デザイン書道クラス STEP24:『総まとめ~ロゴ書制作実習~』/ 2017.3.25風景

 

 

3月25日は2016年度のデザイン書道クラスの最終回でした。

月2回、全24回の長丁場の履修を、みなさん休まずに参加され、無事修了いたしました。

 

最終回は、さまざまなロゴ書をテーマに実戦的な制作実習を行い、使えるか使えないかという

視点からSOGENが批評、デモンストレーションもまじえて厳しく指導。

結果、わずか1時間ほどの間に、デザイン性の高い良書が数多く出来ました。
 
本時に制作したロゴ書を以下のSOGEN書芸塾ARC・FACEBOOKページに掲載しましたので、

どうぞ御覧ください。

https://www.facebook.com/pg/arctokyo/photos/?tab=album&album_id=1826179980742503

 

わずか1年で、ここまでのクオリティーの書が書けるようになったのは、ひとえにSOGENの

指導と感化の賜物でしょう!W   いえ、熱を持って臨むなら、書は正直に応えてくれるのです。
 

 

なお2016年度のデザイン書道クラス終了生の方からは、SOGENオフィスの所属作家として、

今後、ロゴ書制作の依頼も受けていただく予定です。
 
また4月から始まる2017年度のデザイン書道クラスでは、月2回のクラスを6ヶ月、

全12回受講いただく形とし、同じく終了生のうち、希望される方にはSOGENオフィスの

所属作家となっていただく方向で進めております。

デザイン書道に興味ある方、デザイン書道を仕事にもしていきたいとお考えの方は、

ぜひこのチャンスに受講されるよう、お薦めします。

 
 
※新年度のご案内は、まだWEBに反映されておりませんので、2016年度版でご確認ください。

 

デザイン書道クラスのご案内
http://sogen-arc.com/design/index.html
 
デザイン書道クラス関連ブログ
http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=140

 

 

SOGEN書芸塾ARC:http://sogen-arc.com/ 
 
 




 
 

デザイン書道クラス STEP20:『書籍題字』をテーマに/ 2017.3.11風景-その1

 

 

~プロのデザイン書道家への登竜門、『デザイン書道クラス』風景~
全24ステップでデザイン書道の全カテゴリーを大系づけて学び、実戦的な実習を通して
プロのデザイン書道家を養成する『デザイン書道クラス』、3月11日(土)開催クラスの模様、
その1です。

1月28日(土)に開催できなかった分も振替えたことから、2コマ連続での開催となりました。

 

 

ステップ20テーマ:『書籍題字』

【重点学習項目】:活字デザインの書への応用

開催日時:2017.311日(土)13:00-15:00

 

本時では「書籍題字」をテーマに、書籍の内容やイメージを伝える題字をいかに書き表すか

について実例をもとにレクチャーしたうえで、実戦的な制作実習を行いました。

またテーマに先立ち、SOGENが依頼を受けて制作した日本酒ロゴのバリエーションと

商品の実物を紹介しつつ、ロゴ書制作における心得とバリエーションの作成法を

レクチャーしました。

 

 

《本時の内容》

 

1.ロゴ書制作における心得とバリエーションの作成法の解説

※SOGEN揮毫制作の日本酒の実物とロゴ書のバリエーションによる。

2.各種書籍題字の紹介解説

3.漫画の書籍題字の紹介解説

4.個性的な活字による装丁デザインの紹介解説

5.デザイン活字の臨書

6.書籍題字の制作実習/お題:SOGEN揮毫の書籍題字3点

 

 

~本時の持参作品から~
デザイン書道クラスでは、毎回、持参した作品についてもSOGENが講評、アドバイスを
行っております。

 

♣『薔薇』(インテリア書作品として)

 

 

♡『雛あられ』バリエーション(商品ロゴ)

 

 

♠『北風』(テッシュペーパーを使用)/「ぶんぶんぶん・・・」(歌詞作品)

 

 

♠『啓蟄』/『龍』(インテリア書作品)

 

 

♡『雛』バリエーション(和食屋ロゴ)

 

 

 

-次回のデザイン書道クラス予告-
 
STEP23:『インテリアアート書』 /3月11日(土)15:30-17:30

重点学習技法:バリエーションの作り方

 

 

2016デザイン書道クラス年度カリキュラム:http://www.sogen-arc.com/img/design_curriculum2.pdf

 

デザイン書道クラスのご案内http://sogen-arc.com/design/index.html

 

デザイン書道クラス関連ブログ(これまでのクラスの内容・風景、次回のご案内等)

http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=140

 

 

※書道の経験を問わず、デザイン書に興味をお持ちの方あれば、どなたでもご参加いただけます。
年度途中、いつからでもご参加いただけます。ただいま体験参加も受付中です!

