デザイン書道クラス STEP7:『店頭POPの書・キャッチコピーの書』をテーマに/ 2017.7.8風景

 
 
~プロのデザイン書道家への登竜門、『デザイン書道クラス』風景~

6ヶ月、全12ステップでデザイン書道の全カテゴリーを大系づけて学び、実戦的な実習を通して
プロのデザイン書道家を養成する『デザイン書道クラス』、7月8日(土)開催クラスの模様です。
 
 
ステップ7テーマ:『店頭POPの書・キャッチコピーの書

【重点学習項目】:ロゴ性を高める文字組みの秘訣

開催日時:2017.78日(土)15:30-17:30

 

本時では店頭POPの書・キャッチコピーの書について実例を元に解説後、

実戦的な制作実習へと移りました。

またロゴ性の高い他字数の文字書をいかに書き表すかについてレクチャー・

デモンストレーション・実習を行いました。
 
 
~本時の風景から~
 
☆キャッチコピーの書制作

 

 

《本時の内容》
1.持参作品の講評

2.店頭POPの書・キャッチコピーの書の実例紹介・解説
3.他字数の文字書を書く秘訣について、レクチャー&デモンストレーション(参考資料配布)
4.キャッチコピーの書制作実習(個別指導)

 

 

~本時の塾生持参作品から~
デザイン書道クラスでは、自宅で書いて持参した作品についても講評アドバイスを行っています。

 

♡『縁結び』(ディスプレーの書)

デザイン性が高く佳。文字組みと「び」の処理、要一考。

 

 
 
♠Feel The Wave(ディスプレーの書)

コンセプト・イメージからして、たおやかな作を買う。文字組み、要一考。

 

 
 
♣黒豆茶(商品ロゴ)

指文字。指で書いた味わいや特徴をさらに出したい。

フォルムはまともでよいが、さらにデザイン性を加味したバリエーションを加えたい。
 

 
 
◇おばあちゃんのいなり
POPな感じで親しみやすい書。「おばあちゃんの」の文字組み、要一考。
 

 

 

~デザイン書道に興味をお持ちの方へ~

 

デザイン書道クラスでは、書の表現スキルはもとより、プレゼンテーションの仕方から
営業のノウハウまで、デザイン書を仕事にしていくうえで役立つ実戦的な知識や
技能までお伝えしており、デザイン書道を仕事にしていきたいとお考えの方には
必見の内容となっております。
趣味としてデザイン書に親しみたいという方も歓迎します。

 
 
-次回デザイン書道クラス予告-

 

STEP8:『ロゴマーク』/重点学習技法:バリエーションの作り方・データ作成法・プレゼンテーションの手法
7月22
日(土)15:30-17:30

 
 
2017第一期・デザイン書道クラスカリキュラム:http://www.sogen-arc.com/img/design_1.pdf(PDF)

注!)日曜となっている箇所は間違いで、すべて土曜日の開催です!

 

デザイン書道クラスのご案内http://sogen-arc.com/design/index.html

 

 

デザイン書道クラス関連ブログ(これまでのクラスの内容・風景、次回のご案内等)

http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=140

 

※書道の経験を問わず、デザイン書に興味をお持ちの方あれば、どなたでもご参加いただけます。
年度途中、いつからでもご参加いただけます。ただいま体験参加も受付中です!

 
 
SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

☆FACEBOOKで塾生作品を紹介しております。ぜひご覧の上、いいね!&フォローを
どうぞよろしくおねがいします!

FACEBOOKページhttps://www.facebook.com/arctokyo

 

 

SOGEN書芸塾主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://www.sogen-arc.com/(スクール)

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) /書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー~『NEOS-DESIGNブランドセミナー: 福田毅氏の講演を聴く』~ (2008.8.25 投稿 185)

 

 

第5回 NEOS-DESIGNブランドセミナー「デザインはブランドを強くする」に参加。
長岡造形大学教授・(株)カメレオン 代表取締役の福田毅さんの講演を聴く。
これはメッチャためになったなー、感動した!
 
福田毅(ふくだ・つよし)さんは1970年代から今日に至るまで、日本の広告界を
リードし続けているデザイナーであり、マルチ・プロデューサー。
国内外の大企業の広告を幅広く手がけているので、皆さんもどこかで
福田さんの仕事は目にしているはずだ。
 
下の写真は、カンヌ国際広告映画祭で優秀作品賞を受賞した、NTTの広告。
釣り上げたチョウザメを前にした老漁師・・・キャッチに「魚と話す日。」とある。
ポスターや新聞広告、CMにもなった作品なので、見覚えのある人もいるかもしれない。

 

2008.8.25-1

 

 

マークを作る、ポスターを作る、新聞広告を作る、テレビCMを作る・・・
そしてそのためには、デザイナーがいて、コピーライターがいて、カメラマンがいて、
映像作家がいて、イラストレーターがいて、書家がいて・・・
要はそれらをすべて活かしたうえで、まとめ上げるのが福田さんの仕事なわけで、
それってスゴいことだと思うわけよ。
 
講演の中で「世界目線」という言葉が何度も出てきたけど、福田さん自身が
そういう目を持っているからこそ出来ることなんだろうな。
これからの日本に必要なのは、それぞれの専門分野のプロはもちろんんこと、
世界的な視野に立って、総合的に物事をプロデュースしていける人なのかもしれない。
 
そんな福田さんに、広告デザインとアートについて問うたところ、
「アートでいったほうがいいよ。広告の世界は狭いから。」とひと言。
まあ、何となく分かる気も・・・
広告デザインの世界はまた奥が深いわけだけど、色んな制約がある中での仕事だからなぁ。
いや、自分は両刀でいきますよ、どっちも面白いから!

 
最後になりましたが、こんな素晴らしいセミナーを継続的に開いておられる
株式会社ネオスさん、心からリスペクトです・・・ありがとうございました!
 
 

※福田毅先生、ネオスの山本社長さんとともに
 

2008.8.25-2

 

 
 
【広告デザイン書道(書芸)】のページをアップいたしました。
広告デザイン書道(書芸)の効能について書いております。ぜひご覧ください。

 
http://www.hiranosogen.com/koukoku-design/index.html
 

 

 

 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen