感情、心、魂

書芸』とは何か?

『書芸』とは、生(き)の線を通して、宇宙、生命のリズム、感情、心、魂の 有り様を

象形化するアートである。

と、そう言いつつも、感情、心、魂とは一体どういうものなのか、何か違うのか、

いま一つよく分からずにきたところがあるように思う。

で、このところ少し見えてきたものがあるので、そのあたりを書き留めておきたい。

「気が変わる」「心変わりする」という言葉があるように、感情や心は常に変化する

ものである。

対して、「魂を入れ替えて・・・」という言葉はあっても、「魂が変わる」とは言わない。

つまり、魂は変わるものではなく、「三つ子の魂、百まで」の言葉の通り、普遍的なものなのだ。

そう考えると、『書芸』には、書芸アートとデザイン書の両分野があり、

書芸アートは普遍的な魂を映し出すものであり、デザイン書は情感やイメージを表し、

人々の心に働きかけるものである、ということになるだろう。

一つ作品を例に取ろう。

私は国宝となっている長谷川等伯の『松林図屏風』を書芸アートの極みと見ている。

デザイン的なビジュアルではなく、まさに素の魂を写し出した芸術作品である

という点において。

等伯が表したかったのは、松林そのもの、ではなく、松林の姿を借りた自身の魂であり、

その魂を通して垣間見た心象風景だったのだと思う。

長谷川等伯『松林図屏風』

このような素っ裸の魂を表す書芸アートに対して、デザイン書(ロゴ書やインテリア

として飾られる書)においては、化粧もすれば着飾りもする。

つまりビジュアルで見せることを通して、人の心を掴み動かす働きと役割を持つのが

デザイン書である、ということだ。

とすると、現代の日本の書壇に見られる書の大半は、どっちつかずの中途半端で、

どうもツマラナイ、と言っては叱られるだろうか。

いや、書道は貴重な伝統文化であり、芸道であるから、これを求め極めていくことは

素晴らしいことなのだが、今の書壇では、ちょっとテクニックを身に付けると、

もう書道展での賞取り合戦に参加させられて、日々の地道な研鑽が疎かにされて

いるように思われてならないのだが、どうだろう。まあ、そうしないと書壇が

商売として成り立たなくなるから仕方ない、といったところもあるだろうが。

やっべ! 書壇のことはもうどーでもいいと思いながらも、またつついちゃったよW

いや、自分を育ててくれた親のようなもんなんでね。

しかし、書道の延長ではアートにはならない、というのが自分の考え。

書道とアートは次元が違う。どちらが上とかしたとかではなく。

むしろ、書壇にどっぷり浸かった人ほど、それが足枷となって、なかなかアートには

イケないところがある。いや、自分がそうだったもんで。

アートにいきたかったら、まずは習い覚えた書法、書道のテクニックにこだわらず、

素の魂を表す方向に舵を着ること。見せるのはテクニックではないということ。

もう一つ、以前のブログで、アートとデザインは近いようで対極にあると書いたが、

アートにデザイン性を取り込む、あるいは逆にデザインにアート性を取り込むことで

新たな世界が生まれる可能性があると見ている。

たとえばロゴ書一つにも、ビジュアルとしてのインパクトのみならず、そこに魂を

込めることで、普遍的な芸術性をも内包した、デザインとアートの融合による

新たな世界を創り出していく、といったように。

あるいはアートにデザイン性を加えることで、ビジュアルとしてのインパクトを

持たせ、より人々に伝わりやすく印象深いものにする、といったように。

感情、心、魂の違いを考えるところから、いささか話がそれたが、今後とも、

そんなことも心に留めながら、書芸アート作品、デザイン書作品の制作に臨んで

いきたい。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

SOGEN書芸塾ARC、2019年度がスタート❗️

SOGEN書芸塾ARC、2019年度がスタートしました❗️

SOGEN書芸塾ARCは、お手本を見て習う一般の書道教室とは異なり、

各自、取り組みたいテーマ、課題に自由に取り組んでいただくアート空間です。

古典書道、デザイン書道、アート書道等、多分野にわたり、

筆墨による表現を基本としながらも、用具用材も自由。

主幹の平野壮弦がレクチャー、デモンストレーション、講評を通して、

個々の持ち味を引き出し、深化発展させていくためのサポートを

行ってまいります。

2019年度の教室は、毎月第三土曜日の14時30分より17時30分まで、

加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホールでの開催となります。

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

ただいま新規会員募集中‼️ 書道初心の方もまったく問題なく、

年度途中、いつからでもご参加いただけます。体験参加も受付中です。

参加申し込み、お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com

以下は4月の教室の模様です。

開催日:4月20日(土)