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

☆FACEBOOKで塾生作品を紹介しております。ぜひご覧の上、いいね!&フォローを
どうぞよろしくおねがいします!

FACEBOOKページ:https://www.facebook.com/arctokyo

 

 

SOGEN書芸塾主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://www.sogen-arc.com/(スクール)

 

 




 
 

2017.2月レッスンクラス風景『細字(実用書)・ロゴ書制作』

 

 

~2017.2月レッスンクラス風景~

 

あらゆる書表現に展開可能な書芸の心と技を、実習を通して学ぶ、SOGEN書芸塾ARC
【レッスンクラス】、2月の教室風景と内容です。

 

 

2月のレッスンクラスでは、まず北宋時代の書家、蘇東坡(蘇軾)、黄庭堅、米芾

古典臨書を行ったのち、実用書の稽古を行い、その後、広告デザインに使用される

ロゴ書を題材とした制作実習へと進みました。

 

 

まずは蘇東坡、黄庭堅、米芾の書を臨書

 

  

 

次に実用書道の稽古

 

 

続いてロゴ書に関するレクチャー、デモンストレーションを行ったのち、

居酒屋ロゴ『福』を題材とした店舗ロゴの制作実習を行いました。

 

 

ロゴ書の制作においては、ただ立派な文字書を書けばよいというわけではなく、

イメージ・コンセプトをいかに書で 書き表すかが重要となります。

レッスンクラスでは、古典書道からデザイン書道、アート書道まで、

書芸全般を幅広く学んでいただくことから、ロゴ書についてはそのさわりを

お伝えし、稽古いただいておりますが、デザイン書道をさらに深く学びたい方は、

デザイン書道クラスの受講をお薦めします。

 

デザイン書道クラス:http://sogen-arc.com/design/index.html

 
1 (888x592) (234x156)

クラスは現在、『レッスンクラス』『アートクラス』
『デザイン書道クラス』『フリークラス』
があり、
どのクラスも書道の経験を問わず、年度途中からでも
ご参加いただけます。

 

SOGEN書芸塾ARChttp://www.sogen-arc.com/

 
☆以下のページより、これまでのクラスの風景画像や塾生作品、動画をご覧いただけます。

開催済みレポートhttp://sogen-arc.com/report/

 

 




 
 

景虎、大人気の巻!!!

 

 

こんばんは、世界のSOGENです♪

 

先日、地元・新宿の中井のバーで一杯やっていときのこと、友人が日本酒の『越乃 景虎
の字を書いた人だとポロッと紹介してくれたところ、お客で来ていた近所の居酒屋のママさんに、

「ウチの店にも置かせてもらってるわよ!」と感激して抱きつかれるわ、お客さんたちに

囲まれて写メ撮りまくられるわで、テーヘンでしたw

 

近所で顔が知れるとジャージとか着て気楽にほっつき歩けなくなりそうで、

なるべく目立たないようにしているのですが、友人が「赤塚不二夫さんだって、

このへんほっつき歩いて飲んだくれてたんだから、中井のSOGENってことで

いいじゃないですか!」とw
よ~~し、こうなったら世界のSOGENから中井のSOGENに鞍替えすっか?!

 

いやしかし、どうもワールドカップの公式ポスター書いたってより、景虎の字を

書いたってほうが感激してくれる人が多いようで・・・笑

 

あるお客が「景虎は自分も大好きな地酒!人気が出てよかったですねー」みたいなこと

を言ったら、すかさずママさんが、「何言ってんのよ! この字がいいから人気が

出たんじゃないの!」とw

 

景虎を書いたのが30歳そこそこの時で、あれから四半世紀近く経っているわけですが、
何だか我が子の成長ぶりを見るようで、てか、一緒にちょっとづつでも成長させて

もらってきたようで・・・
いまじゃすっかり商品のほうが有名w
自分ももっと、がんばんないとなぁ。
自分がロゴを書いた商品がライバルだ!みたいな・笑

koshino kagetora kanazawa-saketen
画像は金沢留造酒店さん通販ページよりお借り

http://store.shopping.yahoo.co.jp/kanazawa-saketen/182.html

 
 
