齋藤徹さんと過ごす会

7月7日の七夕の日、先月6月18日に旅立たれたコントラバシスト、

齋藤徹さんと過ごす会に参加させていただきました。

 

徹さんとの御縁をいただいた多くの方々が参列され、

音楽家、ダンサー、映像作家、アートパフォーマーといった、

さまざまな表現者の方々が、それこそ魂のこもったパフォー

マンスをもって追悼の意を表し、すばらしい会となりました。

 

徹さんの魂と精神は、これからも御縁をいただいた多くの

人々の中に生き続け、また新たな世代へと受け継がれていく

ことでしょう。そういった意味でも、徹さんに限らず、

人の魂というものは永遠に不滅なのだと思います。

斎藤徹 コントラバス 書 書芸 インプロ


徹さんは一足先に宇宙に帰還されましたが、いま在る人たちも、

遅かれ早かれ宇宙に帰るわけで、自分も今生での御縁に感謝しつつ、

いま暫くは地球であそんでイキたいと思います。

 

徹さんの宇宙自然との感応を通した即興演奏は、分野は違えど

書芸の精神の理想境を示すものであり、あのような世界観に

自分も余生を賭して少しなりとも近づいてイキたいと願っています。


徹さん、いままで有難うございました。

そして、これからもよろしくお願いします!

令和元年 7月7日
平野壮弦 拝

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

即興の達人、齋藤徹さん、喜多直毅さん、4月よりヨーロッパ公演ツアーへ

 

 

「いつもの」「お得意の」即興になってしまったらその瞬間に即興ではなくなる

-齋藤徹-

 

世界的音楽家であるコントラバシスト・齋藤徹さんとヴァイオリニスト・喜多直毅さんが、
4月より2ヶ月間のヨーロッパ公演ツアーに旅立たれます。
 
お二人とも、過去に書芸塾で、音と書によるワークを行っていただいており、今年は
7月17日(日)に喜多直毅さんから、昨年に続き、『書の波、音の波PARTⅣ』と題した
第二弾のスペシャルワークを行っていただく予定です。

一流音楽家による即興演奏との交感のもとに書を書くという、なんとも贅沢極まりない
ワークを実現いただいているお二人に、敬意と感謝を表するとともに、ヨーロッパ
ツアーのご成功をお祈りします。

 

tetsu-ws[1]書道教室,インプロ,即興,バイオリン

 
2014年度の齋藤徹さんによるワークの模様
 

書道教室,インプロ,即興,コントラバス

書道教室,インプロ,即興,コントラバス
詳細⇒https://www.facebook.com/media/set/?set=a.687720591255120.1073741830.199917180035466&type=3 
 
 
2015年度の喜多直毅さんによるワークの模様
 

書道教室,インプロ,即興,バイオリン;
詳細⇒https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1232894703404370.1073741914.199917180035466&type=3
 
 

~書芸術を通した解放と交感の場~

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/
※2016年度の書芸塾につきましては、ただいま更新中です。