デザイン・カリグラフィーの粋

 
 
故郷新潟のauショップで、SOGEN書芸塾でも特別講師を担当いただいている
書家・写真家の富永泰弘さんの書に遭遇。
素晴らしいのひと言。実物を見ると、その素晴らしさがなおわかる。

 

 

以前も書いた通り、富永さんの書は、書としての高い格を保ちながらも書家臭さがなく、

また逆に奇抜な書で魅せてやろうといったデザインカリグラファー臭さもなく、

それでいて、伝えるべきイメージ・コンセプトをさりげなく筆線にのせて、

美しく伸びやかな文字書として表している。
これぞデザイン・カリグラフィーの粋というものだろう。

 

しかもこのauのポスター広告は書が主役。書が人気タレントを付き従えているではないかW
デザイン書もこういう生かし方をしてもらえたら、書家冥利に尽きるというもの。

書にはこのように、デザインの世界でも主役を張れる力があるのです。

ただそれも、書に力があってこそのことだけどね。

 

SOGEN書芸塾のみんなもね、こんなスゴい人と身近で接する機会を与えていただいて

いるわけですよ。
大河ドラマの題字を書いたような人たちにも来てもらってるしね。

 

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 
 
 

SOGEN書芸塾ARC主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デ ザインワークス・レク チャー・パフォーマンス)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK SOGENアートファンぺージ)