テーマ:一字書アート作品制作

《内容》

・自由制作

・一字書アートに関するレクチャー

・様々な筆による用筆法のデモンストレーション

・持参作品の講評

遠処からも体験参加、フリー参加いただき、おかげさまで満員御礼‼️

熱気に満ちた教室となりました。

次回の開催日は5月18日(土)です。どうぞふるってご参加ください。

以下のFACEBOOKページにて、書芸塾の新情報や塾生作品を多数ご覧いただけ

ますので、よろしければ、どうぞフォローください。

https://www.facebook.com/arctokyo/

新年度もSOGEN書芸塾ARCをよろしくお願いいたします😊

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

SOGEN一文字書アート 55選〜其の二〜

SOGEN一文字書アート・第二弾。

漢字の持つ構造性(筆画の重力関係)を礎とし、文字魂(文字の持つイメージ)

と共振しつつ、天地の間にあそぶ。

MORE▶️ https://www.facebook.com/HiranoSogen/

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

忙中観桜

このところアトリエに籠り、花見がわりに?いきものがかりのSAKURAなど

聴きながら作品を書きまくっておりますが、今日は春の陽気に惹かれ、

花見がてら神田川沿いを散策してまいりました。

満開かと思いきや、まだ蕾も残っており、九分咲きといったところでしょうか。

かたや、すでに散っている花もあり、同じ樹に咲く桜も、すべて一斉に咲く

わけではなく、日をずらして開花するものと知りました。


不思議なのが、川沿いの桜がみな、なぜ、かくも見事に川面に向かって

枝垂れているのかということ。

これはこの種の桜の特性なのか、それともまさか桜が、

「お!下が空いてるじゃん。上は混んでるから、下に向かって

枝を伸ばしていこうか」とか思ってのこと、ではないですよね?W

それにしても、桜も含め、悩むことなく命のままに枝葉を伸ばし花咲かせる

植物の有り様は、悩み多き人間としては羨ましいかぎり。

書作に臨んでも、かくありたいと願います。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

2019年度・SOGEN書芸塾ARCのご案内

みなさん、こんにちは。SOGENです。
早くも4月、桜も見頃となっておりますが、いかがお過ごしでしょうか🌸
年度はじめということで、何かと慌ただしい日々をお過ごしの方もおられると

思いますが、5月からは年号も改まることですので、また心機一転、

共に新たな書芸の世界を拓いてまいりましょう😊

以下に新年度の開催日程を掲載しましたので、どうぞご参照の上、ご参加ください。
なお先にお伝えした通り、新年度より毎月1回、第三土曜日の開催となります。
クラスをまとめた分、時間帯を14:30-17:30と1時間増やしました。

これまで通り、ご都合に合わせて、いつ来ていつお帰りいただいてもけっこう

ですが、講話やデモンストレーションも随時行ってまいりますので、特にご用の

ある場合を除き、フルで参加されることをお勧めします。
またクラスをまとめた分、少々手狭になりますが、よろしくお願いします。

月ごとにテーマを設けますが、こちらもこれまで通り、テーマに関わらず、

自分の取り組みたいテーマ、題材に自由に取り組んでいただいてけっこうです。
持参作品の講評も毎回行いますので、自宅で書いた作品を見てほしい人は、

遠慮なく持って来てください。

教室後の懇親会も随時開催しますので、ご都合のつく方は、どうぞお気軽に

ご参加ください。

《2019年度の開催日程と各月のテーマ》

4月20日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ: 一字書アート作品制作

5月18日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ:落款印・自署サイン制作

6月15日(第3土曜日)14:30-17:30  
テーマ:擬音による文字書アート、音からのインスピレーションによる書芸アート作品制作

7月20日(第3土曜日)14:30-17:30  
テーマ:大布作品制作&アートTシャツ制作

8月17日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ: 写真からのインスピレーションによる書芸アート作品制作

9月21日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ: 抽象アート作品制作

10月19日(第3土曜日)14:30-17:30  
テーマ:大書による文字・抽象アート作品制作

11月16日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ:彩書による灯り作品制作

12月21日(第3土曜日)14:30-17:30  
テーマ:絵文字による戯書アート制作

1月18日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ:仮名、言葉書きによる書芸アート作品制作

2月15日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ:英文字による書芸アート作品制作

3月21日(第3土曜日) 14:30-17:30
テーマ:漢字と英文字の融合による書芸アート作品制作

新規会員募集中‼️ 体験参加もいただけます。

お申し込み・お問い合わせ先

office@hiranosogen.com

それでは、新年度もどうぞよろしくお願いします‼️

SOGEN/平野壮弦

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

SOGENブログ
http://www.hiranosogen.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト 
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

