兒玉達雄さん著『雪にまつわる昔話・他』のご紹介



私が小学六年生のとき、新潟県十日町市の新座から母校の千手小学校に、
児玉くんというイケメンが転校してきた。人柄もすばらしく、一躍クラスの
人気者となる。自分も仲良くなって、家にもよく遊びに行かせてもらった。


児玉くんは両親とも小学校の先生だった。
お父さんがまた渋い男前で、お母さんは若々しく、そこらの田舎の母ちゃん
には無いような眩いオーラを纏った素敵な人だった。


児玉くんは小学生のときからトランペッターで、いまもラッパを吹いている。
千手小学校のあたりを散歩していてラッパの音が聴こえたら、児玉くんだ。
彼は学習塾の名講師として長年に渡り地域に貢献しながら、トランペッターとしての
キャリアと音楽への造詣の深さを活かして、ラジオ番組(FMとおかまち)の
パーソナリティーとしても活躍している。
だいたい音楽家はエロいものだ。彼は自分にとって、エロ談義から人生論まで
何でも語り合える、無二の親友なのである。



前置きが長くなったが、その児玉くんのお父さんの兒玉達雄さんが、90歳を迎え
られたのを機に、このたび『雪にまつわる昔話・他』という本を出版された。
ライフワークとして、奥さんと二人三脚で蒐集研究してきた地域に伝わる昔話を
まとめ上げた珠玉の一冊。


題字は俳句を趣味としていた私の父が一方ならぬお世話になった、地域の誇る俳人、
高崎正風氏の手になるもので、一見何気ない字のように見えるが、なかなかこう
親しみやすくサラッと書けるものではなく、さすがである。
表紙と裏表紙の風情ある挿絵は北村フミ子氏によるもの。



児玉達雄 雪にまつわる昔話 十日町 妻有 民話
児玉達雄 雪にまつわる昔話 十日町 妻有 民話



昔は神様も妖怪も、みな当たり前のように人々の暮らしの中に棲んでいた。
昔話の中で、神仏や妖怪や動植物が、地域の人たちと普通に方言で喋り合ってる
ところが、神仏自然と心を通わせていた古き良き時代を彷彿させ、何か懐かしく
ホッコリとした気持ちにさせてくれる。



収録された54篇のうち、「弥三郎婆さ」は別格として、自分が最も心打たれたのは、
早乙女地蔵」。短い語りの中で、まるで映画のシーンをフラッシュバックで
見ているかのような臨場感にあふれており、思わず涙ぐまされた。
夜這いの話まで入れたのは達見。どんな話かは、読んでのおたのしみ♪



地元の各紙でもすでに広く紹介されており、目にされた方々も多いと思いますが、
十日町新聞の紹介記事に寄せた兒玉達雄さんご本人の言葉に強く胸を打たれる
ところがあったので、ここにご紹介させていただき、出版のお祝いと本書推薦の辞
とさせていただきます。




-卒寿を迎えて-


華やかな米寿を終えて


卒寿を迎えた


九十歳 何がめでたい


昔は夢や未来があった


今は死への序曲がなる


行雲流水 限りある命



白寿は指折り数えたが


天寿でよしとわりきって


自著「雪にまつわる昔話」


一冊をこの世に残し


ありがとうの心忘れず


ポックリ死にてえなあ


妻が待っている




令和元年9月8日


兒玉達雄



児玉達雄 雪にまつわる昔話 十日町 妻有 民話




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)







 
 

サンタ・クリエイトさんの山菜Tシャツ👕🌿



着る山菜」をテーマとしたサンタ・クリエイトさん(新潟県十日町市)の
山菜Tシャツを、地元の方からプレゼントいただきました。しかも3着も‼️

写真右のTシャツは図鑑を見るように楽しめ、真ん中は墨絵のようにカッコ良く、

左のこごめのバージョンは、いちばんシンプルでお洒落なデザインとなっています。


新潟はもとより全国的にも人気のようで、東京でも宣伝させてもらったたところ、

ぜひ欲しいという人が続出!☆*。o(≧▽≦)o*☆


もうこの夏は、サンタ・クリエイトの山菜Tシャツでイクッキャない❣️٩( ‘ω’ )و



山菜Tシャツ サンタ・クリエイト 山菜図鑑Tシャツ 十日町 墨絵


山菜Tシャツ、山菜パーカーはこちらでゲット‼️

山菜Tシャツ/サンタ・クリエイト公式サイト

http://sansai-t.com/index.html






書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com











 
 

