〜SHOWL展、会期延期のお知らせ〜




〜SHOWL展、開催延期のお知らせ〜



みなさん、こんにちは。ART ROOM SHOWL代表の書芸家、平野壮弦です。
以下、SHOWL展、開催延期のお知らせをさせていただきます。


5月に恵比寿の弘重ギャラリーにて開催を予定しておりました、ART ROOM SHOWL
による書芸作品展ですが、コロナウィルスの影響により、会期を秋に移して開催する
こととなりました。


5月の展覧会をたのしみにしていただいていた皆様には大変申しわけございませんが、
また会期が決まりましたら、あらためてご案内させていただきますので、よろしく
お願いいたします。


時節柄、皆様のご健勝をお祈り申し上げるとともに、コロナウィルスの早期終息を願っております。



2020.3.27


ART ROOM SHOWL 
代表 平野壮弦




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://sogen-arc.com/(スクール)






 
 

アートと言葉



今朝、みんなで集まってアート談義をしている夢を見た。

(現実でサボってる分、夢の中ではガンバっているW)


そこで思ったのは、

言葉では表し得ないものを表すのがアートではあるが、アートについて言葉で

語り合うことももまた、直感により感知するおぼろな世界にフォースし、

よりクリアーに捉え感じ合う”遊び” なのではないか、ということ。


とすると、アーティスト・ステートメントというのは、「オレ、世界をこんな風に

見て、感じて、こんなんつくってんだけど、どうよ?」という、アート談義や論評の

ヒントとなるような、作家からの投げかけなのだろうと。



ただ、実物を見てピンとこなかったけど、説明を聞いたら、なるほど、だったら
スバラシイというのであれば、そんなものはアートではないとまでは言わずとも、
少なくともそれは、その鑑賞者にとっては単独では成り立たず、
言葉(説明)の補助があって成立する表現ということになるだろう。


現代のコンセプチャル・アートが主流のアート界においては、概念やそれを伝える
ための言葉を重視するのは当たり前なのかもしれないが、自分にとっては作品が
すべてであり、作品そのもに感じるものが無ければ、いくら言葉で説明されても、
感じないものは感じない。


ということで、言葉はアートへの理解を深めていくための助けとなる一方で、
これからも言葉を超えたところで、アートを全身全霊で感じてイキたい。





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://sogen-arc.com/(スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com





 
 

次元と霊力



このところ、”次元”と”霊力”というものについて、ぼんやりと考えている。


目に見える世界と見えない世界とが交わりつつあるのがこの世界。
ビジュアル(見た目)も大事だが、表された形象を通して、その奥にある次元や
霊力を感じ取ることが、より高次元へと魂をワープさせることに繋がるような
気がしている。そして、怒りや衝動といったものも、その原動力と成り得るけれども、
最大の原動力は、”愛”なのではないかと。


作品を見るとき、テクニックによって表されたビジュアルではなく、その作品が、
愛を原動力としつつ、別次元に通じているかどうか、いかほどの生命力と霊位霊性を
秘めているのかを、直感によって感じ取る。それが、芸術作品と対峙する、
ということなのではないかと。


その点、総じて日本の書道界は、日展を頂点に、テクニックから生まれるビジュアル
重視の社交とビジネスの場であり続け、またそこからはみ出たアート志向の書作品も、
やはり書道の筆技筆法に寄って立つビジュアル表現の域にとどまり、それこそ
比田井南谷や井上有一以来、近代書道の引力圏をなかなか突破出来ずにきた感が
否めないのだが、どうか。



が、これは私が天才バカボン書家と敬愛する現代美術家、山本尚志氏の尽力、
書道愛と人類愛によるところが大であることは周知の通りであるが、ついに今、
先にご紹介したMARUEIDO JAPANによる企画展What`s Shodo?にみる作家を
はじめとして、その引力圏を突破し、新たな次元に突入し始めた芸術家が現れ出て
きたたことをうれしく思う。


そしてまたうれしいことに、いまSOGEN書芸塾ARCからも少人数ながら、別次元への
アクセスをカタチにし始めた書芸作家が生まれ始めており、5月に開催予定の
ART ROOM SHOWLによる書芸作品展は、各作家の作品を通して異次元を垣間見て
いただくこととなるだろう。



・・・と、エラそうなことを言いつつ、自分が一番サボっている。
夏休みの宿題を切羽詰まってからやり出す性分が、幾つになっても変わらない。
が、今回はちょっと本気を出してかかりたい。
ということで、ぜひ万障お繰り合わせの上、SHOWL書芸作品展にお運び
いただきたい。


会期は5月19日(火)から5月24日(日)まで。
会場は恵比寿の弘重ギャラリー。
またご案内させてもらいますので、どうぞよろしくお願いします。


・・・って、最後は展覧会の宣伝かよW




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://sogen-arc.com/(スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com





 
 

スガワラススム『千のナイフ』




そして本日購入したアート


スガワラススムの『千のナイフ』、2点


メトロポリタンやグッゲンハイムにあっても遜色ない作品だと思う。



菅原晋 スガワラススム 千のナイフ アート書道 artshodo shodo MARUEIDO JAPAN
菅原晋 スガワラススム 千のナイフ アート書道 artshodo shodo MARUEIDO JAPAN


すぐれた芸術作品の真価と喜びは、様々な思惑や欲望が交錯するこの俗世にあって、
作品を通して純粋な精神、魂の塊に触れさせてもらえることにあるのかもしれない。




スガワラススムのオリジナル作品は、26日まで、赤坂2丁目のMARUEIDO JAPANで
開催の書のアート展、What`s SHODO?でご覧いただけます。



What`s SHODO?


会場:MARUEIDO JAPAN (東京都港区赤坂2-23-1)

会期:2020.3.10 – 3.26
   10:00-18:00 日、月、祝日は休廊
   Closed on Sunday, Monday and National Holidays

-Artist-

坂巻裕一 SAKAMAKI YUICHI
菅原晋 SUGAWARA SUSUMU
中嶋敏生 NAKAJIMA TOSHIKI
ハシグチリンタロウ HASHIGUCHI LINTALOW
山本尚志 YAMAMOTO HISASHI
渡部大語 WATANABE TAIGO


展覧会の詳細:http://marueidojapan.com/info/exhibition/whats_shodo/





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://sogen-arc.com/(スクール)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com






 
 

What’s SHODO?〜MARUEIDO JAPAN 企画による書のアート展〜



そんな中、今日は檻を破るような、すばらしい書のアート展を見せてもらってきましたよ。


きのうから赤坂2丁目のMARUEIDO JAPANで始まった「What’s SHODO?
坂巻裕一菅原晋中嶋敏生ハシグチリンタロウ山本尚志渡部大語
6名の作家による企画展


書道 アート書道 書道アート shodo artshodo MARUEIDO JAPAN



まず衆目は、エントランスに飾られたハシグチリンタロウの作品。
なんと彼は昨年、ルミネ大賞を受賞して賞金100万円をもらっているんだけど、
こっらのほうが傑作じゃね?!W


ハシグチリンタロウ HASHIGUCHI LINTALOW

書道 アート書道 書道アート shodo artshodo MARUEIDO JAPAN



全作家ともそれぞれにすばらしく、これまで様々なアート志向の書の展覧会を
見てきたけれど、書のアートも、ようやく、というか、よくぞここまできたもんだと、
うれしくなったのでした。


会期は今月26日まで。
興味のある方は、ぜひその目で、書芸術の歴史の変わり目を目撃ください。
あと、手に入れるなら今・・・今ならまだ買えますぜW



会場:MARUEIDO JAPAN (東京都港区赤坂2-23-1)

会期:2020.3.10 – 3.26
   10:00-18:00 日、月、祝日は休廊
   Closed on Sunday, Monday and National Holidays


展覧会の詳細:http://marueidojapan.com/info/exhibition/whats_shodo/




山本尚志 YAMAMOTO HISASHI

書道 アート書道 書道アート shodo artshodo MARUEIDO JAPAN



坂巻裕一 SAKAMAKI YUICHI

書道 アート書道 書道アート shodo artshodo MARUEIDO JAPAN



菅原晋 SUGAWARA SUSUMU

書道 アート書道 書道アート shodo artshodo MARUEIDO JAPAN


中嶋敏生 NAKAJIMA TOSHIKI

書道 アート書道 書道アート shodo artshodo MARUEIDO JAPAN



渡部大語 WATANABE TAIGO

書道 アート書道 書道アート shodo artshodo MARUEIDO JAPAN




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://sogen-arc.com/(スクール)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com







 
 

人生はあそびだ‼️



この歳まで生きてきて思うのは、我々は地球にあそびに来た宇宙人であり、

人生はあそびなのだ、ということ。

そして、そのあそびの主役は、他ならぬ自分自分なのだということ。


親兄弟、友だち、同僚、スレ違うだけの赤の他人、すべての人たちが、自分の

人生劇場(人生というあそび場)に登場し、共にあそんでくれる、もしくは人生の
一コマを彩ってくれる、とても有り難い存在なのだ。

そう考えると、逆に自分も、自分と縁ある人たちの人生劇場に登場する役者であり、

あそび相手 ということになるだろう。



であるならば、まず自分自身の人生ゲームを、自分にとって、いかにオモシロくするかを

工夫しながら生きること。と同時に、自分以外の人たちの人生をいかに豊かに

彩るかに思いを馳せながら生きること。この2つが、人間が人間らしく生きていく上で、
大事なんじゃないかと。



書において、古典や師の作風を追い求めるのは、人が作ったゲームをやり、
人が作ったあそび場であそぶようなもので、それが面白ければ、
一生やり続けるのもいいだろう。が、もしそれに飽き足らなくなったなら、
自分が100%主役となるゲームを、自分で作ればいい。
そのあそび、そのチャレンジそのものが、『書芸』なのだ。



書芸 アート書道 アート書道家 SOGEN

SOGENアート /『ミライショドウ2』掲載作品




 
 

2020年 謹賀新年🌅🎍



2020年 あけましておめでとうございます‼️🌅
年頭にあたり、皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。



当方、おかげさまで良縁に恵まれ、書芸作品、各種ロゴ書、書芸パフォーマンス、
講演レクチャー等のご依頼をいただき、書芸を世の中で生かしていただいて

おりますこと、深謝申し上げます。

さて、子年にかえったこの黎明期に臨み、新たな価値の創造に向けたエポック

メイキングな活動をスタートさせたいと考えております。
その一つが、書芸アート専門ギャラリーART ROOM SHOWLの立ち上げと
プロモーションであり、もう一つはまだ秘密W また動き出しましたらお知らせ

しますので、チェックいただくようお願いします。



昨年立ち上げたWEBアートギャラリー ART ROOM SHOWLにつきましては、
プロモーションを本格的にスタートいたします。

まだ少し先になりますが、まずは5月19日(火)より5月24日(日)の会期で、

東京、恵比寿にて、SHOWLのお披露目となる展覧会を開催いたしますので、

万障繰り合わせの上、ぜひご高覧いただきますよう、よろしくお願いいたします。



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com/



今後とも書芸のさらなる普及発展を通して、世の中をより楽しく面白くしていき

たいと思いますので、変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。



2020年 正月

SOGEN
平野壮弦

書芸 書道 書家 書道家 アート書道 デザイン書道 依頼

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com


お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:書芸とは

書芸とは

この宇宙の全てのものが有する、形、大きさ、重力、色、方向、速度、波、そして変化、

それらの存在と関係が生み出す美に、瞬時にシンクロし、書き表すのことへのあくなき挑戦

この遊びは、まだまだ終わらない・・・

書芸 書道 アート書道 アート書道家  artshodo tokyo SOGEN


SOGEN書芸アート:Untitled(2010329)

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf

 

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:2019年9月のSOGEN書芸塾ARC(東京のアート書道教室)風景

東京新宿で毎月第三土曜日に開催しているアート書道教室、SOGEN書芸塾ARC

2019年9月の教室風景です。


アートムービーを鑑賞後、「文字書から抽象アートへ」をテーマにSOGENがレクチャーし、

自由制作へと移りました。

今回はレクチャーが長くなり、みなさん書き足らなかったと思いますので、次回はまた

自由制作の時間を多く設けます。

■アートムービー鑑賞&討論

以下のアートムービーを紹介鑑賞後、みんなでアート談義をしました。

ART ROOM SHOWL プロモーションビデオ

【小宇宙-microcosm】

ART ROOM SHOWL所属アーティスト IKUYO MOCHIZUKIによるビデオアート

【呼吸する惑星-THE BREATHING PLANETS】

ART ROOM SHOWL所属アーティスト IKUYO MOCHIZUKIによるビデオアート

SOGEN ART MOVIE【From Sexual To Sacred 19730 Making Video】

SOGEN VIDEO ART【たゆたうもの tayutau-mono】

SOGEN PERFORMANCE MOVIE【Cosmic Rhythm】

〜9月の教室風景から〜

書道教室 アート書道教室 デザイン書道教室 東京 新宿
書道教室 アート書道教室 デザイン書道教室 東京 新宿
書道教室 アート書道教室 デザイン書道教室 東京 新宿
書道教室 アート書道教室 デザイン書道教室 東京 新宿
書道教室 アート書道教室 デザイン書道教室 東京 新宿
書道教室 アート書道教室 デザイン書道教室 東京 新宿
書道教室 アート書道教室 デザイン書道教室 東京 新宿
書道教室 アート書道教室 デザイン書道教室 東京 新宿

SOGEN書芸塾ARCは、書道の経験を問わず、どなたでもご参加いただけるとともに、

書芸アーティスト、デザイン書作家への登竜門ともなっています。

 

書芸術を通した解放と交感のアート空間

SOGEN書芸塾ARC

2019年度の教室のご案内

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com