堀尾貞治さんのこと

1年ほど前、FACEBOOKで面白そうなオジサンを見かけて興味をもち、

フォローさせていただいた人がいる。

堀尾貞治さん。人も作品も、実にほどけているなあと。

堀尾貞治

ところが最近になって、昨年11月に他界されていたことを知って驚いた。

その後の堀尾さんのFACEBOOKページは、お身内の方が続投されておられるようだ。

で、今頃になって、堀尾さんが只者ではなく、国内外で様々なアート活動を行い、

ニューヨークのグッゲンハイム美術館でパフォーマンスをするほどの著名な美術家

であることを知った。

いや、有名無名の問題ではなく、堀尾さんが遺された作品や言葉に触れた時、

魂の次元で、とても自分と近い人だったのだと今更ながら気付き、偉大な先達が

旅立ってしまわれたことへの深い哀しみと同時に、同じ時を生きていたのだという

喜びの気持ちが湧き上がったのだった。

堀尾さんは書もよくしておられ、その書を見ると、おまえさん、まだまだ

カッコつけてるねー、と言われているような気がしてならない。

堀尾貞治

   (画像は堀尾貞治さんのFACEBOOKページからお借り)

自分は、子どもにしろ大人にしろ、書道の門外漢である人から大きな気付きを

与えてもらうことがよくあるのだが、特に堀尾さんの書は、その言葉も含めて、

まさに今の自分に向かって投げかけられたかのように感じている。

以下に、自分の胸に深く刺さった堀尾さんの言葉から、抜粋してご紹介させていただく。

「今」

「よろこべ」

「すべてチャンス」

「手で見る」

「神と勝負」

「その人の精神に比例してものごとは動く」

「身辺に芸術は充満している」

「新しい芸術はまったく違うところからやってくる」

「明日を最も必要としない者が最も快く明日に立ち向かう」

「自分の行為は世界に響いている」

「仕事は死の瞬間に決まる」

堀尾貞治

地球滞在中は、ついぞお目にかかれませんでしたが、堀尾さん、

こんな自分の中にも、堀尾さんは今もイキイキと生きてますよ!

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf