人間

いましがた山手線に乗ったら、目の前の優先座席に、めっちゃ人相の悪い

チンピラ風のオッサンが。
人生を遠い昔にどこかに捨ててきてしまったかのような、虚ろな冷たい目・・・
そこへ足の悪いお爺さんがヨボヨボと近づいてきた。
その途端、そのオッサン、こわばった顔をニコッリとほころばせ、お爺さんに

席を譲ろうと立ちかけた。
お爺さんが「いいよ、いいよ」と断ったので、オッサンの笑顔は一瞬にして

またゴルゴ13顔に。

思ったよ。
人と人の間と書いて「人間」とはよくいうけれど、ほんとうに人は人を人間に

するのだと。
弱いヤツ、劣ったヤツは生きていても意味がない、などというトンデモ思考で

起こるクレージーな事件が後を立たないけれど、みんなが強くなってみ? 

このオッサンが、こんな人間らしい慈愛にあふれた笑顔を見せることはないんじゃないか?

人間は面倒くさい生き物。ほかの動物や植物のほうが、生命体としてよほど

清々しく生きている、なんて思うこともよくあるけれど、やっぱり人は人を求め、

人と交わることで人間になるのかもしれない・・・

なんてことに気付かせてくれた、人生捨てた感満々のオッサン・・・

今日はどうもありがとう!

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

人と宇宙/ human-beings and the space

新しい硯をまた一つおろす。
墨を擦るほどに、芳しい香りが空間に漂う。

筆を取り、意識と無意識との狭間から立ち現れてくるものは、

宇宙自然であり、人。

人間は宇宙の一部であるとともに、一つの宇宙。
人間が消滅するときに、一つの宇宙が終わる。
ゆえん、人生は宇宙自然を感じつつ、自分という宇宙を生きること。
もって書芸とは、宇宙自然と交感しつつ、自分自身の中の宇宙を表す

術なのである。

I grind an ink-cake by the brand-new inkstone,and the fragrance

spreads in the air.


When I unconsciously draw something on the paper using a brush,

what appear there are human beings and the space. 
Human beings are part of the space and also the space itself.
When a man passed away,his and her space also disappear.
So,life is to live our own space.

Shogei(calligraphy art)is the way to represent our spaces in ourselves.

https://www.facebook.com/HiranoSogen/

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

孤独と生きる

 

 

ヒトは誰しも、誰かから認められたいという承認欲求とともに生きている。
 
恋愛も経済活動も、また芸術活動もそう。
 
だが100%自分のことを理解してくれるヒトなどいない。
 
ゆえにヒトはどこまでいっても孤独なのだろう。

 

それが他の動植物には見られないヒトの性。
 
ヒトはヒトとの関係性の中で人になり、人間になる。

 

 

%e7%94%b7%e5%a5%b3-555

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

 

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://www.sogen-arc.com/(スクール)

 

 




 
 

韓国・大田(デジョン)大學でのSOGEN特別講義&席書揮毫風景/2016.10.31

 
 
ソウル個展の会期中、韓国・大田(デジョン)大學での特別講義のご依頼いただき、行ってきました。
対象は書道学部、建築学部、デザイン学部の計約100名の学生たちで、テーマは『人・都市・自然・宇宙』。

 

私のワケのわからないアートを見て憮然としていた書道学部の教授が、文字作品を見せたところ、

「なんだ、ちゃんとした書も書けるんじゃないか」てな感じでニッコリしたので可笑しかったです。

まあ人間、自分が分からない世界に対しては不安になり、分かる世界を見せられるとホッとする、

というところがあるのでしょう。

 

日本で大学での講義を頼まれたことはまだ一度もありませんが、韓国では一昨年も

圓光大學で講義を行わせていただくなど、大学からもよくお声がけをいただき、

ありがたいかぎりです。

私が喋っただけで感動して震えている女学生も居たりと・・・笑

これはひとえに、韓国を代表する書芸家の先生たちが、「SOGENセンセイは天才であり、

書芸界のピカソだ」といった風に若者たちに伝えてくれているおかげで、

「私たちが尊敬している先生が尊敬している先生」といった眼差しで接してくれるからに

ほかなりません。

 

特に書道学部の学生は、日本もそうですが、書道を仕事にするとしたら、学校の先生になる

くらいしか道がなく、将来に希望を持てずにいる者が少なくないのが実情。

そんな中で、書にはこんなにも可能性があるのだということを実例とともに伝えることで、

何かしら得るものがあればと願いつつ、お話させていただいています。

 

 

0-888x592

1-888x592

 

 

日本から一泊二日でソウル展を見に来てくれた書家・現代美術家の山本尚志さんのことも

紹介させていただきました。

 

2-888x592

 

記念揮毫を頼まれ、一筆。(作品は大學に寄贈)

 

4-888x592

6-592x888

9-592x888

 

いままで人前でパフォーマンスなどしたことはないという書道学部の70歳の大先生も

コラボレーションして書いてくださいました。

上から塗りつぶしてやろうかと思ったのですが、さすがにそこは・・・笑

こんど機会があったら、もっと学生たちと肌身で交感したいです。

貴重な機会を与えてくださった大田大學のみなさんに、心から感謝申し上げます。

またお会いしましょう!
 
 
書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:人類を生きる

前、宇宙飛行士の毛利衛さんの講演を聴いたことがある。
そのときの毛利さんの話の中で、深く印象に残ったことがあった。
それは、人間ひとり一人に本能や想いがあるように、
人類としての本能や想いもまたあるのだ
という話だった。

毛利さんは次のように語った。
「アメリカのアポロ宇宙船が初めて月面に降り立ったとき、
当時敵国だったソ連の宇宙関係者や国民たちが、みんな拍手喝采したのです。
それは国や人種を越えた、人類としての素直な喜びだったのだと思います。
オリンピックで新記録が出ると、全世界の人々が感動し、拍手を送るのもそうでしょう。
人類が一つの壁を打ち破ったことが、人間は我がことのように嬉しいのです。」

なるほど、と思った。
もしチーターが100Mを5秒で走っても人は感動しない。まぁ、さすがに速いなぁ

とは思うだろうがW
人間が、これまで肉体の限界とされていたものを越えて、新たな記録を打ち立てたことが
感動を呼ぶのであり、月面着陸も人類の科学技術が不可能とされていたことを達成した喜びなのだ。
それは、人類としての仲間意識があってこその感動であり、喜びであることに違いない。

人類 人間 アート書道 書道アート 書家 書道家

SOGEN ARTWORK:『人〜何があっても歩き続ける〜』


また、毛利さんは話の中で、もう一つ、なるほどと思ったことがあった。
それは、「人類は種として繁栄しようとしているからこそ、あらゆる環境の変化に

適応できるよう、多種多様の人間を生み出している。予測しがたい未来の環境の中で、

誰が生き残ることになるかは分からない。
だから人間はみな違っているのであって、それは宇宙自然の理であり、人類の意思

でもあるのだ。」といった内容だったと記憶している。

皆が同じになってしまっては、種としての存続にとって危険であり、だからこそ、

自然は多様なのだということだろう。

教育研究家の大田堯さんも 「みんな違っていい、じゃなくて、最初から
みんな違うんです! 」 と言っている。
多様性を認めないということは、人類という種の存続にとっても、国や組織といった集団の

存続にとっても、マイナスになるということだ。


人間は個として生きている。
と同時に、この宇宙に生まれた人類という大きな命の流れの中にあるのだ。


生きるというのは、楽しいこともあるが、辛いこともたくさんあって、もう死んでしまいたい

なんて思うことだってあるだろう。
けれど、ひとり一人が、一個の人間であるとともに、人類にとって、命を受け継ぎ、

また次世代へと繋げてゆく、かけがえのない存在なのだと思う。
またそれは、生物として子孫を残す、ということだけでのことではなく、人間がこれまで

築き上げてきた文化文明を伝えるとともに、人間の持つ愛、勇気、希望、創造力といった、

目には見えないものも含めて繋げてゆく、という意味においても。

そう考えると、人間、悩みは尽きぬとも、もう少し気楽に考えて、人生を楽しんでいいような気がする。
個として長生きしたところで、たかだか100年なのだ。
もちろん、人任せにして自分は何もしなくていいというのではない。
焦ることなく、自分ができることをやっていく中で、自分なりの方法で繋いでいけば、

それでいいんでねーの?ってこと。
自分に出来ないことは、人類の誰かがやってくれるのだから。

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

 

