特報‼️ 書家・写真家の富永泰弘さんによるスペシャルワークを1月18日(土)の書芸塾ARCで開催



特報です‼️

書家・写真家の富永泰弘さんより、1月18日(土)の書芸塾ARCにおいでいただき、
スペシャルワークを行っていただきます。
広告デザイン書道の第一線をゆく富永さんと間近で交流させていただける貴重な機会となります。
どうぞ奮ってご参加ください。


書家・写真家、富永泰弘さんスペシャルワークショップ

テーマ:『確信を持って書く』


内容:一文字の中に一画でも確信のある線があれば、作品はオリジナリティを持ち、
見慣れた文字もいきいきとストーリーを語り始めます。確信のある線とは何か、
一緒に考えていきます。


■富永泰弘さんプロフィール


1973年宮崎県生まれ

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業 広告やパッケージの文字を多く手がける。

写真家としても活動中。




開催日時:1月18日(第3土曜日)14:30-17:30 


会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール

アクセス:http://sogen-arc.com/access/index.html


まず今年の抱負を漢字または言葉で書いていただき、その後、1月のテーマである

仮名、言葉書き作品に関するレクチャー行います。

持参作品も講評も、この時間内に行います。
その後、15:30-17:30の時間帯で、富永さんにワークを行っていただきます。


参加費:5,000円


※通常、フリー参加費6,000円のところ、お正月特価として5,000円とさせていただきます。
書芸塾OBの方の参加費、書芸塾の会員以外の方の参加費、体験参加費も同様です。

参加費は当日、会場にてお支払いください。


-用具について-
書芸塾会員の方は、いつも通りの用具をご用意ください。

そのほかの方は、お手持ちの書道用具がありましたらご持参ください。

無い物は全て無料でお貸出しします。手ぶらでおいでいただいてもけっこうです。



終了後、富永さんにもご参加いただき、新年会を開きます。

ご都合のつく方は、ぜひ新年会も合わせてご参加ください。


なお宴席確保の関係で、新年会に参加される方は、1月11日(土)までに
お申し込みいただくようお願いします。

また、何かご不明の点等がありましたら、何なりとお尋ねください。

みなさんのご参加をお待ちしております。


教室、新年会のお申し込み先:office@hiranosogen.com



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜
SOGEN書芸塾ARC


公式サイト: http://sogen-arc.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/sogenarc/
FACEBOOK:https://www.facebook.com/arctokyo/





 
 

2020年 1月 SOGEN書芸塾ARCのご案内

書芸教室 書道教室 デザイン書道教室 アート書道教室 東京 新宿 習い事

みなさん、こんにちワンダフォー。

正月気分から徐々に抜け出し、動き出しておられる頃と存じます。


さて、新年となり、新たな事始めに最適の季節となっております。

この機に、生涯の趣味や仕事とすることのできる『書芸』に親しまれてはいかがでしょうか。


まずは平気で書いてみる‼️

書芸塾ARCは書道の経験を問わず、どなたでもご参加いただけます。

体験参加も受け付け中‼︎ ぜひお気軽にご参加ください。



以下、1月のSOGEN書芸塾ARCのご案内となります。
どうぞご参照の上、ご参加ください。

開催日時:1月18日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ:仮名、言葉書きによる書芸アート作品制作

内容:仮名、言葉書きによる書芸アート作品制作、その他自由


会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール

アクセス:http://sogen-arc.com/access/index.html


なお今月は教室終了後、新年会を開きますので、よろしければ、そちらも合わせて、
どうぞお気軽にご参加ください。



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜
SOGEN書芸塾ARC

公式サイト: http://sogen-arc.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/sogenarc/
FACEBOOK:https://www.facebook.com/arctokyo/

◯お申し込み・お問い合わせ




 
 

