ダンスは書芸に通ず〜笠井瑞丈、上村なおかダンス公演に想う〜

 

 

SOGEN書芸塾でもスペシャルワークを何度か行っていただいた

ことのある世界的ダンサー上村(うえむら)なおかさんと

笠井瑞丈(みつたけ)さん夫婦によるダンス公演を観る。

 
この二人のダンスは今まで何度か観せてもらい、そのたびに

鮮烈なカタルシスを憶えてきたが、今回は夫婦が夫婦を演じる

という趣向での3名の振付師による実にユーモラスな舞台で楽しめた。

 

 

 

 
ダンスは書芸に通ずる。
 
上村さんのダンスが好きなのは、こんなに身体が動きます

といった風に身体能力を見せ付ける部類のダンスではなく、

彼女が手足を少し動かしただけで場の空気が変容するほど、

深い精神性と魂とに根ざした自然にして必然の動きが

見て取れるからだ。

もちろんそれも、どんな動きも出来るように鍛錬した上での

ことであり、書の達人が線一本書いただけで場の空気が

変わるのと同じ道理だろう。

 
 
金沢出身の上村さんは、5歳でバレエを始めたが、

みんながすぐに上手くなるのに、自分はちっとも出来なくて、

それで長続きした、といったことを書芸塾で語ってくれた。

 

器用な人はすぐに出来てしまうから飽きも早い。

不器用な人のほうが、しぶとくやり続けることで

大成していくところがあるのだろう。

かく言う自分も不器用で字が下手クソだからこそ、
飽くことなく書を続けてきたところがあるように思う。

 

イチローが「若い頃の自分に、こうやればもっと要領よく

出来るのに、と教えてやりたい気もするけど、自分で

迷いながら試行錯誤してきたことが全て糧になって

今の自分があるんで、やっぱり教えないほうがいいと思う」

といったことを語っていたけど、それもまた同じだなと。

 

 
人から教えてもらったノウハウよりも、自分で気付き、

身に付けていったもののほうが、遥かに自分の血肉と

なっていくのは、なんの世界でも同じなのだと思う。

 

 

 

 

話が飛んだけど、笠井瑞丈、上村なおかのダンスは、

日本の、いや世界の宝であり、無形文化財。

観ることが文化財の保護と発展にも繋がる。
ということで、今回の公演は終わったけど、

今後ともぜひ、彼らの活躍にご注目いただきたい。

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

笠井瑞丈×上村なおかダンス公演「奇跡の星」を鑑賞

 

 

2月のSOGEN書芸塾ARCで『カラダで話す、カラダで聴く』と題した

スペシャルワークショップを行っていただいた、世界的ダンサー、

上村なおかさんが演出する『笠井瑞丈×上村なおかダンス公演〜

奇跡の星〜』を鑑賞。

 

超満員。

闇の中にスポットライトを浴びて浮かび上がる白装束のダンサーたちが、

まるでマリオネットのように舞い踊る・・・

そう、彼らはその時、自我という存在を超えて、神(宇宙)の手によって

操られるマリオネットのような存在と化しているのかもしれない。

だからその動きは人間の情動を保ちながらも、個人的な感情を超えた
ところで、さながら樹木や草花のように、天に向かって枝葉を伸ばし、
花開いていくかのようだ。

 

今回は総勢5名のダンサーによる共演であったが、5人一緒に踊る

時など、どこを見ているのか、自分でも分からなくなるような

不思議な感覚になってくる。

全体を見、一人のダンサーの動きを見、あるいは身体のある一部分を見、

といったように、見所も感じ方も無限。そしてその見方も感じ方も、
人それぞれ違っているだろうところが面白い。

ということは、彼らの踊りは、それを目撃する人の数だけある。

つまり、無限なのだ。

 

ダンスは静止する場面ももちろんあるけれど、常に動き、変化していく。

それを見ていると、一体、今を見ているのか、過去を見ているのか、

はたまた未来を見ているのか、分からなくなってくるようなところがある。

いや、過去、現在、未来のすべてを一挙に見ているということなのかも

しれない。

 

それにしても、スゴい公演だった。

指先の1本にまで気を通し続け、体力的には、プロボクサーが
15ラウンドをフルに闘ったくらいの消耗度なのではないか。

 

このようなダンスこそ、人類の過去、現在、未来を繋ぐ、日本発の

貴重な芸術文化財であり、守りゆくものだと思う。

 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

2018.2月アートクラス風景:『カラダで話す、カラダで聴く』/ダンサー・上村なおかさんスペシャルワーク

 

 

書芸術を通した解放と交感の場、

SOGEN書芸塾ARC【アートクラス】

 

 

~2月のアートクラス風景~

 

開催日時:2018年2月17日(土)15:15-17:15

テーマ

ダンサー・上村なおかさんスペシャルワーク

 『カラダで話す、カラダで聴く』

 

