『裂古破今』~SOGEN書芸作品 in サンクタス神楽坂マンション~ (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.4.1 投稿 143)

 

 

SOGENの書を起用いただいた、サンクタス神楽坂マンションをご紹介させていただきます。
 

 
神楽坂の粋な隠れ屋敷・・・
オリックス不動産さんの物件で、インテリアコーディネートは(株)フォワードスタイルさん。
フォワードスタイルさんについては、以前このブログでも紹介させていただきましたが、
現代の日本の最高クラスのマンションルームのコーディネートを手がけておられる
インテリアコーディネート会社です。
 

上質な空間を求め、置き物の一つ一つに関しても本物指向・・・
アートについても本物を、とのことで、これまでも何度か最高クラスの
マンションルームに書を起用いただいております。
いまは印刷技術も進んで、一見本物と区別がつかないようなレプリカも
作ることができるわけですが、どんなに精巧なフェイクも本物が発する気までは
生み出すことはできず、そこに本物としての真価があるといえるでしょう。
そういった意味でも、オリジナルの書を最高の空間に活かしていただけるのは、
うれしくもまた有り難いかぎりです。

 

今回の作品はエントランスを飾る『裂古破今』(いにしえを裂き、今を破る)という禅語。
書体でいえば篆書(てんしょ~漢字がいまの形になる前の昔の書体)。
コンセプトと空間を考え、落ち着きのある古風な書体とさせていただきました。
ときにこう、落ち着いたストイックな気分で書くのも、またいいものです。

 

 

2008.4.1-1

 

 

さて、それではマンションルームの中へとご案内いたしましょう。
 
フォワードスタイルの南部社長曰く、万人受けするものでなく、
あえて人を選ぶものにしたそうです。

自分もこんな別宅・・・もとい、仕事場が欲しいものです。
この秋くらいには何とかしましょう。サマージャンボ当たったら・・・笑

 

 

2008.4.1-2

2008.4.1-3

2008.4.1-4

2008.4.1-5

 

写真提供:(株)フォワードスタイル
 
 

 

 

書芸家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen