What’s SHODO?〜MARUEIDO JAPAN 企画による書のアート展〜



そんな中、今日は檻を破るような、すばらしい書のアート展を見せてもらってきましたよ。


きのうから赤坂2丁目のMARUEIDO JAPANで始まった「What’s SHODO?
坂巻裕一菅原晋中嶋敏生ハシグチリンタロウ山本尚志渡部大語
6名の作家による企画展


書道 アート書道 書道アート shodo artshodo MARUEIDO JAPAN



まず衆目は、エントランスに飾られたハシグチリンタロウの作品。
なんと彼は昨年、ルミネ大賞を受賞して賞金100万円をもらっているんだけど、
こっらのほうが傑作じゃね?!W


ハシグチリンタロウ HASHIGUCHI LINTALOW

書道 アート書道 書道アート shodo artshodo MARUEIDO JAPAN



全作家ともそれぞれにすばらしく、これまで様々なアート志向の書の展覧会を
見てきたけれど、書のアートも、ようやく、というか、よくぞここまできたもんだと、
うれしくなったのでした。


会期は今月26日まで。
興味のある方は、ぜひその目で、書芸術の歴史の変わり目を目撃ください。
あと、手に入れるなら今・・・今ならまだ買えますぜW



会場:MARUEIDO JAPAN (東京都港区赤坂2-23-1)

会期:2020.3.10 – 3.26
   10:00-18:00 日、月、祝日は休廊
   Closed on Sunday, Monday and National Holidays


展覧会の詳細:http://marueidojapan.com/info/exhibition/whats_shodo/




山本尚志 YAMAMOTO HISASHI

書道 アート書道 書道アート shodo artshodo MARUEIDO JAPAN



坂巻裕一 SAKAMAKI YUICHI

書道 アート書道 書道アート shodo artshodo MARUEIDO JAPAN



菅原晋 SUGAWARA SUSUMU

書道 アート書道 書道アート shodo artshodo MARUEIDO JAPAN


中嶋敏生 NAKAJIMA TOSHIKI

書道 アート書道 書道アート shodo artshodo MARUEIDO JAPAN



渡部大語 WATANABE TAIGO

書道 アート書道 書道アート shodo artshodo MARUEIDO JAPAN




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://sogen-arc.com/(スクール)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com







 
 

囚われた岡本太郎の「こどもの樹」に思う


チャリで青山通りを爆走中、檻で囲まれた岡本太郎の野外オブジェ「こどもの樹」に遭遇。

何で檻なんかに入れられちまったんだ?

ネットで調べてみたところ、「こどもの城」は無くなり、今は「都民の城」という名目で、
期限付きで再利用されているのだという。広大な一等地で、おそらく様々な利権が
絡んでいるのだろう。都としては、早いうちにぶち壊して再開発にかかりたいらしい。

そうした大人の事情はともかく、この岡本太郎の「こどもの樹」が檻に入れられ、
内閣府の子ども関連機関が、ご丁寧に駐輪禁止の脅し文句を貼ってまで人々を遠ざけて
いる様は、今の日本の社会で生きることの息苦しさを象徴しているように思われてならない。

世の中がどんどん整備され、キレイになるにつれ、世の中がどんどん窮屈になり、
人々の生命力が奪われていっているように思われてならないのだが、どうか。


そんな時世にあって、アートは一見、無力に見えて、実は精神の檻を破り、解放して
いくための最大の武器であり、フォースなのだと思う。
力があるから檻にも入れられる。が、精神の自由までは奪えない。



こどもの城 こどもの樹 岡本太郎 芸術
こどもの城 こどもの樹 岡本太郎 芸術
こどもの城 こどもの樹 岡本太郎 芸術 児童手当




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://sogen-arc.com/(スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com






 
 

中学生時代の美術の恩師、彫刻家の藤巻秀正先生と再会



銀座・創英ギャラリーで今日から開幕した『彫刻6人展』のレセプションパーティーに

参加させていただき、中学生時代の美術の恩師、藤巻秀正先生と10年以上ぶりに再会。


画像は本日購入させていただいた、藤巻先生作『雪わらべ』
お会いできたことはもちろん、大好きな藤巻先生の作品を我が手にできるのは、望外の喜び。


藤巻秀正 彫刻家  新潟 書家 書芸家


藤巻秀正先生は、新潟県十日町市(旧川西町)生まれの同郷。
多摩美術大学彫刻科卒。
パリ国立美術学校コラマリーニ教室で学ぶ。
ロダン大賞展にて美ヶ原美術鑑賞、彫刻の森美術鑑賞を連続受賞。
二科展にて文部科学大臣賞受賞。
二科会評議員。

星と森の詩美術館に、収蔵作品、野外彫刻作品多数。
http://www.hoshi-uta-m.jp/01-outline/index.html


『彫刻6人展』は3月14日(土)まで、銀座6丁目、並木通りの創英ギャラリーにて開催されます。

ユニークにしてラブリーな彫刻群によるアート空間を、どうぞおたのしみください♪


藤巻秀正 彫刻家 新潟 書家 書芸家



書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://sogen-arc.com/(スクール)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com





 
 

2020年 2月 SOGEN書芸塾ARCのご案内


みなさん、こんにちは。

1月の書芸塾では、デザイン書道の第一線で活躍されている書家・写真家の
富永泰弘さんよりスペシャルワークを行っていただき、とてもよい勉強を
させていただくことができました。




体験参加された方から、以下のようなメッセージをいただきました。
ありがとうございます``

本日はありがとうございました。
新感覚、また斬新な時間でした。
今マデノ書道とはまた違った柔軟、かつ創造と表現が物凄く見る側を楽しませるな~と。
感動いたしましたし、皆様、凄く自由で優しい方達ばかりで新鮮でした。



みなさんも、この新春、生涯の趣味や仕事とすることもできる『書芸』を

始められてみてはいかがでしょうか。


まずは平気で書いてみる‼️

書芸塾ARCは書道の経験を問わず、どなたでもご参加いただけます。

体験参加も受け付け中‼︎ ぜひお気軽にご参加ください。



以下、2月のSOGEN書芸塾ARCのご案内となります。
どうぞご参照の上、ご参加ください。

開催日時:2月15日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ:英文字による書芸アート作品制作

内容:プチレクシャー、デモンストレーション、自由制作


会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール

アクセス:http://sogen-arc.com/access/index.html



ご案内は以上となります。

みなさんのご参加をお待ちしております。



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜
SOGEN書芸塾ARC

公式サイト: http://sogen-arc.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/sogenarc/
FACEBOOK:https://www.facebook.com/arctokyo/

◯お申し込み・お問い合わせ




 
 

㊗️越乃雪椿 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2012-2019 8年連続受賞酒‼️



今日、たまたま東京・中野のスーパーに立ち寄ったところ、若かりし頃にロゴ書を
揮毫させていただいた越乃雪椿(新潟県・雪椿酒造)が、ワイングラスでおいしい
日本酒アワードの金賞受賞酒
として販売されていましたので、買い求めました。

2012年より2019年まで8年連続受賞とのことで、大変おめでとうございます‼️㊗️


四半世紀もの長きに渡り、ロゴ書を大事に使い続けていただき感謝です。

今回の金賞受賞酒のラベルは、雪肌を思わせるような和紙の風合いがまた良い感じで。

お酒は確かに華があり、ワイングラスで飲むのにピッタリといった感じ。

お見かけの際は、ぜひお買い求めの上、ご試飲ください。

雪椿,日本酒,ラベル,デザイン,書家,書道家,依頼
雪椿,日本酒,ラベル,デザイン,書家,書道家,依頼



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

自分が自書自賛する理由




先に、『目指せ、世界超一流のギャラ』と題して、またずいぶんと生意気な
ことを書いた。

年明けの仕事始め1週間で、バイト代1年分くらいは稼がせてもらったと。

そう公言した直後に、また同じような仕事の山をいただき、今日もまた

SOGENにぜひ一筆、との問い合わせをいただいている。


こんなに儲かってます的なことを公言するのはヤボだし、妬まれるのがオチなのでW、
これまでそんな話はしてこなかったが、ここにきて敢えて公言したのは、

芸術としての書芸の価値に加えて、職業としてのプロの書芸家の力と可能性とを
公に示すためであり、また特に、5月にお披露目を兼ねた展覧会の開催を予定している、
書芸アート専門ギャラリーART ROOM SHOWLにぜひご注目いただきたい、
という想いからである。