 

なぜ書の教室でダンスなのか・・・と思われる方も

おられるでしょう。

が、ただひたすら書道の腕を磨いたからといって、

けっして素晴らしい芸術作品ができるわけではなく、

さまざまな分野の一流に触れることで、

自らの芸もまた深まっていくもの・・・

そんな思いで、アートクラスでは毎月、各界一流の

特別講師の方にお願いし、アートワークを行なって

いただいています。

 

ということで、今回の講師は上村なおかさん。

世界一流のダンサーです。

自然の気配、生命のリズム、人の心の微細な動きといった

ものをカラダ全体で感じ取り、表していくことにおいて、

これほどの達人をほかに知りません。

 

その上村さんから、昨年に続いて、今回はまた

一層ディープなアートワークを行なっていただきました。

 

ふだん気にも留めていないような自分のカラダの様々な

部分に触れ、カラダを感じ、カラダの声を聴く・・・

またペアワークでは、手のひらや足の裏同士で会話したり、

そのほかカラダの様々な部分で会話したりといった

コアなワークも行い、不思議な感覚を味わいました。

 

ダンスと書、まったく表現分野が違うわけですが、重なる

ところが多いことをあらためて認識させてもらったところ

もありました。

例えば上村さんが、「実際の自分のカラダ以外の範囲まで

カラダがあるような感覚になることがある。」と言われ

ましたが、筆線もまた同じだと。

実際に目に見える線の遥か先まで、筆線の放つ気が届く

のと相通ずるところがあると。

 

間近ででチラリと見せてくださった上村さんの動きには

微塵の無駄もなく、惚れ惚れするほどの美しさでした。

 

 

「自分のカラダという本を、一生をかけて読み解いていく」

という上村さんの言葉が深く心に残りました。

 

粗末にしがちな自分のカラダの声に、もっと日頃から

耳を傾けていきたい・・・そんな気持ちにさせて

もらえた貴重な体験でした。

 

上村さん、ありがとうございました!

 

 

 

~自由な芸術創造と交感の場~
アートクラスのご案内http://sogen-arc.com/art/index.html

 

-次回のアートクラス開催予定-

開催日:3月17日(土)15:15-17:15 

テーマ:グラフィックデザイナー・画家・塩崎綾子さん

スペシャルワーク『自然現象や概念の本質を問う』

 

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

本書芸塾は、書道の経験を問わず、どなたでもお気軽に

ご参加いただけます。

 

入塾・体験参加のお申し込み

http://www.sogen-arc.com/entry/index.html

 
 




 
 

SOGEN書芸塾ARC〜2018年 2月開催クラスのご案内~

 

 

みなさん、こんにちは。

以下、2月の教室のご案内となります。どうぞご参照の上、ご参加ください。

 

 

-特報!!-

 

2.17(土)のアートクラスに、ダンサー・上村なおかさんが登場!

「カラダで話す、カラダで聴く」と題したスペシャルワークを
行っていただきます。

上村さんからは昨年、ユニークなアートワークを行っていただき

ましたが、今回はまた新たな趣向でのアート体験の場となります。

どうぞお楽しみに♩

 

また終了後は上村さんを囲んでの懇親会となります。

こちらも、どうぞみなさん、お気軽にご参加ください。

 

 
 
 
○昨年の上村さんによるスペシャルワークの模様

2017.3月アートクラス:『ダンス、あるいはカラダと書」
http://www.hiranosogen.com/blog/?p=13843

 
Naoka Uemura

石川県金沢市生まれ。幼少よりバレエを始める。
木佐貫邦子にダンスを、笠井叡にダンスとオイリュトミーを学ぶ。
ひとつの身体の持つ可能性を追求すべく、95年より自作ソロダンスを開始。
これまでに自主企画として「DIVE」「甘露」「沈める珠」「一の百」
「ニューホライズン」「solo」を発表。ソロ以外にも、様々なジャンルの
アーティストとの恊働作業やセッション、ワークショップを通して
身体による交流・交感を積極的に行っている。
近年では<笠井瑞丈×上村なおか>としても継続的に活動中。
第36回舞踊批評家協会新人賞受賞。
桜美林大学芸術文化学群などで講師を務めている。
 
Naoka Uemura Official Web Site:
http://www.naoka.jp/

 

 

お申込み先:http://www.sogen-arc.com/inquiry/index.php

 

 

 

以下、2月の各クラスのご案内です。

どうぞご参照の上、ご参加ください。

 

 

~2018.2月開催クラスのご案内~

 

デザイン書道クラス  ☆プロのデザイン書作家育成の場

 

2.10(土) 15:30-17:30

STEP12:総まとめ-各種ロゴ制作- /重点学習技法:仕事の流れ(受注から納品まで)

 

プロのデザイン書作家への登竜門。
デザイン書の全領域を網羅したレクチャーと実践的な制作実習を通して、
デザイン書道、インテリアアート書道のスペシャリストを養成。

 

デザイン書道クラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/design/index.html

 

デザイン書道クラス体験参加費:8,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)

デザイン書道クラス・フリー参加費(=会費を各回ごとにお支払いいただく場合):10,000円

 

 

※デザイン書道クラスは、2.10をもって終了となります。

 

 

 

フリークラス ☆書を通した癒やしと解放の自由アート空間 -人気上昇中!-

 

2月10日(土)   18:00-20:00 テーマ:自由
2月24日(土)   18:00-20:00 テーマ:自由 

 

内容:自由創作・SOGENによる個別指導・アートトーク・鑑賞批評会等

 

興味あるテーマ・課題に自由に取り組む中で、書芸塾主幹のSOGENから
個別指導も受けられる書のアトリエ。
参加者が書いた作品を貼り出しての鑑賞批評会もあり、
初心の方、作品を書的、芸術的に高め深めていきたい方に最適のクラス。
初心者からプロの書作家を志す方まで、幅広くご参加いただいております。

 

フリークラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/freeclass/index.html

 

フリークラス体験参加費:5,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)

フリークラス・フリー参加費(=会費を各回ごとにお支払いいただく場合):6,000円

 
 

 

レッスンクラス ☆書芸の基礎から発展までを、レクチャー、実習を通して履修

 

開催日:2月17日(土)13:00-15:00
テーマ:『イメージ・コンセプトをとらえる~ロゴ書の発想と技法~』
古典臨書:デザイン活字

 

 

古典臨書を通して書の本道を学ぶともに、オリジナル書芸テキスト『そ~げんの楽々書芸入門』を
教本とし、書芸の多彩な表現技法を実習を通して身に付けていただきます。

 

レッスンクラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/lesson/index.html

 

レッスンクラス体験参加費:5,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)

レッスンクラス・フリー参加費(=会費を各回ごとにお支払いいただく場合):6,000円

 

 

 

アートクラス ☆特別講師によるアートワークを通した解放と交感の場

 

開催日:2月17日(土)15:15-17:15
テーマ:ダンサー・上村なおかさんスペシャルワーク『カラダで話す、カラダで聴く』

 

※通常の書芸用具(顔彩・色絵の具等含む)をご用意ください。

 

特別講師によるさまざまなアートワーク体験を通して、あそび心と芸術的感性を養う
アートクラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/art/index.html

 

アートクラス体験参加費:5,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)
アートクラス・フリー参加費(=会費を各回ごとにお支払いいただく場合):6,000円

 
 
 
会場は全クラスとも、加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホールとなります。
アクセス: http://sogen-arc.com/access/index.html
 
用具は全クラスとも、書芸用具一式をご持参ください。無いものは無料でお貸し出しいたします。
体験参加の方は手ぶらでおいでいただいてもけっこうです。

 

 

■2017 ARC全クラス開催日程・会費一覧
http://www.sogen-arc.com/fee/index.html
 
☆過去の各クラス風景
http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=138

 
 
◎各クラスとも体験参加可能。書道の経験を問わず、どなたでもご参加いただけます。
入塾、体験参加、フリー参加をご希望の方、レギュラー会員の方で 他のクラスへの参加も
希望される方は、以下のお申込みフォームよりお申し込みください。

 

お申し込みはこちらより
http://sogen-arc.com/inquiry/index.php

 

 

それでは、みなさんのご参加をお待ちしております。

 

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 

 

SOGEN書芸塾ARC主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デ ザインワークス・レク チャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com (スクール /SOGEN書芸塾ARC)

 

 




 
 

~万物の生命を舞う観音~上村なおかのダンスに想う

 

 

9月8日(木)
 
渋谷「公園通りクラシックス」で開かれた即興コラボイベント《 ムゲン即興 Vol.2 ー融合ー》で、
ダンサー・上村(うえむら)なおかさんのダンスを久々に見る。
上村さんは、2017年3月に、『ダンス、あるいはカラダと書』と題したスペシャルワークを
SOGEN書芸塾ARCで行っていただく予定の世界的ダンサー。

 

彼女は「舞踏」ではなく「ダンス」という。
そのあたりのこだわりもチラとは伺っているが、ワークの時にまたあらためてお話いただけたらと
思っている。

 

上村さんのダンス公演はこれまで何度か拝見しており、また一昨年に東中野のパオギャラリーで
開催したSOGEN書芸塾ARC作品展~Feel!~のオープニングパーティーに、踊る上村さんを
SOGENが汚すという形で特別出演いただいている。

このときは同じく書芸塾の特別講師をお願いしている世界的音楽家・齋藤徹さん(コントラバス)と

喜多直毅さん(バイオリン)に即興生演奏で花を添えていただくという、大変贅沢な舞台となった。
 
%e6%9b%b8%e9%81%93%e3%83%91%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%80%81%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e6%9b%b8%e9%81%93-2014-11-3-01

 

これまで、バレエ、モダンダンス、ロボットダンス、暗黒舞踏、能等、世界のさまざまなダンスを

観てきたが、上村なおかのダンスにこれほど惹かれるのはなぜなのか・・・

その謎が今夜解けた気がした。

 

それは一つには、上村さんのダンスが、たとえばロボットダンスのように

ダンサーの身体能力のスゴさを見せ付けるものではなく、その一挙手一投足が、

心、あるいは魂の奥底から自から発せられているからなのだと。

つまり、書画で言えば、テクニックを見せ付けるようなビジュアル重視の表現ではなく、

心、魂の自然な表出が見て取れる作品ということ。
だから上村さんの動きから生まれるカタチは、どの瞬間を切りとっても、彫刻であり、絵画であり、
書でもあるのだ。
また全体を通して言えば、物語であり詩であり、局所的にみれば短歌であり俳句であるともいえるだろう。

 

もちろん他のダンスにもそういったところはあるわけだが、上村さんのダンスは

観客にビジュアルとして見せるためのものではなく、動きの一つ一つがすべて、

心、魂を起点に際立って表れてくる、ということ。表すのではなく、表れてくるのだ。

 

もう一つには、上村さんのカラダの動きと、そこから生まれる瞬間瞬間のカタチが、

これまで長い歴史の中で人類が日常生活、あるいは祭事やイクサの中で

とるともなしに自然にとってきたであろう動きやカタチ、

いま現在のそれ、未来のそれを、象徴的に表しているからではないかと。

いや、もっといえば、人類にかぎらず、あらゆる生命体の動きとそこから生ずるカタチ、
情動、魂の在り様の象徴なのだろうと。

つまり、人に見せるためのビジュアルとしてではなく、人類を含む生命体の心身の振る舞いを

自らのカラダを通して象徴化しているのが、上村なおかのダンスなのではないかと。

 

今回のセッションでは音のシャーマンが表れて、これがまた、とてつもなくスゴかったのだが、

それについてはまた稿をあらためるとして、今宵、シャーマンが音を奏で、

上村なおかは観音となった。

 

書芸塾の諸氏は来年の3月のアートクラスで、観音菩薩と出会えることになる。

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式ホームページ
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デザインワークス・レクチャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com (スクール/SOGEN書芸塾ARC)

 

 




 
 

~カラダの外が満ちている~上村なおかソロダンス公演

 
 
カ ラ ダ の 外 が 満 ち て い る

 

上村なおかの自主企画ソロダンスシリーズ 9年の時を経て、新作。

ソロだけれど、ソロではない、私のカラダを取り巻くものたちとの、対話によるダンス。

 

 

上村なおか,ダンス,ソロ公演,書道教室

 

 

今宵、上村なおかさんのソロ公演を神楽坂セッションハウスにて鑑賞。
4回公演の最終日で、全100席ほどが超満席。

 

きらびやかなショーダンスとはまったく次元の異なる精神性の高い、所以、けっして分かりやすい
部類のものではない彼女のダンスに、かくも大勢のファンが詰めかけるのは、彼女の日々の鍛錬と、
ダンスに賭けた人生の積み重ねの賜物なのだろう。

 

これまでさまざまなタイプの舞踏やダンスを観て、それぞれに心動かされるものがあったが、
上村なおかのダンスは、また何か次元がちがう。
ダンスの世界のマーシャル・アーツとでも言おうか。
しかも、技の一つ一つを見せるのではなく、技は常に精神とともにあって、
自由自在に立ち表れてくる。
私を見て♡ではなく、それこそ、カラダの外の世界と繋がり、宇宙と繋がり、
過去や未来とも繋がりつつ、いまこの瞬間を精神と肉体により奏でる・・・

 

いや、とてもこの感覚は、言葉で伝えられるようなシロモノではない。
百聞は一見にしかず、ぜひ彼女の生身のダンスをご覧いただきたい。

 

 

上村なおか,ダンス,ソロ公演,書道教室そして、なんとその上村さんから、新年度のSOGEN書芸塾ARC・

アートクラスの特別講師を引き受けていただいた。

開催日は2017年3月と、まだ先となるが、『ダンス、または

カラダと書』をテーマにスペシャルワークを行っていただく予定。
 
上村さんはまちがいなく世界のトップダンサーの一人であり、

こんなチャンスはまたとは無いかもしれない。
ぜひ多くの方々にご参加いただき、精神と肉体の織りなす世界を

体感いただきたい。

 
プロフィールフォト:加賀雅俊氏
 
 
 
 
~書芸術を通した解放と交感の場~
SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/