坂口安吾記念館/大棟山美術博物館を訪問🏯



今回のSOGEN故郷滞在記は、これにて一応のトドメっ❗️😜

居酒屋巡りではないけれどW、もう一軒、先にご紹介させていただいた
富井冨士子さんに連れていっていただいたのが、松之山の『坂口安吾記念館
大棟山美術博物館) なんと、ここは富井さんが歴史的建造物評価調査を

された施設だという⛪️


中はコロナ休業で見れなかったけど、庭園を散策させてもらっただけでも当時が
偲ばれ、感銘を受けた💮

富井さんから「建物内部が、凄いんですよ!安吾展示室や昭和天皇が、

マッカーサー元帥に会いに行く時に同行した、村山浩一博士の記念室も在ります。

次回、またご案内しますね!」とのお言葉をいただき、今度、中を拝見させて

いただくのが楽しみでならない。


坂口安吾 無頼派 坂口安吾記念館 大棟山美術博物館  堕落論 十日町 松之山
坂口安吾 無頼派 坂口安吾記念館 大棟山美術博物館 堕落論 十日町 松之山



で、このお屋敷の先の当主だった村山家は、坂口安吾の生家ではなく、お姉さんの
嫁ぎ先だそうで、安吾も新潟市の大変な名家の生まれだったんだけれど、村山家は
松之山の奥にありながら、新潟のかなりの地域を治める、それ以上の名家だった
とのことで、皇族や幕末の志士など、時の日本を動かしていた有力者も訪れた形跡が
あるんだって。


坂口安吾 無頼派 坂口安吾記念館 大棟山美術博物館 堕落論 十日町 松之山
坂口安吾 無頼派 坂口安吾記念館 大棟山美術博物館 堕落論 十日町 松之山



坂口安吾といえば、『堕落論』を著し、無頼派でならした小説家🖋
1906年に新潟市に生まれ、1955年に群馬県桐生市で没している。・・・となると、
享年49歳やん! そんで、あんだけの小説を著し、当世の論客としても名を馳せた
のだから、異端児にしてトンデモない才人だったわけだ。
そういえば、寺山修司も48歳で亡くなっている。異才の人々は総じて、この世界を
常人より早く駆け抜けていくのだろうか・・・🏄‍♂️

坂口安吾 無頼派 坂口安吾記念館 大棟山美術博物館 堕落論 十日町 松之山

写真:林忠彦写真集 日本の作家(小学館)p3より 撮影/林忠彦



自分は30歳で教師を辞めた直後に安吾の『堕落論』を読み、とてつもない衝撃を
受けたのを覚えている。今でも超過激な論旨であるのに、当時、よくこれが世に出て、
しかも人々に受け入れられたもんだと。
世間の常識や道徳観念を超えた、人間としての嘘偽りのない、純然たる魂の叫び

を聞いたような思いだった。それが、この世界の欺瞞に苦しむ時の人々の心を

大きく揺さぶったのだと思う💥



安吾はボードレールやポー、石川啄木の作品を愛読し、「落伍者」である作者たち
に憧れて行ったという。その憧れから、中学から呼び出しを受けた際には机の
ふたの裏側に「余は偉大なる落伍者となっていつの日か歴史の中によみがへる
であらう
」と刻むまでに至ったという。それが本当なら驚きだ。
つまり安吾は、世間のレールから外れて生きる落伍者の中にこそ、人の生きる
真実の何ものかを見ていたのだと思う。



こんなトンデモない作家の記念館が生まれ故郷にあり、そこにまたこのタイミングで
連れて行ってもらったことに、また不思議な縁を感じている。
ヤバイよ、安ちゃん‼️
ヤバイよ、こんなヤツを生み出す新潟の文化の懐の深さ!