この景虎を皮切りに、これまでいくつかの名だたる蔵元さんの代表銘柄の書を揮毫させて
いただいてますが、各蔵とも魂込めての酒造りに励まれ、成長を続けておられます。
 
今日も、一昨年、代表銘柄を揮毫させていただいた『苗場山』が、今年の新経済連盟

新年会の鏡開きで使われ、楽天の三木谷社長、サイバーエージェントの藤田社長を

はじめとした経済界のトップリーダーの方々に振る舞われたとのニュースが飛び込んで

きました。
もちろん目立たずとも素晴らしいモノは世に数多あるでしょうが、本当に良いものが、
人々に広く知られ、愛されるのは嬉しいこと。

 

自分自身も、自分がロゴを書いた商品や企業さんの成長に負けないよう、
中井のSOGENとして? これからまたぼちぼちイキたいと思います♪

 
naebasan.日本酒

 

画像は苗場酒造さんFACEBOOKページよりお借り
苗場酒造株式会社 ON FACEBOOK:https://www.facebook.com/naebasyuzo/?fref=photo

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式ホームページ

 

http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デザインワークス・レクチャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com(スクール/SOGEN書芸塾ARC)

 

 




 
 

2016.1月レッスンクラス:『イメージ・コンセプトをとらえる~ロゴ書の発想と技法~ 』

 

 

あらゆる書表現に展開可能な書芸の基礎から発展までを、実習を通して学ぶ、

SOGEN書芸塾ARC【レッスンクラス】の模様

 

2016.1月レッスンクラスでは、『イメージ・コンセプトをとらえる~ロゴ書の発想と技法~

をテーマに、ロゴ書制作のポイントを実作をもとにレクチャー後、
筆技筆法をデモンストレーションにより伝授~実習、さらに、
それらの筆法を活かした実戦的なロゴ書の制作実習を行いました。

 

書道,書道教室,初心者,体験

 

《本時の内容》
 
・新年のあいさつ
・体験参加の方の紹介
・1月フリークラス『書道パフォーマンス』動画上映
・SOGEN掛け軸作品の披露
 
1.新年の抱負を書く~発表
 
2.筆ペンによる実技実習
・初恋の人or10代のときに好きだった人の名前を書く♡
 
3.ロゴ書に関するレクチャー-1

・SOGENによるロゴ書作品の紹介(PP)

 

4.ロゴ書制作のデモンストレーション
・SOGEN揮毫制作の4種のロゴ書(日本酒ロゴ・店舗ロゴ)を実際に書く場面をご覧いただく。

 

5.ロゴ書の筆法の実習~個別指導
お題:「景虎」「凌駕」「雪椿」「香寿庵」
 
6.ロゴ書の制作実習~発表~全体指導
お題:「真田丸」
 
 
これまでのレッスンクラスの風景・内容は、以下のブログページをスクロールしてご覧ください。

 

過去のクラス風景と内容紹介

http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=138
 
レッスンクラスのご案内
http://sogen-arc.com/lesson/index.html
 
レッスンクラスに参加されている方の多くが、アートクラスにも参加されています。

アートクラスのご案内:http://sogen-arc.com/art/index.html

 

書道,習字,詩文書,書道教室,東京SOGEN書芸塾ARCは、書道の経験を問わず、趣味として

書に親しみたい方からプロの書作家を志す方まで、幅広く

学んでいただける、21世紀型の書芸アートスクールです。
年度途中からの入会も可。
ご興味のある方は、以下のサイトをご参照のうえ、

参加お申し込みください。

 

SOGEN書芸塾ARC:http://sogen-arc.com/

 

 




 
 

苗場酒造が贈る、新潟銘酒『苗場山』

 

 

新潟県津南町の苗場酒造さんから、ロゴ書を揮毫させていただいた、

新潟銘酒『苗場山』の御歳暮をいただきました。

いつもありがとうございます!

 

 

苗場山.777

 

 

苗場酒造さんは、日本名水百選にも選ばれた良質の水域にあって、

田植えから刈り取りまで、社長さん以下、一丸となって米作りから取り組まれ、

海外にも市場を開拓すべく、高品質の酒造りに日々努めておられます。

苗場酒造がお贈りする、新潟、日本を代表する美酒『苗場山』、ぜひご賞味ください。

 

 

苗場酒造株式会社:http://www.naebasan.com/

苗場酒造 ON FACEBOOK:https://www.facebook.com/naebasyuzo/?pnref=lhc

 

 

書道家/書芸家SOGEN・平野壮弦 公式ウェブサイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート作品)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン書、講演、アートパフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com/ (書を通した解放と交感の場~SOGEN書芸塾ARC~)

 

 

 

 




 
 

SOGENがロゴを書いた店が流行るワケ

 

 

SOGENがロゴを書いた店は流行ると言われる。
言われてみれば確かにそうだ。
しかも末永く繁盛している。

 

 

その一つが長岡市の『日本料理・藤
今週、新潟に戻った折に、新潟県民の新聞『新潟日報』の全面に紹介されていた。

 

日本料理藤,店舗ロゴ,ロゴ書,デザイン書,依頼
自分がこの仕事を始めてまだ間もない頃、
割烹・魚藤さんより新店舗のロゴのご依頼を

いただき、揮毫させていただいたもの。

以来四半世紀近く経つのだが、いまも一層繁盛
しておられる様子を思いがけず拝見し、うれしかった。
 

このときはメニューの品書きまですべて

頼んでいただき、かなり苦労した覚えがあるが、

駆け出しの自分の書を大枚をはたいて

買ってくださった御恩は今も忘れない。

 

『日本料理・藤』http://www.uoto.co.jp/fuji.html
 

 

 

魚藤・新潟日報広告.1111

新店舗を出す場合、予算が無いから看板の文字は

何となくそれなりであれば何でもいい、といった

ことも時にあるとは思うが、店舗ロゴは店の顔であり、

店主の想いを伝える一番のメッセンジャーである

ことを思えば、そこを蔑ろにしてしまっては、

店自体の運気までも下げてしまうことになりかね

ないだろう。
逆に看板の書一つにもこだわって、そこに魂を込め

たなら、運気を上昇させ、招き猫以上に

商売繁盛に繋がることになる。

 

もちろん看板だけ立派でも中身が伴わなければ、

それこそ看板倒れということになってしまうわけだが、

志ある店主や経営者の方たちというのは一様に、

感性も豊かで自分なりのポリシーを持っているもの。
そういった人たちは看板の文字一つとっても、
そこに魂を込めたいと願うものなのだ。
魚藤のご主人、女将さんとも、そのような真摯に

仕事に打ち込む方であったと記憶している。

 

 

SOGENがロゴを書いた店が流行るというのは、そういった店主や経営者の方たちの
信念や想いに支えられて生まれ出るものだから、なのだろう。

 

依頼に基づく書制作においては、自分はその想いを受け、全霊を込めて書かせていただくのみ。
これからも良き出会いの中で、今に生き、後世にも遺る書を、少しでも多くのこしていきたいと
願っている。

 

 

SOGENへの書制作のご依頼はこちらより
(※書風・イメージのバリエーションもご覧いただけます。)

http://www.hiranosogen.com/

 

SOGENアートサイト

http://www.hiranosogen.jp/

 

 

 




 
 

~デザイン書道の王道を伝える~『デザイン書道クラス』開講!!!

 
デザイン書道をやりたい人、集まれ~~!!!
 
何かワクワクすることをやってみたい
ふつうの書道では飽きたらない
仕事に生かしたい
人様から喜んでもらいたい
一芸を身に付けて副収入を得たい
一流のデザイン書道家になりたい
 
そんな方たちは、ぜひ、デザイン書道クラスへ。
筆一本で世界を渡り歩き、数々の書芸アート、デザイン書を世に送り続けているSOGENが、
デザイン書における一流の心と技を直に伝授します。
 
えっ? 会費がちょっと他より高いんじゃないかって?
当たり前だよ。なにせSOGENがこの道数十年かけて得てきたデザイン書の奥義まで
伝えるんだから。
こっちは10倍でも高くないと思ってる・笑
ここで学んだことの価値を、10万にするか、100万にするか、はたまた1億にするかは、
それはもう、あなた次第。ただし、それだけの価値と可能性のある、他では学べない
スキルも含めて伝授しますよ、ってことなわけ。
 
デザイン書道は一たび身に付けたなら、生涯に渡って役立つスキルになる
人様から喜ばれ、お金にもなる
作品が世の中にのこる
と、いいこと尽くし。
 
人生、やったもん勝ち!
ほんとうに興味があるのなら、「初心者にはムリだ」「自分にはそんなセンスは無い」
なんて決め付たりせずに、その可能性に賭けて、チャレンジしてみるだけの価値はあると思うよ。
 
何か夢や目標をもってデザイン書道をやりたいと思っているあなた!
生涯の特技にしたい、自分の書を世の中に出したい、お金を稼ぎたい、
すべてOK.
あなたが本気でそれを望み、取り組んだなら、その夢は必ず叶います。
ただ一つ・・・デザイン書もまた瞬間の芸術であり文化です。
古に学びつつ、ご自身がいまこの瞬間を生き、愉しむためにこそ
チャレンジしていただきたいと思うのです。
ともにデザイン書の世界を愉しみつつ、技を磨き深めてまいりましょう。

Sogen autograph1.JPG555
 

 
~デザイン書道クラスのご案内~
 
先にご案内の通り、SOGEN直接指導による『デザイン書道クラス』を6月より新規開講いたします。
 
本クラスは、デザイン書道の全領域を網羅し、実習を通して技と感性を磨いていく、
世界初のデザイン書道家養成クラスです。
 
本クラスのカリキュラムには、SOGENが二十年以上に渡り磨き上げてきたデザイン書の心と技とが
ふんだんに織り込まれていますので、短期の履修であっても力は付きます。
実際にそれで、どれほど収入を得られるようんなるか、どれほどの域までいけるかは、
本人の努力と運次第ですが、本クラスの履修を通して、その可能性が大きくふくらむことは
間違いありません。
 
あなたもデザイン書道を通して、ともに人生をより面白く豊かなものにしてみませんか?

 
デザイン書に興味をお持ちで、デザイン書道家を志す方、デザイナー、クリエーターの方で、
仕事に生かしたい方、趣味としてデザイン書道に親しみたいといった方は、このチャンスに
ぜひフルってお申込み、ご参加ください。
 
なお本クラスは月1回の開催で、全12ステップを1年で履修いただく予定でしたが、
先のデザイン書道クラスのオリエンテーションにおきまして、参加者の方々より、
月1回では足らないので、月2回の受講で半年で履修できる形にしてほしいという
強い要望がありましたので、半年コースも作ることにいたしました。
そちらは月2回の受講で半年間で全12ステップを履修完了いただく形となります。


 

 

日程、概要、カリキュラム、会費等の詳細につきましては、以下のページでご確認ください。
http://sogen-arc.com/design/index.html
 
※デザイン書道クラスは年度途中からもご参加いただけますが、年度をまたぐことになるため、
可能なかぎり、初回から参加されるようお薦めします。

 
なお、第一回は6月13日(土)15:30より17:30まで、加瀬の貸し会議室・池袋ホールで開催します。
初回のみ、会場が異なりますので、お間違えないようにお願いします。
池袋ホールへのアクセス⇒http://www.kaigi-room.com/build/c001934.php
 
デザイン書道クラスへのお申込み・お問合せhttp://sogen-arc.com/inquiry/index.php
 
SOGEN書芸塾ARC:http://sogen-arc.com/

 

 




 
 

広告デザイン書道(書芸)のススメ

 

【広告デザイン書道(書芸)】のページをアップいたしました。
広告デザイン書道(書芸)の効能について書いております。ぜひご覧ください。

http://www.hiranosogen.com/koukoku-design/index.html

 

書道家

SOGEN書「玲瓏」/安治川部屋(現・伊勢ヶ濱部屋)パンフレット

 

 

書芸家SOGEN/ 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

☆小嶋屋総本店・最高峰ブランド乾麺発売! (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.6.12 投稿 156)

 

 

ロゴ書を書かせていただいた十日町・小嶋屋総本店の最高峰ブランド乾麺

魚沼 手繰りそば』がこのたび発売されましたので、ご紹介させていただきます。

 

『魚沼 手繰りそば』は三代目・小林重則社長の「原材料すべて純国産にこだわった、
最高の乾麺を作り出したい。」という長年の夢の結実。

そのこだわりや名前の由来につきましては、下記に掲載のパンフレットをご参照ください。

 
十日町地域は蕎麦の名産地で、十日町そば、妻有そば、松代そば等さまざまあり、
それぞれが個性的で人気も高く、なかでも全国的に有名なのが、この小嶋屋の蕎麦。
東京のデパートやスーパーでも人気商品の一つとして販売されています。

その小嶋屋が、こだわりにこだわった最高峰ブランド乾麺を出したというのだから、
これはもう見逃せません、いや食べ逃せません! どうぞ御賞味ください。

 

なおパンフレットには思いもかけず、SOGENの紹介まで載せてくださいました。
小林社長、ありがとうございました。

またこんど秘蔵酒のほうも、よろしくお願いしまーす!笑

 

 

2008.6.12-1

2008.6.12-2

2008.6.12-3

2008.6.12-4

 

 

 

 
【 広告デザイン書道(書芸)】
広告デザイン書道(書芸)の効能について語っております。

http://www.hiranosogen.com/koukoku-design/index.html
 

 
 
書芸家SOGEN/ 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen