志村けんさんと駅員AIロボットさくらに想う



志村けんさん、大丈夫じゃなくてビックリでしたね。

いかりや長介さんに「あれ?おまえ、もう来たのか。いま、一番いい時だろうに」

とか言われてそうで・・・

日本中の人たちが笑いころげ癒されたお笑いキングであり、人間国宝といっても
いいような人。100までも生きて欲しかった。ご冥福をお祈りします。



実は志村さんの逝去にあたっては、予感がありました。
最近のテレビで、いかりや長介さんとの確執や、元恋人の話題を、本人も出演して
番組化しているあたり、罪滅ぼしではないけれど、もう、オレ、いいかな・・・
といった達観した心境のようなものを感じていたので。まあ、そんなことは公言
できないけれど、入院後「持ち直して安定している」との知らせを聞いたときには、
逆に、あ、もう近いな、と。


で、みんながその逝去を悼む中で、こう言っては不謹慎ではあるけれど、

志村さん、もしかしたら、いい時にイッたのかもしれないなと。
そのわけは色々とあるけれど、一番は、志村けんに代表される、オゲレツで際どい
昭和的な笑いが、これからますます自重自粛されていく中で、
今が一番、注目され惜しまれながら逝けるタイミングだったのかもしれないと。


また、長い闘病生活の果てにではなく、目下、日本と世界を最も騒がせている
コロナでコロっというのも、志村けんさんらしい気がします。

だいじょうぶとはいかないこともあるから、死にたくなければ気をつけろよ、
と身をもって教えてくれたところもあるかのようで。



(変なおじさん/画像はネットよりお借り)



話は変わりますが、AIが人間に近づくにつれ、人間がAIに近づいているのを感じます。
つまり、以前は人間が、五感、六感をもって、全身で物事を受け止め感じていたのに対し、
AIの進化とともに、一層頭でっかちになってきているのではないかと。
結果、モノの見方や考え方が近視眼的になり、囲碁や将棋に例えれば、局所的には
正解であるかのように見えても大局で間違っており、勝負には勝てないという。

卑近な例でいうと、高輪ゲートウェイの駅員AIロボット”さくら”が、スリーサイズを
教えて、といった質問に対して「すみません、よく聞き取れませんでした。」と
受け流す行為を、「セクハラを受け流していいのか」と非難する人たちがいるという話。
これなどはまさに、AIのほうが状況に応じて受け流す、という高等戦術を
用いているのに対し、人間の方が狭量で、現在の法律やモラルに鑑みて許せない
といったような、機械的な反応を見せているという。



(AIさくらさん/画像はネットよりお借り)



つまり、何が言いたいかというと、「セクハラはけしからん」と糾弾するのは、
局所的には正論であり最善手のようだけれども、大局的にみた場合、
けっして最善手になるとは限らないということです。

これは、セクハラは容認すべしと言っているわけではなく、何事においても局所だけで
判断せずに大局を見てかからないと、方向を見誤る恐れがあるということ。
自分も周りの人たちも、よりハッピーになっていくためには、大局観が大事なんじゃ
ないか、ということです。


NEW WORLD ORDERの下、これからまた様々な天災人災を経ながら、
世界はますます、外れ者は許さない、正義と友愛とに満ち溢れた20世紀少年のような?
(表向き)キレイな楽園と化していくことでしょう♪
そうした中にあって、将棋大好き人間として、今後とも三手の読みとともに、
少しでもマシな方向に向かって歩を進めゆくための大局観を養いつつ、
この次元での余生をたのしんでイキたいと思っています。



書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://sogen-arc.com/(スクール)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com



 

 




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:書は将棋であり、囲碁である。

昔、将棋にはまり、一時、千駄ヶ谷にある日本将棋連盟会館に通いつめた
ことがありました。棋力はアマの3段くらい。
羽生善治名人は「将棋は芸術だ」と言いましたが、その通りだと思います。
スーパーコンピューターでも計算が追いつかない指し手の宇宙を、
直感で読み解いていくのですから・・・
書も、直感を通して、無限の紙面に無限の宇宙を生み出していく芸術です。
そんなこともあって、将棋と書は近いものだと、ずっと思っていました。
一手間違えると形勢が逆転するところも似ています。
書も一筆一筆が勝負で、気の抜けたような線が一本でもあるといけない・・・
これまで自分は、「書はあそびだ」と言いながらも、そんな緊張感の中で
作品を書いていたように思います。

ところが最近、作品を書くときの心境が大きく変わったのを感じています。
一筆も失敗は許されない、といった緊張感から解放されて、筆や墨によって
織り成される紙面の宇宙にあそぶなら、そこに失敗は無い・・・
私は囲碁はよく知らないのですが、もしかしたら、これは、将棋を指すような
書きぶりから、囲碁を打つような書きぶりに変わってきたのではないかと・・・
囲碁は、陣地の取り合いなので、ここで負けても向こうで取り返す、
ということができます。
そういった意味で、一手間違ったらもうお仕舞い、という世界観から、
トータルで勝てばよい、という世界観へと変わった、と言えるのかもしれません。
もちろん、芸術は相手のいる勝負ごとではありませんから、誰の目にも
はっきりと分かるような勝負がつくわけではありません。
その上で、あえて言うならば、芸術家にとっての勝ちとは、
生命力のある作品、宇宙に繋がるような、広く深い作品が生まれたとき

ということになるのだろうと思います。

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

 

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com