あー、故郷再発見の旅、オモシかった〜♬
てか、故郷の魅力は尽きることがない。

旅の続きを、どうぞおたのしみに〜




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

富井冨士子さんと藤巻医院


コロナ禍に際し故郷新潟県十日町市に帰郷し、空き家となっていた実家を片付けて、

アトリエ兼、ギャラリー兼、書芸体験スペースとして復活させたことは、

先のブログでお伝えした通りです。


今回の故郷滞在では、恩師、教え子、同級生、友人、地域の子どもたちとの再会や

出会いの機会を数多くいただき、お陰様でこのような時期に、実に幸せな日々を
過ごさせていただくことができました。故郷のみなさんに心から感謝です。


その感動と感謝の日々についてはFACEBOOKの個人ページで紹介しておりますので、
よろしければどうぞご覧ください。

https://www.facebook.com/sogen.hirano




さて、今回の故郷滞在中にいただいたご縁の大トリが、地域創生コンサルタント会社・

富井富士子事務所 代表取締役の富井冨士子さんとの出会いです。


話は自分が子供の頃に遡りますが、十日町の実家から50Mほどのところに

藤巻医院というお医者さんがあり、地域の人たちから「藤巻さん」と慕われた、

オジイちゃん先生がおりました。診察が終わるといつもビスケットを3枚くれる、

とても優しい先生でした。

過疎地域の医療に大きく貢献され、救われた命も数しれず・・・

その後、初の名誉町民となり、昭和天皇にまで拝謁され、「妻有のシュバイツァー

とまで賞されます。


有形文化財となっていた、その藤巻先生の本宅兼診療所が解体の危機に瀕したため、

富井さんが引き取られ、自身が代表を務める「エコ・ヴィレッジ社会実験研究所

の施設にされていると伺い、懐かしさもあって、お願いして見せていただいてきました。


富井冨士子さん近影(2020.6.16 藤巻医院前にて撮影)


味わいある玄関ロビーと階段

富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員



うっわー、懐かしずぎる!

富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員



懐かしい藤巻先生の御尊影。

愛称「犬ゾリ先生」

過疎地の診療には犬ゾリで出かけ、何度も雪崩に合って死にかけたことがあるという。
ボロボロの鞄が、二代に渡り地域医療に人生を捧げた藤巻親子の足跡を物語る。


富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員
富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員



風通し良く、実に気持ちの良い談話室

富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員



なんと藤巻医院と書かれた昔の書が・・・

しっかりとした行書体で、相当な書き手の手になる書と見る。

富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員




4月初旬にFACEBOOK で「東京は飛行路線が変わったようで、喧し過ぎてしんどい!」
とグチッたところ、「待ってますよ!十日町‼︎」とやさしい言葉を地元からかけて

くださった方がおられ、この時期、「東京から帰ってくるな!」という声が巷に
あふれる中、なんと優しい人が故郷にいたものか、と感動したのですが、それが
富井冨士子さんでした。

で、実際にお会いしてみたら、まさに観音菩薩のような、後光が射しているんじゃ

ないかと思われるような、田舎のカアちゃんには無い不思議なオーラをまとった方で、

一体何者なんだと、謎は深まるばかりでしたが、十日町法人だよりの紹介記事を拝読し、

なるほど、そういう方だったのかと得心。



富井さんは、初めてこの豪雪地域に来て ” ここから見えるものが本当の日本 ” と思ったと。
この地域の人たちがマイナスに思っているものすべてが宝であり、

自分が喜び、地域の人が喜ぶ仕事をこの地でしたいと思った、といいます。

そして、八面六臂のご活躍の中で、「持続可能な循環産業社会を作り、明るく平和な

未来を子供たちに贈りたい」という大きな夢に向かって、確実に歩を進めておられます。


夢を語る人は多くても、その実現に向けて実際に動き、カタチにしていく人は少ない。

それを可能にしているのは、富井さんの持って生まれた魂の輝きと心根に加え、

一級建築士として、様々な制約の中で折り合いをつけて、現実に建物を建てる
という頭脳と能力をも持ち合わせておられるから、なのではないかと思います。

こんなスゴイ人が故郷におられたとは、不覚にも存じ上げず・・・

が、それも今、だったんだと思います。



富井さんから、ご自身が設計管理されている施設もご案内いただきました。

それはまた稿をあらためてご紹介させていただきますので、どうぞおたのしみに``




富井冨士子さんの紹介記事(十日町法人だより)

富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員
富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員


富井冨士子さんが代表を務める「NGOこめ」のパンフレットから

富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員
富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

㊗️SOGENの故郷十日町市の豪雪文化、日本遺産認定‼️🎊



SOGENの生まれ故郷でもある全国有数の豪雪地帯、十日町市の豪雪文化が、

このたび日本各地の文化や伝統を観光資源として国内外に発信する「日本遺産
に認定されたとのことで、おめでとうございます㊗️‼️


今年度は全国で合せて21件が認定され、このうち県内では、全国有数の豪雪地帯、
十日町市で育まれた、風雪から守るため梁を伸ばして深い軒先を作る「船ガイ造り」

などの建築様式や江戸時代から生産が始まった絹織物など着物文化にまつわる物語が、

新たに認定され、新潟県内の日本遺産登録は3件目とのことです。


十日町 日本遺産 豪雪 書道 芸術



画像はNHK NEWSよりお借り

https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20200619/1030012610.html?fbclid=IwAR0CMZKIOC2AQW_tgxeXtliqQMvNbj73elD8UvAh819smMPszlAldePWf_0



