書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 綱島礼子さん特別講義 / 6月SOGEN書芸塾ARC (2005.6.18 投稿 020)

ARC 綱島礼子さん 2005.6.18

綱島礼子さんによる実演

 

 

6月18日(土)

 

SOGEN書芸塾ARC
墨のアーティスト・綱島礼子さんをお招きして。

 

メンバーのみんなには、先月に引き続き墨と硯を持参してもらい、
自分で磨った墨で書いてもらいました。

うーん、墨液がどんなに進歩しても、やっぱり磨った墨にはかなわない。
みーんなエエ色出してたなあ・・・!

綱島さんの実演も見れたのもよかった。
なんせ綱島さん、書いてるとこを一度も人に見せたことがないって

言ってたから・・・。うーん、鶴のハタ織りかい!
しかーし、今回はARCのメンバーのために、そのハタ織り場面を

ちょびっとな、垣間見せてくださったわけです。
もう一生見れないかもな。
メンバーのみんな、よかったにゃ!

 

綱島作品は墨のニジミの偶然にまかせる部分が多く、まかせ過ぎだと
言う人もいるが、オイラなんかからすれば、それこそ100パーセント

まかせて子どもが書くみたいな書が書けたらいいと思ってる。
岡本太郎が晩年、やっと自分の描くものが子どもの描くものに

近づいてきたって言ってたそうだが、子どもには戻れないけれど、
童心をもって作品を書けたら素晴らしいと思うね。

 

でー、飲み会も前月に続き、出席者20名で盛り上がりました~!

うーん、しかーし、ウチの教室は女性メンバーはみんな美人ぞろいなので、
女性の講師にはちょっと違った意味で気を使うにゃ・・・

もちろん、綱島さんはそんたらこと気にする玉じゃないからええんやけんど、
なーんかそういう意味では男の講師のほうが正直気が楽だにゃ。

まあしかし、2次会まで大盛況でよかった、よかった。
綱島さん、ほんとうに素晴らしいご講義と実演、ありがとーございました。
一同感激でした・・・。
それから今回初参加でしたが、新潟県加茂市からわざわざ泊りがけで
ARCに参加してくれたTさん、飲み会まで最後まで付き合ってくれてありがとう。
新潟から毎回参加してくれるなんて、うれしいかぎりです・・・これからもよろしくです。

 

 

で・・・来月のARCは、いよいよ世界のイラストレーター・茂本ヒデキチ

さんの登場だよ~ん。今日電話あって、連休でどーのこーの言ってたから、
みーんな楽しみに待ってるんだから、ぜって~来いって言っておいた・・・
いえ、お願いしておきましたから。

茂さん、メチャ男前! 女性陣のみなさん、浮気しないでねー^^

 

 

 

-SOGEN WEB PAGE-

 

■SOGEN書芸塾ARC(教室紹介動画あり): http://www.hiranosogen.jp/arc

■FACEBOOK SOGEN書芸塾ARC(塾生の作品写真や活動の様子を紹介):

https://www.facebook.com/arctokyo