⭐️3月のSOGEN書芸塾ARCのご案内

みなさん、こんにちは。SOGENです。

早くも3月。窓辺を飛び交う野鳥の声も日増しに強くなり、春の訪れを感じさ

せてくれる今日この頃・・・

♬もうすぐ春ですね。ちょっと気取って見ませんか♬(キャンディーズ、古〜W)

以下、3月の教室のご案内です。


開催日時

3月16日(土)14:30-17:30(3H)

3月17日(日)15:30-17:30(2H)

テーマ:『漢字と英文字の融合による書芸作品の制作』     

※テーマに関わらず、何に取り組んでいただいてもけっこうです。

会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール(加瀬ビル10F)

内容・自主制作・トーク・講評・デモンストレーション・持参作品の講評・プチ鑑賞会



最近、ブログにアート作品やデザイン書例を乗せてますので、よかったら見てください。

http://www.hiranosogen.com/blog/

4月から新年度がスタートします。

先にお伝えした通り、新年度は毎月1回、第3土曜日14:30-17:30の開催と

なりますので、ご了承ください。
SOGEN書芸塾ARC:http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf


それでは3月の教室で!

SOGEN

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

海外のファッションデザイナーさんから、SOGENへのメッセージ

東京は今日もいい天気‼️🌞
日に日に日が長くなってます。

今朝、海外のファッションデザイナーの方から、心温まるメッセージを

いただきました。うれしいなぁ・・・

作家というものは、それぞれ何かしらの想いを込めて作品を作っているわけ

ですが、「もしかしたら、これ、ゴミ?」と思っているところもあるわけです。

なので、作品について感じたことを、ひと言なりとも伝えてもらえるのは、

とてもうれしいし、勇気付けられること。ましてや、国柄や文化の違う海外の人

から、言葉を超えたところで作品から何か感じてもらえるのは、作家冥利に尽きると・・・

(Today is so sunny here in Tokyo,and it’s getting warmer day by day.
This morning,I’ve got a heartfelt message from my friend artist oversea.)

“Your calligraphy and ink paintings show the beauty and freedom

of this art, the uniqueness of a moment , the quality of the spiritual,

the harmony between the hand, heart and mind….sending to the world

the black ink message…. thank you.”

Thank you so much! I`m so happy! 😊

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

〜ビジュアルを超える〜SOGENのデザイン書

SOGENデザイン書例『

先に『夢』のデザイン書例をご紹介しましたが、今度は『』。

オーソドックスなスタイルを中心に揮毫しています。

どちらかというと、デザインがセンスと技とによって成されるビジュアル

(パッと見の雰囲気)優先の仕事であるにに対し、アートは魂の仕事、

ともいえるかもしれません。

そこで、デザインに魂を込める、アートにビジュアル的な効果を加える、

といった方向で、デザインとアートを融合させていく中に、

新たな世界が生み出されていく可能性もまたあるような気がします。


SOGENでは、デザイン書、ロゴ書、インテリアアート書作品のオーダーメイド

制作を承っております。

クライアント様の想いを受けて、オーソドックスなスタイルの書から、

イメージ・コンセプトに最も合致した、よりデザイン性、アート性の高い書も

合わせて制作させていただき、ご好評いただいております。
ビジュアルとして映えるのみならず、文化的、芸術的にもすぐれた、

魂のこもった書をお届けしたい・・・それがSOGENの願いです。

SOGEN公式ホームページ

(デザイン書・書芸アートの実績と受注制作のご案内)

http://www.hiranosogen.com/

SOGENへのデザイン書・ロゴ書のオーダーは、こちらよりお願いいたします。

http://www.hiranosogen.com/form/index.php

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

ひたむきに書く中で何かが生まれる〜SOGEN書芸塾ARC・2019.2月風景〜

2月のSOGEN書芸塾より。
ひたむきに書く中で、また新たな何かが生まれ、広がり始めています🍀

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜
SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

筆試し!〜2019.1月SOGEN書芸塾ARC風景〜


今月の書芸塾は『筆試し!』
新たに仕入れた色んな毛質のお筆ちゃんを自由に使って、

大小の紙に書きました。
う〜〜ん・・・いいかんじ♪

書芸塾では、書道や美術のエラい先生が一方的に指導講評する、といった

形ではなく、塾生同士が互いに感じたこと、思ったことを伝え語り合うことを

大切にしています。(語らないのも自由)
それも、書道的にどうこうといったような話ではなく、その作品から

何を感じるか、です。

今日も、自分が席を外してる間に、塾生たちがある作品を取りまいて、

あーだこーだと思うところを語り合ってました。
う〜〜ん・・・いいかんじ♪W

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜
SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf



書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)