人生はあそびだ‼️



この歳まで生きてきて思うのは、我々は地球にあそびに来た宇宙人であり、

人生はあそびなのだ、ということ。

そして、そのあそびの主役は、他ならぬ自分自分なのだということ。


親兄弟、友だち、同僚、スレ違うだけの赤の他人、すべての人たちが、自分の

人生劇場(人生というあそび場)に登場し、共にあそんでくれる、もしくは人生の
一コマを彩ってくれる、とても有り難い存在なのだ。

そう考えると、逆に自分も、自分と縁ある人たちの人生劇場に登場する役者であり、

あそび相手 ということになるだろう。



であるならば、まず自分自身の人生ゲームを、自分にとって、いかにオモシロくするかを

工夫しながら生きること。と同時に、自分以外の人たちの人生をいかに豊かに

彩るかに思いを馳せながら生きること。この2つが、人間が人間らしく生きていく上で、
大事なんじゃないかと。



書において、古典や師の作風を追い求めるのは、人が作ったゲームをやり、
人が作ったあそび場であそぶようなもので、それが面白ければ、
一生やり続けるのもいいだろう。が、もしそれに飽き足らなくなったなら、
自分が100%主役となるゲームを、自分で作ればいい。
そのあそび、そのチャレンジそのものが、『書芸』なのだ。



書芸 アート書道 アート書道家 SOGEN

SOGENアート /『ミライショドウ2』掲載作品




 
 

書芸と映画〜北野武監督作品『あの夏、いちばん静かな海』〜



この映画をYouTubeでフルに見れるとは・・・

北野武監督作品『あの夏、いちばん静かな海』

北野監督の映画はどれも好きだけど、これが一番かも。

耳の大っきい子に弱いってのもあるかもだけどW


自分が人生で一番味わいたいのは、『感涙』。
この映画はそれを味あわせてくれる、希少な映画。




『あの夏、いちばん静かな海』というタイトルもいいな、と。
公開当時は聾唖のカップルの話だから、「静か」なのだろう、くらいに思ってたけど。
聾唖の二人にはいつだって静かな海なのだ。が、その中でも、あの夏の、

あの海こそが、いちばん静かな海だった・・・と、ノスタルジックに回想する

スタンスでタイトル付けしたのも、すごい感性であると。



実はアクション映画も恋愛映画も、ずべて書芸に繋がってる。
たとえば、この登場人物の今の動きや心境を書で表したらどうなるか、とか、

映画音楽を書で表したら、とか、タイトルを書で書いたらどうなるか、とか・・・

だから、いい書芸作品をつくりたいと思ったら、書ばかり書いてないで、心動かされる、

いい映画を見たほうがいいと思う。




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)


〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com


お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書芸と格闘技〜モハメド・アリ vs ジョー・フレージャー〜



今となってはプヨプヨだが(笑)、10代の頃、アニメ『空手バカ一代』や

ブルース・リーのカンフー映画に熱中し、空手の稽古に明け暮れた。

武道で培った身体の精妙な動きと呼吸が、その後の自分の書道の修行と

現在の書芸を底流で支えていることは間違いないだろう。


少年にとって、いつの時代も強い男は英雄だが、自分にとってモハメド・アリ

英雄中の英雄。だが、そんなアリにも闇はあった。


1975 モハメド・アリ vs ジョー・フレージャー ドキュメント



ベトナム戦争で徴兵拒否をし、チャンピョンベルトもプロボクサーとしての資格も
失ったモハメド・アリを救った、大恩人であるはずのジョー・フレージャーを、
何故にアリが心の底から憎み、執拗なまでに罵倒挑発し続けたのか?

その真意は分からぬまでも、二人が親友のままだったなら、あのボクシング史上
最高となる名勝負は生まれなかった
。それを思うと、もしかしたらボクシングの神様は、
アリにそこまで至らしめるまでの狂気までをも与えたもうたのかもしれないと。


ちなみに書道と書芸の違いをよく聞かれるが、一言でいえば、書道が大相撲なら、

書芸は何でもありの総合格闘技のようなもの。書芸を極めたらなら、まちがいなく
書道でも横綱をはれる。




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

2020年 謹賀新年🌅🎍



2020年 あけましておめでとうございます‼️🌅
年頭にあたり、皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。



当方、おかげさまで良縁に恵まれ、書芸作品、各種ロゴ書、書芸パフォーマンス、
講演レクチャー等のご依頼をいただき、書芸を世の中で生かしていただいて

おりますこと、深謝申し上げます。

さて、子年にかえったこの黎明期に臨み、新たな価値の創造に向けたエポック

メイキングな活動をスタートさせたいと考えております。
その一つが、書芸アート専門ギャラリーART ROOM SHOWLの立ち上げと
プロモーションであり、もう一つはまだ秘密W また動き出しましたらお知らせ

しますので、チェックいただくようお願いします。



昨年立ち上げたWEBアートギャラリー ART ROOM SHOWLにつきましては、
プロモーションを本格的にスタートいたします。

まだ少し先になりますが、まずは5月19日(火)より5月24日(日)の会期で、

東京、恵比寿にて、SHOWLのお披露目となる展覧会を開催いたしますので、

万障繰り合わせの上、ぜひご高覧いただきますよう、よろしくお願いいたします。



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com/



今後とも書芸のさらなる普及発展を通して、世の中をより楽しく面白くしていき

たいと思いますので、変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。



2020年 正月

SOGEN
平野壮弦

書芸 書道 書家 書道家 アート書道 デザイン書道 依頼

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com


お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

SOGENより、年末のご挨拶



本日、日本晴れにつき、仕事場のある落合、新井薬師界隈を散策。
南無不動明王の幟はためく、上高田の不動院に立ち寄り、お参り。
おかげさまで、もうかなり平気で歩けるようになりました。

今年一年を振り返ってみると、この一年は種まきの年であったように思います。
これまでの様々な出会い、経験、思索によって地が耕されたところに、
ようやく種をまき、来年からの芽吹きを期している、といったところです。


皆さんも、それぞれの想いを胸に年を越されることと思います。

皆さんからいただいた、本年中のご厚情に感謝申し上げるとともに、

どうぞ良いお年をお迎えいただきますよう、お祈り申し上げます。




2019年 12月29日


SOGEN

平野壮弦 拝



不動明王 不動院 書家 書道家 書芸家



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

越後銘酒『苗場山』御歳暮



新潟県津南町の苗場酒造さんから、越後銘酒『苗場山』の御歳暮をご恵送いただきました。

いつも有難うございます‼️


中央の大吟醸酒は、令和元年の全国新酒鑑評会、金賞受賞酒とのことで、大変おめでとうございます❗️㊗️

生貯蔵酒『kamosu mori』も気になります!

貴重なお酒、有り難く、ご賞味させていただきます。



苗場山,苗な酒造,日本酒,デザイン書,ロゴ書

『苗場山』ロゴ書:平野壮弦揮毫




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)


〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com


お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:自己治癒力



骨盤骨折で3ヶ月は松葉杖生活と言われたが、3週間で杖なしでも歩けるまでに恢復。

幾つになっても機能し続ける人間の自己治癒力というのは大したものだと。


だが、こうなってみると、自力で寝起きが出来て一人でトイレに行けるだけでも、

なんとスゴいことなのかと気付かされる。

人体は精妙なバランスの上に成り立っており、おかげでふだん意識せずとも自由に

身体を動かすことができている。が、そのバランスがひとたび崩れると、

立つことも歩くことも、ままならなくなるのだ。


人体もまた自然であり、自然に生かされている。

その有難さを、快復しても忘れずにいたいと思う。



それにしても、今回のケガは超ラッキーだった。

というのも、一つにはカラダで最も頑丈な臀部から落ちたこと。

(頭をそれだけ強打していたら割れて死んでた可能性が高かった。)

また、松葉杖や車椅子での生活を通して、怪我人や病人、障害を持った人たちの

境遇や気持ちを多少なりとも実感することができたと同時に、人様の情に

触れさせてもらえたこと。

(たとえば、厚さ僅か3mmの足拭きマットがまたげない、とか。)

また、将来もしまた松葉杖や車椅子での生活をすることになった時の予行練習に

なったこと。まあ、なるべくお世話にならなずにイキたいものですが。


ということで、みなさん、お身体お大事に、共にピンピンコロリをめざしてまいりましょう``

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com


お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:草間彌生インフィニティー



12.5(木)

自転車に乗れるまでに快復、『草間彌生∞INFINITY』を見に、渋谷パルコまで一っ走り。

若き日に自叙伝を読み衝撃を受けた。こんな日本人の女性アーティストが居たのかと。

一昨年他界した自分の母と同い年。


若き日の草間彌生

草間彌生 インフ二ティ


映画は75分と短く、彼女の人生を描くには、あまりにも駆け足にすぎた感はあったが、

色々なことを考えさせられる、実に深い内容だった。

言葉に尽くせず・・・ぜひ自身の魂を通してご覧いただきたい。


草間彌生 インフ二ティ




http://kusamayayoi-movie.jp

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com