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com



芸術の真価をお金に換算することはできないが、金を出しても欲しいという人が

ただの一人もいなかったなら、少なくとも今生では、それが芸術作品とはならない

のもまた事実。


私は自書自賛する。

SOGENはスバラシイー、SOGENこそ世界超一流の書芸家であると。


実はそうなるに至ったのには理由がある。

昔、ある名家の90歳を超えるオバアさんから、家宝にしたいので、掛け軸を一幅

書いて欲しいと頼んでいただいた。

書を納めさせていただいたところ、スバラシイと感激してくださったのだが、
「いや、そんな大したもんじゃないんで」と照れ笑いしていたところ、

伏した体を起こし、私の手を取り見つめながら「先生も褒めてください。
スバラシイじゃないですか。」と何度も何度も繰り返し・・・

そのオバアさんの言葉が、その後、耳について離れなくなり・・・

ほんとうに、私自身の口からスバラシイと言ってほしかったんだと。

おそらくもうご存命ではないと思うのだが、人生の最期に、自分にもっと自信と

誇りを持って生きよと諭してくれたような気がしてならない。


そんなことから、自分はアートでもデザイン書でも、自分の作品は世界最高である

と自負するようになった。

またそう自分に言い聞かせることで、SOGENの名で世の中に生半可なものは出せない、

常に超一流を目指すのだというというプレッシャーを、自分自身に与えている。


モハメド・アリも言っている。

なぜ私が偉大なのか分かるか?

自分で自分を偉大だと言い続けてきたからだ、と。


奥ゆかしさは素晴らしい美徳ではあるが、根っこにその強烈な自己肯定感が

無かったなら、大業は成し得ないだろう。

自分のダメさ加減、チッポケさとともに、それ以上に、自分のスバラシさ、

偉大さを認めつつ、未知の世界へと挑む中で、共に新たな価値を生み出していこう。





SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com







 
 

書家・写真家 富永泰弘さんスペシャルワーク『確信を持って書く』 〜2020.1月 SOGEN書芸塾ARC〜




1月のSOGEN書芸塾ARCでは、広告デザイン書道の第一線で活躍されている、

書家・写真家富永泰弘さんにおいでいただき、スペシャルワークを行って

いただきました。

富永さんが揮毫された広告デザイン書による広告媒体ならびに書のオリジナルを
拝見させていただきつつ、伝統的な筆書とは異なる制作上の留意点や逸話などを
伺わせていただくという、大変貴重な機会となりました。



広告デザイン書道 筆文字 デザイン書道教室 笑おう au 富永泰弘


広告デザイン書道 筆文字  デザイン書道教室 笑おう au 富永泰弘




また、文字が本来有する意味や記号性を元に、いかに独自の世界観による文字書
アートを生み出していくかという、次元の高いアートワークを行なっていただき、
実に有意義な時間となりました。

広告デザイン書道 筆文字  デザイン書道教室 笑おう au 富永泰弘


広告デザイン書道 筆文字  デザイン書道教室 笑おう au 富永泰弘
広告デザイン書道 筆文字  デザイン書道教室 笑おう au 富永泰弘
広告デザイン書道 筆文字 デザイン書道教室 笑おう au 富永泰弘
広告デザイン書道 筆文字 デザイン書道教室 笑おう au 富永泰弘




SEE MORE PICTURES ON FACEBOOK

https://www.facebook.com/pg/arctokyo/photos/?tab=album&album_id=3431712720189213&xts%5B0%5D=68.ARDpA7D2Y-cqZ76kbfyd9KEhvElqD4srboHmtD9AGqRkn5TOclvhDfVfkcq_WZKpcUrGaCckCMDHVmbk8T8ohlShSc15_fTUJB4wxrBy3SFfW609oI2ygT6ZHcnNaYm5DjHkfPpEy-yAgNeyZ3viy4_IpCUbbjTli-VSJdudx1GySoeodLE4p-Z40OxnkaylAt_MNzkgoPp3w2Xc8RVVEjqVdJdVUqPiTpaWIQBG-fWetru8CsKIASuMTEZgA01RKG0_ADH1Xpu2YBpy6tJwubksNi1bm5Bo1VxeSMm_cBLhrtY4RxidJw9ZL-xEfK5ZQ3alh55W2LNroSLQyK89OII2PQonoCJ2JJBugRsKkCAyHSUngMVe3IMUKBpxLirawse1BRudGc-nH8tRL9PPj1yhVOlmFrRLxtgFMYg558rHb-SJ1s817pDliM10BDvaupb8YJY36RFnTA3hr4Z4&tn=-UC-R


富永さんを囲んでの新年会も大いに盛り上がり、おかげさまで、とてもよい
新年のスタートを切ることができました。

富永さん、ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!



今後ともSOGEN書芸塾ARCが、皆さんにとって、より楽しく有意義な場となるよう
努めてまいりたいと存じますので、どうぞよろしくお願いします。

SOGEN書芸塾ARCのご案内 http://www.sogen-arc.com


インスタグラム:https://www.instagram.com/sogenarc/

FACEBOOK:https://www.facebook.com/arctokyo/







 
 

『仮名手本忠臣蔵』の仮名手本って何?〜いろは歌は誰がつくったのか〜



昨夜、なぜかふと『忠臣蔵』の「蔵」って何なんだ?と思い出したら眠れなく
なったので、調べてみたところ、大石内蔵助の「蔵」に掛けているという説と、
いろいろなものが詰まっている〝土蔵〟、つまり忠臣がいっぱいという意味の
二説あり、とのことだった。
大石内蔵助の「蔵」説のほうが自然な気がしますが、どうなんでしょうね。

そんなことが気になったのも、爆笑問題太田光が「忠臣蔵なんてのは、老い先短い
ジジイ一人の首を、47人もの武装した集団が夜中に押し入って取ってしまうんだから、
ヒドい話でね・・・」とか言ってたのをYouTubeで見かけたせいかもしれない。
武士道における忠義のあるべき姿を演じて人気の忠臣蔵だけど、
まあ、言われてみれな確かに・・・W

ところで、当時、歌舞伎浄瑠璃で演じられていたときの正式な演目は
仮名手本忠臣蔵』だったそうで。(それも「かなてほん」ではなく、
「かなでほん」と読むことも初めて知った。)



そこで、またまた疑問が。なんで「仮名手本」なの?
で、調べてみたところ、これが実に深オモシロく・・・


まず四十七士だから、いろは四十七文字にかけているのは分かるけれど、
実はそれだけではなかった。

まず、いろはうたを7文字ずつ行を変えて並べると、下段が「とかなくてしす」
(咎無くて死す)と読める。う〜〜〜む、たしかに・・・


だがしかし、いろは歌は忠臣蔵のために作られたわけではなく、平安時代には
すでにあったから、その咎なくして死んだのは、浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)
ではないことになる。
では誰なのか・・・・
そして、いろは歌をつくった人物とは、一体誰なのか?


その謎を解き明かしたいと思っていたところ、とてもユニークな論考を見つけた。
「仮名手本忠臣蔵とは何を意味するのか」
https://blog.goo.ne.jp/0…/e/020d8841f7668c1636e2bf81fe29ceb0


「私の独断と偏見にお付き合いいただき、有難うございました。」と結バレて
いるけれど、あながち妄想とも思えないオモシロさ。よかったらぜひご一読を``



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

めざせ、世界超一流のギャラ‼️💰


新年早々、デカい仕事の山をいくつかいただき、有り難いかぎり。
ちょっとしたバイトの一年分くらいの稼ぎにはなるだろう。


これ、自慢ではなく、書も最高のものを求め続けていったなら、それくらいは
イケるってことね。
いや、それでも、世界一流の書芸家のギャラとしては、安いもんだと思うよW



一昨年、那須川天心と闘った、ボクシングの元世界チャンピョン、フロイド・
メイウェザーのギャラが、自家用ジェット機で来て、3分闘って10億円ってんで、
おったまげたわけだけど、メイウェザーの現役時代の最高のファイトマネーが、
なんと一試合で約280億円ってんだから、10億なんてお小遣いみたいなもんだろうW


近・現代のアーティストの作品も数百億円で落札されたものもあることを思うと、
世界の書芸家SOGEN として、ピカソやバスキアのラクガキなんぞに負けてる
わけにはいかないのだW



「自分などまだまだです」といった謙譲の美徳に浸っているばかりでは、殻を破って
未知の芸術世界に至ることはできない。己の足らずを知りつつも、オレこそ最高!
これこそ最高! そんな強烈な自己肯定の精神に支えられてこそ、自我を超えた
普遍的な美の世界へと至ることが出来るのだと思う。



ちなみに昨年、新たに立ち上げたART ROOM SHOWLについて、「SOGENさんが
稼いで、ポンと金出して、あとはヨロシク!と、人に任せればいいじゃないですか。」
と、ヤリ手の実業家の友人から言われたけれど、そういうこっちゃない。
というのも、このプロジェクトの原動力は金ではなく、愛だからW


とは言え、もちろん資金もある程度は必要なわけだけれど、金出すだけで出来る
ことをやってもツマラナイ。資金の限られたころで、どう工夫してやっていくか・・・
そこが、このあそびの肝なのだW



ってことで、今年は一つ、SHOWLに賭けてイキすんで、どうぞみなさん、
5月のお披露目展覧会、見に来てくださいね‼️
現代のゴッホやバスキアに会えるかもしれませんぜ♫!😁



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

人間関係の作用と反作用



連投になりますが、知る人ぞ知る記念日?につき、書いときますW

昨年末、骨盤を骨折して一歩も歩けなくなり、全治3ヶ月と言われたところ、
おかげさまで3週間で歩けるようになりました。
その時、日ごとに快復に向かわせる自分の治癒力に驚いたという話は書きましたが、
そこで思ったことが・・・

人間も含めて、あらゆる生き物が、生まれ出た瞬間から死に向かっていく。
つまり、妙な言い方ですが、生まれると同時に、生き物には例外なく
「殺す力」が働き出す。けれどもケガや病気をすると、「おいおい、こんなんで
クタばってんじゃねーよ。」と、また逆に「生かす力」が強力に働き出す。

つまり、この宇宙には、物理的な作用・反作用だけでなく、すべてにおいて、
作用に対し、反作用が働くのだと。光が強くなれば影も濃くなるのもそう。


人間関係もそうで、自分を生かしてくれる人が、逆に自分を殺しもする。
逆に殺すと見せて生かしもする。
たとえば親ね。親無くして人は生まれ得ない。だがその生みの親に苦しめられる
人も少なくない。兄弟姉妹や友人、仕事仲間もそうだ。夫婦だってそうだろう。



自分もこう見えて、随分、人間関係、特に親との関係に苦しみながら生きてきた
ところがある。が、そう思うと、自分に近い人、親しい人ほど、作用の大きい分、
反作用もあるのが当たり前なわけで、さほど悩むことではないと。
やりたいようにやり、生きたいように生きて、あとは宇宙の法則に身を委ねれば
いいのだと。


ただし、自分が動かずして、作用も反作用も生まれるべくもなく、平穏無事だが、
それで人生に「ハイ、サヨーナラ」ではツマラナイW
人生をあそぼう♫😁




-追記-

FACEBOOKにこの記事をアップしたところ、アメリカ在住の友人が、

次のようなコメントをくれました。

「この作用反作用の二元の世界から抜けて 総てを包容出来る和の世界観に立って、
包容理解する時、真の平和の意味が分かるはず。」

それって、人間同士だけでなく、国同士にも言えること。
う〜〜〜む・・・ふ、深い・・・




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com