12月アートクラス特別講師・映画監督・大原とき緖さんからのメッセージ/映画イベントのご案内

 
 
12.17(土)開催のアートクラスで『映画を書でEgaく☆』と題したスペシャルワークをいただく
映画監督・大原とき緖さんからのメッセージをお伝えします。
 

 

12月17日のアートクラスで、スペシャルワークの講師をさせていただきます大原とき緒です!

初めましての方も、お会いしたことのある方も、どうぞ、よろしくお願いいたします。

テーマは『映画を書でEgaく☆』です!タイトルは、ちょっぴりふざけてますが、真剣です。

先日、壮弦さんと打合せをしましたが、今から、わくわくしています。

 

『映画を書でEgaく☆』、最初は、映画の題字を多く書かれている赤松陽構造さんの

web(http://n-art.jp/)にある「作品の心を題字で表現します。」ということが出来たら

いいなと考えていたのですが、壮弦さんとお話しているうちに、このテーマを使って

心を解き放つにはどうしたらいいんだろうかということを考えました。

クラスでは一緒にわくわくする時間を過ごせればと願っています。

 

 

それから、少し宣伝をさせてください。わたしは、インディペンデントで映画を創っています。

初めての長編作品『ナゴシノハラエ』を、昨春から1年間、全国9箇所の素敵な場所で

上映していただきました。最後の上映では、モチーフにした『瓶詰の地獄』原作者・夢野久作さんの

お孫さんに福岡に呼んでいただき、やり切ったつもりでした。でも、この『ナゴシノハラエ』

という作品は、とても不思議な御縁を運んでくれる作品で、急遽12月16日(金)に姫路と銀座で

同時に上映することになりました。そうです、クラスの前日です!平日です!

 
昼間からずーーーっとわたしの全作品を流しつつ、飲みつつ、最後はskypeで姫路会場と

中継しようと考えています。女性が解き放たれることを願って創られた作品ばかりです。

特に女性に来ていただきたいです。

タイトルは、「Tokio☆オオハラエナイト」です。オオハラエ(大祓)というのは、

年末にたまってしまった罪や穢れを祓い清め流す行事です。

わたしの作品の他に2本、大祓に相応しい作品を流します。女性心を描く脚本家・

吉村元希監督短編『お墓参り』、『淵に立つ』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門

審査員賞を受賞した深田晃司監督が封印した幻の作品上映。

ご興味いただけた方は、こちらをご覧ください。

 

FBイベントページ:http://www.facebook.com/events/265955523807520/
『ナゴシノハラエ』公式web:http://www.songriver-p.com/nagoshi/

 

それでは、お会いできるのを楽しみにしております☆

 

 

大原とき緒 拝

 

 

■12月講師  映画監督・大原 とき緒 先生

テーマ:『映画を書でEgaく☆』
 
Tokio Oohara

 

書道教室

東京在住。神奈川県出身。東京造形大学デザイン学部卒業。
演劇を主なフィールドとして活動してきたが、2001年に

中編『緑薫・・・』を監督し、映画を撮り始める。

女性の部屋三部作の『緑薫・・・』に引き続き、短編

『MATU☆KAZE』、7年のブランクを経て撮った

『ナゴシノハラエ』が長編処女作。

福島の原発事故を描いた短編『早乙女』が2014年

ひめじ国際短編映画祭などで上映される。
2015年4月から1年をかけて、『ナゴシノハラエ』を

深谷・シネマかふぇ七ツ梅結房。
埼玉・古民家ギャラリーかぐや、東京(アップリンク、

喫茶茶会記)、姫路シネマクラブ、函館港イルミナ

シオン映画祭、大阪・シアターセブン、兵庫・楽や、

福岡・夢野久作と杉山3代研究会にて、作品に共感

してくれた場所やミニシアター、映画祭で仲間と上映してきた。

上映の時には必ず、母と祖母の着物でかけつけるのがトレードマーク。
*女性が行きたいところへ行って、見たいものを見て、好きなものを好きと言える*世界を願って

作品を創り続ける。最も愛する映画監督は、ジャック・リヴェット。
映画『ナゴシノハラエ』公式サイト:http://www.songriver-p.com/nagoshi/
 
「近親相姦という衝撃的なストーリーに基づく映画『ナゴシノハラエ』で著名な大原とき緒監督に、

映画の世界について語っていただき、映画と書を結んだワークを行っていただく。本書芸塾で

映画監督に講師をつとめていただくのは初の試み。映像と書が、各々の中で、果たしてどのように

むすびつけられるのか、興味津々のワークとなる。」
-SOGEN-

 

 

12月17日(土) 15:15-17:15
テーマ:映画監督・大原とき緖さんスペシャルワーク『映画を書でEgaく☆』

《主な内容》
短編映画を見たうえで、映画のタイトルや感じたことを書で表す。
参加費:6,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)
 
特別講師によるさまざまなアートワーク体験を通して、あそび心と芸術的感性を養う、
アートクラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/art/index.html
 
ARC特別講師紹介:http://sogen-arc.com/teacher/index.html
 

12月開催の全クラスのご案内:http://www.hiranosogen.com/blog/?p=12888

 
 
教室・イベントへの参加お申込みはこちらより:http://sogen-arc.com/inquiry/index.php
 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/(デザインワークス・レクチャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com(スクール/SOGEN書芸塾ARC)