この受賞に対し、私の教師時代の教え子である、株式会社いせん社長の
井口智裕さんが、以下のような賛辞を送っています。


『十日町市が日本遺産に認定を受けました。全国有数の豪雪地帯である十日町市の
建築様式や着物文化にまつわる物語が認定された要因です。

十日町市では新しく博物館もオープンし、まさに雪国文化の発信拠点として
これからますます注目を受けることと思います。


日本遺産の認定はあくまで十日町市単体での取り組みではありますが、このニュースは
我がことのように嬉しく感じます。
私が経営するryugonは隣町ではありますが、「雪国文化を感じる宿」がコンセプト
でもあるので、十日町市の取組は確実に私達の宿の価値を高める要因に繋がります。


「競争から、共創の時代へ」スキーや食といった単体のコンテンツを売り込むだけでは、
連携も図りづらく、付加価値を高めることもできません。しかし地域文化を軸に
しながら広域でつながることで、それぞれの業種の特徴を生かした新たな可能性が
うまれてきます。これが地域ストーリーを軸とした広域連携の最大のメリットです。


「8000年前から雪と共存してきた雪国文化」を私は世界に通用する価値だと
思っています。この価値をそれぞれの立場(行政であれば社会資本や教育で、
民間であれば投資や事業で)で、なおかつ市町村の枠を超えて具現化していく
ことで新たな時代を作れるのではないかと思っています。


十日町市の関係者の皆様、ありがとうございました。私は自分の宿でそれを表現していきます。
これからもチーム雪国観光圏のメンバーとして引き続きよろしくおねがいします!!』




井口智裕さんは私から英語を習ったハンディーをもろともせず?、その後アメリカの
大学に留学し、世界を見てきました。
世界一流のサービスの提供を信条としたHATAGO井仙の経営に加え、近年、
かつて直江兼続も幼少期に学んだ雲洞庵ゆかりの老舗旅館『龍言』を再興。
自社のホテル経営にとどまらず、雪国文化は世界に通用する価値であるとの
信念の元、「雪国観光圏」を構想、豪雪地域の活性化に尽力中です。


「競争から、共創の時代へ」とは、実に素晴らしいスローガン。
まだ若くして、スケールの大きな構想力と実行力とに期するところ大。
雪国観光圏に輝かしい未来あれ‼️



雪国観光圏構想があるなら、雪国芸術文化圏構想ってのもありかもしれませんね!
まあ自分の場合は、「世界書芸文化圏構想」かな😁
豪雪地帯から芸術文化を世界に❗️ぼちぼちガンバロー♬





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com









 
 

長栄山・西永寺(国登録有形文化/十日町市上野)



節黒城までのハイキングの帰りに参拝させていただいた、長栄山・西永寺
(国登録有形文化/十日町市上野)。
初参拝にして、このような見事な彫りの歴史的建造物ありと、今更ながら知る。


長栄山・西永寺(国登録有形文化/十日町市上野)
長栄山・西永寺(国登録有形文化/十日町市上野)





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

小嶋屋総本店(新潟県十日町市)




節黒城址までハイキングに行く途中、小嶋屋総本店さんを通過。


水車も元気に回って営業再開したようで、よかった!


「皇室献上」「へぎそば」「布乃利つなぎ」等、看板の書、けっこう書かせていただいてます。


小嶋屋 総本店 水車 そば 十日町 看板 書
小嶋屋 総本店 水車 そば 十日町 看板 書
小嶋屋 総本店 水車 そば 十日町 看板 書


小嶋屋総本店:http://www.kojimaya.co.jp





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com





 
 

節黒城址までハイキング🏞🚶‍♂️


今日はお天気がよかったので、節黒城址まで、ひとりハイキングに行ってきました☀️🚶‍♂️ 

山頂まで歩いたのは、小学生のときの遠足以來です。

家が軽くなったので、こんどは自分の番!と思ったのですが、育ち盛りのせいか、

麓ですでに腹が減って、弁当をぜんぶ平らげた上に、山頂で飲もうと思って

持ってきたビールを、ぬるくなったら不味くなるからとか理由をつけて、

早々飲んでしまいました😝


もう食料は無いから遭難は出来ないと腹をくくって歩き出したのですが、

途中で水路にはまりそうになるわ、虎に噛まれそうになるわ、プレデター・・・? 
いや、木のお化けに襲われそうになるわ、とスリル満点のハイキングとなりました。


山頂の節黒城址は地元の方々がきれいに下草を刈ってくださっていて、
とても気持ちよく、眺めも最高でした。くたびれたけど、たのしかったです♪

20キロ近く歩いて、ウエイトは1キロ減W よーし、また行こう! そのうちに😜


節黒城 十日町 遠足 ハイキング
節黒城 十日町 遠足 ハイキング
節黒城 十日町 遠足 ハイキング
節黒城 十日町 遠足 ハイキング
節黒城 十日町 遠足 ハイキング

【節黒城址】


南北朝時代の正平7年(1352)に築城、新田一族の拠点になったと伝えられています。

急いで築いたために、とりでの木が素材のままで節が黒々と残っていたことから

「節黒城」と名付けられたと言われています。

戦国時代には、上杉謙信傘下の上野氏の居城になり大改造されて妻有地方で最大級の

代表的山城となり、慶長年間まで使用されていました。

例年、6月上旬に節黒城山開きまつりが開催され、大名行列などが行われ賑います。
平成25年11月に新しい展望台が再建されました。


(十日町市ホームページより)






書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

国宝・火焔型土器「縄文雪炎」(じょうもんゆきほむら)/笹山遺跡(新潟県十日町市)出土 発掘秘話



昨夜はこの土器を発掘した人と飲み。

縄文土器唯一の国宝、笹山遺跡(新潟県十日町市)出土の火焔型土器
「縄文雪炎」
(じょうもんゆきほむら)。
岡本太郎をして「芸術は爆発だ‼️」と言わしめた土器である。


いまならスマホで撮った画像や動画で、発掘こんなだったよと簡単に見せて
もらえるのかもしれないが、30年以上前の当時はそんなものは無かったから、
話だけだったけれど、逆に想像力を掻き立てられて、発見のくだりを語
聞かせてもらっただけでもドキドキだった。
行政の都合で発掘作業が中止されるギリギリのところでの、奇跡的な発見だったという。


縄文土器が数多く出土しているこの地域に住む人たちは、縄文人の血を色濃く
引いている可能性が高い。
あそびま書芸体験ワークで、この地域のママさんや子どもたちが、いきなり
モノすごい生命力溢れる書を書いてみせるのも、さこそ、という気が。


国宝 縄文土器 火焔土器 十日町 笹山遺跡 岡本太郎 書芸 書道

国宝・火焔型土器「縄文雪炎」(じょうもんゆきほむら)/笹山遺跡(新潟県十日町市)出土

(画像はネット上からお借り)





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

朝焼けに書芸のこころを見る



昨夜は地元十日町の大先輩方とのみ。
エラいとエロいは紙一重?W
芸術文化の話題からエロ談義まで、昔話から今後の夢まで、互いに好き放題語り合い、
最高にたのしい時間を過ごさせていただきました。
幾つになっても夢と未来への希望を持って生きるという、人生の範を見せていた
だいた思いです。


で、今朝はゆっくり寝ているつもりだったのに、なんと3時起き。
トイレに起きて2階のベランダから東の空を見たら、朝焼けがすごいことになりそうな気配が・・・🌅
寝たらもったいないよ、見においでよと誘われているような気がして、思わず起き出て
河岸段丘の淵まで散歩がてら見に行って来ました。
そしてその朝焼けの、なんと見事だったことか・・・
大空を舞台にした一大パノラマ劇場と言っても過言ではなく。


見とれて写真を撮りまくっていたら、いつの間にか2時間が経っていました。


朝焼け 書芸 書道 書家 書道家 新潟 十日町

朝焼け 書芸 書道 書家 書道家 新潟 十日町
朝焼け 書芸 書道 書家 書道家 新潟 十日町




そういえば、こんなに空を見続けたのは、昔、熊野の山中で夕陽を見続けたとき以来で、
その時も2時間ずっと空を見上げていました。


自然がすばらしいと思うのは、観覧料をよこせとかモデル代をよこせとか

言わないところW 万物万人に見返りも求めず、無償で恩恵を与え続けているわけで・・・

瞬間瞬間に移り変わっていく、その自然な変化の妙が実にエロく、これぞ自分の求める
書芸の精神であると・・・

書芸となんぞと聞かれたら、こういうことだと、この写真を見てもらえばいいと思います。


朝焼け 書芸 書道 書家 書道家 新潟 十日町
朝焼け 書芸 書道 書家 書道家 新潟 十日町

朝焼け 書芸 書道 書家 書道家 新潟 十日町




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com