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸アーティスト、デザイン書作家への登竜門〜

SOGEN書芸塾ARC

2019年度の教室のご案内

 


お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:人に光あり〜人生とは、光を求め、光と出会う旅である〜


人に光あり

人生とは、光と出会う旅である


世界の科学者たちによるシュミレーションによると、将来、日本は北上する

オーストラリア大陸に押しつぶされて無くなり、世界はまた一つの大陸に

戻るのだという。
人類ももちろん、哺乳類はすべて絶滅し、また新たな生き物たちが生まれるのだと。

人の寿命はせいぜい100年だから、そんな遠い未来のことを憂えたところで

仕方ないわけだが、人類というもいのの行方、この国、この世界の行方を思うとき、

「自分自身にも、自分が生きているこの世界にも希望が持てない、すべてがくだらない、

無意味なんじゃないか」といった虚無感に襲われることが過去に度々あった。

もっとも恐ろしい地獄が存在するとすれば、それは苦しみや悲しみに満ちた世界

ではなく、この虚無の世界なのではないだろうか。虚無の闇に囚われて抜け出せなく

なったとき、人は生ける屍となって、死後もその魂が無間地獄を彷徨うことに

なるのかもしれない。

昔から自分には、そういった己の中に巣食う虚無感を打ち消すために、自分の

プライドのかけらを肥大化させ、背伸びをすることで、自己防衛しようとしてきた

ところがあるように思う。

そして、自分の肉体と魂が生きるか死ぬか、そんな極限状況の中で、ようやく感じ取り、

つかみ取ったもの、それは、「人に光あり 人生とは、光を求め、光と出会う旅である

という真理。


親、家族、友人をはじめとした、この世で出会えた、多くの縁ある人たちが、

自分に与えてくれた無償の慈愛。
それは、虚無という無間地獄の闇を照らす、大いなる救いの光、すなわち、

神性であり、仏性である。
また、その光は、どんな人の中にも、このろくでもない己自身の中にも宿って

いるのだという気づき。

己の中にわずかに瞬くその光を、少しでも強く輝かせていくこと、人々の中に

宿る光を見出し、より輝かせていくための手助けをさせてもらうこと、それこそが、

自分の人生にとって、最大の役割であり、喜びであり、救いなのだという気づき。

もうそこに迷いはない。

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

 

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸アーティスト、デザイン書作家への登竜門〜

SOGEN書芸塾ARC

2019年度の教室のご案内



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:『人人展』を見る

早くも4月・・・
東京の桜は5分咲きといったところですが、みなさん、いかがお過ごしですか?

春うらら、展覧会も花盛りの今日このごろ・・・
色々とご案内をいただき、できるかぎり見に行かせてもらってますが、
面白かった展覧会をご紹介します。

3.21(土)
東京都美術館で開かれた「第25回・人人展」を見る。
はじめて見せてもらったんだけど、こいつぁスゴい・・・
約40人の作家による絵画・立体作品を主としたグループ展なんだけど、
どの作品も、ふつうの目から見たら、奇々怪々な世界を感じさせるもの・・・
創立メンバーには、故・中村正義氏をはじめ、絵本画家として有名な
田島征三さんの名もあるから、相当の美術科集団だ。

人 書芸家 書道家 アート書道家

う~む、この人たちは闘ってるね・・・
先日知り合ったばかりの愛人、じゃなかった、友人LOVEちゃんに案内をもらい、
彼女が「天然記念物的な貴重な存在」と惚れ込んでいる
LUNEさんという人も出品するというので見に行かせてもらったんだけど、
驚くことだらけだった・・・
まず、先立ってホームページの写真を見せてもらい、女だとばかり
思い込んでいた舞踏家・アーティストのLUNEさんは、実は男で、
出品作品はなんと側車つきの巨大バイク!
実際に公道も走ったという。最高時速350キロだって・・・
こんなのに乗ってたら、めちゃ目立つよな。
試しに乗せてもらったんだけど、どう? カッコいいっしょ?!

人 書芸家 書道家 アート書道家

「人人」展、人間の闇の部分まで映し出す・・・というか、エグリ出すような
作品の数々・・・ウチにふだん飾っておくにはちょっとキツそうな作品が多かったけど、
ひさびさに面白い展覧会を見せてもらったよ。また来年もイコっと♪

 

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf

 

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com