨年末、十日町新聞の山内正胤社長自ら、豪雪の中、取材いただき、2021年元旦号で、

壮弦の本の出版情報をご紹介いただきました。有難うございます!


『故郷〜魂のふるさとへの回帰 書芸家 壮弦ものがたり』、好評発売中‼️
よろしくお願いします!


壮弦 SOGEN 書芸家 書家 書道家 十日町 新潟 本 出版 故郷 魂のふるさとへ回帰

○『故郷〜魂のふるさとへの回帰 書芸家 壮弦ものがたり』ご購入方法
文具館タキザワ(新潟県内6店舗)でご購入いただくか、以下の文具館タキザワ
オンラインショップにてお取り寄せください。

文具館タキザワオンラインショップ
https://bungukan-takizawa.com/2020/12/19/書芸家壮弦ものがたり/





書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)







 
 

『故郷〜魂のふるさとへの回帰 書芸家壮弦ものがたり』本日発売‼️



壮弦の本、本日発売‼️
よろしくお願いします!


壮弦 本 書芸家 十日町 新潟 門出和紙 書道家 書家 有名 滝沢印刷 文具館タキザワ
壮弦 本 書芸家 十日町 新潟 門出和紙 書道家 書家 有名 滝沢印刷 文具館タキザワ



『故郷〜魂のふるさとへの回帰 書芸家壮弦ものがたり』概要

■著者:平野壮弦

■発行者:滝沢重雄(滝沢印刷代表取締役)

■体裁:A5判 上製本 本文228頁 一部カラー印刷

■価格:1,800円(税別)

■ご購入方法

ご購入は、文具館タキザワ(新潟県内6店舗)でご購入いただくか、
文具館タキザワオンラインショップにてお取り寄せください。

文具館タキザワオンラインショップ
https://bungukan-takizawa.com/2020/12/19/書芸家壮弦ものがたり/


*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*


以下は出版元の滝沢印刷さんからのニュースリリースです。

株)滝沢印刷(十日町市)は2020年12月21日(月)、2002FIFAワールドカップ公式エンブレム
並びに公式ポスターの筆書制作 でも有名な十日町市出身の世界的書芸家平野壮弦氏の
自伝的書籍『故郷〜魂のふるさとへの回帰書芸家壮弦ものがた り』を制作・販売いたします。

■世界的書芸家平野壮弦がコロナ禍で見つけた魂のふるさと
世界を一変させた新型コロナウィルス。それを機に一時帰郷した書芸家平野壮弦が
ふるさとで見つけた自身の書芸 のルーツ。書芸家SOGENを育んだふるさと新潟県や
十日町の自然、文化、そして様々な人々。その自伝的書からは一介の 書道家が
世界的書芸家になる過程が感謝の言葉とともに丁寧につづられています。

■主要作品や商業作品はカラーで掲載主な書芸作品はもちろん、日本酒のラベルなど
商業作品はカラー印刷で掲載。世界のSOGENの軌跡を辿る作品集としても 楽しめます。

■未来に関する提言も書芸は自身の魂への回帰の術であり、書芸から生み出される線は
その人の魂の表出であるという。平野壮弦が魂のふるさ とでもある故郷十日町へ
帰郷して感じた、今なお残る豊かな自然と、それと共に生きる人々の暮らし。
それは現代の物質的 で理性的な価値観の中で我々が見失ったものであり、
それはコロナ禍の中でもがき苦しむ多くの現代人に未来へ向かう智 慧を示唆してくれます。

表紙は門出和紙(かどいでわし)
書籍をくるむ表紙は新潟県柏崎市高柳の門出地区で手作りで作り続けられている門出和紙。
自然と歴史文化に育まれたそ の紙は手にする読者に重厚な印象を与えます。

—————————————————————-

ということで、本日は豪雪の中、地元の新聞各社様より取材いただきました。
ありがとうございます。
なんともすばらしくご紹介いただいてますが、子ども時代の悪行三昧まで書いてます😅
表紙がすべて、日本酒久保田のラベルにも使われている、一点ものの門出和紙という
贅沢仕様、帯は筋肉少女泰のミュージックビデオ等で著名な映画作家の梨本諦鳴さん
(新潟県燕市/旧吉田町出身)が書いてくださいました。

この時期、このタイミングで、この本、というのも何かの縁。
すべて新潟仕様の、故郷に向けた感謝と希望の本となっておりますが、ぜひ広くお読み
いただけたならうれしいです。
ほんとうは、ご縁をいただいた皆さんお一人お一人に手渡しで謹呈させていただき
たいところですが、そうもいかないので・・・買ってください‼️(笑)
ということで、壮弦の本、どうぞよろしくお願いします!




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)




 
 

妻有新聞さんよりご紹介いただきました‼️〜「書の体験空間を十日町に 世界の書芸家 平野壮弦さん」〜




妻有新聞さんが紹介してくださいました‼️
ほんにまあ、有難うございます!

「書の体験空間を十日町に 世界の書芸家・平野壮弦さん」

故郷に、プチ書芸アートギャラリー兼、子どもからジッチ、バッパまで一緒に
あそんでもらえるような書芸体験スペースをこしゃいたいと思いますんで、
どうぞよろしくお願いします!(^ ^)/


妻有新聞 壮弦 書芸 書道 体験




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

カリスマ書家、大渓洗耳さんの書に遭遇‼️



これまた節黒城址へのハイキングの帰り、方向音痴ぶりを発揮して、道をまちがえて

山を下った麓に、由緒ありげな神社あり。乗りかかった舟ならぬ、通りがかった神社と思い、
参拝させていただき、名前の看板書を見上げて驚いた。「洗耳書」とある。
知る人ぞ知るカリスマ書家先生大渓洗耳(オオタニ センジ)氏の手になる書である。


大渓洗耳 日本の書をダメにした七人  カリスマ書道家 書道 書家 書道家



拙著『汚し屋壮弦 俺の書でイケ!』にも書いたが、かつて大渓洗耳さんは
日本の書をダメにした七人』という著書を著して日展を頂点とした日本の
書壇のあり方を痛烈に批判し、カリスマ書家となった方で、真宗大谷派・榮行寺
という由緒あるお寺のお生まれ。このお寺は自分の実家から150Mほどの近所にあり、
母は小学校時代、氏と同級生だったという。

大渓洗耳 日本の書をダメにした七人 カリスマ書道家 書道 書家 書道家

大渓洗耳 日本の書をダメにした七人 カリスマ書道家 書道 書家 書道家



自分は大渓洗耳さんから書に関して何も影響は受けてはいないけれど、
拙著に書いた通り、人間的には実にオモシロい人だった。
そのあたりのくだりは書くと長くなるので、拙著『汚し屋壮弦 俺の書でイケ!』で、
ぜひ続きを`` けっこう笑えますぜW


ということで・・・

壮弦の本、まだしぶとく売ってもらってますんで、よろしくおねがいします‼️😜
https://www.amazon.co.jp/汚し屋・壮弦-俺の書でイケ-平野-壮弦/dp/4887151810




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

字が下手クソですみません!

 
 
こんにちわんだふぉー、壮弦です!
今しがた、落合郵便局から電話あり🏣

 

「先日ご依頼いただいた贈り物の伝票の字が、

あまりに達筆で読めないので教えていただきたい」と🤪
「そうげん」の「げん」が、弓偏なのか、人偏なのか、

不明なのだという。
しまった!ちゃんと読めるように書くんだった!
親からの遺言で、「郵便局にだけは迷惑をかけるな」

と言われていたのに・・・w

 
「字が下手クソですみません!」と言ったら、

「いえいえ、達筆過ぎて・・・😅」と一生懸命

フォローしてくださったのですが・・・ヘタなのです!
これからはご迷惑をかけないよう、ヘタクソなりに、

ちゃんと読めるように書くよう気をつけます❗

 

ところで、「そうげん」の「げん」は「弦」でございます。
あと、よく「荘弦」と間違えられます。

「そうげん」の「そう」は草冠無しの「壮」ですんで、

どうぞお見知りおきを!W

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

☆プロブロ~プロのお仕事ブログ開始! (〜SOGEN blogバックナンバ〜 2008.8.4 投稿 175)

 

 

「プロの立場から、いまの若者たちへ、生きたメッセージを送ってもらえないか」 という

株式会社・栄美通信社さんからのご依頼で、僭越ながら書かせていただくことに しました。
 
プロのお仕事ブログ」 、題して、書芸家・壮弦のつぶやき~『SOGENことなか!

http://problog.jp/blog/200-01/2011/01/post_200.html

 

自分なんかが若い人たちにエラそうに言えることは何もないんだけどね、

日常の仕事や、ふと思ったことなど、何でもいいので書いてもらえたら、

若者たちにとって何かしらイイ刺激になると思うので・・・って言っていただき、

気楽に書かせていただくことにしました。

このブログも、もちろん本音100%だけど、そっちのほうがもっと 本音で

ズバズバ書いてたりして・・・?笑

まあ、SOGENの裏ブログみたいなもの?

under21限定~大人は決して見ないでください・・・?!
 
 

●高校生のための進学情報サイト『エイビ進学ナビ』 http://www.eibi-navi.com/

 

 

 

 

書芸家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen