桜咲く

 

 

本物の桜の開花はまだこれからですが、いちはやく「桜咲く」の報せが・・・

 
昨年、東京への修学旅行の折、進路研修ということで訪ねてきてくれた高校生が、

このたび大学の芸術専門学群に進学することになったということで、報告と御礼の

メッセージを寄せてくれました。

人生の門出に乾杯!
書を通してこれからの人生をより実りあるものとし、世の中をより楽しく
豊かなものにしていっていただくよう祈ります。

 

 
(いただいたメッセージから)

 
ご無沙汰しております。
修学旅行の際に進路別研修で壮弦先生を訪ねさせて頂いた○○です。

この春から○○大学芸術専門学群に進学することになりました。
大学では芸術の中の書を学べるということなので、書はもちろんですが他分野にも挑戦し、

表現力を磨いていきたいです。

あの時、壮弦先生にお会いしてお話を聞かせていただき、頂いた本を拝見したことで、

書に対する意識の持ち方が少しずつ変わってきて、‘書芸術’はこんなにもおもしろくて

楽しいんだ!と感激しました。

 

まだまだ自分自身に課題はありますが、私が以前まで持っていた固定観念が崩れ、夢が広がりました。

私は文字のデザインや、墨の濃淡による表現、線的表現に興味があり、書の可能性を

もっと広めていきたいので、将来は会社のロゴや商品のパッケージを手掛けるような人に

なりたいと思っています。
少しでも夢に近づくために、努力を怠らないようにがんばります。

本当にありがとうございます。

 

 

~昨年の修学旅行での進路研修の模様~

 

 

 

書芸家SOGEN・平野壮弦 公式ウェブサイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート作品)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン書、講演、アートパフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com/ (書を通した解放と交感の場~SOGEN書芸塾ARC~)

 

 




 
 

書を志す女子高生からのメッセージ~SOGENの仕事場探訪・後日談~

 
 
先日、世界のSOGENに修学旅行の進路研修で会いに来てくれた広島の女子高生から、
オフィスにご丁寧な御礼のメールをいただく。
 
修学旅行前は将来の夢について考えると不安になることが多かったのですが、
今回、書の素晴らしさや楽しさを改めて実感し、書の可能性が広がったことで、
今は希望に満ちています
、と。
 
あれ? おかしいなぁ・・・自分が本音100パーセントで書を語った日には、
夢を打ち砕くことになりはしないかと思ったんだけど?w 
いやいや、うれしいねー!!!
 
でもそういえば、昨年、韓国の圓光大学の書道科の学生を対象とした講演をやらせてもらった時も、
ある女学生が、「先生の話を聴いて、書道に対して何かもやもやしていた想いが消え去って、
とてもスッキリしました! 将来に希望が持てました。」と、嬉しそうに話しかけてきてくれたっけ。
さすが世界のSOGEN,なかなかヤルじゃん♪・笑
 

いつも思う。
世界の未来は若者たちの手の中、胸の内にあると。
この腐れかけたどうしようもない、しかしまた味わい深くもあるこの世界を、
一緒にちっとはマシな世界、面白い世界にしていきたいもんだ。

 
そういった意味で、また会えるかどうかは分からないけど、彼らはすでに同志のようなもの。
彼らはもとより世界の若者たちの人生に、光あれと願わずにはいられない。

 

 

広島の高校生が来訪~書芸家(書道家)SOGENの仕事場探訪~

http://www.hiranosogen.com/blog/?p=8410
 

 
 

書道家/書芸家SOGEN・平野壮弦 公式ウェブサイト
 
http://www.hiranosogen.jp/ (アート作品)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン書、講演、アートパフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com/ (書を通した解放と交感の場~SOGEN書芸塾ARC~)

 

 

 




 
 

広島の高校生が来訪~書芸家(書道家)SOGENの仕事場探訪~

 

 

世界のSOGENに、近場の広島の女子高生から、東京への修学旅行の仕事場探訪で、
書芸家(書道家)に会って色々と話を聴きたいとのことで、オフィスにオファーをもらう。
いいだろう、受けよう。

 

ネットで昨年の秋から書道や書道家のことを自分なりに色々と調べて、書芸に興味を持ち、
東京への修学旅行ではぜひSOGENに会って話を聴きたいとのことで、ダメ元で連絡を
くれたらしい。
SOGENに目を付けたのは見る目があるw もうその時点で将来有望だよ。

メールの文面も、大人以上にしっかりしてて感心。
こういう研修を許可する高校も太っ腹で素晴らしい。

 

 

やって来たのは女生徒一人と男子生徒二人。
男子諸君は書道をやっているわけではないが、未知の世界を見て見聞を広げたいのだと。

 

自己紹介、プチレクチャー、質疑応答などをフリーな感じで行ったあと、みんなに書を
書いてもらった。
意外にも、書をやっていない男子高生が自由にバンバン書きまくって、
書道の上手い女生徒は、色々と考えながら書いているところが面白かった。
が、書いているうちに女生徒もいい感じで壊れてきて・・・笑

 

 

JH-1

 

 

最期に半紙を繋げてみんなでコラボ制作♪

 

JH-2

JH-3

 

 

マジメにひたすら書道を学んでいる若者には、ちと困惑するような内容だったかもしれないが、
得ると同時に、捨てて壊していくことの大切さを感じてほしかった。

 

臨書をするのはどうなんでしょうか?」と聞かれた。
やればいい。自分も若い頃はトコトンやった。やりたければどんどんやって、借り物ではない
自分の血肉となるまで吸収し、あとは老廃物として捨てるのだ。
書道展も出したければ出せばいい。で、どうせ出すなら最高賞をもらって、さっさと卒業する

ことだ。

 

 

書を生業として生きていくに、大きく分けて3つの道があると思う。
 
1.書道塾や学校の書道の先生として、日本の書壇の中で生きていく道
2.伝統書道を土台としつつも、その枠組みを離れ、独自の書表現を生み出し、
  書のアーティストやデザイン書作家として生きていく道
3.書芸術をベースとしつつも、これが書か?!というような現代芸術家を志す道

 

そこに正解は無く、自分がどうしたいかだけなのだが、書芸術を愛する者の一人として
書の未来を想うとき、若い人たちにはぜひ、書は外国人にはどうせ分からないなどと
内にこもるのではなく、世界の芸術としての書の可能性を切り拓き、人種や文化、宗教のちがい
といったものを超えた、人間同士の、もっと言えば、宇宙の森羅万象との交感の力と
していってもらいたいと願っている。

 
しかもKさんは英語も出来るらしいから、ぜひ書芸術も含めた真の和の芸術文化を世界にむけて
発信していってほしいものだ。
えっ、オレ? そういえば前世で英語をやっていたような・・・
はい! 自分も若い人たちに負けないようにがんばります♪

 

 

 

書道家/書芸家SOGEN・平野壮弦 公式ウェブサイト
 
http://www.hiranosogen.jp/ (アート作品)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン書、講演、アートパフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com/ (書を通した解放と交感の場~SOGEN書芸塾ARC~)